飯南~雲南へ。 &サイト販売について。
おはようございます。

昨日は飯南町~雲南市掛合町、というルートでお出かけ。
まずは、久しぶりの「しおや」さんへ。

12-11-11-30

今年度、前期の「くらしの学校」でもお世話になった「しおや」さん。
身体においしい食事をいただけます。

お料理のおいしさはもちろんですが、野菜の切り方、素材の合わせ方、いちいち
すごく勉強になります!
随所にオーナー戸谷さんのこだわりが見えて、食べていて気持ちが良くなる食事です。
飯南はとても寒かった!けど、あたたかな気持ちになる時間を過ごしました。

その後、54号線を下って掛合町の「入間交流センター」へ。
半分仕事、半分は主事の朝山さんに会ってお話がしたくて立ち寄りました。

12-11-30-5 12-11-11-30-2

事務所に入ると、コタツがあってびっくり(笑)。しかもカバーがかわいい~。
コタツにあたりながら、真面目な話をしたり、笑ったり。

お茶うけにはゴーヤの梅漬け、いちじくのコンポート、文旦ピール。
どれもめちゃくちゃおいしくて、「入間がもっと近くにあったら通うのに!」と
無理な相談をしていました。

地域で活動する私たちと、地域を良くするために働く朝山さんは、目指すところが
とても良く似ていて、「それ分かります!」ということがとても多いのです。

頑張ってる人を見るとこちらまで元気をもらえます。入間に行くといつも、
すごく前向きな気持ちになるんだよな~。
自分たちも頑張って前に進まなくちゃ!と思いを新たにした1日でした。


さて、サイト販売のほうには引き続きご注文をいただき、ありがとうございます。
「おめで鯛のミニしめ縄」も定数に達したため、ご注文を締め切らせていただきました。

なお、このミニしめ縄と2013年オリジナルカレンダーは、米子市の生活雑貨店
「'tis clay」さんでも少しですが扱っていただく予定です。
お近くの方はぜひ、お立ち寄りください。

現在販売しているのは、オリジナルカレンダーと「気持ち新たにセット(残りわずか)」、
そしてキッチンクロス3枚セットです。

12-11-30-3 12-11-30-4

クロスはひとつひとつ手作りで製作しています。刺繍ももちろん、ハンドメイド。
この刺繍のモチーフを何にするかすごく悩んで、たくさん試作をしたのですが、
アトリエの周りにたくさん咲いていて、自分たちの思い入れの強い「椿」が
いいな、ということで、ひとつは椿になりました。
初めてアトリエを訪れたとき(そのときは普通の空き家だったのですが)、
雪の中で赤い椿の花がたくさん咲いていて、素敵だな~と思ったときの風景が、
すごく自分たちの中で強い印象となっています。
そんなアトリエからの発信、ということで、椿をモチーフに。

もうひとつはブルーのクロス柄。こちらは、「新しい年に、いいことがたくさん
重なりますように」という思いを込めて。
少し北欧なイメージもあいまって、こちらもかわいく仕上がっています。

詳細、ご注文はこちらのページからお願いします。→ くらしアトリエのものづくり

どうぞよろしくお願いいたします!

2012/11/30 08:50



「ほっこり雲南」。
おはようございます。うす曇りの山陰地方です。

少し前のことなのですが、雲南市の定住情報サイト「ほっこり雲南」の取材のため、
木次町にある「菜野花」さんを訪れました。

「ほっこり雲南」は、市外から雲南市に移住したいという方々のために、空き家情報を
中心としたさまざまな情報を提供するサイトです。
WEBデザインをくらしアトリエが担当させていただいています。

この「ほっこり雲南」の中に「UIターン体験談」のページがあります。
実際にUIターンをされて雲南にお住まいの方に、移住のきっかけや雲南のいいところ、
暮らしてみて分かったことなどを伝えていただくインタビューページです。

現在は、ミュージシャンの白築純さん、フリースクールを経営する野中浩一さんの
2家族に登場していただいています。
移住を考えていない方が読んでもおもしろい記事になっていますよ。

今回のこのインタビュー記事をつくるために「菜野花」さんへ。

「菜野花」さんは自然食品の販売のほか、マクロビオティックランチをいただけるお店。
オーナーの内田さんは2人の子どものお母さん。食を通じて健康維持などに取り組む
「食養士」に認定されています。

12-11-28-2

存在は知っていて何度かお店を訪れたこともあったのですが、ランチをいただくのは
初めてでした。

玄米ごはんにオートミールのコロッケ、お野菜中心のおかず。
食器はご主人のご実家の蔵にあったものを使われているそうです。

気どらずおいしく、身体にもやさしいお昼ごはんでした。

12-11-28-3 12-11-28-1


ランチをいただいた後、いろいろとお話を聞かせていただきました。

今は市内外から「菜野花」さんをめがけて来られたお客様と情報交換をするのが
楽しいとのこと。精神的に豊かな暮らしを送っています、と話してくださいました。

こちらの取材のようすは、後日「ほっこり雲南」にUPされますので、
お楽しみに…。
こうしてお仕事を通じ、素敵な方と出会うことができて幸せです。


ほっこり雲南」では、空き家のデータベース、雲南市での生活情報など、
さまざまなコンテンツから雲南暮らしをサポートしています。
どうぞご覧いただき、お役立てくださいね。


2012/11/29 09:01



引き続きご注文ありがとうございます。
おはようございます。

引き続き、サイト販売にたくさんのご注文をいただきありがとうございます。
「ごほうびセット」は定数に達したため、ご注文を締め切らせていただきました。

現在、「気持ち新たにセット」、キッチンクロス3枚セット、カレンダー、
おめで鯛のミニしめ縄を販売しています。引き続きよろしくお願いいたします。

詳細はこちらから。 → くらしアトリエのものづくり


さて、週末のことですが、お天気が良かった日曜日に登山をしてきました。
登ったのは出雲市平田町の「旅伏山」。40分ほどで登れる、ちいさな山です。

紅葉の時期はもう過ぎてしまったようですが、それでも秋が深まるようすを
間近に見ることができました。

12-11-27-2

年に2回が恒例となっている我が家の登山ですが、山陰各地を見渡しただけでも
けっこうな数の登山コースがあるのですね。
一緒に登った方に「来年は大山にチャレンジだ」と言われましたが、果たして
登れるだろうか…。

