おいしいものを作るのが、楽しい。
おはようございます。

今日で5月も終わり…。清々しいお天気です。
今日はアトリエにて作業の予定。事務所から見える田んぼも、少し苗が伸びているかな。


12-5-31-1 12-5-31-2

昨日つくったもの。

先日お邪魔した斐伊川和紙でお昼をいただいたとき、新玉ねぎの酢漬けを
いただきました。
それがとってもおいしくて、真似したい!と思って家でも作ってみました。

斐伊川和紙さんでは、職人の井谷さんのおうちの畑で採れた玉ねぎを
使っていらっしゃったのですが、辛みが全然なくておいしかった~。
我が家のはまだ作りたてなので、もう少し時間を置いてからいただきます。

それから、おからのサラダ。
こちらは、木次の道の駅で「白うさぎ」さんのおからが手に入ったときに
必ず作る料理です。

お味噌を少し入れるのがポイント。おいしいおからじゃないと、上手に
できません。個人的にはポテトサラダより気に入ってます。

おいしいものをいただくと、「作ってみたい!」という気持ちに火がつきます。
狙い通りにできたときは、やった!という感じです。

旬をいただけること、おいしいものを手に入れられることも、ありがたい。
今日は何を作ろうか…考えるのも楽しいですね。

2012/05/31 06:54



斐伊川和紙を訪ねて。
おはようございます。

昨日は、雲南市三刀屋町にある「斐伊川和紙」の工房をスタッフ4人で訪れました。
私は2回目の斐伊川和紙でしたが、初めてのスタッフもいて、和紙のこと、
手仕事のこと、いろいろとうかがってきました。

12-5-30-3 12-5-30-8

のどかな風景の中にたたずむ、斐伊川和紙の工房。
ご自宅と工房がひとつになっていて、家の前には田んぼ、裏には畑、という
豊かな光景が広がります。

12-5-30-7

田んぼが広がる、田舎ならではの風景。左に見えているのは、和紙の原料となる
みつまたです。

和紙の原料となるのは、楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、そして雁皮(がんぴ)。
斐伊川和紙さんの畑やお庭には、そのすべてが育てられていました。

楮は、毎年ボランティアさんによって刈り取られ、手間と時間のかかる工程を経て、
実際の和紙になるそうです。

12-5-30-1 12-5-30-5

来月に北鎌倉での展示会を控えてお忙しい中、ていねいに応対してくださった
斐伊川和紙の井谷さん。
画像の右が、楮の木。まだちいさいですが、1年間でとても大きくなるそうです。
和紙では楮の樹皮を原料とするのですが、皮をはぎとった枝の部分は
和紙で作ったハタキの棒になったりして利用されていました。

12-5-30-34

ていねいにすかれた紙を絞り、板に載せて椿の葉っぱできれいにならして、
天日干し。
「今日は天気がいいから」と、次々と作業が行われていました。

和紙が出来るまでの工程の細かさ、ていねいさをうかがって、スタッフ一同
「大変だね~…」としみじみ。
それを、淡々と、あっけらかんと続けていらっしゃる井谷さんのエネルギーにも
圧倒されました。

その後、いろいろな種類の紙や、その紙を活かして作られた作品たち
(バッグや名刺入れなどたくさんありました)を見せていただき、
お昼も井谷さんのお母さま、奥さまが作られたおいしいごはんを
ごちそうになることに。

12-5-30-6 12-5-30-2

おにぎり(井谷さんの田んぼでとれたお米です)、お煮しめ、卵焼き、佃煮…。
どれもとても素朴でおいしい、「雲南のごはん」でした。
都会から来られた方は、この味とおもてなしに心底感動され、斐伊川和紙の
ファンになるのだそうです。その気持ち、よく分かります!

「今の時代、時間をかけてものづくりをすることが廃れつつある。」と井谷さん。
和紙づくりだけが守られてもダメで、農業、ひいては人の暮らしそのものが
ある意味「原点に帰る」視点を持たなければ、いいものがどんどん失われていく、と
おっしゃっていました。

昔は田んぼや畑を守る人々が同じように山を守り継ぎ、山に生えている
和紙の原料を持ち帰り、分けてくださっていたのだそうです。
そうやってお互いに助け合い、思いやることが継続につながっていたのですね。

とかく、「手仕事」の一部分だけがクローズアップされ、もてはやされる
昨今ですが、本当にそれを守ろうと思えば、日本が古くからおこなってきたような
「当たり前の暮らし」を見直すことも大切なんだな、と感じました。

斐伊川和紙さんの展示会は、6月8日より北鎌倉の東慶寺にて行われます。
予約制のワークショップなども予定されているそうですので、お近くの方はぜひ
お出かけしてみてくださいね。

詳しくはこちらから。  → 「2人の和紙展」


2012/05/30 07:45



恵みの雨で。 & さんいん散歩、更新しました。
おはようございます。

早朝から雷と突然の雨。なんだか変な天気です。
庭の植物たちにとっては恵みの雨。

12-5-29-2 12-5-29-3

あじさいが咲き始めました。
庭に、5種類のあじさいがあります。この季節、雨がうっとおしいけれど、
何か楽しみを持てたら、と思って集めました。

今は、青いあじさいに色がつき始めました。カシワバアジサイはもう少しで
見ごろになりそうです。

12-5-29-1 12-5-29-4

雨のしずくがキラキラ、きれいなのはヒペリカム。
ラベンダーも咲いています。いい香りです。


さて、お知らせが1つ。
さんいん散歩」のページに、雲南市のサイトを2つ更新しました。

雲南市定住サイト、「ほっこり雲南」、食と農のイベント情報サイト。
どちらも、デザインをくらしアトリエが担当させていただいています。

「ほっこり雲南」には、UIターンの方向けの空き家情報や、経験者の
インタビューなど、移住を考えていらっしゃる方向けの情報がたくさん
詰まっています。

イベント情報サイトも、田舎暮らしを少しだけ体験するような農業イベントを
中心に、いろいろな情報がUPされますので、どうぞご覧ください。

詳細は「さんいん散歩」からどうぞ。 →  さんいん散歩


さて、今日は雲南市内の手仕事を見学に行く予定。こちらも楽しみです!


