お味噌ができてます。
おはようございます。

今年の2月と3月に仕込んだお味噌。月ごとにようすを見ていましたが、
そろそろいい感じになってきました。

12-6-29-3 12-6-29-2

2月に仕込んだもの、3月に仕込んだもの、それぞれホーローと石見焼のかめに
仕込んだのですが、どちらも同じように「味噌っぽく」なっています。

麹と豆と塩でこんな万能な調味料が生まれてしまうのだから、先人の知恵は
すごいですね。

もう少し寝かせてから、お味噌汁でいただくのを楽しみにしたいと思います。

今年は梅が不作らしく、いまだに梅シロップ1瓶しか漬けていません。
梅干しは去年のものがまだ手つかずで残っているので、今年は
梅酵母を仕込もうかな、と思っているのですが…。

おととい出かけた「コウボパン小さじいち」さんで、酵母液の瓶がずらりと
並んでいるようすを見て、すっかり感化されてしまいました。いつものことですが…。

実家の母が我が家に来たとき、キッチンに並ぶ保存瓶を見て、「並んでるだけで
生活が豊かになったような気持ちになるね」と言っていましたが、本当にそう。

物質的に、ではなく、心が満たされるような生活がしたいものです。

2012/06/29 07:39



「コウボパン小さじいち」さんへ。
おはようございます。

昨日は、来週に行われる「くらしの学校」の打ち合わせを兼ねて、大山の
「コウボパン小さじいち」さんへ出かけてきました。

「食べるところ」ができてから気になりつつ、ランチをいただくことが
できなかったのですが、今回念願かなって食べることができました。

12-6-28-3 12-6-28-4

梅雨とは言いながらいいお天気。さわやかな風が吹きわたります。
パンのいい香りもしてきます。

「食べるところ」のお昼ごはんは、酵母を使ったお料理が並びます。
お料理にはお砂糖やお酢は使っていない、とのこと。
果物の甘みや酵母の酸味で味つけされています。

12-6-28-1

おいしいパンが何種類も並び、大根ステーキ、酵母に漬けたピクルスなど、
どれもおいしくいただきました。
デザートの梅のゼリーもおいしかった~。

12-6-28-5 12-6-28-2

ピクルスにはネギやピーマン、ミニトマトなどが漬けてありました。
どれも柔らかな酸味が効いていて、身体が喜ぶ感じです。

何より、大山がきれいに見える、そこにお店があることが素敵。
オーナーさんが集めた器や、旅先の思い出などが散りばめられた空間は、
とても居心地がよく、かわいいのだけどおしつけがましくなく。

ホッとできる時間を過ごさせていただきました。

来週は、「くらしの学校」で酵母を使ったお料理を教えていただきます。
今からとても楽しみです!

2012/06/28 06:11



この時期の、おいしいもの。
おはようございます。

先日から我が家の食卓を楽しませてくれているのが、こちらのトマト。

12-6-27-1

昨年11月の「秋のおむすび朝市」でお世話になった、松江市西長江町、
「大井川さんのトマト」です。ビニールハウスまで出かけて、買ってきました。

土にこだわって作られたトマトは、味が濃く、甘みも強い。
ぎゅぎゅーっと凝縮された味がします。
おいしいトマトの秘密について、お話をうかがう機会もあったのですが、
やはり「いいもの」を作り上げるにはとても大変なご苦労があり、それを日々
淡々と、誠意を持ってこなしていらっしゃる大井川さんの姿勢にはひたすら感動しました。

12-6-27-2

切って塩をふりかけただけですが、これだけでもう、本当においしい。
お気に入りの器にざっくり盛り付けて、朝からいただいています。
ムスメたちも「あ、大井川トマト?買ってきた?」とうれしそう。

毎年、「この時期になるとあれが食べられるな」と思えることも幸せですね。

食べることは、生きること。
身体が内側から喜んでくれるような食べものをいただいて生きたいなあ、と思います。

2012/06/27 08:38



「ふるさと勉強会」、その後。
おはようございます。

ここ数日、なんだか涼しい日が続いている山陰地方。
夕方の散歩など、寒いくらいです。

夏はまだまだ遠いのか、と思いつつ、夏休みの計画も立てています。

私ごとですが、今年は子どもたちが小学校最後の夏。
あれもこれも、来年の夏にはできないかな、ということを経験するチャンスを
あげたいな、と画策しております。

くらしアトリエの夏休みについても、後日お知らせしたいと思います。

12-6-26-7 12-6-26-5

先月行われた「くらしの学校 ふるさと勉強会」で、ライターの江沢香織さんが
「おすすめ本」として紹介してくださった、宮本輝の「にぎやかな天地」。
文庫本を買って読み進めていますが、おもしろい~。止まりません。

