準備の日々。
おはようございます。

暑い日が続きます。山陰地方も昨日は「梅雨明けしたのでは?」というくらいの
暑さでした。

さすがにアトリエのあるはたひよどりも、暑いです。
イベント本番は、風の涼やかな日が続くといいのですが…。


さて、昨日は図書室の本の仕分けをして、棚に並べる作業を。

11-6-30-3

小さな黒板に、本のジャンルを書いていきました。
「暮らし」「インテリア」「地域、しごと」「こども」「料理」「旅、風景」
など…。

けっこう細かなジャンルに分けたら、黒板が足りなくなってしまいました。

11-6-30-4 11-6-30-5

2階に取り付けた棚にも、本を飾ってみました。もちろんこの本も読んでいただけます。
庭しごと、ものづくり…暮らし、とひと言で言っても、いろんな本が
あるものですね。

冊数にすると「図書室」なんて言っちゃいけないような数なのかもしれませんが、
あくまでも、この空間で、本を読む、そして、気持ちをリセットしていただく、
ということを目的に考えていますので、お気に入りの1冊を見つけていただけたら
うれしいです。

昨日は、お隣のおじさんとご近所さんが、アトリエの周りの草刈りを
してくださいました。

見事にきれいになりました!これでさっぱりして、イベントを迎えられそうです。

11-6-30-6 11-6-30-7

2階のディスプレイ棚には、Rさんの雑貨などが並びます。
これを見てるだけでも楽しい…蚊取り線香のぶたさん(ミニサイズ)です。

11-6-30-1

休憩時間に、Rさんが手作りのあんずジャム入りの紅茶を作ってくれました。
甘酸っぱくておいしい。

11-6-30-2

準備に追われて、なかなかゆっくりとアトリエで過ごすことはできませんが、
こうしてつかの間、あわただしさを忘れてホッとできることも、贅沢ですね。

さて、今日も頑張りましょう。

*イベントの詳細は、こちらから。 → はたひよどり 山の図書室について。

7月8日(金)の「サンドイッチの日」については事前にご予約が必要です。
締め切りは本日午後9時までとさせていただきます。

興味のある方はお早めにお願いいたします。


2011/06/30 06:29



チケットができました! & ライブラリーショップについて。
おはようございます。

連日お伝えしています、「はたひよどり 山の図書室」について。
図書室へ来てくださる皆さんにお渡しするチケットができあがりました。

11-6-29-2

かげやままきさんに、アトリエ周辺のようすをイラストにしていただきました。
そのイラストを、月曜日から金曜日まで、カットしてチケットにしています。
毎日来ると全部そろう…という趣向(笑)。

中心にあるのがアトリエ。赤瓦の家の縁側が見えます。
あたふたと坂道をのぼったり、裏の畑で草刈りをしているのは、スタッフでしょうか。
カメラを持ってる人もいる…。

かげやまさん、こういう「何気ない」ところをすごく良く観察されていて、
見ていると自分が絵本の中に入ってしまったような、幸せな気持ちになれるのです。

11-6-29-1 11-6-29-3

チケットの裏側には、図書室での過ごし方についての注意事項を記載しています。

11-6-28-5.jpg

そして、本を読む際のしおりにもできるようになっています。

晴れたら鳥のさえずりが、雨の日には雨音が静かに聴こえるこの場所で、
ゆっくりと時間をお過ごしくださいね。

それから、イベント期間中オープンしているライブラリーショップには、
夏を感じさせる涼やかな色の器が並びます。

11-6-29-4 11-6-29-5

いつもお世話になっている、「工房32豆」さん。くらしの学校の
食器や箸置きも製作をお願いしました。

今回は、カップやお茶碗、箸置きなどが届いています。
はたひよどりの緑の色に、不思議とよく合う器たち、手にとってご覧くださいね。

ライブラリーショップにはほかにも、藍染めの「青蛙」こと天野尚さんの
作品や、地元雲南市からは竹のかご、「キッチン工房はしまん」さんの保存食
などが並ぶ予定です。

どうぞ、お楽しみに…。


2011/06/29 07:33



手紙の日。のこと。
おはようございます。

イベント「はたひよどり 山の図書室」が近づき、バタバタとしています。
イベントの大小にかかわらず、今の時期が一番落ち着きません。
あれは大丈夫か、こっちは揃ったのか、などとあたふた考えますが、
実際はそんなに動いていなかったりして、気ばかり焦っている、そんな感じです。

とはいえ、準備も少しずつですが進んでいます。

2階にはRさんがディスプレイ棚を作ってくれていますし、5日(火)の
おみやげ屋さんの商品も、仕入れの段取りがほぼ終わりました。

そして、本も着々と揃っております。

11-6-28-4 11-6-28-5

本を見ると仕事を忘れて読みたい衝動に駆られますが、我慢がまん。

今回の「山の図書室」では、くらしアトリエにゆかりのある方々にも、それぞれの
「おすすめ本」をうかがっています。
実際にその本を手にとって読んでいただくこともできますよ。

たとえば、画像にある「ルヴァンの天然酵母パン」は、いつもお世話になっている
コウボパン小さじいちさんのおすすめ本のひとつ。

大好きな人や、尊敬する方が、どんな本を読んでいるのか…気になります。
なるほど~、と思ったり、ああ、あの人らしい、と思ったり。

そんなコーナーもありますので、ぜひお楽しみに…。


さて、今日ご紹介するのは、7月7日(木)の「手紙の日」です。
七夕でもあるこの日は、図書室で手紙を書いてみませんか、という日。

手紙なんてアナログなもの、なかなか今の時代に書くことが少なくなって
しまったのですが、折に触れてていねいなお手紙をいただいたり、季節の
はがきが届いたりすると、心ときめきます。背筋が伸びて、ちゃんとしなくちゃ、と
いう気持ちにもなりますね。

そんな、「手描きの文字」が伝える心地良さを感じていただきたいな、と
いうのが、この「手紙の日」。

11-6-24-1

こちら、くらしアトリエオリジナルのポストカード。
以前は販売をしていましたが、その中から人気のあったものや、スタッフの
思い入れのあるものなどをセレクトしました。

ポストカードや便せん、封筒は、くらしアトリエオリジナルのものをご用意し、
ご購入していただいてから書いていただくという仕組みですが、もちろん
ご自身で好きな便せんやはがきを持参していただいてもOKです。
ペンも持って来ていただくといいかも。