2012/05/29 06:47



「山の図書室」、2日間のオープンが終わりました。
おはようございます。

5月25日(金)、26日(土)と、「山の図書室」をオープンしました。
お越しくださった皆さま、ありがとうございました。

会場のようすから。
26日はとても良いお天気で、午後からは清々しい風も通り、気持ちの良い空間
となりました。

12-5-28-1

部屋の中はとても涼しくて、時間を気にすることなく楽しんでいただけます。
ゆっくり、いろいろな本を読んでおられました。

12-5-28-12

「普段は読まないような本があって、たくさん読んじゃいました」という方、
「堪能しました、ありがとうございました」と言ってくださった方。

それぞれの楽しみ方で、お過ごしいただいたようです。こちらこそありがとうございました。

12-5-28-6 12-5-28-11

ドリンクコーナーでは、オリジナルのコーヒー「山の図書室ブレンド」、
そして土曜日は、お料理ユニット・タパタパさんのシロップジュースも登場。

2階は、より静かにじっくりと本に向き合っていただける空間に。

12-5-28-8

川の流れる音が聴こえ、緑が揺れる。
贅沢な風景だなあ、と思います。

土曜日にはちいさなカフェもオープンしました。
雲南市吉田町の「キッチン工房はしまん」さんにお越しいただき、和風の
スイーツを3種類ご用意していただきました。

お昼ごはんの代わりに召し上がってくださる方も。

12-5-28-9

12-5-28-5 12-5-28-3

カフェは、実は普段は事務所として使っているスペース。
備品を片付けて、お花や小物を飾ったら、本当に素敵な空間に変わりました。

12-5-28-13 12-5-28-4

おはぎセット、抹茶のソースが入ったぜんざい、そして、今回初お目見えの
白玉デザート。どれもとても繊細な味つけ。皆さんからも好評でした。


図書室のカフェの間の空間には、ちいさなマルシェもオープンしています。

12-5-28-16 12-5-28-14

土曜日には、「キッチン工房はしまん」さんのコンフィチュールやドレッシング、
限定もののケチャップなどが並びました。

タパタパさんの、かわいいクッキーも。お子さまへのおみやげに、とお買い上げの方も
いらっしゃいました。

12-5-28-10

マルシェが常設できる、というのは私たちの夢でもあったので、この空間が
完成したことはとてもうれしい。
来月も、同じようにオープンしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

12-5-28-15

図書室やりたいね、と妄想してから数年。
この日を迎えられたことをとてもうれしく思います。

でも、「本」というツールは表現のひとつにすぎません。
本を読みながら、この空間を「心地よく過ごしていただく」ということが目的です。
はたひよどりの、なんとも言えない「ゆっくりした」時間の流れを、
皆さん、感じていただけたでしょうか。

2日間のオープンで、気づいたこともたくさんありました。
反省事項をまた次回に生かして、続けていけたらと思っています。

次回の図書室オープンは、6月15日(金)の予定。
皆さまのお越しを、お待ちしています。


2012/05/28 06:01



江沢香織さんの「ふるさと勉強会」、そして、「山の図書室」オープンです。
こんばんは。

今日は「くらしの学校 ふるさと勉強会」。そして、午後からは「山の図書室」でした。

今回、図書室の奥のコーナーは「洋書と外国のお話」がテーマ。

12-5-26-15 12-5-26-6

インテリアもアメリカの片田舎を意識したものに。アンティークと洋書、
そして、遠い国のお話をいろいろ、そろえました。

12-5-26-7 12-5-26-16

子どものころ、何となく憧れていたアメリカの古き良き暮らしや、フランスなどの
旅の本、料理の本などを置いています。
こちらの本もご自由に読んでいただけますので、興味のあるものはお持ちいただき、
ゆっくりと読んでみてください。


さて、「ふるさと勉強会」では、ライターの江沢香織さんにお越しいただき、
いろんなお話をうかがいました。

12-5-26-8

山陰には本当に頻繁にいらしてくださっている江沢さんですが、もちろんこの
「はたひよどり」は初めて。
田んぼから聞こえるかえるの合唱や、雨に濡れた森のようすを興味深げに
眺めていらっしゃいました。

お話は、ライターとしてのお話から、山陰各地を回られている江沢さんならではの
エピソード、今こだわりを持って追究されていることなど、盛りだくさん。

「山陰旅行」の発刊のきっかけや、その土地土地で出会う「ひと」との
つながりを大切にされていることなど、とても素敵なお話をたくさんうかがいました。

「ひとつの道を究めている人を見ると、その一言一句がとてもおもしろくて
どんどん引きこまれていくんです」とおっしゃっていた江沢さん。
とてもあたたかなお人柄で、きっと作り手の方たちも、そのお人柄に惹かれ、
つながりが増えていくんじゃないかなあ、と感じました。

本当に良いもの、かわいいもの、ときめくものをとことん、突き詰めて
いらっしゃるというのがとても良く分かり、刺激もいただきました。

参加してくださった方からも、おすすめの1冊をうかがい、本をテーマに
いろんなことを考えた勉強会となりました。

江沢さん、遠方からお越しいただき本当にありがとうございました。


さて、給食はいつもお世話になっている大東町の「うしお料理クラブ」さん。

12-5-26-11

お野菜たっぷり、彩り豊かなのがうしお料理クラブさんの特徴です。
目から楽しむことを大切にされているんだなあ、といつも思います。

12-5-26-9 12-5-26-3

鮭ごはん、ごぼうハンバーグ、お煮しめなどたくさんのお料理を運んでくださいました。
いつもながら本当においしい。お母さんの味がします。


そして、勉強会が終わったら、図書室の始まり。
ドリンクも準備し、今回から場所を新たにした「マルシェ」もオープン。

12-5-26-10 12-5-26-1

学校の授業を行う和室と、土間だった事務所の間のスペースを、
地元の大工さんに少し直していただき、マルシェスペースを作りました。

目の前には日ごとに濃くなっていく緑が鮮やかに見えます。

12-5-26-12

スタッフでもあるRさんのミニチュア作品や、オリジナルの樹脂ボタン、
こちらもオリジナルのレターセットや一筆箋など。

12-5-26-2 12-5-26-5

図書室でもお出ししているコーヒー、「山の図書室ブレンド」。
カフェヴィータさんにブレンドしていただいたコーヒーで、コクがあって
読書のお供にぴったりです。

また、今回多くの方が「あ、原さんのかごだ」と気づいてくださった竹かご。
朝市のときに見たんです、と、覚えていてくださった方がたくさんいらっしゃって
とてもうれしかったです。
「うちにもありますよ」と声をかけてくださった方も。
丈夫で重宝しますよ。

