くらしの学校 募集受付を開始いたします。
おはようございます。

雨模様の山陰地方。くらーい雲が垂れこめています。
昨日まで春の陽気だったのに…。でもこうして、少しずつ季節が変わっていくのでしょうね。

さて、連日お伝えしておりますとおり、本日午前9時より、「くらしの学校」の
2011年度受講者の募集を開始いたします。

募集要項をよくお読みのうえ、ご応募ください。
定員になり次第、締め切りとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

→ くらしの学校 募集要項、お申し込みはこちらから。


話は変わりますが、週末のこと。

11-2-28-2 11-2-28-1

オットの職場で送別会があり、お世話になった3人の方が職場を去られるとのこと。
「お花マルシェ」に花束をお願いしました。

3人の方に、それぞれ少しずつ違う花が入った素敵な花束。
旅立ちの春にエールを送るにふさわしい、チューリップやラナンキュラスの入ったブーケです。

こんなのをもらったらうれしいだろうなあ…いや、本人は分からないかもしれないけど、
奥さまはきっとお喜びになるに違いない!と思います。

別れの春、出会いの春。いろんな思いをのせて…。
お花を贈ると、言葉とは別の形で思いが伝わる気がします。

あらためて、お花っていいなあ、と思った週末でした。


2011/02/28 08:54



くらしの学校、2月28日募集開始です。
おはようございます。

「くらしの学校」2011年度前期の参加者募集を、来週の月曜日、2月28日の午前9時より
開始いたします。

募集要項をよくお読みのうえ、ご応募ください。

受付は先着順となっておりますので、定員に達し次第締め切りとさせていただきます。

また、学校はスケジュールが合わない、という方も、
「ふるさと勉強会」は一般参加もOKとなっておりますので、1度きりでも受講できます。

イベントとあわせて来て頂けるよう、くらしアトリエ主催のイベントの中などで
行う予定の「ふるさと勉強会」もあります。

こちらの募集はあらためて行いますので、よろしくお願いいたします。


学校の会場となる雲南市大東町畑鵯地区は、松江市内から玉湯町を通ると40分足らずの
場所にあります。詳しい学校の場所については、入学の資料と一緒にお知らせいたします。

5^18^111

不便な場所ではありますが、四季のうつろいが感じられ、自然の声が聞こえてくる
素敵なところです。
学校で刺激を受けて帰る、という方もいらっしゃいますし、自分をリセットできる、と
言ってくださる方もおられます。

4-12-1

この場所から、新しい一歩を踏み出すきっかけができればと思っています。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせくださいね。



2011/02/25 08:15



2分の1成人式。
おはようございます。

クリップに「2分の1成人式」の話題が出ていましたね。
我が家の娘たちも10歳。来月学校で「2分の1成人式」があるようです。

いつから始まったのか分からないのですが、最近テレビでも見かけたこの式。
成人の日に、20歳の若者と10歳の子どもたちが一緒に式に参加するという町も
ありました。

考えてみれば、生まれてからもう10年。一応「ティーンエイジャー」なわけで、
そう思うと感慨深いものがあります…。ふた桁、という点でもう、親と同じなのだから。

生まれたての子どもを見て、「…これを育てねば。死なせてはならない」という責任感で
気持ちがつぶされそうになったことを思い出すと、胸がきゅんとします。

日々成長する娘たちのひとコマひとコマを忘れまい、と思いながらも、忙しさの中で
十分に「育児」を楽しめなかったなあ…という後悔もあります。

11-2-24-4 11-2-24-3

「2分の1成人式」には、親からの手紙と、小さな頃の写真がいるのだそうで…。
「あんまり赤ちゃんの頃のはダメ。ハゲてるから」「大きすぎるのもダメ」といろいろ横から
口出しされつつ、写真を選びました。
赤ちゃんの頃からずっとそばにいたくまのぬいぐるみも、すっかりボロボロになりました。