最後に切手を貼っていただくのですが、今回このイベントに合わせて、
くらしアトリエスタッフでもある絵本作家・かげやままきさんのイラストが
切手になりました。

11-6-28-3

封筒用の80円切手は、アトリエ周辺でよく見かける、青いあじさいのイラスト。
はがき用の50円切手は、雲南の山並みをイメージしたイラストです。

どちらもとてもかわいくて、手紙を書きたくなります!お子さんへお手紙を
書いてみるのもいいかもしれない、と、このイラストの切手を見て思いました。

書いた手紙は、最後にポストに投函。

11-6-28-1 11-6-28-2

黒板色のかわいいポストを、Rさんに作ってもらいました。
「ちゃんと、穴があいててそこから入れられるやつね」とお願いをして(笑)。

普段は億劫になりがちなアナログなつながりも、楽しんでみよう!というのが
「手紙の日」なのです。

オリジナルの便せんやポストカード、切手、ポチ袋などは、イベント期間中
ライブラリーショップにて販売を行いますので、立ち寄ってみてください。

イベントの詳細は、こちらから。 → はたひよどり 山の図書室について。

それから、昨日の日記でお知らせした「サンドイッチの日」については事前に
ご予約が必要ですが、予約の締め切りを6月30日(木)午後9時までと
させていただきます。

興味のある方はお早めにお願いいたします。




2011/06/28 06:35



サンドイッチの日。のこと。
おはようございます。
月曜日、今週も1週間気持ち良く過ごしたいものですね。

さて、イベント「はたひよどり 山の図書室」がいよいよ1週間後に迫ってきました。
7月4日(月)~8日(金)の5日間、山の中に小さな図書室が開館します。

その図書室で、ただただのんびりと本を読む時間を過ごしてみませんか?
というイベント。

4日(月)は「くらしの学校 ふるさと勉強会」。ミュージシャンの白築純さんと、
三瓶のカフェ「ドマカフェ」のかなえさんによるトークセッション(募集は
締め切らせていただきました)。

5日(火)は、「おいしいおみやげ屋さん」の日。山陰各地から集まった、
おいしいもの、夏の暮らしを楽しむものたちが並ぶ、おみやげ屋さんです。

6日(水)は、静かに本を読む日。

7日(木)は、手紙の日。くらしアトリエオリジナルの便せんやはがきに、
久しぶりに「手書き」で心を伝える、という日。かわいい切手を貼ってお届けします。

そして、8日(金)は、サンドイッチの日。
杜パンカフェさんのサンドイッチをご用意していますので
この日は予約制とさせていただいています。
 →予約メールフォーム

会場となるアトリエは山の中にありますので、近くに食事をとる場所が
ありません。
コンビニも、ショッピングセンターも、車で15分くらいかかります。

1日ゆっくり本を読むために、おいしいお昼ごはんが食べられたらいいのでは、
ということで「サンドイッチの日」を設けることにしました。

サンドイッチを作ってくださるのは、同じ雲南市にある「杜パンカフェ」さん。

木次町の「食の杜」の中にある「杜のパン屋」さんが、週末だけオープンされている
カフェで、おいしいパンを中心に、身体が喜ぶような、やさしい味の食事や
ハーブティーなどの飲み物がいただけるカフェです。

11-6-27-1 11-6-27-2

こちらが、「杜パンカフェ」さんの外観。
小さなお店の周りには、バラやハーブがたくさん植えられています。
パンのいい香りも漂っています。

11-6-27-3

サンドイッチはその日によって中の具が違います。この日は、半熟卵や、
おいしいお豆腐が入っていました。
パンはもちろん「杜のパン屋」さんのもの。ふかふかです。

11-6-27-4 11-6-27-5

おいしいサンドイッチと、本の世界。緑深い図書室で、静かな時間をお過ごしくださいね。

イベントの詳細はこちらからどうぞ。 → はたひよどり 山の図書室

サンドイッチの日は、こちらのページよりメールフォームにてご予約ください。
よろしくお願いいたします。


*お知らせ

「くらしの学校 ふるさと勉強会」にご参加の皆さまへ
本日、ご案内のメールを皆さまにお送りいたしましたので、ご確認ください。
ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

2011/06/27 09:32



瓶の季節です。
おはようございます。

先日の「くらしの学校」でも梅を使ったお料理を学びましたが、山陰地方、今は
梅の季節まっただ中、です。

我が家も、ご近所さんからいただいたりした梅がたくさん。さて今年はどんな
瓶ものを作ろうか、とわくわくする季節です。

11-6-24-4 11-6-24-1

スタッフの家の庭になったびわの実ももらいました。
びわは、オット用に「びわ酒」を漬けこみました。びわの葉を入れると良いと
書いてあったのですが、まだ入れていません。
びわは果実に十分な甘みがあるので、お砂糖は控えめでいいとのこと。
びわと梅を混ぜてもおいしいんじゃないかな、と思ったりしていますが、どうかな…。

11-6-24-2 11-6-24-3

青梅は、梅酒、甘酢漬け、梅シロップ(氷砂糖バージョンと、黒砂糖バージョン)を
作りました。
お酒が全然飲めないので、漬けた梅酒がおいしいのかどうか分からないのですが、
冬になる前に全部売り切れています。
梅シロップはいつも夏の間になくなってしまいます。今年はたくさん作るつもりで
いたけど、足りないかも…。

去年作った梅干しがまだ瓶に残っていますが、そろそろ黄色い梅の季節になるので
梅干しの準備もしなくては。

この季節はあわただしくも楽しい。キッチンにはいろんな瓶がずらりと並んでいます。


*お知らせ
イベント「はたひよどり 山の図書室」は、7月4日(月)の勉強会、8日(金)の
「サンドイッチの日」は予約制となっています。

勉強会はすでに募集を締め切らせていただいていますが、「サンドイッチの日」は
まだご予約を受け付けています。

詳しくはこちらのページからどうぞ。 → はたひよどり 山の図書室について


2011/06/24 07:33



アトリエの2階、ただいま改修中。
おはようございます。

蒸し暑い日が続きます。
アトリエは市街地から比べると2~3℃気温が低いのですが、それでも蒸し蒸し。
水分補給をしながら、イベント準備を進めています。

「はたひよどり 山の図書室」の開催にあたり、アトリエでは、今まで使って
いなかった2階部分をセルフリフォームしています。

11-6-23-1 

こんな感じで、スタッフが各自、時間を見つけてはアトリエを訪れ、ペンキを塗ったり
チェーンソーで木を切ったり。
それほど古い家ではないので、汚れ自体はないのですが、それでも数年間人が住んで
いなかった家ならではの、いろんなことがあります…。

思い起こせば、5月のNPO法人の総会の際、スタッフが2階に上がり、
眺めの良さに感動しつつ、「ここ、なんか活用しないともったいないよね」という
話になったのでした。