12-5-26-4

こちらは松江市の「ラ・クレームデクレーム」さんのおやつクッキー、
そして、読書のお供に、とこちらも作っていただいたパウンドケーキ2種類。
どちらもとても人気でした。

明日は、雲南市吉田町の「キッチン工房はしまん」さんにお越しいただき、
ちいさなカフェもオープンします。
おはぎやぜんざい、白玉デザートをご用意してお待ちしています。

また、はしまんさんのコンフィチュールやドレッシング、また、あまり出回っていない
ケチャップも限定で販売させていただきます。
このケチャップ、本当においしいのでぜひ、手に取ってみてくださいね。

今日はあいにくのお天気でしたが、「雨が降っていてしっとりした雰囲気が
本にはぴったりでした」と言ってくださる方もいらっしゃいました。

明日は晴れるようです。お天気が良ければぜひ、外での読書も楽しんでみて
くださいね。いろんな楽しみ方を、それぞれで見つけていただけたらと思います。

明日も、山の図書室でお待ちしています。


2012/05/25 21:25



本日、「くらしの学校」。そして、山の図書室のこと。
おはようございます。

今日は「くらしの学校 ふるさと勉強会」。
ライターの江沢香織さんをお迎えし、いろんなお話をうかがう予定です。

参加者の皆さん、どうぞ気をつけてお越しくださいね。

昨日はアトリエにて、「山の図書室」の最終的な準備を行いました。
本も少しずつ増えて、いろんな分野のものが楽しめるようになってきました。

12-5-25-3 12-5-25-2

インテリアやお料理だけじゃなく、旅、地域、仕事、ガーデニング…
いろんなジャンルから「暮らし」を見つめることができるようにしています。


奥の部屋には、納屋にあった古い棚を運んできました。
けっこう重たかった…。

12-5-25-8 12-5-25-7

おすすめの本や、きれいな本を中心に。
そして、少しですが山陰の作家さんのうつわも集めてみました。
こちらのカップは、図書室でコーヒーや紅茶を読むときに、ご自由にお使いいただけます。

12-5-25-1 12-5-25-6

マルシェでは、くらしアトリエオリジナルのレターセットや一筆箋なども
販売させていただきます。
松江市のおいしいお菓子屋さん「ラ・クレームデクレーム」さんのパウンドケーキ、
おなじみの「さんいんおやつクッキー」もありますので、ぜひ。

12-5-25-5

今日はちょっとお天気がよくなさそうですが、晴れた日にはベンチに座って
読書もいいかも。

午前中は勉強会ですが、午後からは図書室のみの参加も受け付けています。
皆さんのお越しを、お待ちしています。

2012/05/25 06:54



山の図書室 楽しく準備。
おはようございます。
昨日もアトリエにて「山の図書室」の準備。楽しく準備です。

楽しいことその1。試食(笑)。

12-5-24-3

松江市の洋菓子店「ラ・クレームデクレーム」さんが、おいしいパウンドケーキを
2種類、焼きあげてくださいました。

読書のお供にちょうど良い、ちょっと贅沢な「焼きっぱなしパウンド」。

黒小豆が入った軽い口当たりのパウンドと、にんじんとナッツがふんだんに
入った、しっとりとした食感のパウンドの2種類です。

12-5-24-4 12-5-24-2

お気に入りの本や雑誌に目を通しながら、おいしいお菓子を食べる。
わずかな時間であっても、きっと新しい気持ちをもらえる時間になるはずです。

こちらのパウンドケーキは、マルシェにて販売をさせていただきますので、
お立ち寄りくださいね。

そして、同じように、本のお供にはコーヒーを。
こちらもマルシェで販売をさせていただく、松江市の「CAFFE VITA」さんブレンドの
コーヒー。コクはあるけどしつこくない、朝も夜も、飽きずに飲めるおいしさです。
こちらのコーヒーは、この図書室でしか取り扱っていません。

いずれも数に限りがありますので、ご了承ください。


そして、楽しいことその2。かわいいものを作ること。

12-5-24-1 12-5-24-5

「山の図書室」の入場チケットは、しおりにもなります。
受付にて、お好きなチケットをお選びください。どれもかわいいですよ。

また、当日は皆さんに、ご自身のおすすめする本をご紹介いただくコーナーを
設けたいと考えています。
この本に感動した、刺激をもらった、笑った、泣いた…本にまつわるお話で
図書室が満たされたら楽しいだろうな、と思っています。

お越しになったらぜひ、こちらのおうちの形をした用紙にひと言、
書いてみてくださいね。私たちスタッフも、皆さんのおすすめ本をとても
楽しみにしています。

ちいさなことの積み重ねですが、皆さんに「かわいい」とか「これいいね」
と感じてもらえるようなことやモノを準備しています。
こういう、ちいさな「たくらみ」を考えるのはとても楽しいっ!

あと少し…今日も楽しみながら頑張ります。

明日は「ふるさと勉強会」。こちらも楽しみ。参加される皆さま、どうぞ
気をつけてお越しくださいね。




2012/05/24 06:36



忙しいとき、こそ。
おはようございます。

毎日、いいお天気が続く山陰地方。畑に植えたジャガイモやズッキーニは
元気にしてるのかな…。

「ふるさと勉強会」の参加申し込みをいただいた皆さんには、受付メールを
差し上げています。
あわせて、当日の注意事項等もメールさせていただいておりますので、ご確認ください。
「メールが届いていません」というご連絡もいただいています。
受付メールが届かないな、という方は、早めにご連絡をいただければと思います。


さて、昨日は各自がアトリエや自宅で、イベント「山の図書室」の準備でした。

やらないといけないことがたくさんあって、気持ちは焦りますが、こんな時こそ
自分自身の時間をしっかり持つということも大切だと考えています。

以前お世話になった方が、イベントの前日にのんびり畑仕事をされていて、
「よくまあそんなことできますねえ」と言うと、「こういう時間を持たないと」
と教えてくれたのでした。

なかなかそんな域までは達することができませんが、朝庭に出て、バラの香りを
感じたり、虫退治をしたりして、「いつものように」過ごすことの大切さも
分かってきた気がします。
やるべきことを分かち合ってくれるスタッフもいるし、恵まれています。