幸い大きな病気もせず、口ばかり一人前になりつつありますが、少しずつ
「ひとりの人間」として自己を確立しつつある娘たち。

10歳ともなるともう、完全に「人間対人間」の親子関係です。
人生の先輩として、「いい生き方だな」と思ってもらえるような親でありたい、と思う
今日この頃です。


11-2-24-1 11-2-24-2 

庭に出ると、いただきもののビオラが元気に咲いていました。
サザンカの花も遅ればせながら少しずつ、花びらが開いてきました。和の花も素敵です。


2011/02/24 09:55



春近し。
おはようございます。

久しぶりにいいお天気が続きますね。
昨日はアトリエへ。周りにあった雪が嘘のように消えていました。

11-2-22-44

あんなに苦労して雪かきをしながら坂を上ったのが夢だったかのよう…。
空気もあたたかくなって、春が近いぞ!とうれしくなってきます。

今日の打ち合わせに備えて資料を印刷したり、検案事項を話し合ったり。
雪がなくなって、アトリエにも日常が戻ってきた感じです。

11-2-22-22 11-2-22-11

Rさんの雑貨、いろいろ。
小さなもの、アイデアあふれるもの。実際にモノを見ながら意見交換です。

ものづくりの部門も、来年度は大きな変化がある予定です。こちらも打ち合わせを進めて
いますよ~。どうぞ、お楽しみに。


2011/02/23 08:47



安来に立ち寄ってきました。
おはようございます。

昨日の日記でお伝えした「くらしの学校」。
前期の応募は来週の月曜日、2月28日より開始いたしますので、よろしくお願いいたします。


さて、先日とある用事で安来市へ出かけてきたのですが、帰り道に「ゲゲゲの女房」で
脚光を浴びた大塚の街並みがあったので、立ち寄りました。

11-2-22-3

ちょっとバーゲンののぼり旗が目立ちますが…。

安来市観光協会さんの依頼で製作した「たちより手帖」の取材で訪れて以来。
いやあ、「たちより手帖」と言いながら全然立ち寄っておりませんでした…。

取材で来たときにはまだドラマも始まっておらず、街並みもひたすらに静かなもの
でしたが、今ではお土産物屋さんなどもできて、にぎやかになっていました。

11-2-22-2 11-2-22-4

「ゲゲゲの女房」作者で、水木しげるさんの奥さまでもある武良布枝さんの生家や、
「たちより手帖」にも掲載されている和菓子屋さん「眞月堂」さんも。
眞月堂さんでは今の時期、さくら餅を販売されているようです。

帰り道に通った「白鳥ロード」には、やはり白鳥がいました。

11-2-22-7

団体さんでいるとけっこうな迫力です。松江市内でも何か所かで見ることができますよ。

11-2-22-6

これは農道から偶然見かけた大山。すごくきれいに見えてきたので車を停めました。

最近は雲が多かったりガスでもやっていたりで、きれいな大山を見る機会もなかなか
ありません。貴重な晴れ間に、いいものを見た気がしました。


2011/02/22 08:01



「くらしの学校」2011年度募集要項をUPしました。
おはようございます。

先ほど、「くらしの学校」2011年度前期の募集要項をUPしました。

こちらのページからご覧ください。 → くらしの学校募集要項

2010年度との大きな違いは、まず「食」と「ものづくり」、両方の授業を皆さんに
受けていただくシステムにしたことです。
「暮らし」というものをテーマにしている以上、どちらも体験し、普段の生活に
活かしていただきたいという思いがあり、今回このように変更させていただきました。

今年度の授業風景から。
調理実習は、季節感を大切にし、小さな工夫を積み重ねておいしいお料理を
作ります。

7-15-3_20100716085601.jpg 7-15-5_20100716085601.jpg

また、藍染めに挑戦したり、お花に触れたりと、自然のものを使いながら心地良い
暮らしを彩るものづくりの授業も。

5-14-11

4-12-9

4-12-3

また「ふるさと勉強会」は今年度同様、学校の必須科目となっています。

地域で頑張っていらっしゃる方々のお話から刺激を受けていただきたいし、何より
普段はなかなかうかがえないお話を聞くことで、自分自身が「考える」ということを
大切にしていただきたいと思っており、私たちがとても大切にしている授業です。