私よりも先に、オットが通勤電車の中で読んでいるのですが、本の影響で
「発酵」にハマってしまい、「3日に1度は発酵食品だけの食事にしよう」
などと言い始めています(笑)。

でも、たとえば今日の朝ごはんも、お味噌汁、卵焼き(塩麹で味つけ)、
きゅうりのお漬け物、納豆、と発酵食品がたっぷり。
言われてみると、日本は発酵食の宝庫ですね。

まだ本は上巻の途中なので、早く読み終わりたいという衝動に駆られています。


そして、同じく「ふるさと勉強会」でお世話になった、青蛙・天野尚さんの
かわいい巾着。
なんだろう、この心ときめく感じ。ムスメたちも気に入っていました。

2012/06/26 07:55



「ふるさと勉強会」。手仕事について、あれこれ。
おはようございます。

先週、6月22日(金)は「くらしの学校 ふるさと勉強会」の開催日でした。
講師は、安来市広瀬町で藍染めを営む「天野紺屋」青蛙こと、天野尚さん。

12-6-25-3 12-6-259

朝早くからお越しいただき、作品たちを並べたり、工房のようすが印刷された
写真を組み合わせたり、準備をしてくださいました。

勉強会では、まず「藍」についての説明。

12-6-25-1

藍の特徴、染める原理などを、身振り手振りで教えてくださる天野さん。
随所に笑いどころがあって(工程に笑いどころがあるわけじゃないのです、天野さんの
お話がおもしろいのです)、参加者の皆さんも終始、和やかな雰囲気でした。

もともと、「天野紺屋」さんでは糸染めを専門に行っていらっしゃったのですが、
天野さんの代になって、新たな試みとして「布を染める」ことを始められたとのこと。

独学で、柔軟にものごとを考えて作品づくりに臨んでおられることが良く分かりました。
周りに教えてくださる方がいらっしゃらなかったことが、逆に良い方向へ
進んでいったのかも、と天野さんもおっしゃっていましたが、「自分で考える」
ことの大切さも教わったように思います。

その後、天野さんによるハンカチの染め実演。

12-6-25-6

「…うまく染まらなかったらどうしよう」という天野さんの心の声も聴こえて
いましたが(笑)、真っ白なハンカチが、輪ゴムひとつでどんな模様に仕上がるのか、
参加者の皆さんもわくわくしています。

できあがりは…

12-6-25-11

じゃん!(天野さん、うれしそう…)

布の畳み方、ゴムのかけ方、それぞれを変えることによっていろんな模様が
できるんですね。

実演が終わった後、「てしごと」に携わる作家としての天野さんに、
作品を作ること、伝統を受け継ぐこと、自分を表現すること…など、
いろいろなお話をうかがいました。

作品として仕上がっているものを私たちは目にして、手に取ることができるのですが、
実は天野さんにとって一番大切なのは、工房にある藍たちをしっかり育て、
管理すること、なのです。

きれいに染める藍を常に保っていくことは経験も必要で、いまだに悩むことも
多い、と天野さん。
ご自身が謙虚な気持ちになり、「お仕事をさせていただいている」という姿勢で
ものづくりに臨むことを心がけていらっしゃるそうです。

「手」が作り上げるものの、なんとも言えない魅力。それが伝わるのは、
作家さんのそういう「姿勢」が、作品にじんわりと表れてくるから、なんでしょうね。


さて、今回は参加者の皆さんにも、お一人ずつお気に入りの「手仕事」に
かかわるものを紹介していただきました。

12-6-25-10 12-6-25-5

ご主人がお子さんのために作ったこいのぼりのオブジェ。
地元・出西窯のうつわ。
裂き織りの名刺入れ、ていねいに作られたバッグ、自分で作られた化粧水、
素敵な模様の手ぬぐい、結婚されたときに買った無垢のダイニングテーブル…。

皆さんから紹介していただいたもののひとつひとつが、その方のお人柄や
モノに対する思いを象徴しているようで、聞いていてとても楽しかったです。

12-6-25-2

こんな、かわいらしいお菓子を「手作り」して持って来てくださった方も!
皆さんから歓声があがっていました。

「手」で伝わるもの、伝わることの大切さを、私たちも心に刻んで
今後の活動にも生かしていけたら、と思っています。
天野さん、素敵なお話を本当にありがとうございました。


さて、今回の給食は地元・雲南市大東町の「ほう歳」さんによるごはん。

12-6-2658

ちょうどいい味つけで、素朴で味わい深いお昼ごはんです。

12-6-25-7 12-6-25-4

甘酢のたれがしみ込んだ唐揚げ、モロッコ豆のごま和え、じゃが芋のグラタン。
どれも本当においしかったです。

「ふるさと勉強会」、後期の授業でも素敵なお話を聞かせていただく予定ですので、
どうぞお楽しみに。

さて、あっという間に6月ももう終わりに近づいています。
今週も1週間、頑張りましょう!!