そこから、それまで練りつつあったイベントの企画をさらに突きつめて、
この「はたひよどり  山の図書室」が出来上がったのです。

セルフリフォームに際し、まず行ったのは、2階の天井をぶち抜くことでした。

11-6-23-5 11-6-23-3

低い天井が暗いイメージで、せっかくの眺めの良さも窮屈な印象だったのを、
思い切って天井をぶち抜くことで、開放感ある空間になりました。

ぶち抜くのはさすがに勇気がいりましたが、お隣のおじさん、ご近所さんにも
お手伝いをお願いし(というかほとんどやってもらったけど)、見えなかった
梁や柱が出てくると、「おお~」という感じでわくわく感がつのります。

隣のおじさんに、「ね、天井抜いたらかわいいでしょ?」と言ってみたのですが
「天井がないのがかわいい」という概念そのものを理解していただけず…。
「これのどこがかわいいのか」と、首を傾げておられました。

その後、拭き掃除にペンキ塗りと進んで、少しずつですがここで静かに本を読む
風景が想像できるようになってきました。

11-6-23-4

窓辺に置いてあるのは、7月7日(木)の「手紙の日」に使うポスト(製作中)。
オリジナルの封筒や便せん、ポストカード、そして切手をご用意してお待ちしています。

2階から見えるのは向かいの山のみどり色。天気のいい日も、雨の日も、
気持ちの良い風景が広がります。
先日訪れてくださったドマカフェのかなえさんも、同じ雲南の掛合町に住む白築純さんも、
「ここはすごい!この秘境っぷりはすごい!」と太鼓判を押してくださいました(笑)。

ここで好きな本を手に取り、2階に上がってきていただけたらいいな。
そして、静かな空間を思いっきり堪能して、ちょっとだけいつもとは違う時間の
使い方を楽しんでほしいな、と思っています。

11-6-23-2

2階の縁から見下ろすと、田んぼも見えます。
1日アトリエにいると、カエルがすごい勢いで鳴いているときと、しーんと
静まり返っているときがあります。
どういうシステムでそうなってるのか、不思議…。いつの間にか鳴いたり止んだり。

さわさわ、という音とともに、緑の稲たちが風の通り道を教えてくれます。
一見何もないようなこのアトリエで、「何か」を見つけてほしいなと思っています。


2011/06/23 06:04



くらしの学校 梅を使ったおいしいお料理。
おはようございます。

昨日はとても暑い1日でした。これからこういう蒸し暑い日が増えてくると思うと
憂鬱です…体調管理にも気をつけなければ。

さて、昨日は「くらしの学校」開校日。irori食堂原田さんによる、おいしい料理教室です。

11-6-22-4 11-6-22-12

参加者の皆さん、「今日は暑いね~」と言いながらアトリエまでの坂を上って
来てくださいました。
今回は、旬の梅を使ったお料理を学びます。雲南は梅どころでもあるのですよ。

11-6-22-2 11-6-22-1 

まずは、原田さんが1か月前から仕込んでくださっていた、梅と黒酢のサワードリンク。
ソーダ割りで頂きました。暑い日に身体がしゃきっとするような、さっぱり味です。

ドリンクを飲みながら今日のお料理の説明を受けたあと、さっそく調理開始。

11-6-22-13 11-6-22-6

梅はひと晩水につけたものを用意してくださいました。
「おへそ」をとって使います。

今回は、「梅のピクルス」を作り、そのピクルス液を使っていろいろな料理を
作っていきます。
梅でピクルス…作ったことがなかったけれど、好きな香りのものを入れて、
自分好みに仕上げることもできるそう。今回はローリエ、とうがらし、八角を入れました。

11-6-22-3 11-6-22-7

保存も効くので今の季節、作ってみたい!と思うピクルス。この酸味のある
ピクルス液で、ドレッシングを作ったり、丼のたれに入れたり。なるほど~。

原田さんのお料理は、普段作るものよりも「小技」が効いていたり、なるほど、という
味の工夫があったりして、レシピを見ているとわくわくします。

11-6-22-8 11-6-22-5

おみやげ用のピクルス。家で保存して、漬け上がったらピクルスはもちろん、
この液を使ってのお料理、作ってみてくださいね。

出来上がったお料理をみんなでいただきます。

11-6-22-9

鶏の照り焼きも梅の風味がほんのりついて、普段の照り焼きよりもさっぱりと
いただけます。休日のランチにいい感じ。

11-6-22-11 11-6-22-10

そのほかにも、じゃがいものサラダや夏野菜のラタトゥイユ、そしてデザートには
フルーツトマトのコンポート。ミント風味で、さっぱりといただけました。

旬の食材をたくさん使った、おいしいお料理たちを教えていただき、明日から
キッチンに立つのもより楽しくなるのでは、と思います。

一緒に作ると、参加者の皆さんの会話も弾み、楽しいひとときでした。
お疲れさまでした!


*お知らせ

イベント「はたひよどり 山の図書室」は、7月4日(月)の勉強会、8日(金)の
「サンドイッチの日」は予約制となっています。

勉強会はすでに募集を締め切らせていただいていますが、「サンドイッチの日」は
ご予約受付中です。

静かに、ただ本を読むことを楽しんでほしい。そんな思いで企画したイベントです。
アトリエに流れるゆっくりした時間の中で、のんびりお過ごしください。

詳しくはこちらのページからどうぞ。 → はたひよどり 山の図書室について

アトリエでは、ただいま2階のセルフリフォーム中。大工仕事の音が響いています。
頼もしいスタッフたちに助けられ、少しずつですが心地良い空間に変わりつつあります。
どうぞ、お楽しみに…。


2011/06/22 08:21



白築純さん&ドマカフェかなえさん、アトリエに。
おはようございます。

今日は、「くらしの学校」開校日。irori食堂の原田さんによる、梅を使ったおいしい
お料理の教室が行われています。

梅ピクルス、そのピクルス液を使ったレシピなど。おいしそうです!