6-25-2 6-25-4

このふるさと勉強会、来年度は学校参加者の方々以外にも、広く一般の皆さんの
参加も募集することになりました。会場も畑鵯とは別の場所となります。

学校はスケジュールが合わない、という方も、勉強会は1度きりでも受講できます。
こちらの募集はあらためて行いますので、よろしくお願いいたします。

そのほか、細かな点もいくつか改定しておりますので、募集要項をよくご覧いただき
ご応募いただきますようお願いいたします。

募集開始は2月28日(月)の午前9時からとなります。
受付はメールフォームからとなります。また、先着順での受付となりますので、
定員に達し次第募集を締め切らせていただきます。
その場合は2次募集は行いませんので、ご了承ください。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせくださいますよう、お願いします。


1-28-111

山の空気が感じられる、教室の風景。

「学校」といっても堅苦しい雰囲気や、「勉強!」というシビアなものではなく、
あくまでもたのしく、でもしっかりと自分を見つめ直すきっかけになるような空間を
目指しています。
コンセプトにご賛同いただき、参加していただける方をお待ちしています!



2011/02/21 09:59



つぼを買いました。
こんにちは。

いつもより遅い更新になりました。午前中は仕事で松江市内をあちこち動いていましたが、
少しずつ梅の花が目につくようになってきました!わくわくします。

さて、先日の日記で味噌づくりをしたと書いたのですが、ハマるとあれこれやりたくなる
性格なので、「あ~また作りたいな」と思い、もう一度仕込むことにしました。

前回はお米の麹だったのですが、今回は麦麹。味の違いを楽しむのもいいかも。
週末に子どもたちと一緒に作ろうと思っています。

11-2-18-1 11-2-18-2

前回はホーローの保存容器に仕込みましたが、今回は違ったものに入れたいなあ…と
あれこれ探して、このつぼ(かめ?)を買いました。

ちょっと、いや相当「和」な感じです。昔の家にありそう。

「島根ふるさと館」で見つけた、石見焼です。
石見焼といってもいろんな窯があるのだそうです。

本来梅干しを漬けたりするつぼっぽいですが、地元の器にお味噌を仕込む、というのが
やってみたかったので(笑)。

私が持っている保存食のレシピ本によると、仕込んだ味噌の上に和紙を乗せてふたをすると、
カビが生えにくいのだそうです。和紙も買ってこようかなあ…。

そして、以前紹介した鳥取県智頭町の「かき餅」。
ストーブの火が強すぎてすぐ焦げてしまうので、キャンプ用の網焼き機を出してきました。
これだといい感じにふっくらします。



2011/02/18 14:36



来年度の「くらしの学校」は。
おはようございます。

昨日のアトリエの様子。

11-2-17-1

一時期に比べると雪もだいぶ解けたような気がします…気がするだけ?
太陽のおかげもあるけど、土もあったかくなってきているのかな。

さて、先日後期のレポートをUPした「くらしの学校」。
2011年度前期のカリキュラムは、来週発表させていただきます。

今年度との大きな違いとして、「食コース」「ものづくりコース」というコース設定を
なくして、ひとつのコースで「食」も「ものづくり」も体験できるように改正しました。

今年度に参加してくださった皆さんからのアンケートで、違うコースの授業も
出てみたい、という声が多かったこともあり、もっと総合的に「暮らし」を見つめる
授業展開のためには、ふたつのコースそれぞれの楽しさを体験していただいたほうが
いいのでは、という思いから、このような改正をさせていただくことになりました。

また、「ふるさと勉強会」は引き続き必須科目として設定しています。

詳細は来週お知らせいたしますが、来年度も素敵な講師の皆さんをお迎えする予定です。
どうぞ楽しみにしていてくださいね。


11-2-17-2 11-2-17-3 11-2-17-5


生まれて初めて、味噌づくりを体験しました。
作業そのものはすごくシンプルですが、けっこうな力仕事です。そして、手作業だと
時間もすごくかかる…。
でもそれだけに、わくわく感も募ります。

我が家は最近、朝食がご飯のときが圧倒的に多いので、お味噌の消費量もすごく多いのです。
もちろんお味噌汁だけじゃなく、麻婆豆腐に入れたり、お野菜の煮込みに使ったり。

そんなわけで、自分で味噌を作るというのは数年来の夢でした。
出来上がりはまだまだ先ですが、今からすごく楽しみです!