2012/06/25 08:18



今日は「ふるさと勉強会」です。
おはようございます。

今日は「くらしの学校」ふるさと勉強会の日。

昨日は1日、アトリエにて準備や作業を行いました。
山の上は、肌寒いほどのお天気です。

12-6-22-1

ここのところの雨で、さらに植物(雑草も…)が元気になってきたようです。
田んぼも青々としてきました。

そんな中、ショックなことが…。
春に植えたじゃがいも、そろそろ収穫かな~、とわくわくしながら裏の畑に行ったら、
あれ、なんだか踏み荒らされている…。

犯人はイノシシ。

12-6-22-2 12-6-22-4

掘り起こせど、芋は見えず(涙)。20本以上植えたのに、残っていたのは
たったこれだけです。イノシシ、ある意味すごい…。

おととしだったかな、さつま芋を同じようにイノシシにやられて、お隣のおじさんは
網を設置して入ってこれないように対処しておられたのですが、うちはほったらかし
だったから、イノシシにとっても「しめしめ」だったわけですね。

あ~、楽しみにしてたのに…。
しばらくはじゃが芋を見るたびに悲しくなりそうです。

12-6-22-3 12-6-22-5

椿の木の下では、ホスタが花を咲かせていました。
冬の間は葉も落ちて、何にもなかったかのような場所だったのですが、
春になるとちゃんと葉っぱが出てきて、花も咲くのです。不思議~。

大きな葉っぱがかわいかったので、玄関に飾ってみました。
お越しになる皆さま、どうぞ気をつけてお出かけくださいね。

2012/06/22 05:59



おいしく、美しい「笹巻き」を訪ねて。
おはようございます。

昨日は午前中、雲南市役所にて会議。午後から、同じ市内にある掛合町へ
出かけました。

毎年この時期になるとお邪魔している、「入間いきいき仲よしグループ」さん。
6月は「笹巻き」の季節です。毎年、こちらにうかがって美しい笹巻きを見るのが
とても楽しみ。
そして、作っているおばちゃんたちに会ってにぎやかにお話をするのも、
楽しみのひとつなのです。

12-6-20-1 12-6-20-2

見よ、この美しい姿。
自然のものだけを使い、シンプルに、でも華麗に、端正に。
笹で巻き、い草で結わえ、最後に縄で縛ります。

最後に縛るのにビニール紐ではなく縄を使うのは、見た目に美しいことは
もちろん、引っかかりが良くて形がきれいに整うからだそうです。
機能美なのですね。

ちなみに、縄は冬のあいだに「なってもらう」のだそうです。
6月を迎えるまでに、いろんな人々の、いろんな準備があるのです。すごいなあ…。

もっと言えば、おいしいお米ができないとおいしい笹巻きはできないのです。
お米のお団子を、稲わらの縄で縛る、というのも合理的で、「おおっ!」と
思ってしまいました。

いろいろとお話を聞いているうちにも、どんどんと作業は進み、見事に
できあがっていく笹巻きたち。いろんな人を喜ばせる、季節の恵みです。

食べてしまえば終わり、なのですが、そこに至るまでにとっても豊かな気持ちを
与えてくれる食べもの。つくづく、先人たちの素敵な知恵と、美しいものを
受け継いでくださったことに感謝、ですね。

手際良く作業をされる皆さんの朗らかな笑顔に、元気をたくさんいただきました。

12-6-20-3

神話の世界を想像させる、掛合の山並み。
毎回、入間を訪れると「まあまあ、お茶でもするだが」「えへへ、呼ばれます」
という感じでついつい長居をしてしまいます。

手法は違えど、同じ「地域」を考える活動をしている者同士、
勉強になるお話もたくさん聞かせてもらいました。

何より、続けていくことは本当に大変。頭が下がります。
私たちも、皆さんを元気づけたり、楽しんでもらえることが出来るような
NPOでありたいなあ、と強く感じた1日でした。