12-5-23-2 12-5-23-5

グミの実が色づき始めました。こうやって植物が変化すると、去年の今ごろは
こうしてたな、と思い出したり。

12-5-23-1

バラも今が盛り。去年もなんだかバタバタして、バラを楽しめなかった記憶が…。
今年は花も大きく、香りも一段と増して、うれしい朝を過ごせています。


2012/05/23 07:01



江沢さんのリトルプレス。
おはようございます。

「くらしの学校 ふるさと勉強会」は定数に達したため、募集を締め切らせていただきました。
ご応募いただいた皆さん、ありがとうございました。

当日のことについて、メールを送っていますので、ご確認くださいね。

アトリエには、勉強会の講師であるライターの江沢香織さんから、荷物が
届いていました。

12-5-22-11 12-5-22-13

かわいいマスキングテープのラッピングで。中身は、以前「もみじ市」に
出展されたときに製作されたという、チョコレートがテーマのリトルプレスでした。

勉強会の際に、「みんなのコーヒーブック」とあわせて販売をさせていただきます。
なかなか手に入らない本なのでは…?と思います。どうぞ、お楽しみに。


それから、サイトを見てくださっている方から本のご寄付もいただきました。
ありがとうございます。

図書室で、違う誰かが手にとって「おもしろいな」と感じていただいたら、
見えないところで、気持ちがつながるような気がします。
大切に使わせていただきますね。


12-5-22-14

こちらは、新たに製作したくらしアトリエオリジナルの一筆箋。
ちょこっとだけ気持ちを伝えるのにぴったりのサイズです。

贈りものに添えたり、書類を送るときにちょっとだけ書き足したり。
個人的にも良く使うアイテムなので、かわいいものができてうれしい。

こちらも、マルシェにて販売の予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

山の図書室についてはこちらのページをご覧くださいね。  → はたひよどり 山の図書室


2012/05/22 06:27



山の図書室、準備を進めています。
おはようございます。

5月25日(金)に行われる「くらしの学校 ふるさと勉強会」、席が残りわずかと
なっています。
興味のある方はお早めにお申し込みいただきますようお願いいたします。

今週は、25日(金)の午後、26日(土)に行う「山の図書室」のオープンへ向けて
準備、準備の毎日になる予定です。

山の上の一軒家に、暮らしがテーマの本が並んでいて、皆さんが思い思いの
スタイルで、本にふれあい、いつもとは少し違う時間の流れに身を任せて
過ごす場所。

それは、いつもの暮らしの延長にある場所なのです。
本というツールを通じて、少しだけ日常を離れた空間で楽しんでいただけたら。
そんな思いで、皆さんをお待ちしています。

6月以降も定期的にオープンをさせていただく予定にしていますので、
今回お越しいただけない方も、またぜひいらしてくださいね。

図書室にある本のお話も、日記などで少しずつご紹介できればと
思っています。


さて、先週の話になりますが、「くらしの学校」の打ち合わせのために
飯南町の「美し彩菜の食時 しおや」さんを訪ねました。

こちらのお料理はどれも本当に美味しく、素材の味をしっかりと感じさせて
くれるものばかりです。

12-5-21-16 12-5-21-13

12-5-21-15 12-5-21-11


この日は、蕗のごはんや旬の野菜、山菜をふんだんに使った献立でした。
昨年の朝市のときに行った「ふるさと勉強会」では講師を務めて頂いた、「しおや」
主宰の戸谷さん。

勉強会のときに話題となった「白和え」、この日はわらびとにんじん、こんにゃくの
白和えで、とてもおいしくいただきました。

7月の「くらしの学校」の授業でも、お世話になる予定です。
こちらも今からとても楽しみですね。


また、途中に立ち寄った頓原の道の駅には、絵本作家・かげやままきさんの
イラストで描かれた地図が新しく登場していました。

12-5-21-18

かげやまさんらしい、ほのぼのしたタッチで飯南町が紹介されています。

12-5-21-12 12-5-21-14

自分の町がこんなかわいいイラストになったらいいなあ。
皆さんも、国号54号を通った際にはぜひ、見てみてくださいね。

2012/05/21 06:13



法人総会を行いました。
おはようございます。

昨日は、アトリエにて特定非営利活動法人くらしアトリエの定期総会を開催しました。
前年度の事業報告、決算報告を行い、今年度の事業計画、活動予算について
承認をいただきました。

12-5-18-7 12-5-18-1

今年度から定期的にオープンする「山の図書室」や、3年目となった
「くらしの学校」の事業などについて、スタッフの意見を聞き、討議をしました。

地域で活動するNPO法人として、何か島根に、雲南市に役に立てるような活動を、と
さらに思いを新たにしたところ。
今年度も、自分たちらしく、芯の通った活動をしていきたいと思います。


さてそのあとは、イベント「山の図書室」の準備。
久しぶりにスタッフが多く集まったので、力仕事を。納屋から古い棚を運び、
ペンキで塗る作業です。

12-5-18-2 12-5-18-5

スタッフだけでは全然動かず、お隣のおじさんに手伝ってもらいながら、
なんとか納屋から脱出。
これだけで、翌日筋肉痛になってしまいました…。

本格的な準備は来週に入ってから。皆さんに気持ち良く過ごしていただけるよう、
すすめていきたいと思います。

「山の図書室」についての詳細はこちらから。 → はたひよどり 山の図書室

26日(土)は、キッチン工房はしまんさんのちいさなカフェもオープンします。
どうぞ、お楽しみに…。


12-5-18-6 12-5-18-3

アトリエの周りでは田植えもすっかり終わり、苗も心なしかしっかりしてきた様子です。

そして、スタッフが手作りしてくれたコースター。
はぎれを使ってたくさん作ってくれました。図書室のお飲み物用です。

ちょっと気づいたことを、すぐに形にしてくれるスタッフがいて、本当に
助かっています。当日はお好みのコースターでドリンクをお召し上がりくださいね。

2012/05/18 06:43



羊に会いに行きました。
おはようございます。

「くらしの学校 ふるさと勉強会」、講師にライターの江沢香織さんを迎えての
勉強会となります。
席が残りわずかとなってきました。興味のある方はお早めにお申し込みください。