さて、昨日は7月4日に行われる「くらしの学校 ふるさと勉強会」の講師、
ミュージシャンの白築純さん、ドマカフェオーナーのかなえさんがアトリエに
いらっしゃいました。

普段から仲良しのお二人、どんなお話で進めていこうかと打ち合わせ。
昨日は主に、かなえさんがカフェを始められるまでのエピソードや、
普段のカフェのお仕事などについて、お話をうかがいました。


大田市ご出身のかなえさん、学生時代からは東京で過ごしていらっしゃったのですが、
どういういきさつでふるさとに帰り、カフェをする、という決断に
至ったのか、そのお話はとても興味深くて、考えさせられる部分も多かったです。

たくさんの人たちのご縁があり、出会った人たちがお互いに相乗効果でそれぞれの
暮らしを楽しんでいる、という感じが伝わってきました。

そんなかなえさんと、白築さんが出会ったというのもまた、「会うべくして
会った」という感じです。こうやって人はつながっていくんですね。

勉強会では、そんなお二人の楽しい、でもしっかりと地に足をつけて
歩いていらっしゃるようすを、お話とともに見ていただきたいと思います。

なおこちらの勉強会は、すでに定員に達したため、募集は締め切らせていただいて
いますので、ご了承ください。

11-6-21-1 11-6-21-2

白築さんとかなえさん。おそろいのようなボーダー柄で来てくださいました。

キップがいい感じの白築さんと、ほんわか柔らかい感じのかなえさん。
不思議なコンビですが、お話はとてもおもしろくて、笑いが絶えませんでした。

お昼をまたいでの打ち合わせになったので、みんなが各自持ち寄りしての
お昼ごはん。アトリエの近くにはごはんを食べる場所もないので、
せっかくだからみんなで食べましょう、ということになりました。

11-6-21-3 11-6-21-4

おもてなし上手なお二人。きのこやニンジンのディップ、がんもどきなど。
スタッフが持ち寄ったフォカッチャやおにぎり、キッシュなども並べて、
予期せぬ豪華なランチとなりました。

「喜んでもらえたらいいな」という気持ちが常に心にあるお二人。
楽しい時間をありがとうございました。勉強会当日も楽しみです。


*お知らせ
イベント「はたひよどり 山の図書室」は、7月4日(月)の勉強会、8日(金)の
「サンドイッチの日」は予約制となっています。

勉強会はすでに募集を締め切らせていただいていますが、「サンドイッチの日」は
ご予約受付中です。
市街地よりも少し涼しいアトリエで、ゆっくりと読書を楽しんでみませんか?

詳しくはこちらのページからどうぞ。 → はたひよどり 山の図書室について


2011/06/21 11:04



イベント準備、進めています。
おはようございます。

イベント「山の図書室」に向けて、アトリエでの準備も少しずつ、進んでいます。

11-6-20-5 11-6-20-3

皆さんから寄付していただいたり、スタッフが持ってきた本たちを縁側に並べて。

イベント中、何かと活躍する布たち。これも、かつて朝市のときに開催した
「ファブリックマーケット」で送っていただいたものがいくつか。

送ってくださった皆さんの気持ちを伝えられるよう、大切使わせていただきます。

1-6-20-4 11-6-20-2

今日は、7月4日(月)に開催される「くらしの学校 ふるさと勉強会」の打ち合わせ。
講師の白築純さん、ドマカフェのかなえさんがアトリエに来てくださいます。

アトリエまでの道を覚える…ということが目的でもありますが、どんなお話に
しようか、話し合いも行います。いい勉強会になるよう、頑張ります!

11-6-20-1

こちらは7月5日(火)に行う「おいしいおみやげ屋さんの日」で並ぶ予定のお菓子。
島根の西の、森の中の工房で、素朴でおいしいお菓子を作っていらっしゃいます。

詳細はまた、お知らせいたします。どうぞお楽しみに…。

2011/06/20 10:22



アトリエからの風景。
おはようございます。

イベント「はたひよどり 山の図書室」にご予約ありがとうございます。
昨日の時点で、「くらしの学校 ふるさと勉強会」は定数に達したため、募集を
締め切らせていただきました。
たくさんのお申し込み、ありがとうございました。

「サンドイッチの日」は引き続きご予約を受け付けています。
こちらのページからご覧ください。

 → はたひよどり 山の図書室

イベントの準備も少しずつ進めています。昨日のアトリエからの風景は
こんな感じ。

116152

マイナスイオンが目に見えるよう。この時期の緑の色の変化には毎年うっとりします。
実際、この風景を見ていると、疲れも飛ぶ気がします。


昨日はご近所さんにとあるお手伝いをお願いしたこともあり、10時に縁側でお茶タイム。

116161

持ち寄ったお菓子とお茶で、のんびりと。
「今年はこの桜は咲いたかね」「たけのこはどうでしたか」なんて話しながら。

雲南では、10時と3時のお茶は欠かせません。島根県は特に、お茶の時間をとても
大切にされているように思います。
車で走っていても、3時ごろになると道端で、縁側で、集まってお茶をされているのを
良く見かけます。
忙しさの中にも、ホッとする時間を忘れない。
毎日を楽しく過ごすヒントかもしれませんね。


*お知らせ
いつもお世話になっている松江市西長江町の「ホタル観察会」が18日(土)にも
開催されます。
先週行ってきたのですが、川の水面に、回りの木々の上に、たくさんのホタルを
見ることができました。
地域の皆さんも、竹を筒にしてろうそくを入れ、ホタルの道を作ってくださって
います。皆さんもぜひ、お出かけくださいね。

先週出かけたときには、夜はさすがに肌寒い感じでした。はおりものを持って
お出かけください。それと、虫よけも。




2011/06/17 08:16



おいしくて美しい食文化「笹巻き」。
おはようございます。

イベント「はたひよどり 山の図書室」へのご予約ありがとうございます。
7月4日(月)に行われる「ふるさと勉強会」の受付は、残りわずかとなっています。
興味のある方はお早めに…こちらよりどうぞ。

 → ふるさと勉強会 白築純さん&ドマカフェ・かなえさん
*先ほど、定員に達したため、予約受付けは終了いたしました。

「サンドイッチの日」は引き続きご予約を受け付けています。
こちらのページからご覧ください。

 → はたひよどり 山の図書室


さて昨日は、雲南市内で会議。雲南の風景をどう生かすか、というテーマの協議会。

会場は大東町にある木次線の「下久野駅」でした。

11-9-888 11-6-8-99

「駅なか農園」と言って、ホームを出ると小さな畑があります。ナスやピーマンが
植えてありました。

土日には、トロッコ列車がここを通るのだそうです。レトロな駅舎を見に、
駅を訪れる方も多いとのこと。昔懐かしい、木造駅舎です。

あたりは田園風景と山並みが広がり、のどか~な風景でした。

それから、少しだけ前のことですが、いつもお世話になっている雲南市掛合町の
「入間いきいき仲よしグループ」さんの工房にお邪魔してきました。

用事があって出かけたのですが、工房から湯気がたちのぼっていて、
「あ、笹巻き作ってるでしょ!」とテンションが上がる(笑)。

入間のおばちゃんたちが作る笹巻きは、本当に美しいのです。

11-6-77-8 11-6-799

工房の中はとてもにぎやか。でも皆さん、手は常に動いています。
見事な手つきに「すごいなあ…」と言うと、「教えてあげーよ」と言われましたが、
実は一度体験して、向いてないわ…と断念したのでした。