笹巻きは、大切な方への贈りものに旅立って行きました。
喜んでいただけるといいな。

2012/06/20 06:39



「ふるさと勉強会」、本日締め切りとなっています。
6月22日(金)開催の「くらしの学校 ふるさと勉強会」。
本日の21時が受け付け締め切りとなっています。

講師は藍染め作家の「青蛙」さんこと、天野尚さんです。
手仕事のこといろいろ、うかがっていく予定ですので、皆さまぜひ
ご参加くださいね。

台風が近づいていて、全国的にお天気が心配ですね。
山陰地方も朝から雨。肌寒いほどです。

アトリエの近くにあるバス停で、あじさいが満開となっています。

12-6-1901

地域の方が植えられたのでしょう、集会所前のバス停の斜面に一面のあじさい。
色も、青、白、ピンク、紫など…この色合いはあじさいならでは。

12-6-19-2

あじさいは挿し木で簡単に増やせるので、何気なく植えられたのだと思いますが、
きれいに咲きそろうと、ちょっと見ものです。

この時期にしか楽しめませんが、だからこそ何となく胸を打つ風景です。
桜と、ある意味似ているのかもしれませんね。

雨が続いて気持ちも沈みがちですが、あじさいを見て元気をもらいたいと思います。


2012/06/19 07:57



山の図書室、開催しました。
おはようございます。

6月16日(金)は、「はたひよどり  山の図書室」の日。
お越しくださった皆さん、ありがとうございました。

122-56-18-6

雨が降るのかな、と思ったのですが、とてもいい天気で暑いくらい。
それでも、山の上は市街地よりかなり涼しい印象です。

12-6-18-9

山の緑も日ごとに深くなってくるのが分かります。

今回、奥のギャラリーコーナーにお料理の本を集め、初夏の食卓をあしらいました。

12-6-18-11

「ふるさと勉強会」でお世話になる、藍染め作家の天野尚さんの作品も使って。
藍の色は、蒸し暑いときでもきりりと身が引き締まります。
個人的にも手ぬぐいなどを使わせてもらっていますが、インテリアがシンプルなほど
映えるイメージ。

天野さんのお話も楽しみです。  → ふるさと勉強会のお知らせ。


お越しくださった方から、あじさいをいただきました。

12-6-18-7 12-6-18-5

「アトリエにはない色かなと思って持ってきました」と、きれいな色のあじさい。
うれしくて、いろいろなところに飾りました。
ゆっくりと時間をかけて楽しんでくださってありがとうございます。

毎回違う種類のシロップジュースをお楽しみいただいていますが、今回は
スタッフが摘んで来てくれたいちごで。

12-6-18-8 12-6-18-1

甘酸っぱいいちごジュースに、お茶うけは金平糖でした。

12-6-18-2

少しずつですが蔵書も増えていて、じっくり読みこむものや、旅の本なども
あります。
毎回、違う気分でお越しいただけると思います。

12-6-18-4

梅雨の時期にぴったりの、しずく柄の便箋や、はたひよどりオリジナルの
一筆箋など。ちょっとしたお手紙にちょうど良いサイズです。こちらはマルシェにて。


次回の「はたひよどり 山の図書室」は7月13日(金)。
皆さまのお越しをお待ちしています。

2012/06/18 06:14



6月15日(金)、山の図書室です。
おはようございます。

今日は、「はたひよどり山の図書室」の日。
お天気はどうでしょうか…。

蒸し暑い日が続いているので、図書室の中はさわやかに。

12-6-15-7 12-6-15-4

あじさいの花をあちこちに飾っています。
庭で咲いていたもの、アトリエの周りに咲いているものなど。

12-6-15-3 12-6-15-5

伸び盛りのハーブも、あちこちに。いい香りです。

前回は洋書とアンティークをテーマにしていた奥のコーナー。
今回は、お料理の本を集め、梅雨どきの食卓をテーマにしてみました。

12-6-15-1 12-6-15-6

梅の保存食、山椒やハーブなど、味に変化をつける調味料を使ったお料理など。
じめじめして、毎日のごはんも面倒になりがちですが、少し工夫することで
楽しい食卓になれば素敵ですよね。

こちらに展示してある本もご自由に読んでいただけます。
どうぞゆっくりと、お過ごしください。


マルシェでは、前回同様、「山の図書室オリジナルブレンド」や「焼きっぱなし
パウンド」、キッチン工房はしまんさんの瓶ものなどを置かせていただいています。

12--6-15-2

図書室オリジナルブレンド。豆のままのものと、粉にしたものがあります。
CAFFE VITAさんらしい、濃厚なコーヒーの味が楽しめます。
こちらのブレンドは、図書室の中で飲むことができますので、お試しくださいね。