12-11-27-3

落ち葉のじゅうたん。これにはムスメたちが大喜びでした。
ただの赤でも茶色でもない微妙な色合い。自然にしか出せない色があります。

12-11-27-1

頂上からの景色も素晴らしく、出雲平野や神戸川を見渡すことができました。
遠くに三瓶山も見えましたよ。

皆さんも身近なところで深まる秋を感じてみてくださいね。

2012/11/28 07:24



サイト販売について。
おはようございます。
引き続き、サイト販売にご注文をいただきありがとうございます。

ご注文をいただいた方には、折り返しメールを差し上げています。「注文したけど
メールが届かない」という方は、お手数ですが再度ご連絡をくださいますよう、
お願いいたします。

現在販売しているものはこちら。→ くらしアトリエのものづくり


まず、「気持ち新たにセット」。

12-11-22-13

こちらのセットは残りわずかとなっています。
かわいらしい木の鏡餅が人気です。そのほか、使い心地にこだわったキッチンクロス3枚、
カレンダー、ミニしめ縄をセットしました。


次に「ごほうびセット」。

12-11-22-6

こちらは「山の図書室」で使用しているオリジナルブレンド「山の図書室ブレンド」と
マルシェで販売している「焼きっぱなしパウンド にんじんと森のナッツ」のセットです。

自分への「お疲れさま」に、またちょっとした贈り物にぴったり。
こちらも、残りわずかとなっています。


次に、「キッチンクロス3枚セット」。

12-11-22-3

ワンポイントの刺繍がかわいい長方形のクロス2枚に、四方をパイピングした
正方形のクロス1枚のセットです。
毎日のキッチン仕事が楽しくなるようなものを、と考えました。


さらに、「おめで鯛のミニしめ縄」と「オリジナルカレンダー」。

12-11-22-9

新しい年を楽しく迎えるためのものたち。どちらもちいさめサイズで、飾る場所を
選びません。

12-11-22-11 12-11-22-2

「おめで鯛のミニしめ縄」は、新年を寿ぐ雰囲気を真っ赤な鯛で表現。
カレンダーは、10月を「神在月」としたくらしアトリエオリジナル。今年は、
暮らしのひとコマと、食をテーマにした写真が並んでいます。

ご注文の締め切りは12月16日(日)となっていますが、定数に達した場合は
これ以前に締め切らせていただきますので、お早めにご注文くださいね。

詳細はこちらから。 → くらしアトリエのものづくり

どうぞよろしくお願いいたします。

2012/11/27 07:59



ふるさと勉強会を開催しました。
おはようございます。

ひと雨ごとに寒くなってきます。そろそろ12月の足音も聞こえ始め、いよいよ
冬の到来といった感じの山陰地方です。

年末に向けてのサイト販売に、たくさんのご注文をいただき、ありがとうございます。
おかげさまでクリスマスリースはソールドアウトとなりました。
また、「気持ち新たにセット」は残りわずかとなっています。

ほかにも、カレンダーやお正月飾り、自分にお疲れさまの気持ちを込めての
「ごほうびセット」などを販売中です。

詳細はこちらのページからご覧ください。 → くらしアトリエのものづくり


さて、先週に行われた「くらしの学校」ふるさと勉強会のお話。
今回の講師は、山陰中央新報社の記者・田中輝美さんです。

12-11-25-12 12-11-25-1

山陰中央新報といえば、島根県では知らない人はいないであろう地元新聞。
我が家でも購読しています。

その中で活躍する社会部記者・田中さん。勉強会では、そもそも新聞社に
就職しようと思ったきっかけや、記者のお仕事ってどんなものなのか、
また、印象に残っている出会いやエピソードについて、いろいろとお話をうかがいました。

12-11-25-9 12-11-25-7

一番心を動かされたのは、田中さんが自らを高めるために日々勉強し、また、
いろんな人との人脈を常に意識し、メンテナンスをされているということ。

「結局、自分の中にあるものでしか表現できない。どんなにいい話を聞いても、
自分の中にそれを表現する力がなければ、ただの平凡な記事に終わってしまう。
だから、いい記事を書こうと思ったらもっと高いところを目指すために、磨いて
いかなくちゃいけないんです」と田中さん。

記者としての責任と、高い意識を教えていただいたような気がしました。

また、記者としての出会いを通じて「人はいつでも挑戦できるし工夫できることを
教わりました。その人が頑張っている、その人なりのベストの頑張りが美しいんです」
とおっしゃっていたのも印象的でした。

人はいつでも挑戦できる…とっても心強い言葉ですよね。

参加者の方からは「もっと年配の方かと思ってました」「こわいイメージがあったけど
とっても素敵な人で話にも惹きつけられました」という声が。

アットホームな雰囲気の中にも、田中さんの持つエネルギーを分けていただいたようで
なんだか元気をもらった勉強会でした。

田中さんからも「新聞に求めること」を参加者の方に問いかけられ、皆さんいろいろな
意見を出していらっしゃって、あらためて「新聞を読む」という行為の持つ深さを
知った気がします。


この日の給食は、地元・大東町の「ほう歳」さんによるおいしいお昼ごはん。

12-11-25-11

唐揚げ、卵焼きといった「お母さんのおかず」が並び、参加者の方々の会話も弾んでいました。

この後、「ほう歳」さんを訪れてくださった参加者の方もいらっしゃったそうで、
「ほう歳」さんもとっても喜んでいらっしゃいました。


午後からは、ちいさな古本市とミニマルシェを開催。

12-11-25-5 12-11-25-2

ちょっとクリスマスを意識したディスプレイ。
参加者の方がお持ちくださったお花も生けてみました。

12-11-25-6 12-11-25-4

松江市の洋菓子店「ラ・クレームデクレーム」さんの焼きドーナツに、
「さんいんおやつクッキー」。

「さんいんおやつクッキー」は、田中さんが取材をしてくださった思い出のお菓子
でもあります。田中さん、いつもこのお菓子をおみやげにしてくださっているとのこと。
「東京にも何度も持って行きましたよ~」とおっしゃっていました。
ありがとうございます!