詳細はこちらからどうぞ。  → くらしの学校 ふるさと勉強会


さて、少し前になりますが、休日に出雲市佐田町の「メリーさんの会」へ行ってきました。
町内の農村公園「吉栗の郷」に、かわいい羊さんに会いに。
そして、いつも「くらしの学校」や朝市でお世話になっているわたなべさんに会いに。

行ってみると、なんとなんと、かわいい子羊ちゃんが出迎えてくれました~。

12-5-17-1

い、癒やされる…。このなんとも言えないかわいさよ。
4月26日に生まれたとのことで、まだ1ヶ月も経っていません。
お母さんを「めーめー」と呼ぶ鳴き声も、かわいいのです。


「メリーさんの会」は、羊を放牧して田んぼの草を食べてもらい、除草の手間を
軽減化するとともに、この羊さんたちからとれる羊毛を使っていろいろな製品を
作っていらっしゃる、という、ユニークな団体さんです。

リーダー的存在のわたなべさんは、羊にも大人気です。

12-5-17-4 12-5-17-5

6月3日の毛刈りを控え、すでに大変なことになっている羊…。
去年は子羊だったのに、なんとまあ、立派になっていました。暑そうです。

わたなべさんにぴったり寄り添って、ペットのようです(笑)。

12-5-17-6 12-5-17-2

羊さんたちは公園の草原や田んぼを自由に歩き回っているので、かなり汚れています。
この毛を、きれいに洗い、ほぐし、紡いで、という気の遠くなるような作業を経て、
羊毛が出来上がるのです。

子羊から、この羊毛になるまで。とても気の長い作業ですが、大変だと言いつつ
楽しんでいろいろなことにチャレンジされているメリーさんの活動に、
いつも元気をいただいています。

皆さんもお近くにお出かけの際は、ぜひ「吉栗の郷」へお越しくださいね。


2012/05/17 08:47



山の図書室のこと、ふるさと勉強会のこと。
おはようございます。

昨日はアトリエにて、「山の図書室」の準備を。

12-5-16-7

こちらが、「山の図書室」のコンセプト、日程を記載したカードです。
当日、図書室に置くほか、少しですがお店にも置かせていただく予定にしています。

山の図書室の建物の赤瓦と、周りの木々の緑が目を引く、かげやままきさんのイラストを
モチーフにしています。

昨日はこのカードをカットしたり、それぞれの役割分担を考えたりして、
あっという間に時間が過ぎてしまいました。

「山の図書室」については、かなり前からあたためていた「やりたかったこと」のひとつでした。

わくわくして、凛としていて、心地よい。
そんな時間と空間を、月に1度、ここから発信するために、今はイメージを少しずつ
形にしているところ。

山の図書室はいわゆる「図書館」というほどの本の数ではありません。
貸し出しもしていませんし、普通の図書館を想像すると「?」となるかもしれません。

でも、はたひよどりの緩やかな時間の中で、じっくり本と向き合い、暮らしと向き合う。
それはきっと、自分と向き合うことでもあるのでは、と思います。

12-5-16-9

「山の図書室」は、大人の皆さんが普段の自分をリセットし、
静かにお過ごしいただく場所としてお役立ていただきたい、と考えています。
市街地から少し離れて、お気に入りの空間で本を読む。そんな時間の使い方も
いいんじゃないかな、というひとつの提案として、この「山の図書室」を
始めようとしています。
コンセプト、詳細についてはこちらのページをご覧ください。

 → はたひよどり 山の図書室

5月25日(金)は、ふるさと勉強会も開催します。
ゲストはライターの江沢香織さん。
今、著書の「みんなのコーヒーブック」を読んでいるのですが、素敵な女性たちの
暮らしに寄りそうコーヒーのあり方が伝わってきて、とても楽しめています。

当日はこの「みんなのコーヒーブック」の販売もあります。
席が残りわずかとなっていますので、興味のある方はお早めにお申し込みください。

勉強会の詳細は、こちらのページからご覧くださいね。 → くらしの学校 ふるさと勉強会

25日も午後からは、「山の図書室」もオープンとなります。こちらはゆっくりのんびり、
静かに本を読みながら、過ごしていただければと思います。

12-5-16-6

図書室内でコーヒーや紅茶を飲んでいただくカップも、少しずつ集めています。
お店で地元の作家さんのものを見かけたら買わせていただいたり。
真ん中のは、先日「くらしの学校」でお世話になった「工房32豆」さんの
作品です。ボーダー柄がかわいい。


…話は変わりますが、最近の我が家の朝ごはん。

12-5-16-1 12-5-16-2

パンケーキは、これだ!という自分なりのレシピを見つけて楽しんでいます。
たくさん焼いて積み重ねてタワーみたいにするのが好き。

パンは、朝早く起きて焼き上げています。
焼きたての香りは何よりの目覚ましですね。

「朝が楽しく過ごせると、1日が幸せ。」私の好きな言葉のひとつです。

今日も1日頑張ろう!

2012/05/16 08:25



くらしの学校、初夏の風鈴づくりを行いました。
おはようございます。

昨日は米子市の「工房32豆」さんにて、「くらしの学校」の出張授業。
風鈴づくりを行いました。

12-5-15-10 12-5-15-12

市街地にある「工房32豆」さん。
講師の西田さんのこだわりが詰まった、かわいいアトリエです。

12-5-15-2 12-5-15-15

今回は風鈴のかたちは西田さんに素焼きしていただいていたので、絵付けと、
中に入れる鐘の部分を作る授業でした。

12-5-15-3 12-5-15-5

陶器と磁器との違いを教わります。
今回は、高い音の出る「半磁器」で作ってあるとのこと。

鉛筆で下書きをしたり、紙に書いたりしてデザインを決めていきます。
サンプルや本を参考にして、迷いながらもデザインが決まると、
「呉須」という青い色と、「べんがら」という茶色い色で絵付けをしていきます。

12-5-15-11 12-5-15-1

絵付けは一発勝負、失敗が許されない作業。プレッシャーがかかります…。
でも、西田さんいわく「失敗したかなと思っても、焼き上がるとみんなちゃんと
素敵に仕上がるので、大丈夫です!」とのこと。

的確に指導していただき、参加者の皆さんも楽しみながら作業をされていました。

絵付けが終わると、中に入れる鐘の部分を粘土で作り、作業は終わり。
あとは西田さんに焼き上がりをお任せします。

少しだけでしたが、陶芸の世界に触れることができたり、ものづくりの大変さも
知ることが出来たように思います。
ひとつの器、ひとつのものを作り上げるのには、たくさんのちいさな作業が
積み重なっているんだなあ…とあらためて実感しました。

12-5-15-4 12-5-15-6

皆さんの作品、来月には焼き上がる予定です。出来上がりが本当に楽しみです!