「山の図書室」については、こちらのページをご覧ください。 → はたひよどり山の図書室

皆さまのお越しをお待ちしています。


2012/06/15 06:12



お花マルシェワークショップ更新しました。
おはようございます。
昨日はアトリエにて、15日(金)オープンの「山の図書室」準備。

12-6-14-2 12-6-14-4

田んぼが青々としてきました。稲が伸びてくると、また風景が変わります。
図書室の2階からの景色も、素晴らしいのでぜひ。

お隣のお宅では、今年も白いあじさいがたくさん咲いているのが見えます。
アトリエも、隣のおじさんの家の青いあじさいを挿し木にしたのですが、
なかなか大きくなりません…。草刈りと一緒に刈ってしまったりして、
あじさいの庭までの道のりは長いです。

12-6-14-1 12-6-14-3

畑のじゃがいもを、ためしに掘り返してみました。まだかなり小さかったのですが、
小さなジャガイモもかわいい。
今回の図書室では、食やうつわをテーマにして展示をしてみよう、といろいろ
考えているところ。新じゃがの季節、じゃがいもを使ったレシピも探してみたいと
思います。


*お知らせがふたつ。

お花マルシェのワークショップ情報を更新しました。

次回は、6月20日(水) 10:30~12:30、テーマは「ジューンブライドのアレンジ」。
お申し込み、お問い合わせは直接お店にお越しいただくか、お花マルシェHPの
メールフォームよりお願いいたします。 → お花マルシェホームページ


・6月22日(金)に開催する「くらしの学校 ふるさと勉強会」。
講師は藍染め作家の「青蛙」さんこと、天野尚さんです。

一般参加もOKです。ぜひご参加くださいね。

2012/06/14 06:55



ふるさと勉強会、山の図書室。どうぞお越しください。
おはようございます。

6月22日(金)に開催する「くらしの学校 ふるさと勉強会」。講師は藍染め作家の
「青蛙」さんこと、天野尚さんです。
伝統工芸の世界に身を置きながらも、自分らしい作品づくりを追求されている天野さん。
その、ものづくりへの姿勢など、うかがってみたいことがたくさんあります!

一般参加もOKです。ぜひご参加くださいね。


そして、今週の金曜日、15日には「山の図書室」がオープンします。

12-6-13-1 12-6-13-2

毎回、コーヒーや紅茶とともに、冷たいお飲み物としてシロップジュースを
お出ししています。毎回、どういうジュースにしようか?とスタッフで話し合い、
季節感を考えながら手作りしています。
今回は、スタッフがもらってきたいちごを使ったジュースになる予定。

去年に比べて蔵書も少しずつ増えてきました。スタッフが読んで面白かった本、
仕事をしていくうえで参考にした本なども置いてあります。

12-5-26-2 12-6-13-5

マルシェでは、オリジナルの「山の図書室ブレンド」。お買い上げいただいた方から
「おいしかった!」というご感想もいただいています。
コクがあり、淹れ方で朝でも夜でも、おいしくいただける、飲みやすいコーヒーです。

また、雲南市吉田町の「キッチン工房はしまん」からは、島根県産の高糖度トマトを
使ったおいしいケチャップが入荷しています。
ニンニクが入っているので、少しパンチのある味。でも、決してくどくなく、
トマトの甘みが十分に生かされています。

そのほか、おいしいお菓子やオリジナルのレターセット、一筆箋なども。
図書室にもぜひ、お出かけくださいね。 → はたひよどり 山の図書室


2012/06/13 07:00



今週は山の図書室、来週はふるさと勉強会です。
おはようございます。

くらしの学校 ふるさと勉強会」は6月22日(金)開催です。
講師は、安来市広瀬町で藍染めを営む天野尚さん。

天野さんはお話がとてもおもしろい!そして、藍に対する思いはとても深い。
ものづくりをされる方のお話はなかなか身近に聞く機会がないと思いますので、
ぜひ皆さんご参加くださいね。