古本市では、「山の図書室」の蔵書の中から一部を出品。
皆さんに役立てていただけたら…と、雑誌や単行本をお分けしました。
収益は来年度の「山の図書室」の図書購入にあてたいと思います。

12-11-25-10 12-11-25-8

本のほかに、年末のサイト販売で扱う商品を並べて見ていただきました。

参加者の皆さんの中には初めていらっしゃった方も何人かおられたのですが、
やはり皆さん、同じような目線で日々を過ごしていらっしゃるからか、
打ち解けていろんなお話をされていて、人の輪って素敵だな、と感じたひとときでした。


毎回「ふるさと勉強会」を開催して思うのが、本当に皆さんがいいお話を
してくださることに対する感謝と、山陰って素敵な人がたくさんいるんだな~、ということ。

素敵な人がいる。頑張ってる人がいる。そう思うだけで、この地域で暮らすことが
楽しく、誇らしくなると思います。

これからも、勉強会を通して「地域で頑張る人たち」をいろんな視点から
発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

2012/11/26 09:23



年末年始のサイト販売、UPしました。ご注文お待ちしています。
おはようございます。

お待たせいたしました。本日より、年末年始のサイト販売の受付を開始いたします。

今回ご紹介するのは、クリスマスと1年の終わりに楽しむもの、新しい年を新たな気持ちで
迎えるためのもの。

詳細・ご注文の方法については、こちらのページをご覧ください。 
→ くらしアトリエのものづくり -- クリスマスと年末年始の雑貨


まずご紹介するのは、毎年製作しているクリスマスリース。
今年のリースは、ペールグリーンと白をベースに、赤い実でアクセントをつけました。

12-11-22-1 12-11-22-7

ちいさなクリスマスツリーのタグがついています。このタグを取ると、普段使いの
リースとして1年中飾っていただけます。
繊細なデザインでいつもご好評いただいているリース。小さめのサイズなので、
豪華ではありませんが、ふっと気持ちが高まるような華やかさもあります。
大切な方へのプレゼントにもいいですね。

*リースは売り切れとなりました。ありがとうございました。

そして、今回初めてご紹介する「ごほうびセット」。
くらしアトリエが開催している「山の図書室」で扱っている商品をセットにしました。

12-11-22-6

「山の図書室ブレンド」は、松江市のコーヒー専門店「CAFFE VITA」さんに
お願いして作っていただいた、くらしアトリエオリジナルブレンドです。

コーヒーを飲みながら読書をする、というイメージを伝えて、
何種類か試作をしていただいた中からぴったりのものを選んで出来上がったブレンド。
ヴィータさんのコーヒーはどれもおいしいのですが、もちろんこの「図書室ブレンド」も
コクがあるけどしつこくなく、ゆっくりと飲みたくなる味に仕上がっています。

そして、「焼きっぱなしパウンド」は、松江市の洋菓子店「ラ・クレームデクレーム」
さんにお願いをして、こちらも読書に合うお菓子というイメージで焼いていただいたもの。

にんじんと、ナッツの風味が香ばしい、ちょっと大人の味のパウンドケーキです。

12-11-22-12

この2つをセットにして、ラッピングをしてお届けします。
ご自身への「1年間お疲れさま」のごほうびとして、また、身近な方への
ちょっとした贈り物としてお役立てください。


そして次にご紹介するのは、新しい年を迎えるための「気持ち新たにセット」。

12-11-22-13

「新しい年を迎えるとき、どんなものがあったらうれしい?」というスタッフ間の
話から生まれたセットです。

セット内容は、手しごと鏡餅・キッチンクロス3枚・おめで鯛のミニしめなわ・カレンダー。

12-11-22-8 12-11-22-4

「手しごと鏡餅」は、島根県産の杉材を使ってひとつひとつ、ていねいに
手作りされています。

鏡餅、飾りたいなあと思うのですが、市販のぴかっとしたものだとちょっと味気ないし、
かと言ってお餅を普通に重ねて飾るとカビが生えちゃったりして、
毎年どうにかならないかなあ、と思っていました。

木で作った鏡餅だったらかわいいし、ていねいに作られたもので新年を迎えられたら
いいね、ということになり、Rさんに製作を依頼。何度か試作を重ねて出来上がりました。

木の持つ素朴な風合いを大切にしつつ、凛とした雰囲気も併せ持ち、それでいてかわいい。
毎年飾るのが楽しみになりそうな雑貨です。


12-11-22-3

そして、キッチンクロス3枚セット。
年があらたまると、気持ちもきりりと引き締まります。それと同時に、身近なものを
新しくして、まっさらな気持ちで新年を迎えたい、と思います。

その、「まっさら」を象徴するものとして、キッチンで毎日使うもの、目にするもの
ということから、クロスを作ることになりました。

12-11-22-10 12-11-22-14

使いやすさ、シンプルな中にあるかわいらしさにこだわって、こちらも何度も試作を
重ねて完成したもの。
長方形のクロス2枚には、それぞれ椿と十字の刺繍が施されています。