2011/02/17 08:47



雪の日に、風景を見に。
おはようございます。

昨日はメンバーとなっている協議会の皆さんで、雲南市内の風景資源の視察に
出かけました。

あいにくの天気…っていうか一面雪景色。

11-2-16-2

かなりの悪コンディションで大変でした…。風景を見る天候ではないですよね。

本来なら、その景色が一番きれいに見える時期に訪れたかった場所ばかりです。

11-2-16-1

雲南市加茂町にある茶畑。これもお茶の若葉のころはきれいなんじゃないかな。
一面雪をかぶった茶畑も、それはそれで美しい景色ではありましたが。

11-2-16-3

同じく加茂町内のしだれ桜。かなり有名で、毎年多くの方が訪れる場所だそうです。
桜というと木次の斐伊川土手沿いの桜が有名ですが、こうした一本桜を巡るのも
楽しそうです。

何か所かを見た後、私たちのアトリエがある大東町畑鵯地区にも行くことに。
たぶん今まで見たどこよりも雪が多いので正直不安だったのですが、
展望公園の場所をご存じない方もいらっしゃったので同行しました。

11-2-16-4

県道は除雪がきっちりしてありましたが、道路わきの雪の壁がすごいですね。
公園もさすがに今の時期に訪れる人もなく、雪の中に埋まっていました。

11-2-16-5

本来なら、あの展望台からの眺望が素晴らしいのですが…。
眼下に広がる棚田も見ていただけなくて残念でした。

11-2-16-6

向こうに見える山々も雪をかぶって。

「自然の幸」と言うけれど、本当の意味での「手つかずの自然」はごくごくまれで、
大部分はこの公園のように、地元の方たちが手をかけて守り、育ててこられたものだと
思います。

管理ができずに荒れてしまう公園が多い中、ていねいに手入れをして、地域の誇りと
なっている。それが素晴らしいと思います。

田植えの時期や、夏の雲海、秋の澄んだ空とのコントラスト。
どれも素敵な風景です。皆さんも雪が解けたらぜひ、いらしてくださいね。



2011/02/16 09:16



行ってきます。
おはようございます。

今日は久しぶりに朝早くから仕事で出かけてきます。
雲南市内の魅力ある風景を、実際に見てみようというもの。楽しみです~。


先日、久しぶりにあんこを炊きました。

11-2-14-2 11-2-14-1

余っていた小豆で作ったのですが、ちゃんとした分量を量らなくても出来てしまうのが
いいところ。
甘さも自分で調節できるのがいいですね。

あんこはどら焼きにしました。みりんや重曹を入れた生地に挟んで。

最近、ふつふつとお料理熱が燃えてます。食べることが好きなので、作ることも楽しい。
家族が喜んで食べてくれると、またうれしいものですね。



2011/02/15 07:35



くらしの学校レポートをUPしました。
おはようございます。

3連休だったという方も多いのではないでしょうか。どんな週末でしたか?