詳細はこちらから。 →  ふるさと勉強会 天野尚さん


さて。「山の図書室」に素朴なおやつの本があり、スタッフで見ていたこともあって
なんだか無性にぼそぼそしたおやつが作りたくなりました。

12-6-11-1 12-6-11-2

朝ごはん用に作った、生クリーム入りのスコーン。ちょっと贅沢。
強力粉で作ったのですが、ふわふわおいしくできました。

そして、オリーブオイル入りの白ゴマビスケット。普段のおやつに。
瓶に入れて保存しています。

お店で買うおやつも好きですが、自分で作ったものを子どもたちが「おいしい」
と食べてくれるとうれしいものですね。
私は大ざっぱなので、作るたびに味が違うのですが、そこはご愛敬です(笑)。

今日からまた1週間が始まります。15日(金)は山の図書室です!
こちらも、ぜひお出かけくださいね。


2012/06/11 07:22



ふるさと勉強会、参加申し込みを開始します。
おはようございます。

今日からお天気が崩れるよう。けさはつばめが低く飛んでいました。
山陰地方も梅雨入りかもしれませんね。

さて、今日は6月22日(金)に開催の「くらしの学校 ふるさと勉強会」のお知らせ。
一般参加もOKですので、多くの皆さんに来ていただければと思います。

今回の講師は、安来市広瀬町で藍染めを営む、「天野紺屋」の天野尚さん。
「青蛙」という名前で、伝統にとらわれない新しい藍の世界も表現されています。

12-6-8-2 12-6-8-1

毎回、藍染めの授業ではお世話になっていましたが、そのときの天野さんのお話が
とてもおもしろく、深いものがあり、一度しっかりとお話を聞いてみたいと
感じていました。

12-6-8-9 12-6-8-10

過去の「くらしの学校」より。藍の説明を熱く語ってくださり、また私たちの
リクエストにも柔軟に対応してくださる、素敵な方です。

今回、勉強会の講師をお願いしたところ快くお引き受けいただき、
意義ある会になることを今からとても楽しみにしています。

ものづくりに取り組む姿勢や、伝統を受け継ぐということに対する思いなども
うかがっていく予定。
興味のある方はこちらのページをご覧ください。 → ふるさと勉強会 天野尚さん

本日午前9時より、メールフォームにて参加の受付をさせていただきます。
定員に達し次第締め切らせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


さて、昨日は奥出雲町へ出かけてきました。
くらしアトリエの活動を通して知り合った方が、神社の境内でお蕎麦を中心とした
お食事処を営んでいらっしゃって、そのお店を訪ねて。

「姫のそば ゆかり庵」というお店。稲田神社の境内、社務所にあります。

12-6-8-4

奥出雲町の中心街から車でほんの少し。田んぼが広がる風景に鳥居があると、
不思議と気持ちがおだやかになります。

12-6-8-6 12-6-8-5

神社特有の、おごそかで凛とした雰囲気がそのまま店内にも通じているような、
それでいてとても落ち着けるような…素敵な空間でした。

12-6-8-7 12-6-8-3

限定のご膳は、割子そば、仁多米のおにぎり、旬の山菜やお野菜を使った
おいしい煮物やお漬け物などがセットになっています。
どれも本当においしくて、奥出雲の土地の持つ豊かさを感じられるものでした。
なかでも、おにぎり…というかおむすび、かな。むすび方が絶妙で感動しましたよ。

おひとりで食べていらっしゃる方、お友だち同士でいらした方など、皆さん
この空間の雰囲気を存分に楽しみつつ、お食事をされている姿が印象的でした。

皆さんも出かけてみてくださいね。

2012/06/08 08:37



くらしの学校 季節ごよみアレンジ。
おはようございます。

昨日は「くらしの学校」の日。お花マルシェによる「季節ごよみアレンジ」です。

12-6-7-2 12-6-7-7

お花マルシェの授業は毎回行っていますが、その都度違うテーマで、季節を感じる
アレンジメントを提案し、みんなで製作します。

12-6-7-11

この日は、ブルーを基調としたアレンジ。グリーンもいろいろな種類のものを
取り入れて、ナチュラルなイメージの作品ができそう。

12-6-7-4 12-6-7-10


1回目の授業でRさんの指導のもと製作した籐のかごにアレンジをしていきます。
かごを単体で飾るのか、セットにして飾るのか。飾る場所は?高さは?と、いろんな
条件をイメージして形を決めていきます。

簡単なようで、とても難しいのがアレンジ。「どこに挿せばいいの?」という声が
聴こえてきます。
できあがったものを見ると自然に映るのですが、それを作り上げるのってとても大変。

12-6-7-5 12-6-7-1

アレンジが出来上がったら、梅雨を楽しむ、ということで手作りの傘を
アレンジにかざして完成です。
こんなアレンジがあったら、家に帰るのが楽しくなりそう。ご家族もきっと、
「何これ~?」と喜んでくれそうです。

12-6-7-12

皆さんの作品たち。さわやかです!