給食までの間、しそ番茶をいただきながらしばしお話。
西田さんの作った器でいただくお茶、おいしかったです。
そのほか、たとえば筆を置く道具、筆を立てる道具、お花が生けてある器、どれも
西田さんの手作りで、いちいち「かわいいな」と感心してしまいました。

陶芸の作品はもちろんですが、夢を着実に実現されている西田さんの生き方に
惚れぼれします。本当にありがとうございました。


さて、給食は工房からほど近いところにある「'tis clay」さんの「カフェ楓」にて。

12-5-15-14

今日の献立は、豚肉の巻き揚げ、お野菜のサラダやおひたしなど、彩りもとても
きれいなランチでした。

12-5-15-13 12-5-15-8

いつもは学校の和室で、畳の上で食べていますが、こうしてカフェで皆さんで給食、
というのも楽しかったです。
クレイさんにもお世話になりました。ありがとうございました。

さて、次の「くらしの学校」は25日(金)の「ふるさと勉強会」。
ライターの江沢香織さんをお迎えし、本のこと、山陰のこと、いろいろとお話しいただきます。

こちらの勉強会は一般参加も受け付けています。
こちらのページをご覧いただき、メールフォームよりお申し込みください。

どうぞよろしくお願いいたします。


2012/05/15 09:01



母の日のこと、田植えのこと。
おはようございます。

ただいま、5月25日(金)に行われる「くらしの学校 ふるさと勉強会」の
受講者を募集中です。
講師はライターとしてご活躍で、「山陰旅行」の著者でもある江沢香織さんです。

詳細はこちらのページよりご覧ください。  → ふるさと勉強会について
皆さまのご参加をお待ちしています。


さて、昨日の母の日、お花マルシェにもご予約を頂きましてありがとうございました。
サイトでご注文を承った皆さまから、「喜んでくれました」とのメールも
届いています。ありがとうございます。

12-5-14-1 12-5-13-3

今回お作りしたアレンジメントのひとつ。い草のかごから可憐な花々があふれ出す
素敵なアレンジ。お母さまへ、感謝の気持ちを届けるのにぴったりですね。

また、土曜日にはウエディングブーケのご注文もありました。
母の日なので、ブーケとお揃いのアレンジをお母さんにプレゼントされたそうです。
素敵。

お花の発送はとても大変ですが、ひとつひとつのアレンジやブーケを一番に
見ることができるという喜びもあります。
ひとつひとつがやっぱりとてもかわいくて、心が豊かになるし、癒やされるのだなあ、
と実感します。

お花マルシェではこれからも、暮らしに寄りそうお花の提案をしていけたらと
考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。


…さて。昨日は母の日でもありましたが、お天気も良く、田植え日和でもありました。
昨年、「秋のおむすび朝市」でたいへんお世話になった、松江市西長江町の
「長江米エコ栽培グループ」さんによる田植えイベントも、昨日行われました。

毎年、けっこうな時間をかけて広い田んぼに植えるので、ちょっとゆっくりめに
家を出たら、なんともう田植えは終わっていました…。痛恨…。

悔しいので、田んぼの写真だけでも…。

12-5-14-10

たくさんの人たちが訪れて、一列に並んで植えていったそうです。
泥のようすが、田植えの直後だな~という感じですね。


12-5-14-2 12-5-14-6

ちいさな苗から、おいしいお米ができるまで。
朝市のときに販売させていただいた「おむすびすごろく」で言うと、まだまだ
始まったばかり。
これから、お天気や虫、雑草との闘いが始まります。頑張ってほしいですね。

田植えが終わった後は、これまた朝市でたいへんお世話になった「エコフレッシュ」
さんのおいしいお料理が並びます。

12-5-14-8 12-5-14-4

毎年恒例になっている山菜の天ぷら。
ちゃんと今年も、どの草花をてんぷらにしているのか、名前が書いてありました。
これも旬のものなので、身体の恵みになりますね。

12-5-14-7 12-5-14-3

揚げるそばからなくなっていきます。身体を動かしたあとのごはんはおいしい!
(私は動かしていませんが…)
焼きおにぎりもおいしそうでした。これから、草取り、ほたる観賞会、
稲刈り、収穫祭と今年もいろいろなイベントが予定されているようです。

12-5-14-11

昨日は緑が鮮やかで、いつもにも増して気持ち良く散策できました。
また出かけてみたい、西長江の風景でした。


2012/05/14 06:34



母の日のギフト、感謝をこめて。
おはようございます。

今日は母の日。清々しいお天気です。

昨日もお花マルシェでは、発送分のお花、店頭でご予約を頂いたお花など、
たくさんのお花をお届けしました。
サイトでご予約をいただいたお花も、「無事に届きますように。喜んでいただけますように。」
と祈りつつ、作業を完了いたしました。

少人数で作業を行っているため、店頭では注文をお断りすることもあったようです。
申し訳ございませんでした。

12-5-13-5 12-5-13-4

母の日ギフトたち。とってもかわいくて、きっと喜んでいただけるはず!
またお母さまのご感想などもお聞かせくださいね。

なお、本日は松江市の洋菓子店「ラ・クレームデクレーム」さんでも
お花の販売を行っています。

12-5-13-6 12-5-13-7

こちらが、店頭に置かせていただくお花たちです。
ちょうちょのピックは、お花にちょうちょがとまっているイメージ。
クレームデクレームさんのクッキーもついています。

ちいさなアレンジメントやブーケなど、お菓子と一緒に贈ってみてはいかがでしょうか。
こちらでも、ご来店お待ちしています。

2012/05/13 08:52



江沢香織さんの「ふるさと勉強会」募集開始と、「山の図書室」のお知らせです。
おはようございます。

週末の母の日に向けて、お花マルシェでも準備が始まっています。
今日から発送作業も本格化します。ご注文いただいた皆さん、今しばらくお待ちくださいね。


さて、今日はかねてよりお知らせしていました、「山の図書室」のお知らせと、
同時開催となる「くらしの学校 ふるさと勉強会」の募集のお知らせです。

「山の図書室」は、昨年の7月に5日間開催し、はたひよどりの自然を感じつつ、
本を読んでいただくという試みをさせていただきましたが、今年度は月に1回
定期的にオープンいたします。

12-5-11-4

詳細はこちらからどうぞ。  → 山の図書室 OPEN!