さて、本日「くらしの学校」2010年度後期のレポートをUPいたしました。
こちらのページからご覧いただけます。 →  くらしの学校 レポート

後期も前期同様、さまざまな講師の皆さん、給食にご協力いただいた団体の皆さん、
そして、地域の皆さまのご協力をいただきながら、無事に開催することができました。

レポートでは、それぞれの授業のようすや給食の紹介、勉強会の内容、それからお楽しみの
ミニマルシェのようすなどについて、かけ足ではありますが掲載しています。

アトリエ周辺のゆったりした空気も一緒に伝わるといいなと思っています。

「くらしの学校」に興味を持っていただいた方、来年度の授業のカリキュラムは
来週にUPの予定です。

2011年度は少し趣向を変えたカリキュラムになりますので、ぜひお楽しみに…。



11-2-14-5 11-2-14-3

先週、「お花マルシェ」で買い求めたお花を、家のあちこちに飾っています。
緑のラナンキュラス、甘くない感じが気に入っています。

これから卒業シーズンにもなり、職場などでも送別会が行われたりしますね。
お花マルシェでは、そんな門出のシーンでのお花のご注文も承っております。

花束等のご注文は、早めのご予約をお願いいたします。
詳細は、お花マルシェホームページをご覧ください。

よろしくお願いいたします。


2011/02/14 09:04



お花マルシェのワークショップ&32豆さんに会いに。
おはようございます。

昨日は雨が降る中、米子市まで出かけてきました。
クレイさんでは「お花マルシェ」のワークショップが行われるということで、準備の真っ最中でした。

11-2-10-1 11-2-10-2

お花マルシェのコーナーは、ひと足先に春が来たよう。
いろいろな色のバラや、ラナンキュラスなどが並んでいます。

自宅用にも春のお花を買って帰りました。飾る場所をあれこれ、考えながら選ぶのが
楽しいひとときです。


ワークショップのテーマは「バレンタインのアレンジ」。毛糸玉にお花をアレンジします。

11-2-10-11 11-2-10-12

まるいフォルムが何とも愛らしい作品が出来上がっていきます。
時おり笑い声も混じりつつ、いつもながら和やかな雰囲気のワークショップでした。

11-2-10-13 11-2-10-14

次回のワークショップは3月2日(水) 10:30~12:30
テーマは「ひな祭りのアレンジ」です。

ワークショップのお問い合わせ・お申し込みは直接店頭までお越しいただくか、
「お花マルシェ」ホームページのメールフォームよりお願いいたします。

お花マルシェの住所は 米子市西福原4丁目8-50 'tis clay 店内 
電話番号 0859-22-3034  木曜定休となります。

よろしくお願いします。


さて、米子に出かけたのには、もうひとつ理由がありました。
クレイさんの近くで工房を開いている陶芸家の32豆さんに会いに行くこと。
昨年、陶芸教室をオープンし、活動されています。

11-2-10-811-2-10-911-2-10-10

32豆さんらしい空間が広がる工房。ちょっとしたお花のあしらいや、セレクトされた
インテリアが彼女らしく、居心地の良い空間を作り出しています。

お願いがあってお伺いしたのですが、土と向き合う32豆さんとお話をしていると、
気持ちが浄化されたような気もしました。

工房の棚にディスプレイされていた作品たち。

11-2-10-7 11-2-10-3

11-2-10-4 11-2-10-5

普段の暮らしにちょうどいい、色合いやサイズ。主張しすぎず、でもかわいい。
くらしアトリエのコンセプトと重なるところが多いなあ、といつも見ていて思います。

32豆さん、今は来月に控えたクレイさんでの個展に向けて製作活動の真っ最中です。

期間は3月5日(土)から3月31日(木)まで。
実際に手に取ると、さらに作品の魅力が伝わると思います。

もうすぐフライヤーも出来上がるということです。楽しみです!



2011/02/10 09:18



「くらしの学校」レポ製作中です。
おはようございます。

ただいま、「くらしの学校」2010年度後期のレポートを製作中です。

振り返ってみるといろいろな授業があったなあ…それぞれに楽しいようすが
思い出されます。
作ったモノ、教わったレシピなどが、皆さんの暮らしに根付いているといいなあ…と
思いながらのレポ製作です。

11-2-9-6 11-2-9-7

レポートはこんな感じのページになる予定。

大人が楽しく学ぶ場所、をコンセプトに実施している「くらしの学校」。
皆さんにも楽しんでいただけるよう、鋭意製作中…来週にはUPできると思いますので、
よろしくお願いします。