椿はアトリエの周りにたくさん咲く、はたひよどりの象徴として。
十字は、「新しい年に、いいことがたくさん重なりますように」という思いを込めて。

それから、毎年ご好評をいただいているお正月飾りとカレンダー。

12-11-22-9

お正月飾りは「おめで鯛のミニしめなわ」としてプチリニューアルしました。
大きめのかわいい鯛に、はたひよどりのお米の稲穂。出雲民芸和紙で全体を引き締めて
います。

カレンダーは、インテリアの邪魔をしないデザインと、暮らしに寄りそう写真に
こだわって製作しています。今年は、季節ごとの風景に、食のひとコマをプラス。

以上のセットが「気持ち新たにセット」の内容となります。

なお、キッチンクロス3枚セット、しめなわ、カレンダーについては単品での
ご注文も受け付けます。詳細は「クリスマスと年末年始の雑貨」のページをご覧くださいね。

どれも愛着があって、おすすめのものばかり。数の少ないものもありますが、
年末年始を楽しむものとして、皆さんにお届けできればと思っています。

ご注文の際は、「HOW TO ORDER」のページも必ずお読みください。
本日、11月22日の10時よりご注文を受け付けます。

どうぞよろしくお願いいたします。

2012/11/22 09:41



年末年始を楽しむ雑貨たち、もう少しでご紹介。
おはようございます。

昨日はアトリエにて、年末年始を楽しむ雑貨たちのサイト販売に向けて、撮影を行いました。

今回、新しくお目見えする商品もあります。

お正月のものたちは、「どういったものが欲しくなる?」という話し合いをもとに、
スタッフの「こんなのがあったらいいな」を形にした商品をお届けします。

年が変わるときに、身の回りのものも新調すると、自分の気持ちも新たになる気がしますよね。
今回はそんな気持ちから生まれたセットもご紹介します。

新年の、凛とした空気を大切にしたい。暮らしを楽しむひとつの提案です。

12-11-20-4 12-11-20-2

毎年ご好評をいただいているカレンダーや、今回少しだけリニューアルした
ちいさなしめ縄もご用意しています。

しめ縄は、昨年の朝市でお世話になった松江市西長江町の職人さんにお願いしました。
朝市は一度だけのイベントではあるのですが、こうしてつながりを持てることは
とてもありがたいなと思っています。
かわいいサイズのしめ縄、玄関だけじゃなく、お部屋に飾ってもかわいいですよ。


昨日はスタッフが集まり、カレンダーの製作をしたり、ラッピングを考えたり。
節目となる年末年始に、皆さんに喜んでいただけるものを…とあれこれ試行錯誤
しています。

12-11-20-1 12-11-20-3

ラッピングのアイデアを練っていると、スタッフがアトリエの周りに生えていた
つるを使ってちいさなリースを編んでくれました。
はたひよどりにあるものを使って、いろんな発信もしていきたいなぁと思っています。

数日中に、「ものづくり」ページをUPさせていただきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


2012/11/20 07:52



ふるさと勉強会、お申し込みは本日まで。
おはようございます。

昨日までとはうって変わって、いいお天気になりそうな山陰地方。
朝の空気も気持ち良く、ご近所のモミジの葉もいよいよ、赤くなってきていました。

12-11-16-77

「ていねいな暮らし」をコンセプトに活動をしていますが、こうやって季節ごとの
葉の色、稲の色、海の色…自然がくれる色の変化に、季節のうつろいを教わることが
できる暮らしも、「ていねいな暮らし」のひとつなんじゃないかと思っています。

先日お邪魔した出雲市佐田町の「メリーさんの会」のところに、松江から1時間半かけて
通っていらっしゃる方がおられたのですが、「遠くから週に何度も大変ですね」と
聞いたところ、「でもね、来る途中の風景の移り変わりがとっても素敵だから楽しいの」と
おっしゃっていて、ああ、この方も暮らしを楽しんでいらっしゃるんだな、と感じました。

自分の身の回りのことを居心地良く、自分の思うようにしつらえることも楽しいけど、
その輪をもっともっと広げて、住んでいる土地の風景も、空気も、においも、
すべてを「身の回りのこと」だと思えるようになると、暮らしがもっと豊かになる気がします。


12-11-16-11

雨露が朝の光にきらきら輝いて、とってもきれい。

そういえば先日ムスメたちが、「今ね、学校の校門のところの紅葉が、すっごくかわいいに~」
と教えてくれました。(○○に~、というのは方言。かわいいんだよ、という意味です)

紅葉がかわいい、というその表現がなんだか微笑ましくて笑ってしまった。
でも、そういう気持ち、大人になっても忘れないでいてほしいと思います。

さて、「くらしの学校」ふるさと勉強会のお申し込み締め切りは本日となっています。

講師は山陰中央新報社・田中輝美さん。
仕事に生きがいを持って日々を生きる女性のお話、きっと心に響くものになると
思います。

詳細はこちらのページよりご覧ください。 → ふるさと勉強会 田中輝美さん

皆さんのご参加、お待ちしています。

2012/11/16 08:10



クリスマスとお正月と。
おはようございます。

寒い寒い…我が家も初ストーブ!でした。今日も引き続き寒い1日になりそうです。

さて、昨日もアトリエにてお仕事。
年末に向けて、サイト販売のスケジュールを組み、仕入れの手配等を行いました。

今回ご紹介するものの中から、少しご紹介。

12-11-15-1 12-11-15-4

クリスマスリース。
「お花マルシェ」ならではの繊細なフォルムで、グリーンの中にちらちらと入っている
赤い実がクリスマスらしさを演出しています。
タグを取れば、クリスマス以外の季節にも飾っていただけるデザインになっています。

そして、今回初めて製作している「木の鏡餅」。ひとつひとつ手作りです。
お餅とみかん、試作を重ねていい具合のバランスに仕上がりました。

「あったらいいな」をかたちにしていく、というのがくらしアトリエの「ものづくり」。
この鏡餅も、スタッフの中から出てきた意見をもとに製作しています。

来週にはご紹介する予定ですので、チェックしてみてくださいね。

12-11-15-3 12-11-15-2

アトリエの周りの山々も、紅葉がぐんぐん進んでいます。
先日は山道を通って出雲市へ向かったのですが、ほんっとうにきれいだった~。
こんな通勤路があるなんて、幸せだなあ、と毎年のことながら思っています。

畑では春菊を収穫。生のままサラダでいただきました。えぐみが少なくて食べやすい。
アトリエの周りの土で作った野菜はどれも甘いんです。

大根や白菜ももう少し…。楽しみです。

2012/11/15 09:16



クリスマス料理の打ち合わせ。
おはようございます。今日は寒いっ!

