くらしの学校 重ね煮教室と、ふるさと勉強会。
おはようございます。

先週末、「くらしの学校」の2つの授業が開催されました。
まず金曜日は、「ことこと煮込む」料理教室から、「重ね煮でごはんとおやつ」の教室。

20151017_2588.jpg 20151016_2633.jpg

教えて頂くのは松江市で料理教室をされている「蓮歩」の北村さん。
かわいいレシピを準備してくださっていました。

蓮歩さんは以前から気になっていて、スタッフが実際にお料理を頂き、そのおいしさに
「ぜひ教えてください!」とお願いをしてお越しいただきました。

お子さんの病気をきっかけに食生活を見直し、マクロビオティックを20年以上前から
実践されている北村さん。
「ストイックにやっていたときも、緩くやっていたときもあったけど、きちんと基本を知って
いれば、ちゃんと戻って来れる」とのこと。
20年前はまったくと言っていいほど知られていなかったマクロビオティックも、今はかなり
認知され、教えてほしいという方も増えたことで、お料理教室をされています。

今回は「重ね煮」という料理方法を教わり、そのアレンジ料理も教えて頂きます。

20151016_2638.jpg 20151016_2643.jpg

マクロビオティックの料理教室は何度か開催していますが、理論が分かるととてもシンプル。
今回の重ね煮も、順番にお野菜を重ねて、間に塩をぱらぱら。調味料はこれだけ。
上に向かって伸びる野菜は下にして、下に向かって伸びる根菜などは上にして煮ます。

離乳食にもいいし、日持ちもするので、いろいろなお料理にアレンジが可能。
煮たときに出てくるスープはだしのいらないお味噌汁に、と、万能な料理方法とのこと。

20151016_2650.jpg 20151016_2667.jpg

この日は、きのこや人参などの重ね煮を使った玄米コロッケやサラダ、そして、
旬のさつまいもとりんごを重ね煮にして、スイーツも!

20151016_2658.jpg

とても手際よく、そしてていねいに説明してくださる北村さん。
「野菜の気持ちになってカットしてね」とおっしゃっていました…なるほど~。

何度かマクロビオティックの料理教室を開催していますが、特徴的なのはゴミが圧倒的に
少ないこと。
お野菜の皮も余すところなく使いますし、普段は捨ててしまうような人参の上の方や
椎茸の軸も、きれいに使っておられました。

結果的に、自然に寄り添う暮らし方になっていくのがマクロビオティックなのですね。

20151016_2666.jpg

重ね煮の野菜とかぼちゃの豆乳ポタージュ、ふんわりとしておいしいスコーン、
見た目よりあっさりと頂けるケーキなど、大満足!の給食となりました。

参加者の皆さんも、「なるほど~」「はー」と、目からウロコがたくさんあったようです。
参考にしてご自宅でも重ね煮、チャレンジしてみてくださいね。


そして、翌日の土曜日には「ふるさと勉強会」を開催。
今回のゲストは、ローカルジャーナリストの田中輝美さんです。

20151017_2603.jpg

田中さんには以前山陰中央新報社で記者をされている時代に、講師をお願いした
ことがあったのですが、独立されて1年、新たなお仕事のことも含め、もう一度
聞いてみたい!ということで今回、再度お願いしました。

「一歩を踏み出すこと」というタイトルは、安定したお仕事を辞めて、まさに一歩
踏み出したきっかけや、悩んだ時にどんな解決をされているのか、といったことを
うかがいたかったから。

20151017_2604.jpg

高校時代から大学、新聞社、そして今に至るまで、90分間でいろんなお話をして
くださいました。それだけ濃密な人生を送っておられるのか~、と感じます。

自分のプライドもしっかり持って、でもしなやかに生きておられる様子は素晴らしいです。

今回は参加者の皆さんに残るキーワードをたくさん提示してくださっていました。
「迷ったらやる方向で」という、田中さんのモットーは、多くの方に響いたようです。

また、節目節目で「一生懸命考えて」という言葉を使っておられた田中さん。
田中さんの場合、本当に一晩、一生懸命突き詰めて考えておられるのです。
「考えることが好きだから」とおっしゃっていましたが、そういう真摯な姿勢が、
きっと物事をいい方向へ、田中さんが行くべき方向へ導いているのでしょう。

最近は考える前にいつの間にか寝ちゃって気づいたら朝…ということが多い私(笑)。
もっともっと、頭を使わなくちゃ、と思いました。

20151017_2586.jpg

今まで出された本も持って来てくださいました。
それぞれにエピソードがあり、しんどい思いもされて出来上がったものだから、
きっととてもいとおしいんだろうなあ…。
本を書く、文章を書くって、大変なことなんだなあ、と再認識でした。

後半は参加者の皆さんから質問や感想もたくさん頂き、田中さんも「いつもとは違う
タイプの方とお話がたくさんできて本当に楽しかった!」とおっしゃっていました。


この日の給食は、地元大東町の「ほう歳」さん。

20151017_2605.jpg 20151017_2621.jpg

出始めの里芋が入ったお味噌汁や、サンマの土佐煮、定番の甘酢からあげなど。
いつもお母さんのおいしいおかず、といった趣で、ごはんが進みます。

20151017_2617.jpg

この日のごはんは、はたひよどりの「なべし米」。とれたての新米、つやつやでした!

田中さんは食事中もいろいろな方とお話をされていて、参加者の皆さんと交流を
深めておられました。皆さん本当に楽しそうで良かった!

スタッフも大いに刺激を頂いたお話でした。田中さん、お忙しい中本当にありがとうございました。

さて、今週は木曜日が「山の図書室」「くらしと、つくるのお店」オープン日です。
金曜日は申し訳ございませんがお休みとなります。ご了承ください。


↓島根の風景とことばを綴った動画も、ぜひご覧くださいね。


2015/10/18 19:43


 + 

リンク
SLOW+SLOW(本サイト)
お花マルシェ
カテゴリ
  • お知らせ (254)
  • ものづくり (252)
  • 融通の利かない、かばん展 (26)
  • くらしアトリエへの思い (81)
  • スタッフの日常 (728)
  • 法人化までの日記 (1)
  • 未分類 (57)
  • 風景ノート (19)
  • 朝市 (143)
  • くらしの学校 (241)
  • イベント (55)
  • 畑展望公園まつり (21)
  • 森の休日 (8)
  • お仕事 (86)
  • 山の図書室だより (67)
  • 10周年祭 (12)
  • シマシマしまね (49)
  • 過去の日記
    2017年10月  2017年04月  2017年03月  2017年02月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年09月  2016年08月  2016年07月  2016年06月  2016年05月  2016年04月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年11月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年04月  2015年03月  2015年02月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年05月  2013年04月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月 


    ---【Login】
    Arranged by cadet
    Copyright © 2005-2007 SLOW+SLOW kurashiatelier