また、2011年度前期のカリキュラムも、ほぼ固まってきました。
今回もわくわくするような授業が展開される予定。

これについても2月中にはお知らせできると思いますので、どうぞお楽しみに…。


さて、昨日は宍道湖北岸へ。仕事の帰りに少し車を停めてみました。

11-2-9-1

11-2-9-2

宍道湖というと「夕日」「嫁が島」の風景がまず思い出されますが、曇り空の下で
シジミ漁の船が行き交う風景は幻想的で、これぞ宍道湖、これぞ山陰、という感じがします。

11-2-9-3

白黒のパンダみたいな鳥(カモの仲間みたいです)がたくさん泳いでいました。

古江のあたりでは、田んぼにたくさんの白鳥がいて、写真スポットになっていましたよ。

朝の宍道湖の澄んだ風景も、また素敵です。松江にいらっしゃる機会があったら、
ぜひ体感してみてくださいね。



2011/02/09 09:09



春の兆し。
おはようございます。

少しずつ春が近づいてきて、庭の木々にも兆しが。木々の芽が膨らんでいました。

11-2-8-1 11-2-8-2

アトリエの隣のおじさんにいただいた桜の木。一時期元気がなかったのですが、
頑張って成長しています。

今年は花が咲くかなあ…と思って芽を見ているのですが、葉芽と花芽の区別が
よく分からない…。でもまあ、楽しみです。

それから、柑橘系の樹が欲しくて最近我が家にやってきた、金柑の樹。

実家の祖父母の家にはすごく大きな金柑の樹があって、毎年完熟の実をたくさん
もらいます。
煮るときに種をとるのが面倒…と思っていたら、今は種なしの金柑があるのですね。
大きくなってたくさん収穫できるのが、こちらも楽しみです。

アトリエも、桜の樹や柚子の樹、大きな椿…たくさんの樹に囲まれています。
今はちょっと寂しいけど、春になると芽吹きがとてもきれいなんですよ。

地元の方は「そんなにきれいかねえ」と不思議がられるけど、春の雲南の山並みや
新緑の風景は、何にも代えがたい美しいもの。今からわくわくしています。



さて、昨日、絵本をテーマにしたテレビ番組を見ました。

子どもたちが大きくなってから、ずいぶんと絵本を見なくなってしまっています。
家にたくさんあった本たちも、いつの間にか本当にお気に入りの(私が)ものばかりに
なりました。

その中でも私の一番のお気に入りはこれ。

11-2-8-5 11-2-8-3

「ねずみのおいしゃさま」。
何が好きって、出てくる動物たちのおうちが、すごくかわいいのです。

かえるの家にある薪ストーブ、ねずみのお医者さまの家にぶら下がってるドライハーブたち。
こんな家に住みたい!と何度思ったことでしょう。今も私のインテリアの教科書のひとつに
なっています。


以前の朝市で何度か「絵本と本のマーケット」を開催しましたが、会場で一生懸命
絵本を選ぶお子さんと、そのようすをうれしそうに見つめるお父さんお母さんの
微笑ましいようす、今も鮮明に覚えています。

自分が子どもの頃、夢中で何度も何度も、ぼろぼろになるまで読んだ絵本の記憶。
そんな、誰かの記憶に残るような絵本との出会いのお手伝いが、少しでも
できたのかなあ、と思うととてもうれしい気持ちをいただきました。

久しぶりに子どもたちの絵本を開くと、いろんな思い出も一緒によみがえってきます。
たまには子どもの読む絵本に大人が触れてみるのも、いいものですね。


2011/02/08 08:53



お花マルシェよりワークショップのお知らせです。
おはようございます。

久しぶりに外に出るのがしんどくない週末でした、山陰地方。
思い立って、お弁当を持って松江城まで出かけてきました。

まだ芝生には雪が残っていましたが、ぐるりと巡るといい運動にもなります。
少しずつ、春が近付いているような…早くあたたかくなって欲しいものですね。

さて、今日はお花マルシェよりワークショップのお知らせです。
3月のワークショップの日程が決まりました。

3月2日(水) 10:30~12:30
テーマは「ひな祭りのアレンジ」です。

去年のワークショップのようすから。

11-2-7-1 11-2-7-2

これは去年の1月のワークショップ。毛糸玉にアレンジ、というユニークなもの。
お団子みたいな菊の花がかわいらしいですね。

11-2-7-4 11-2-7-3

何度もこの日記で書いていますが、同じ花材を使っていてもそれぞれに表情の違う
アレンジが出来上がるのが不思議です。
日ごろお花をあまり飾らない、という方でも、お気に入りの作品を作ることができますよ。