昨日のアトリエからの風景。

12-11-14-1

日がさしたり、あられが降ったりと変なお天気でした。
アトリエの周りもずいぶんと紅葉が進んできました。もうすぐしたら一面グレーに
変わって、冬が始まります。

昨日は「くらしの学校」打ち合わせのため、12月の最後の授業を担当してくださる
「irori食堂」の上代さんがアトリエに来てくださいました。
クリスマスをイメージするお料理をいくつか教えてくださる上代さん。
メニューもほぼ決まり、当日がとても楽しみです。

…というか、もうクリスマス?って感じですね。ほんと、1年が早いです。

12-11-14-3 12-11-14-2

いただきもののお菓子たちで、お茶を飲みながらの打ち合わせ。
雲南市の「菓子工房たてたに」さんのおまんじゅうと、安来市広瀬町の
幻のせんべい(?)「手焼玉川せんべい」。

上代さんには「くらしの学校」初年度からお世話になっています。
開校から3年が経って、アトリエの風景が少しずつ変わっていくのも一緒に楽しんで
くださっていて、「図書室始められたんですよね」「本があるとゆっくりしたく
なりますよね」なんていう話で盛り上がりました。

12-11-14-4

11月21日(水)に開催する「くらしの学校」ふるさと勉強会、お申し込みを
いただいた皆さまには受付メールを送らせていただいていますので、ご確認ください。

「今の自分からちょっと変わりたい」とか「生活に刺激をもらえたら」という理由で
申し込んでくださる方もいらっしゃいました。ありがとうございます。

「くらしの学校」の目的はまさにそこにあります。
直接的な答えが見つかるような授業ではありませんが、暮らしを楽しむ方法を
自分で模索し、見つけていただくことが目的。

今回の山陰中央新報社・田中輝美さんの授業も、日々の暮らしのスパイスになるような
勉強会に、と思っています。
お申し込みの締め切りは16日(金)です。詳細はこちらのページからご覧ください。

ふるさと勉強会について


2012/11/14 08:59



ふるさと勉強会、ちいさな古本市など。
おはようございます。

現在、「くらしの学校」ふるさと勉強会の募集を行っています。締め切りは16日(金)。
勉強会の詳細はこちらのページよりご覧ください。 → くらしの学校 ふるさと勉強会 

今回のテーマは「新聞記者の仕事、ふるさとへの思い」。
講師は、山陰中央新報社の記者、田中輝美さんです。

ちょっととっつきにくいテーマかなと思いますが、ひとりの女性の生き方として
とても参考になると思うので、ぜひお気軽にご参加ください。

12-11-13-7

給食は地元雲南市大東町の「ほう歳」さん。近所にこんなお店があったら通ってしまうな、
と思うようなお店です。
おかずの味つけが絶妙で、どれも本当においしいのです。こちらもお楽しみに…。

また、当日は勉強会終了後、ちいさな古本市を開催いたします。
「山の図書室」の本の中から、一部を販売させていただく予定です。

本の販売の収益は、来年度「山の図書室」開催に向けて、新しい本を準備する
費用等に充てたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

勉強会にご参加いただいた皆さんに限り、図書室もお楽しみいただける
ように準備をしようと思っています。同時にちいさなマルシェもオープンの予定
ですので、お楽しみに。

ふるさと勉強会の詳細、お申し込みはこちらのページよりお願いいたします。


さて、昨日は米子市へ。まずはいつもお世話になっている陶芸家「工房32豆」
西田さんのアトリエへ。

12-11-13-6 12-11-13-2

来年に向けて、お仕事の打ち合わせをさせていただきました。
いつうかがっても、お花が飾ってあったり、さりげなくオブジェが季節を感じさせて
くれたりと、素敵なアトリエです。

西田さんには試作をしていただくということになり、どんな作品ができあがるのかとても
楽しみです。

12-11-13-5 12-11-13-4

クリスマスリースも完成形ができあがり、撮影を待つばかり。
赤い実を散らした、かわいらしいリースになっています。来週にはご紹介できる予定
ですので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。


2012/11/13 10:43



秋の庭より。
おはようございます。

先週の2日間行った「山の図書室」。お越しくださった皆さん、ありがとうございました。


今年度の「山の図書室」はこれで終わり。次は来年の春になります。
「12月はないんですか?」という声もいただいたのですが、冬本番になると雪の心配も
あり、お休みとさせていただきます。

来年度は今年度いただいたご意見も参考にしながらスケジュールを組んでいきたいと
思っています。来年の春からもどうぞよろしくお願いいたします。


今週は、年末に向けてのサイト販売の試作や打ち合わせをいくつか行う予定。
クリスマスリース、カレンダーなど毎年楽しみにしてくださっているもののほか、
新たなものづくりにも取り組んでいるところです。頑張らねば。


さて、山陰地方では各地で紅葉が見ごろとなり、多くの人たちでにぎわって
いるようです。皆さん、もう紅葉狩りには行かれましたか?
アトリエまでの道のりも随分と赤や黄色が目立ちはじめ、通勤の楽しみになっています。

12-11-12-4 12-11-12-3

我が家の庭では、ブルーベリーが紅葉を始めました。
ブルーベリー、実がおいしいのはもちろん、葉っぱがかわいくて大好き。
夏場はちょっとシルバーがかったきれいなグリーン、秋には紅葉と、いろんな表情を
見せてくれるのでおすすめです。