充実感たっぷりの授業が終わったところで、今回の給食は松江市の
お料理ユニット「タパタパ」さんのごはん。
事前に「授業ではフラワーアレンジをします」とお伝えしていたのですが、
そのテーマをしっかり表現してくださっていました。

12-6-7-9

真ん中のブリキのバケツには、オアシスが入っています。ここに、お花のように
お肉や野菜、お芋の串が刺さっています~。楽しい~。
「アレンジの周りに、お寿司のちょうちょやお花たちが集まってきてるイメージ」とのこと。

12-6-78-

チキンに、ローズマリーポテト、ブロッコリー。どれも絶妙の味つけで本当においしい。
楽しみつつ、「これはなんで味つけしてあるのかな…」などと考えながらいただきました。

12-6-7-6 12-6-7-3

タパタパさんお得意の巻き寿司も好評でした。かわいいだけじゃなく、ちゃんと
おいしいんですよね~。
タパタパさん、ありがとうございました!

皆さんのおうちにブルーのアレンジが飾ってあるのを想像するとこちらも嬉しくなります。
家に持ち帰っても楽しい、そんな授業、いいなあ、と思います。

さて、次回の「くらしの学校」はふるさと勉強会。
講師に、藍染めの作家さん、青蛙こと天野尚さんをお迎えします。

安来市広瀬町で、伝統を重んじつつも新しいデザインも取り入れて、かわいい
作品を数多く製作されている天野さん。
ものづくりについて、作家の目線で語っていただきたいと思っています。

こちらは一般参加もOKとなります。明日、受付を開始する予定ですので、
どうぞよろしくお願いいたします。


2012/06/07 08:22



次回の「山の図書室」に向けて。
おはようございます。

昨日はアトリエにてスタッフが集まり、「山の図書室」の反省会を行いました。
良かったこと、気づいたこと、もっとこうしたら…ということなど、意見を出し合い、
次回以降に生かしていこう、という会です。

スタッフそれぞれが違う目線で見ているので、「なるほど~」とか、「そうだったの?」
みたいな意見が出てきます。
いろんな考え方をそれぞれが持ち寄り、共有しながら前に進んでいけたらいいなと
思っています。

先日の「山の図書室」では、「ゆっくりと本を読む」という行動を楽しみに
いらっしゃった方が多く、「こうやって過ごしてくださったらうれしいな」という、
まさにそのままを皆さんが具体化してくださっていました。

「皆さんゆっくりと過ごされていて、じっくり本を読んでおられたので、
良かったと思う」というのは、すべてのスタッフの共通した意見。

そのうえで、「こうすれば良かった」という反省点をしっかりと改善し、
これからも、お越しくださった方に「また来よう」と思っていただけるような
空間づくりをしていければと思っています。