この図書室、普通の図書室とは少し趣きが違います。
くらしアトリエの普段のイベントのように「多くの方に来ていただく」というよりも、
静かに、落ち着いた時間と空間を提供したい、という思いからスタートしたものです。

なぜなら、私たちのアトリエがある「はたひよどり」が、静かな場所だから。
波の立たない凪の海のように、ひらたーい空気が流れている、というか、
本当に皆さん、訪れると「ここに来るとぼーっとしちゃうんだよね」と
おっしゃるのです。

ならば、その時間と空間を存分に楽しんでいただこう。
そこに、大好きな本があったら、もっと楽しく、心地良く過ごせるんじゃない?

私たちの好きなもの、好きな場所、好きな時間を閉じ込めたのが、
「山の図書室」です。

5月は25日(金)、26日(土)の両日開催いたします。
25日は、同時開催として「くらしの学校 ふるさと勉強会」を開催します。
25日に図書室のみをご利用の方は、午後からとなりますので、よろしくお願いいたします。

また、26日(土)は「キッチン工房はしまん」さんによるお餅カフェが登場。
いつもおいしいごはんやおやつを作ってくださるはしまんさん。
ぜんざいなど、お餅を使ったスイーツを用意していただく予定です。


ここからは、25日(金)の午前中行われる「ふるさと勉強会」について。

「ふるさと勉強会」は「くらしの学校」の授業の1つで、各方面で活躍されている
方々にお話をうかがう時間です。
山陰のこと、暮らしのこと、生き方について、など、いろんなお話を今までも
楽しんでいただきました。

12-5-11-3

こちらは過去の勉強会のようす。それぞれに中身の濃い、刺激のある授業でした。

そして今回の「ふるさと勉強会」は、「山の図書室」と同時開催ということで、
本にまつわる方をと思い、ライターの江沢香織さんをお迎えいたします。

江沢さんは、インテリア、フード、旅などをテーマに、さまざまな方面で
活躍されているライターさんです。
何と言っても私たちにとっては「山陰旅行」の生みの親、という印象が
強いですね。

12-5-11-1 12-5-11-2

島根、鳥取のクラフト、カフェ、おいしいパン屋さんなど、今までになかった
ガイド本は本当に人気で、以前の「ふるさと勉強会」で好きな本をうかがったときも、
この本を紹介してくださった方がいらっしゃいました。

また、最近の江沢さんの著書「みんなのコーヒーブック」も、暮らしの中にある
コーヒーをいろんな方が紹介しておられたりと、とても楽しい内容になっています。

山陰がとても好きで、たびたび訪れていらっしゃる江沢さん。
勉強会では、お仕事のことはもちろん、本のこと、コーヒーのこと、他にもいろいろ、
聞いてみたいと思います。

勉強会の会場で「みんなのコーヒーブック」の販売もさせていただきます!

また、この勉強会にちなんで、「山の図書室オリジナルブレンド」のコーヒーを
松江市の「CAFFE VITA」さんに作っていただくことになりました。
図書室でお飲みいただけるほか、マルシェでの販売もいたしますので、
当日をどうぞお楽しみに。


勉強会にはご予約が必要です。
(くらしの学校2012年春夏コースの受講者の皆さんは、ご予約は不要です。)

本日、5月11日午前9時より募集を受け付けます。
ページを良くお読みのうえ、メールフォームよりご応募ください。
応募数が多数の場合は先着順とさせていただきますので、ご了承ください。

詳細はこちらからどうぞ。  → ふるさと勉強会のお知らせ

ご不明な点はメールでお問い合わせくださいね。
山の図書室でお待ちしています!


2012/05/11 06:12



お花マルシェワークショップのお知らせ。
おはようございます。

お花マルシェより、5月のワークショップのお知らせです。

5月21日(月) 13:00~15:00で、テーマは「初夏のアレンジ」です。
料金は3,000円です。
お申し込みは直接店頭にお越しいただくか、お花マルシェホームページのメールフォームから
お願いいたします。

12-5-10-2 12-5-10-1

庭でも花がたくさん咲き始めました。いい季節ですね。


2012/05/10 08:08



ハイキングです。
おはようございます。

少し蒸し暑かった昨日、スタッフ3名でアトリエから畑展望公園までのハイキングに
出かけてみました。

…こう見えても遊びではなく(いや、半分レジャー気分ではありましたが)、
れっきとした仕事です。この「畑鵯」という土地で、自分たちにはどんなことが
表現できるのか、いろいろと試しているところ。

ハイキングはその一環として。いつもは車で5分程度の道を、初めて歩きます。

12-5-9-1

田植えが終わったばかりの田んぼ。カエルがげこげこ、にぎやかに鳴いています。
周りに生えている草や木々を見ながら歩きます。

12-5-9-2

竹林の脇を通り、考えながら歩く、歩く。
1時間くらいかかるんじゃない?なんて言っていましたが、30分で公園のふもとに着きました。

公園の周りは、今が田植えの真っ最中。
地域のおじさんたちとあいさつを交わしつつ、さらに上を目指します。

12-5-9-3

トレッキングというには楽で、まさにハイキング。
ゆるやかな上り坂だったので、息も切れることがなく、楽しく歩くことができました。

12-5-9-4

機械が入らないちいさな棚田は、おじさんたちが手で苗を植えておられました。
お昼になり、12時のサイレンがなると(田舎では昼どきにサイレンがなります)、
皆さんそれぞれの家に帰られました。何十年と続いてきた、田園の風景です。

田植えの風景を見ながら、さらに考える…。
この土地の良さである、いい意味での「何もない」という点を、どう守り、表現して
いったらいいのか。
地域の良さを引き出しつつ、新たなことを始めるには、「考える」ことが何より大切だと
信じて、日々語り合っています。