少しずつ気持ちの良いお天気が増えてきて、お花に触れたいという気持ちも高まってくる
のではないでしょうか。

ワークショップのお問い合わせ・お申し込みは直接店頭までお越しいただくか、
「お花マルシェ」ホームページのメールフォームよりお願いいたします。

お花マルシェの住所は 米子市西福原4丁目8-50 'tis clay 店内 
電話番号 0859-22-3034  木曜定休となります。

よろしくお願いします。




2011/02/07 08:51



アトリエから…再び、雪景色。
おはようございます。いつもよりもちょっと遅い更新です。

しばらくぶりに、アトリエへ。「さすがにここ2~3日は天気も良かったし、
雪もだいぶ溶けてるだろうね」と話しながら来てみたら、いやいや、甘かった。

11-2-4-5

余裕で積もってます。溶ける気配がありません…。
あんなに頑張って雪かきをした坂道も、ほぼ元通りに…とほほ。

11-2-4-3

大屋根からの雪が落ちてきて、建物の前はこんな状態になってました。
「…どうやって行ったらいいの?」「飛ぶしかないんじゃない?」って感じで、
いやあ大変でした。もう、笑うしかないですね。

時間をかけて雪かきをして、今から仕事です。既に疲れておりますが…。


11-2-4-4

雪の上に氷が落ちていて、なんとも幻想的。きらきらと太陽の光を受けてそれは素敵でした。

11-2-4-2

真っ白な中に、誰かの足跡…。食べ物は見つかったかな。


2011/02/04 10:56



パッケージの打ち合わせ&おいしいチョコのお話。
おはようございます。

昨日は松江市の洋菓子店「ラ・クレームデクレーム」さんでの打ち合わせ。
新しい商品のパッケージについて、いろいろと話をさせていただきました。

イメージというか、ぼんやりとした商品のコンセプトはつかめているものの、
それをどうパッケージに落とし込んでいくのかについては、話し合いを重ねて
積み上げていくほかにありません。
もう何か月?半年以上?ずっと考えているパッケージ。早く形になるといいな。


ところで、もう2月。もうすぐバレンタインデーですね。
クレームデクレームさんの店頭にも、チョコレートがたくさん並んでいました!

11-2-3-2 11-2-3-1

ひと口サイズのチョコレート。「ソルト&ハニー」…どんな味なんでしょうか。

11-2-3-7 11-2-3-5

自分用に思わず買ってしまったスティックバーチョコ。
寒い時期になると、おいしいチョコが食べたくなりますよね。

クレームデクレームさんのチョコレートは本当においしいので、おすすめです。

11-2-3-3

こちらは奥出雲町の井上醤油さんとのコラボ商品、「醤油ころん」と「お味噌メレンゲ」。
パッケージをくらしアトリエが担当させていただいています。

口どけの良いメレンゲのお菓子。お醤油やお味噌が味のベースなので、どこか
懐かしくて、幅広い年代の方に喜んでいただいています。

「島根ふるさと館」でも販売していますよ。ぜひぜひ。



2011/02/03 08:15



忘れたくないこと。
おはようございます。

今日から少しずつお天気が回復するとのこと。ホッとしています。


少し前ですが、お正月のときのこと。
山陰地方はひと晩で大量の雪が降り積もり、国道9号線では1000台が立ち往生するという
出来事がありました。

多くの人が車の中で夜を過ごし、食べるものがなかったりガソリンがなくなって
しまったり、といった状態が続いたとのこと。
そんなときに助けになったのが、地元・鳥取県琴浦町の住民の皆さんの温かい心づかい
だったと、先日知り合いのブログで知りました。

立ち往生の現場はちょうど私の実家の近く。雪の勢いはすごかったようです。

立ち往生した車に乗っている皆さんのために、国道の近くに住む方々がそれぞれ
トイレを開放したり、赤ちゃんのミルクのためのお湯を提供したり。

国道沿いのおまんじゅう屋さんは、元旦に販売する予定だったおまんじゅうを配られ、
地元の方は公民館でお米を炊き、疲れているだろうから、と少し塩を強めにした
おにぎりにして、配られたそうです。