そして、この季節になるといっせいに咲き始めるヒメツルソバの花。
年々広がっていきます…。

12-11-12-2 12-11-12-1

落ち葉を集めるだけで精いっぱいの庭しごとですが、秋バラやちょっとした
草花に癒やされます。
右の画像は、レモンバーム。数年前、「くらしの学校」の際に給食を持って来られた
「うしお料理クラブ」の富山さんが、庭にあったレモンバームを飾り用に持って来て
くださったのですが、持ち帰ったところ根がついて、今に至ります。

北側の日陰の庭で、すくすく成長するハーブたち。いい香りも癒やしです。

さて、今週も楽しい1週間になりますように。



2012/11/12 08:41



今年最後の「山の図書室」です。
おはようございます。

昨日(8日)と今日(9日)、「山の図書室」をオープンしています。
アトリエ、寒くなってきましたのでストーブを出しました。

奥のギャラリーも季節に合わせ、家の時間を楽しむハンドメイド特集。

12-11-9-4 12-11-9-6

縫いものや編みものの本を集めています。
この季節、家でちくちくと縫いもの、編みものを楽しんで冬に備える時間が
楽しいですね。

12-11-9-7

ディスプレイもぜひご覧ください。

図書室のほうは、コーヒー、紅茶、深山茶に加え、ジンジャーエールのシロップを。

12-11-9-3 12-11-9-1

紅茶に入れてジンジャーティーにされている方もいらっしゃいました。
今回のお茶うけは、季節の果物・柿のはちみつ漬け。ラム酒が効いています。

12-11-9-8 12-11-9-2

昨日はゆっくりと本を読みこむ方が多くいらっしゃいました。

今日は今年最後の「山の図書室」。10時から15時30分までとなっています。
あたたかめの格好でぜひお越しください。

お待ちしています。

2012/11/09 09:31



今日、明日は「山の図書室」です。 & くらしの学校はメリーさんの会へ。
おはようございます。

今日と明日は、「山の図書室」の開催日です。
今日は日差しがあり、わりと暖かいアトリエです。皆さんのお越しをお待ちしています。

さて、昨日は「くらしの学校」の出張授業で出雲市佐田町の「吉栗の郷」へ
行ってきました。
毎回お世話になっている「メリーさんの会」の皆さんに、羊毛紡ぎなどを
教わります。

12-11-8-1

少しずつ紅葉も進んでいる吉栗の郷。周りには木々がたくさん茂り、その中を
羊さんたちがのんびりと草を食んで歩いています。

12-11-8-5 12-11-8-9

「メリーさんの会」のわたなべさんが合図をすると、いろんな場所でうろうろしていた
羊さんたちが一斉に集まってきました。ペットのようだ…。
「これは今年生まれた羊」「顔がひとりひとり(?)違うんだね」などなど、
羊を見ていると飽きません。不思議。

授業は少人数だったため、それぞれが「羊毛から糸になるまで」の工程の中で
やってみたいことを選んで体験をさせていただきました。

12-11-8-2 12-11-8-12

洗った羊毛を「ほぐす」工程。草の実やゴミがくっついているのをていねいに
とった後、紡ぎやすいようにほぐしていきます。
「この、ふわふわの羊毛を触ってると本当に癒されるよ」とスタッフの方たちが
おっしゃっていましたが、本当に、いつまでも触っていたくなるような感触です。

12-11-8-11 12-11-8-4

家庭用の機織り機で機織りの体験もさせていただきました。
「メリーさんの会」でできた毛糸はどれも生成りか、自然の染料で染められている
ので、あたたかみがあって素朴な風合い。出来上がった作品も、とても素敵なのです。

12-11-8-3 12-11-8-10

赤の染料となる「コチニール」というサボテンにつく虫で染めるところを
見せていただきました。
同じ染料でも羊の毛のコンディションによって色が変わってくるのだそうです。


今回はそれぞれがやってみたいことをやる、という授業だったのですが、
紡ぎに没頭する方(ちゃんと毛糸になるまで頑張っておられました)、
染めや織りなどいろいろとやってみる方、それぞれに楽しまれたようです。

12-11-8-4 12-11-8-8

給食は、出雲市斐川町のお惣菜屋さん「リトル・アリス」さんのお弁当。
いろんなおかずが入っていて、どれも本当においしい!
「メリーさんの会」のスタッフの皆さんも、「孫を連れて一緒に行って
みようかな」とおっしゃってくださったりと、とても好評でした。

画像の実は、わたなべさんのご自宅になっているという「おおぼけ」の実。
「お花の代わりに」と置いておられたのがまた素敵でした。
花梨のようにお酒にするのだそうです。いい香りがしました。

下に敷いてあるテーブルセンターも、羊さんの毛で作った糸で織られたもの。
やっぱりあたたかみがあって心が和みます。

少ない人数で活動をされているのですが、市外から「やってみたい」という
方もいらっしゃっていて、少しずつ輪が広がっているのが見えてうれしく
思いました。
大変な作業だと思いますが、これからも頑張って続けていただきたい
地域活動です。