11-6-7-00 11-6-8-777

1本を巻き終わってもまだ仕事は続く。10本ずつまとめて、きれいに飾り付けを
されていました。「笹巻きもお化粧せんといけんからね」とおばちゃん。

確かにお化粧が終わった笹巻きはとても美しく、長さもぴったり揃っていて、
妥協のない仕事でした。ほんと、素晴らしい。

笹といがらでこんなにかわいくて、しかもおいしいものが作れるなんて、日本人は
すごいですね。この食文化はずっと守り続けてもらいたいと思います。

2011/06/16 06:12



ごはんを作るって幸せ。
おはようございます。

イベント「はたひよどり 山の図書室」へのご予約ありがとうございます。
メールを頂いた方には、受け付けメールを変身させていただいていますので、
ご確認ください。
メールが届いてない、と言う方は恐れ入りますが再度ご連絡を頂きますよう
お願いいたします。

引き続きご予約は受け付けていますので、こちらのページをご覧ください。

 → はたひよどり 山の図書室

また、7月4日(月)に行われる「ふるさと勉強会」もご予約を受付中です。
こちらよりどうぞ。

 → ふるさと勉強会 白築純さん&ドマカフェ・かなえさん


さて、最近は毎日庭に出て、草取りをしたり草花のチェックをするのが日課。

庭にあるちいさな畑では、自分が好きな野菜ばかりを植えていますが、
その中でも大好きなズッキーニが、立派に成長してくれました。

11-6-15-2 11-6-15-4

今季初収穫のズッキーニ。感慨深いです(笑)。
自分の庭で育った野菜は、宝物。無駄にせず、おいしくどうやって料理しようかと
すごくすごく悩んだ末に、初もののズッキーニは素揚げされ、揚げびたしに
なりました。

仕上げにかつお節など。ズッキーニは和食にも良く合うのです。

それから、先日の「くらしの学校」でとても楽しい授業をしてくださった
タパタパさん。授業の中で「旅の仲間をつくる」というテーマがあり、
おいしいフランスパンとディップや野菜で、サンドイッチを作りました。

詳しくはこちらの日記で…。 → タパタパさんの楽しいお料理

おすそ分けをいただき、家に持って帰ってムスメたちと食べたら、これが大好評。
「今度の社会科見学はこのお弁当がいい!」ということで、作ってみました。

11-6-15-3

フランスパンにどんどん切れ目を入れていき、間に具を挟んで。
チーズ、おいしいパストラミビーフ、アボカド、ツナと玉ねぎのディップ。

ムスメたちは帰ってくるなり「少なかったよ~」とブーイングでしたが、
おいしいと評判のパンを買いに行ったり、中に入れるチーズを探したりと、
楽しいお弁当までの道のりでした。

お料理を楽しむってやっぱりいいな~。少し頑張ることがすごく楽しい。
家族の笑顔ももれなくついてくるし、ごはんを作るって幸せなことですね。




2011/06/15 06:48



イベント「はたひよどり 山の図書室」スケジュールについて。
おはようございます。

昨日UPしたイベント「はたひよどり 山の図書室」と、イベント会期中に行われる
くらしの学校 ふるさと勉強会」にお申し込みをいただき、ありがとうございます。

引き続き、ご予約が必要な曜日については受付をしていますので、よろしくお願いします。

ここであらためて、イベントの日程についてお知らせいたします。
下のイベントスケジュールをご覧くださいね。

11-6-13-1

ご覧のように、7月4日(月)~8日(金)の会期中、毎日違うかたちで楽しんで
頂きたいと思い、それぞれにテーマを設けています。

どの曜日に行こうかな、と考えながら、イベントを楽しんでいただけたら
とてもうれしく思います。


この「山の図書室」は「図書室」という名前ですが、いわゆる図書室のように、
本がたくさん並んで、「本を読むためにそこに行く」という場所ではありません。

静かに本を読むということと、一見何もないように見えるアトリエの周りの
自然や風景を感じて頂くということがひとつになったら、きっと心地良い時間が
できあがるんじゃないか、と考えたのが始まり。

本はあくまでもツールのひとつで、そこから何か、別のものを見出してもらいたい。
自分の暮らしや、住んでいる土地について何か感じてもらえたら。
そんな思いを表現できるのが、「図書室」という言葉だったのです。

だからこそ、本だけじゃなく、この空間そのものを楽しんでいただけるような
プラスアルファがあったらいいね、とスタッフで話し合い、アイデアを出して
5日間の楽しみ方を企画しました。

 勉強会の日は、山陰という場所で輝く人たちに会いに。
 おいしいおみやげ屋さんの日は、自分が住む土地にあふれる食やものづくりに触れに。
 静かに本を読む日は、自然の気配や風を感じながら、本を読みに。
 手紙の日は、今あらためて、手紙やはがきをゆっくり書く、ということを楽しみに。
 サンドイッチの日は、おいしいランチを食べて、豊かな時間を過ごしに。 

ああ、どの日もとても楽しそう!

スタッフの間では、「火曜日に行っておみやげを買って、水曜日にもう一度
来てゆっくりと本を読みたいな」という意見や、「手紙の日に、久しぶりに
連絡をとってみたい人がいるなあ」という声がありました。

皆さんなら、どの曜日を選びますか?

ちなみに、火曜日の「おいしいおみやげ屋さんの日」には、山陰各地から
おいしいものやかわいいものが届く予定ですが、その中から1つご紹介。

11-6-14-3

「コウボパン小さじいち」さんのパンと「キッチン工房はしまん」さんのディップのセットです。

11-6-14-1 11-6-14-2

おいしいものをぎゅっと、ランチクロスに包んで。
素朴なパンと、そのパンによく合うディップをセットにしておすそ分けしますよ~。
このディップがまた、おいしいんだ…パンを食べる時間が、2倍にも3倍にも
楽しく贅沢になりますよ!