次回の図書室は6月15日(金)。ゆっくりしに、ぜひいらしてくださいね。


さて、反省会の後は、ちょっとしたお楽しみ。
キッチンを使って、スタッフでランチを作りました。

12-6-6-3 12-6-6-1

いただきもののお米の麺があったので、フォーを作ることに。
ベトナム料理が得意なスタッフが、スープや具材を用意してくれました。

12-6-6-2

別のスタッフからはサラダの差し入れも。田んぼの風景を見ながら、フォーをずるずる。
たまにはこんなランチもいいな、と思った1日でした。


2012/06/06 06:25



「TURNS」という雑誌。
おはようございます。

先週末発売の「TURNS」という雑誌。

12-6-5-1 12-6-5-2

「自休自足」という雑誌がありましたが、それがリニューアルして「TURNS」に
生まれ変わったとのこと。

「人、暮らし、地域をつなぐ」がコンセプトだそう。
くらしアトリエと重なるところが多いです。

今回、巻末の広告で雲南市の定住推進サイト「ほっこり雲南」が掲載されています。
デザインをくらしアトリエが担当しました。

雑誌のイメージを考え、「ほっこりさ」が感じられるように、ひとりでも多くの方が
雲南市を移住先として検討してくださるように、と製作しています。

他にも、地域のコミュニティづくりを頑張っているいろいろな方々が掲載されて
います。山陰からは、鳥取県智頭町、島根県海士町もありました。

移住を考えていらっしゃる皆さんには、とても有益な雑誌だと思います。
手に取っていただけるとうれしいです。


庭ではあじさいが少しずつ色づいてきています。

12-6-5-3 12-6-5-4

青い色が庭に映えて、曇り空も気にならないくらい。

梅雨入りも、もうすぐかなあ、という山陰地方です。


2012/06/05 07:36



週末あれこれ。

おはようございます。

気持ちの良い朝。もうすぐ梅雨入り、という声も聴こえてきますが、そんなことは
感じさせない、さわやかなお天気です。

昨日は家族でお出かけ。今年初めての三瓶山へ。
毎年、夏場には頻繁に通う三瓶ですが、今の時期の新緑のまぶしさもまた、
格別です。

12-6-4-1

ムスメたちの間で流行っているキャッチボール。
ありえないほど下手くそですが(笑)、これもまた、今しかない時間、ですね。


それから…週末のごはん。

12-6-4-3 12-6-4-4

「山の図書室」のマルシェで竹かごを扱わせていただいた、大東町の原さんから、
おいしいスナップえんどうをたくさん、いただきました。
「わざわざ来てもらってありがとうね。持って帰るだわね」という、
ご主人の心遣いがありがたい。幸せを感じるひとときでした。
ゆでたまごとゴマでサラダにして、お気に入りの鳥取は牧谷窯の器でいただきました。

それから、木次町の「杜のパン屋」さんで買ったバゲット。
この間作ったいちごジャムと合わせてフレンチトーストにして、朝食に。

フレンチトーストはフランスパンで作ると本当においしいですね。

2012/06/04 08:30



好きな気持ちを、守るために。
おはようございます。
今日から6月。気持ちを新しくして、いい1ヶ月にしたいと思います。

昨日はアトリエにて事務作業。午後から、少し畑に出て、草抜きをしました。

12-6-1-1 12-6-1-3

気持ちの良い天気。外で作業をしていると汗がでるくらいです。
しかしまあ、これはじゃがいも畑なのか?それともスギナ畑なのか?と思うほどの
雑草で、これでは大きなじゃがいもは期待できそうにありません…。

ほったらかしにしておいたのでしょうがないんですけどね…。

12-6-1-2

アトリエの正面では、ラベンダーが大きくなっています。もうすぐ花が咲きそう。
触るといい香りがして、癒やされます。

訪れる皆さんもおっしゃいますが、私たち自身もこの場所に来るとなんだか
のんびりして、時が止まったような錯覚に陥ります。
家に帰る道中、だんだんと現実に引き戻される感じ…。

おかげで事務仕事はあまり進みませんが(笑)、感覚を使う仕事はやりやすく
なったように思います。

茨木のり子さんの詩に、「自分の感受性くらい、自分で守れ」ということばが
あります。
「これが好きだ!」というものをしっかり持ち続けることって、案外大変なのかも。
自分で守ろう!という心意気がないと、迷ったりするもの、なのかもしれません。

年齢や、忙しさや、他人と自分を比べたりすること。
いろんなことを理由にして、諦めたり、置いてきてしまったりするものが
多いのかなあ、とも思います。

でも、「ここが好きだ!」という今の思いは大事にしたいなあ…。
そのためには、何をしたらいいのか?などと、あれこれ考えた1日でした。


さて、家に帰ると、庭のラズベリーが赤くなっていました!

12-6-1-11 12-6-1-10

実がなったのは今年が初めて。数は少ないのですが、うれしくて見守っています。

それから、今日の朝ごはん。
「いただきもののいちごで作ったジャムに合う朝ごはん」シリーズ。
今日はワッフルで。朝から幸せな気持ちになりました。


2012/06/01 07:52


 + 

リンク
SLOW+SLOW(本サイト)
お花マルシェ
カテゴリ
  • お知らせ (254)
  • ものづくり (252)
  • 融通の利かない、かばん展 (26)
  • くらしアトリエへの思い (81)
  • スタッフの日常 (728)
  • 法人化までの日記 (1)
  • 未分類 (57)
  • 風景ノート (19)
  • 朝市 (143)
  • くらしの学校 (241)
  • イベント (55)
  • 畑展望公園まつり (21)
  • 森の休日 (8)
  • お仕事 (86)
  • 山の図書室だより (67)
  • 10周年祭 (12)
  • シマシマしまね (49)
  • 過去の日記
    2017年10月  2017年04月  2017年03月  2017年02月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年09月  2016年08月  2016年07月  2016年06月  2016年05月  2016年04月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年11月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年04月  2015年03月  2015年02月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年05月  2013年04月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月 


    ---【Login】
    Arranged by cadet
    Copyright © 2005-2007 SLOW+SLOW kurashiatelier