お忙しい中、「メリーさんの会」の皆さんありがとうございました。

次の「くらしの学校」は11月21日(水)、ふるさと勉強会です。
山陰中央新報社の記者・田中輝美さんをお迎えしてお話をうかがいます。

興味のある方は一般参加もOKですので、こちらをご覧ください。
→ ふるさと勉強会 11月21日(水)開催



2012/11/08 10:32



今日は「くらしの学校」です。
おはようございます。

今日は「くらしの学校」の日。出雲市佐田町への出張授業です。
「メリーさんの会」の皆さんに、羊毛紡ぎを教わる予定です。

佐田も少しずつ寒くなっていることでしょう。編みものや手作りが楽しい季節です。

昨日はアトリエにて、「山の図書室」の準備や打ち合わせなどを行いました。

12-11-7-1

少しずつ紅葉が広がっています。針葉樹や竹の間に、赤や黄色。

隣のおじさんの家では、畑でとれた小豆を干しておられました。

12-11-7-2

実家の祖父母もこうやって干してたなあ、と思い出しました。

貸していただいている畑の大根や春菊も、少しずつ大きくなっているようす。
アトリエの周りの畑で採れるお野菜はとっても甘いのです。土のせいでしょうか。

では、今日も1日、よい日になりますように。

2012/11/07 06:59



今週は「山の図書室」です。
おはようございます。

昨日はアトリエにて、年末に向けてのサイト販売の打ち合わせを行いました。
今年もクリスマスリースや、カレンダーなど年末年始を楽しむものをご用意する予定です。

「こんなのがあったらいいな」という漠然とした気持ちを形にしてくれるスタッフがいて、
試作を重ねてくれます。私自身は何もできず、ただ試作に対して注文をつけるだけで
申し訳ないなぁ、と思いつつ、気持ちを具現化してくれることがありがたくもあります。

サイト販売については来週にも少し詳しくお知らせができると思いますので、
お待ちくださいね。

さて、今週は水曜日に「くらしの学校」、木曜日・金曜日が「山の図書室」と
忙しい1週間です。
今年度の「山の図書室」はこれが最後となりますので、秋深まる山の中の図書室へ
どうぞお越しください。

「山の図書室」についてはこちらから。 → はたひよどり 山の図書室


週末、りんごを使ってジャムを作りました。
昨年、「杜パンカフェ」の雨川さんに「くらしの学校」で教わったアップルジェリージャム。

12-11-4-1 12-11-4-4

レシピ自体は簡単ですが、時間があるとき、というか、気持ちに余裕があるときじゃないと
上手にできないアップルジェリー。
去年はゼリー状に固まるところの見極めができず、さらさらのジャムになったのですが、
今年は我慢することができてぷるぷるに固まってくれました。

りんご7個を使って、できたのは瓶に2つ。
少しずつ味わって食べたいなと思います。


2012/11/06 08:18



書籍のデザイン、パンフレットのデザイン。お知らせがいろいろです。
おはようございます。

週末はいいお天気だったのに、今日は雨の朝です。

さて、先週もお知らせしましたが、11月21日(水)の「ふるさと勉強会」、
ゲストは山陰中央新報社記者の田中輝美さんです。

ジャーナリストとして、またひとりの女性として、かねてから素敵だな…と
思っていて、いつか「ふるさと勉強会」でお話をうかがっていたい、と思っていました。

田中さんとの出会いは、私たちがまだ任意団体「くらしアトリエ」として
ちいさなイベントを何度か開催していたころ。
その頃私たちは「小冊子を作りたい!」という思いを持ち、イベントに合わせて
「スロウノート」というリトルプレスを発刊したりしていました。

そんな時に目を留めてくださったのが田中さん。

当時は新聞に載るということ自体があまりないことで、依頼をされたときには
かなり驚いたのを覚えています。それと同時に、自分たちのちいさな動きに
ちゃんと注目してくださったことがうれしかった。

取材当日お会いした田中さんはとてもさわやかな女性で、私の話を目を輝かせながら
聞いてくださいました。取材、というよりも、一緒に楽しんでくださっている
感じがして、リラックスして話ができたように思います。

実は取材の内容はほとんど覚えていないのですが(なんせかなり前…)、
「素敵な活動ですね!山陰という豊かな土地でこそ、ていねいな暮らしを発信できる
と思います」というようなことを言っていただいたのを覚えています。


その後東京勤務を経て、ふたたび山陰へ戻っていらっしゃった田中さんは
さらに知的好奇心に磨きがかかり、会社とは別の活動として、民間団体・
ジャーナリスト教育センター(JCEJ)の運営委員を務められたり、松江の私設図書館の
ボランティアをされたりと、幅広く活動中。記者としてのお仕事はもちろん、
そのアンテナの貼り方、暮らしの楽しみ方についてもいろいろと聞いてみたいと思います。

「ふるさと勉強会」についてはこちらのページをご覧のうえ、お気軽にご参加
くださいね。  →  ふるさと勉強会 田中輝美さん


それから、お知らせがひとつ。
本年度の大きなお仕事として、くらしアトリエがデザインを担当させていただいた
書籍がこのほど、できあがりました。

12-11-4-6 12-11-4-5

「銀のまちをつくった人たちの話」。
「NPO法人緑と水の連絡会議」さんによる、石見銀山のまち・大森地区での聞き書き集です。

大森といえば「銀山のまち」。でも、石見銀山が世界遺産になるずっとずっと前から、
このまちを守り、伝えてきたのは、そこに住む人々でした。
そんな、「大森の人たち」の営みや、今残しておかなければ消えてしまうかもしれない
当時のちいさな生活のひとコマなど。

「群言堂」松場登美さん、「中村ブレイス」中村俊郎さんをはじめ、大森というまちを
今に伝え、住んでいる土地に誇りを持つ皆さんの「地域の力」が分かるお話が
掲載されています。

くらしアトリエはデザインを担当。240ページのひとつひとつを、読みやすく、
手にとってもらえるように、という思いでデザインさせていただきました。

また、この「銀のまちをつくった人たちの話」に使用した紙には、
「NPO法人緑と水の連絡会議」さんが石見銀山で竹林整備をして伐採した竹が
使われています。
竹100%の用紙を本文全部に使用したのは日本初、なのだそうです。

12-11-4-8 12-11-4-7

通常の紙とは違うため、色の出方など思うようにならない部分もあり、いつもにも
増して心を配り、また印刷業者さんにはお手数をおかけしました。
でもその分、味わいのあるいい仕上がりになっていると思います。

こちらの書籍について、入手方法などについてはまた追ってお知らせしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


それからもうひとつ。

12-11-4-9

松江市の洋菓子店「ラ・クレームデクレーム」さんのクリスマスケーキパンフレットが
できました!