イベント「はたひよどり 山の図書室」についての詳細は、こちらから。
→ 山の図書室について

月曜日の勉強会と、金曜日のサンドイッチの日は、事前に予約が必要になりますので
よろしくお願いいたします。

勉強会についてはこちらから。 →  くらしの学校 ふるさと勉強会

ご質問等、お気軽にお問い合わせくださいね。
よろしくお願いいたします。


2011/06/14 07:52



「はたひよどり 山の図書室」のお知らせ&ふるさと勉強会の受付開始。
おはようございます。

先週末お知らせをしていましたイベントについて、先ほどイベントページに
内容をUPいたしました。
11-6-13-8.jpg

こちらのページからご覧ください。 → 「はたひよどり 山の図書室」について

このちいさなイベントは、私たちのアトリエを図書室に見立てて、ゆっくりと、
静かに、思いのままに本を読む場所を作ろう、というものです。


11-6-13-15.jpg 11-6-13-14.jpg

イベントページにも書いていますが、アトリエを訪れてくださるいろいろな方たちが、
皆さん一様に「ここに来るとなんか、癒やされます」「ボーっとしたくなるんだよね」
とおっしゃってくださるのがとてもうれしくて、そんな「時間と空間」を何か
違う形で表現できたらいいな、と思ったのが、企画の始まりでした。

11-6-13-13.jpg

いろいろな形態を考えたのですが、そんなとき、頭をふとよぎったのが、
「自然の中で、本を読む」ということ。

以前、島に暮らしていたとき、ひとりで島の果てまでドライブして、海が広がる
展望台の上で、ただただ本を読んで過ごしていました。

鳥が鳴いたり、時には馬が遊びに来たり、波の音がかすかに聞こえたり。
そんな自然に抱かれて本を読むと、とても清々しい気持ちになり、心がリセット
されるような、そんな気がしていました。

今でも家族で出かけて、野原や川原などを見つけると、「ああ、本持ってくれば
よかった!」と思うことがたくさんあります。

11-6-13-11.jpg

自然の中で本を開くという時間は、ちょっと非日常的で、とても贅沢な時間の
使い方、だと思うのです。

今回の「はたひよどり 山の図書室」は、そんな時間と場所を、山の中の
アトリエからお届けしようというものです。

本物の図書館のように本がたくさんあるわけではありませんし、場所は
分かりにくくてご迷惑をおかけするかもしれないのですが、それでも、
来てくださった方が「ああ、気持ち良い時間を過ごせたな」と思っていただけるような、
そんな場所を作ろう、と思っています。

イベントは平日の5日間に行い、曜日ごとにテーマを変えて、いろんな
楽しみ方を散りばめています。
ご予約が必要なもの、必要でないもの、いろいろありますが、まずはページ
ゆっくりとご覧いただき、山の図書室がどういう場所なのか、知っていただきたいと思います。

これらの詳細については、また日記でお知らせをしていきますが、今日は
イベント初日の7月4日(月)に行われる「くらしの学校 ふるさと勉強会」について、
募集のお知らせをさせていただきます。

勉強会についての詳細は、こちらからどうぞ。 →ふるさと勉強会について

「くらしの学校 ふるさと勉強会」は、山陰各地で活躍されている方に
講師になっていただき、暮らしという目線から、いろいろなことを語って
いただく、という勉強会です。

今年度は5月30日に大山にて開催し、「コウボパン小さじいち」の
西村さんご夫妻に、楽しいお話を聞かせていただきました。


2回目となる7月4日(月)の勉強会はイベント初日に行います。
雲南市で活躍されているミュージシャンの白築純さんと、三瓶の古い家を
改装してカフェを営む「ドマカフェ」のかなえさんのお二人が講師になって
くださいました。

11-6-13-6.jpg

雲南市掛合町在住のミュージシャン、白築純さん。
のんびりとした環境の中で、音楽活動をされています。

11-6-13-17.jpg 11-6-13-16.jpg

雲南で暮らしながら作られた曲が収録されているアルバム「SOLO SOLO」。
CDジャケットのデザインをくらしアトリエが担当させていただいたご縁で、
仲良くさせていただいています。

白築さんは昨年度の勉強会で、群言堂の峰山由紀子さんとのトークセッションが
とても楽しく、私たちもいろんな気づきをいただけたひとときでした。ですので、
ぜひ今回も講師に!とお願いをさせていただきました。

そして、白築さんと親交があり、とても居心地のよいカフェのオーナーである
かなえさんをご紹介いただきました。

11-6-13-3.jpg 11-6-13-4.jpg

三瓶のちいさな集落にあるドマカフェ。古いものを、自分たちなりにいとおしんで
活かしながら、素敵なカフェを続けていらっしゃいます。

かなえさんもとても楽しい方で、お二人と打ち合わせをしていくうちに、
「ああ、この勉強会は絶対にいいものになる!」と確信をしました。

11-6-13-2.jpg

カフェを始めたい、という方はもちろん、何か普段の暮らしから一歩踏み出したいと
考えていらっしゃる方、生活のヒントをもらいたいな、と考えておられる方など、
どなたでも、きっと楽しんでいただけると思います。

当日はドマカフェさんのおいしいチーズケーキとアイスコーヒーをいただきながら
お話をしたいなと考えています。また、給食は「キッチン工房はしまん」さんに
お願いをしていますので、こちらもお楽しみに。

勉強会の参加については、本日午前10時よりお申し込みを受け付けます。
メールフォームよりお申し込みをお願いいたします。定員に達し次第、締め切らせて
いただきますのでご了承ください。

勉強会の日は、午後から「山の図書室」として、ゆっくりと本を読んでいただく
時間となります。
翌日の7月5日(火)からは、日替わりでいろいろな楽しみ方を企画していますので、
本を読む+何か、を選んでいただき、アトリエにお越しください。

よろしくお願いいたします。

2011/06/13 08:25



ちいさなイベントのお知らせ。
こんにちは。今日はアトリエからの日記です。

11-6-11-1

緑が濃くなってきたアトリエの周り。今日はちょっとお天気が悪いですね。
週末は雨になるようです。


さて。
少しずつあたためてきた企画が、ようやく形になってきたのでお知らせします。

くらしアトリエでは、来月、7月にちいさなイベントを開催することになりました。

イベントのテーマは「本」。平日の5日間、山のちいさな図書室を開きます。
静かに、本を読む時間を過ごしていただけたらいいな、と考えました。

5日間は毎日テーマを変えて、本にまつわるいろいろな楽しみ方をしていただけるよう
企画しています。

山の中のアトリエで、ゆるやかに流れる時間を本とともに過ごす、そんな
イベントになる予定です。

そこで、皆さんにお願いがあります。

11-6-11-2

くらしアトリエでは、暮らしに関する本、雑誌などを集めています。

朝市の際にも、ブックマーケットとして、皆さんのお気に入りの本や絵本を
寄付していただいておりますが、同じようにこのイベントでも、寄付を募りたいと
思っています。

大好きだったけど今はもう読んでいない本、誰かにすすめてみたい本などが
お手元にありましたら、このアトリエまで送っていただけませんか?