2012/05/09 08:53



朝の庭で。
おはようございます。

毎朝、5時過ぎには起きて、目を覚ますために一度庭に出ています。
まだ朝露が降りていて、きらきらとしたとっておきの風景を見ることができるのです。

12-5-8-3

のびのび~っと身体を伸ばして、しゃきっと目を覚ませてから、家事に取りかかります。
今日もいい1日になるといいなあ。

連休中に出かけた親戚の家で、フキをたくさんもらって帰りました。
煮物にしたりもするけれど、毎年楽しみにしているのが甘酢漬け。

12-5-8-5 12-5-8-6

今年はちょっと煮過ぎてしまってしゃきしゃき感が足りなくて残念。

アンゼリカにも挑戦してみました。
土地によってはお茶うけとして今の季節の定番、というところもあるのだそうです。
アク抜きをもうちょっと完璧にすればよかったかなあ…苦くなってしまいましたが、
まあこれはこれで、たまに食べるとおいしいです(笑)。



2012/05/08 07:40



大型連休、いかがお過ごしでしたか?
おはようございます。

大型連休も終わり、いつもの生活がやってきました。
慣れるまでまた大変かもしれませんが、気持ち良く過ごせるといいですね。

さて、連休中はいかがお過ごしでしたか?
我が家は大きなお出かけもせず、手近なところへ出かけたり、庭しごとをしたりして
過ごしました。

12-5-7-3

庭ではナニワイバラが満開を迎えています!
白い一重の花は、優雅さには欠けるけど、これはこれで大好き。
みつばちがぶんぶんやってきています。

12-5-7-1 12-5-7-2

こちらはお隣さんから頂いたお花たち。「咲かせてるだけじゃもったいないから」と、
折に触れて垣根越しにお花を頂いています。
ちいさくカットして、家のあちこちに。自分の家にない花を飾ると、気分も浮き立ちます。


それから…毎年、この時期に出かけている山歩きへも。

12-5-7-8

12-5-7-4

松江市内の山へ登りましたが、知らない景色や思いがけない発見がたくさん、ありました。
山へ登るのは大変ですが、その都度いい思い出になります。
続けていきたい習慣です。

12-5-7-5

この日はあまり視界が良くありませんでしたが、海もあり山もある山陰の風景を
堪能しました。

12-5-7-6

こちらは、美保関灯台。山陰では最も古い灯台なのだそうです。
建物も、しっくいの外壁がかわいくて、ちょっと昔にタイムスリップしたかのよう。
多くの人が訪れていました。


さてさて、くらしアトリエでは今月下旬に控えた「ふるさと勉強会」、「山の図書室」の
準備もあわただしくなってきました。
勉強会の公募やイベントの内容については、後日お知らせいたしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


2012/05/07 06:18



たくさんのご注文ありがとうございました。
おはようございます。

5月2日をもって、お花マルシェの母の日ギフトのご注文受付を締め切らせていただきました。
たくさんのお申し込み、本当にありがとうございました。
受付メールを届かない、という方はお手数ですが再度ご連絡ください。
よろしくお願いいたします。


今日から4連休、という方も多いのではないでしょうか。
最近あちこちで交通事故のニュースを聞きます。皆さんもどうぞお気をつけて
お出かけくださいね。

12-5-3-3

昨日はオットの誕生日。平日だったので簡単に済ませ、松江市の洋菓子店
「ラ・クレームデクレーム」さんのケーキでお祝いしました。
久しぶりに食べたケーキ、やっぱりおいしかったです。

クレームデクレームさんの「千鳥城サブレ」、松江城となりの「ふるさと館」にて
販売しています。
こちらのサブレ、朝市でもお世話になった松江市西長江町のおいしいお米「ほたる舞」
で作った、米粉のサブレです。さくさくした食感と素朴な甘さがおいしいお菓子。

帰省のおみやげとして、おやつクッキーともども、どうぞよろしくお願いいたします。

12-5-3-2 12-5-3-1

庭ではバラがそろそろ咲き始めました。雨に濡れてうつむいています。
明日はいいお天気になるといいですね。


2012/05/03 07:37



母の日ギフト、あす締切りです。
おはようございます。
今日から5月。早いっ!さわやかな季節、大好きです。気持ちも新たに頑張りましょう。

お花マルシェの母の日ギフトは、あす5月2日の21時が締め切りとなっています。
ご注文頂いた方には、必ず受け付けのメールを送らせていただいています。
注文したけどメールが来ない、という方がありましたら、お知らせください。
週末にかけて、メールにエラーが出るというご連絡もいただいています。
申し訳ございませんが、受け付けメールの確認をお願いいたします。

母の日ギフトの詳細は、こちらからどうぞ。 → お花マルシェの母の日ギフト


さて、ゴールデンウィークまっただ中。皆さんいかがお過ごしですか?
我が家は、大きなお出かけもなく、昨日も家でゆっくり過ごしました。
普段なかなかできない庭の作業もはかどりました~。

12-5-1-43 12-5-1-3

庭では、バラの花がそろそろ咲き始めています。
畑では、えんどう豆がもう少しで収穫の時期。楽しみ~。

お茶の時間には。

12-5-1-1 12-5-1-2

自家製のオレンジピールがまだあったので、細かく刻んでパウンドケーキに入れました。
ふんわり、柑橘が香る美味しいケーキができました。

子どもたちは梅シロップの炭酸割りを。これも早く飲んでしまわないと、今年の
梅が追いかけてきます(笑)。

週末にかけてのお天気はどうでしょうか。皆さんもお疲れの出ないよう、
お過ごしくださいね。

2012/05/01 06:08


 + 

リンク
SLOW+SLOW(本サイト)
お花マルシェ
カテゴリ
  • お知らせ (254)
  • ものづくり (252)
  • 融通の利かない、かばん展 (26)
  • くらしアトリエへの思い (81)
  • スタッフの日常 (728)
  • 法人化までの日記 (1)
  • 未分類 (57)
  • 風景ノート (19)
  • 朝市 (143)
  • くらしの学校 (241)
  • イベント (55)
  • 畑展望公園まつり (21)
  • 森の休日 (8)
  • お仕事 (86)
  • 山の図書室だより (67)
  • 10周年祭 (12)
  • シマシマしまね (49)
  • 過去の日記
    2017年10月  2017年04月  2017年03月  2017年02月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年09月  2016年08月  2016年07月  2016年06月  2016年05月  2016年04月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年11月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年04月  2015年03月  2015年02月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年05月  2013年04月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月 


    ---【Login】
    Arranged by cadet
    Copyright © 2005-2007 SLOW+SLOW kurashiatelier