こちらも、くらしアトリエが撮影・デザインを担当させていただきました。
毎回とても楽しみなクレームデクレームさんのクリスマスケーキ。ご予約はどうぞ、
お早めに。お店にてパンフレットをご覧くださいね。


2012/11/05 09:03



ふるさと勉強会 募集のお知らせです。
おはようございます。

昨日ご紹介した、「くらしの学校」ふるさと勉強会について、募集ページを
UPしました。

こちらのページよりご覧ください。 → くらしの学校 ふるさと勉強会 

今回のテーマは「新聞記者の仕事、ふるさとへの思い」。
講師は、山陰中央新報社の記者、田中輝美さんです。

新聞という世界に飛び込んだ田中さんは、書き手として、またひとりの女性として
とても尊敬できる素敵な方。
以前、くらしアトリエの活動に目を留めてくださって取材をしてただいたのがご縁です。

その後、3年間は東京勤務をされていて、そこで外から感じた山陰の魅力についても
お話しいただこうと思っています。

個人的に、表現者の取り組みとしてジャーナリスト教育センター(JCEJ)の
運営委員も務めていらっしゃるそうです。
そのバイタリティの源や、新聞記者という仕事ってどんなものなのか、
ジャーナリストとしての思いなど、うかがいたいことがたくさん。


「ふるさと勉強会」は、普段はあまりお話を聞けない方々にお越しいただき、
ひとりひとりの暮らしにヒントやきっかけとなるような会になるように、と企画しています。

12-11-2-1

今回は特に、「地域」や「仕事のやりがい」などを考える機会になりそうです。
一般参加も大歓迎ですので、どうぞお気軽にご参加くださいね。

受付はメールフォームよりお願いいたします。 → ふるさと勉強会について

皆さんのお越しをお待ちしています。


2012/11/02 06:56



前向きな暮らしのコツ。
おはようございます。

今日から11月。寒さも少しずつ本格的になってきて、冬の足音も聞こえてきそうですね。

さて、昨日は「くらしの学校」の日。
「前向きな暮らしのコツ」というテーマで、米子市の生活雑貨店「'tis clay」オーナー・
松本佳子さんにお越しいただきました。

12-11-1-4 12-11-1-2

日々生活していて(生きていて、というほうがいいかな)、前にばかり進めないことって
ありますよね。
分かっているけど前を向けない、落としものばかりしていたようで自分の歩んできた道を
振り返ってばかりいたり。

そんな誰にでもあるような気持ちに、少しでもヒントや提案ができれば…という気持ちで
今回、松本さんに講師をお願いしました。

雑貨店のオーナーとして、というよりも、いろんな経験を重ねていらっしゃる
人生の先輩として、相談に乗っていただく、という感じでスタートです。

12-11-1-5 12-11-1-67

事前に参加者の方々にいただいていた質問をひとつずつ、みんなで考えていくという
かたちで進行していきます。
話しているうちにヒントが見つかることもあるし、他の方たちの実体験から
解決の糸口が見えたりもします。松本さんの的確かつやさしい言葉も、参加者の方の
心に浸みわたった感じがしました。

みんなそれぞれが持っている重たい荷物のようなもの。
それをいつ開けて解決するのか、ずっと持ちっぱなしで過ごしていくのか、
正解はないし、人それぞれで思うことも違うでしょう。
今回の話し合いの中でも、具体的に何かが解決したわけではありません。

でも、悩んだり立ち止まったりするときに、「あの時、あんな言葉をもらったな」
というのが心の奥のほうに残っていて、再び前を向くきっかけになってくれたら
いいなあ、と思いました。

あまり普段の話の中では出てこないようなテーマだったので、授業が終わった時には
心の中が浄化された感じでした。松本さん、ありがとうございました。

今回の給食は、以前「キッチン工房はしまん」にいらっしゃった藤原さんに
お願いをして、「洋食屋さんのナポリタンパスタ」を作っていただきました。

12-11-1-6

ボリュームがすごい(笑)。でも、ケチャップベースではなくトマトソース
ベースのナポリタンなので、しつこくなくておいしく最後までいただけました。

藤原さんご夫妻にも給食に参加していただき、楽しいランチタイム。

12-11-1-3 12-11-1-1

ナポリタンといえども具材のひとつひとつにまで妥協がない。
この繊細な感覚、すごいな~といつも思います。
デザートのちいさなみかんもおいしかった!藤原さんありがとうございました。

次回は出雲市佐田町での出張授業。「羊毛紡ぎ」を行います。

そして、今月21日(水)は「ふるさと勉強会」の日。こちらは一般公募も受け付けます。
講師は、山陰中央新報の記者・田中輝美さん。
私たちが尊敬している、とっても素敵な女性なのです。

記者のお仕事のこと、山陰という地域のこと、いろいろうかがってみたいと思います。
詳細は後日UPしますので、どうぞ楽しみになさってくださいね。


2012/11/01 09:13


 + 

リンク
SLOW+SLOW(本サイト)
お花マルシェ
カテゴリ
  • お知らせ (254)
  • ものづくり (252)
  • 融通の利かない、かばん展 (26)
  • くらしアトリエへの思い (81)
  • スタッフの日常 (728)
  • 法人化までの日記 (1)
  • 未分類 (57)
  • 風景ノート (19)
  • 朝市 (143)
  • くらしの学校 (241)
  • イベント (55)
  • 畑展望公園まつり (21)
  • 森の休日 (8)
  • お仕事 (86)
  • 山の図書室だより (67)
  • 10周年祭 (12)
  • シマシマしまね (49)
  • 過去の日記
    2017年10月  2017年04月  2017年03月  2017年02月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年09月  2016年08月  2016年07月  2016年06月  2016年05月  2016年04月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年11月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年04月  2015年03月  2015年02月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年05月  2013年04月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月 


    ---【Login】
    Arranged by cadet
    Copyright © 2005-2007 SLOW+SLOW kurashiatelier