皆さんに送っていただいた本は、イベント期間中、訪れてくださった方々に
新たな「暮らし」を提案する本になります。

ご質問のある方はメールにてお問い合わせくださいね。

11-6-11-3 11-6-11-4

今、アトリエにある本たち。「くらしの学校」の授業のあと、参加者の皆さんが
ゆっくりと本に向かっていらっしゃいます。

そういう時間を、イベントで。
来週の前半には、イベントについてUPする予定ですので、お楽しみに…。


2011/06/10 11:45



かげやままきさん原画展のお知らせ&西長江ホタル観察会のお知らせ。
おはようございます。

梅雨に入ったとたんに、雨の降らない毎日が続いています…。朝晩の庭の水やりも
けっこう大変です。こうなるとちょっとだけ雨が降ってほしかったりして。

さて、今日はお知らせが2つ。お世話になっている方たちの、イベントのご紹介です。

まず、絵本作家・かげやままきさんの原画展のお知らせ。

11-6-8-1

このたび、「キンダーおはなしえほん」の中で新しい絵本
「がまぐちかえるのつゆくさじむしょ」を製作されたかげやまさん。その原画展が来月、
行われます。フライヤーをいただきました。とてもかわいい…これだけでもわくわく。

『がまぐちがえるのつゆくさじむしょ』原画展
7月7日(木)~24日(日) 境港市「一月と六月」さんにて。

見ると心があったかくなり、子どもに帰れるような気持ちになります。
そんなかげやまさんの絵を、ぜひご覧ください。


次に、松江市西長江地区の皆さんから、ホタル観察会のお知らせです。
岩山から流れ出るきれいな水がホタルを呼び、この季節、とってもきれいな夜の風景を
作り出してくれます。
ぜひ、西長江を訪れてみてくださいね。

と き 6月11日(土)19:00~
ところ 西長江町上組公民館
内 容 西長江の歴史「七垣八滝のお話」「ほたるぼうき作り」「竹灯ろう作り」
    ほたる観賞 (20:30ごろから)
参加料 無料

ホタル観察会は、翌週の18日にも行われるそうですので、ご都合の良い日にぜひ。
それにしても、もうホタルの季節なんですね…ああ、今年もなんだか、
季節に追いかけられている気がします。




2011/06/09 06:13



くらしの学校 タパタパさんによる楽しい授業でした。
おはようございます。

昨日はくらしの学校の日。松江市のお料理ユニット「タパタパ」さんによる、
楽しい調理実習の授業がありました。

「テーマはピクニックだよ」と言われていたのですが、当日は雨が降るのでは、と
心配していました。

11-6-8-3

当日は、カラッといい天気。ピクニック日和です。
でもでも、後から気づいたのですが、実際に外でピクニックをするわけでは
なかったのです。

最初にタパタパさんから今日の調理実習の説明。
そして、何やら色のついた液体がいっぱい…何をするんだろう?と参加者の皆さん、
怪訝な顔です。

11-6-8-4 11-6-8-2

さっそくピクニックの準備開始!まずは食パンに色のついたクリームで
「行き先」を描きます。

テーマは「森」。

11-6-8-5 11-6-8-6

「え~何を描けばいいの?」と言っておられた皆さんも、一度パンにスポイトで
絵を描き始めると、次々にいろんな「行き先」が表れ始めました。

「森と言えば…くまさん」「森と言えば…小川かな」「きのこ」「きのこと言えばたけのこ」
などなど。

くまが猫になっても、鳥が魚みたいに見えても、全然OK。
食パンに絵を描く、という作業自体が初めて。けっこう難しいのですが、
タパタパさんいわく「考えて描くんじゃなくて、感覚で。」とのこと。

なかなか楽しい作業となりました。

次は「ピクニックに一緒に行く仲間を作ります」とタパタパさん。

現われたのはフランスパンと、おいしそうなディップやチーズ、プロシュートなど。

これで仲間…?

11-6-8-7 11-6-8-12

訳も分からず、フランスパンに次々に具材を挟み込んでいきます。
その作業中にもタパタパさんから、ちょっとしたお料理のコツとか、ホームパーティー
の際に役立ちそうなアイデアをたくさん、いただきました。

で、出来上がったフランスパンをつなげたら、あ、ヘビが…。
これが「ピクニックに一緒に行く仲間」だったのですね。オリーブの目がかわいい。

11-6-8-11 11-6-8-10

池に見立てたゼリー(緑と水色の二層になっていてすごくきれいでした)に、
皆さんが描いた行き先を散らばせれば、机の上にピクニックが完成!

11-6-8-9

タパタパさんワールド満載!の授業でしたが、うーんなんだかとっても楽しかった!
普段使わない脳みそを使う感じです。

タパタパさんによると、フランスなどでは、家のダイニングテーブルで食べない
ごはんは「ピクニック」と呼んでいいんだそう。庭で食べても、近所の公園で食べても、
それは楽しいピクニックなのです。

タパタパさんのコンセプトは「思い出を食べる」ということ。
普段の暮らしの中で、記憶に残るシーンとともにお料理があったらいいな、と
楽しくておもしろくて、おいしいお料理を提案していらっしゃいます。

今回の授業では、いわゆる「調理実習」とはひと味もふた味も違った、
食べものを使って楽しいひとときを過ごす、という体験ができたように思います。

参加者の皆さんの思い出にも、きっとなったはず。お疲れさまでした!



2011/06/08 08:08



今日はくらしの学校。
おはようございます。

昨日は外で仕事を済ませたあと、アトリエへ。今日行われる「くらしの学校」の準備など。

11-6-7-1 11-6-7-2 

アトリエの裏にある畑は、雑草の勢いがかなり増しています…。正面から裏へと
続く小道も、すっかり草に覆われて歩きにくくなっていました。

じゃがいものかわいい花が咲いています。あと、冬に頑張って植えた玉ねぎも…。

昨日はアトリエの隣にいるおじさんのところに、とある相談にうかがったのですが、
奥さんもいらっしゃって、「まあまあ、お茶でも」と縁側でお茶を頂きました。

のんびりとした時間。風の流れる音と、川のせせらぎが聴こえる午後のひととき。

「贅沢だね」と言うと、お隣さんは「そうかね…」と怪訝そうでしたが、
「これから笹巻きの材料の笹を取りに行くけんね」と、さらっと季節を楽しむ
暮らしを実践されているところなんか、贅沢です、ほんと。

11-6-7-3 11-6-7-6

今日はタパタパさんによる授業が行われます。
玄関をあしらったり、縁側に座布団やキルトを干したりしました。

ずっと前からアトリエにあったかのようなこのキルトは、アメリカのアンティーク。
古い日本の家にもしっくりなじみます。

11-6-7-4

今日はどんな授業になるのか、正直私たちも分かりません。でも、この「何が
あるのかな」という状況を楽しみながら、皆さんの授業を見てみたいと思います。


2011/06/07 07:28



梅雨の晴れ間に。
おはようございます。

梅雨の晴れ間…久しぶりに晴れの週末で、気温も上がり、夏の気配すら感じてしまいました。

毎日時間が少しでもあれば、庭に出てあれこれしています。

11-6-6-1 11-6-6-3

少しずつ色づいてくるあじさい。真っ青になる品種なのですが、最初から青い花、と
いうのではないのですね…。白が少しずつ青みを帯びていくようすを見るのも楽しい。

白い清楚な花はバイカウツギ。冬の間はこんなに素敵な花を咲かせてくれるとは
全く想像もできませんでした。植物ってすごいですね~。

11-6-6-2

朝日を浴びながら、いろんな植物のようすをチェックしつつ、目が覚めます。
けさは朝露がいろんな葉っぱに落ちていて、お日さまの光を浴びてとてもきれいでした。

夏が近づいて日中が暑くなってくると、朝の時間帯がますます貴重になりますね。
今週もがんばりましょう!


2011/06/06 07:57



アトリエにて。
おはようございます。

昨日はアトリエにて取材。お客さまをお迎えするので、庭で咲いた花やハーブを
持って行きました。

11-6-3-1 11-6-3-2

楚々とした花は、アトリエの素朴な感じにも良く合う…と思います。
あちこちに飾ると、自分自身のテンションも上がる。

取材をしてくださった女性、木のてるてるぼうずに興味津々でした。

NPO法人の代表としての取材でしたが、あらためて「続ける」ことの大切さに
気づかされたようにも思います。

「日々の暮らし」をコンセプトに活動をしているから、成果も見えにくいし、
どこがゴールなのかも、はっきり自分たちで意識しない限り見えてきません。

でも、それを問い続け、発信し続けることが大切だと思います、と言っていただき、
ありがたいな、と思いました。これからも頑張ろう。



*くらしの学校に参加してくださっている皆さまへ

次回の授業について、メールにてお知らせしています。
何やら楽しい授業になりそうな予感…。講師は松江市のお料理ユニット、タパタパさんです。

持ってくる物など、ご確認をお願いいたします。


2011/06/03 06:05



コウボ熱。上がる。
おはようございます。朝からすごい雷がなってます…。

アトリエの周りは、新緑ざかり。日に日に緑が濃くなっていきます。
ついこの間まで、枯れ木ばかりの山だった気がするのに、今はもう、もりもりの緑。

11-6-1-1

先日の掃除の際には、洗濯物もたっぷり。竹の物干しに布をかけています。
仕事をしながらふと窓を見やると、布がふんわり揺れていて、心地良いのです。

11-6-1-2

軍手も揺れる(笑)。
アトリエの周りは雑草がすごいので、日々の草抜きが必須です。

毎年「今年こそは草に負けないぞ!」と思うのですが、だいたいこの梅雨の時期に
草は勢いよく伸び続け、雨が降るから草抜きができない…という日が続き、
草との闘いに屈してしまいます。今年はどうかな…。


さて、先日の「ふるさと勉強会」でコウボパン小さじいちの西村さんご夫妻から、
酵母のお話をたくさんうかがいました。

話しているうちに(参加者の皆さんもそうだったと思いますが)、コウボ熱がふつふつと。
「作りたい!仕込みたい!」と盛り上がり、家に帰ってからさっそく仕込んでみました。

11-6-1-3 11-6-1-4

ワイルドストロベリーで。どうなるかなあ…今のところきれいな色で窓辺を
飾ってくれていますが、パンが焼けるくらいの酵母に育ってくれるといいのですが。


2011/06/02 08:32



掃除の日&お花マルシェワークショップのお知らせ。
おはようございます。

昨日はアトリエにスタッフが集い、「6月を前に掃除をしよう!」の日となりました。
古い家をアトリエとして使っているので、片付ける場所は無限にある、という感じ。

スタッフの数が多いと、はかどります~。

先週の間に、Rさんが棚にペイントをしてくれていました。

11-5-31-11 11-5-31-22 11-5-31-33

無塗装の棚を買っていたのですが、かわいくペイントしようということで。
外側は水色、棚の部分は白。ちょっと幼稚園っぽいですが、かわいい。

デザイン用の紙や封筒、書類などを入れる棚です。これで仕事頑張ろう。

入口そばの引き戸には黒板があります。
普段はスタッフの予定や、法人のスケジュールを書いているのですが、これは先日
妄想を膨らませつつ話し合いをしたときに、メモしたもの。

何をやりたいのか?どこへ向かいたいのか?
迷ったときには、キーワードをこうやって書き出してみます。

意外な部分が結びついたりして、頭の整理にもなる。他のスタッフにも
自分の頭の中を見てもらえるし、重宝してます、黒板。


*お知らせ

お花マルシェのワークショップの予定をUPしました。

6月29日(水)10:30~12:30
テーマ … 初夏のアレンジ
となっています。

費用は3000円(花材代込み)です。詳細やお問い合わせは、
お花マルシェのホームページからどうぞ。
お申し込みはお店に直接していただくか、メールフォームをご利用ください。



2011/06/01 07:37


 + 

リンク
SLOW+SLOW(本サイト)
お花マルシェ
カテゴリ
  • お知らせ (254)
  • ものづくり (252)
  • 融通の利かない、かばん展 (26)
  • くらしアトリエへの思い (81)
  • スタッフの日常 (728)
  • 法人化までの日記 (1)
  • 未分類 (57)
  • 風景ノート (19)
  • 朝市 (143)
  • くらしの学校 (241)
  • イベント (55)
  • 畑展望公園まつり (21)
  • 森の休日 (8)
  • お仕事 (86)
  • 山の図書室だより (67)
  • 10周年祭 (12)
  • シマシマしまね (49)
  • 過去の日記
    2017年10月  2017年04月  2017年03月  2017年02月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年09月  2016年08月  2016年07月  2016年06月  2016年05月  2016年04月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年11月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年04月  2015年03月  2015年02月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年05月  2013年04月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月 


    ---【Login】
    Arranged by cadet
    Copyright © 2005-2007 SLOW+SLOW kurashiatelier