おせちを食べることも忘れ、皆さん頑張って奔走されたとのこと。


「困ったときはお互いさま」

と、口では簡単に言えるけど、お正月、しかも自分の家だって雪で大変な状況のなか、
汗をかいて見知らぬ誰かのために何かをする、というのは大変なことだと思います。

実際、救助に向かうにも車が動かないため、ひたすら国道を歩いての作業だったと
いうことで、想像しただけでも大変そうです。

お正月はそんな状況なので実家に帰れず、我が家で3が日を過ごしたのですが、
次の週末に実家で話を聞くと、知り合いの方がやはり立ち往生の車に巻き込まれたものの、
ご近所の方が「あんたの車なら抜けられると思う」と、四駆の車で先導して
抜け道まで連れて行ってくださったそうです。

自分の身も危険なのに、なかなかできることじゃないなあ、と思います。

この琴浦町の皆さんのぬくもりあふれる行動がメディアでも取り上げられ、感動を
呼んでいるとのこと。
地元に暮らした人間として、すごーくうれしくて、誇りに思いました。

自分たちも、活動の中で地域の皆さんのあたたかな心に触れる機会が
たくさんあります。
アトリエのある畑鵯(はたひよどり)の皆さんもそうだし、イベントをするときは
その土地の方々のご協力が支えになっています。

また、時にちょっと「うっとおしいなあ」と思うくらいの田舎ならではの「つながり」が、
こういう非常事態にはとても強い絆となって力を発揮するということも、
様子を聞いていると分かってきます。


「昔はよかった」とか「今の世の中は…」と言う人もいるけど、今の世の中だからこそ
やさしい心が息づく場所もたくさん、あるんじゃないかなあ。
こういう出来事、忘れたくないものです。

11-2-2-1

これは雲南の雪景色。きれいだけど、静か~にどんどん積もっていくのはこわい。

11-2-2-2

雲南にアトリエを構えてから、雪道の運転にはけっこう、度胸がついた気がします。
でも、凍結した夜の国道はこわい…皆さんも運転、気をつけましょう。


2011/02/02 09:03



おいしいコーヒーはいかが。
おはようございます。

今日から2月です。早い!
1月は雪の心配をしているうちに終わってしまった感じです。

引き続き、各地で大雪の被害が報道されています。お住まいの地域はいかがでしょうか。
こういう状況になると、自然の力を思い知らされるなあ、と思う今日この頃です。

さて、山陰にはおいしいコーヒーが充実しています。
選ぶのも楽しいのですが、先日は松江市にある「CAFE VITA」さんへ。

11-2-1-2 11-2-1-1

ここのコーヒーの香りにはいつも癒やされます。いつも選ぶのは「ヴィータブレンド」。
店頭で販売されているスコーンも、けっこう好きだったりします。

「CAFE VITA」さんのお兄さんのお店「CAFE ROSSO」、おふたりの
お父さんのお店「サルビア珈琲」は、ともに安来市内にあります。
冊子「たちより手帖」でもお世話になりました。

このほか、「服部珈琲工房」「松浦珈琲」「澤井珈琲」などなど。
歩いていてもけっこうコーヒーのお店を目にする機会が多いように思います。

実際、島根に来てコーヒー店巡りをされる方もいらっしゃるとか。
コーヒー好きの方には楽しい旅行になりそうですね。


2011/02/01 07:46


 + 

リンク
SLOW+SLOW(本サイト)
お花マルシェ
カテゴリ
  • お知らせ (254)
  • ものづくり (252)
  • 融通の利かない、かばん展 (26)
  • くらしアトリエへの思い (81)
  • スタッフの日常 (728)
  • 法人化までの日記 (1)
  • 未分類 (57)
  • 風景ノート (19)
  • 朝市 (143)
  • くらしの学校 (241)
  • イベント (55)
  • 畑展望公園まつり (21)
  • 森の休日 (8)
  • お仕事 (86)
  • 山の図書室だより (67)
  • 10周年祭 (12)
  • シマシマしまね (49)
  • 過去の日記
    2017年10月  2017年04月  2017年03月  2017年02月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年09月  2016年08月  2016年07月  2016年06月  2016年05月  2016年04月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年11月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年04月  2015年03月  2015年02月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年05月  2013年04月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月 


    ---【Login】
    Arranged by cadet
    Copyright © 2005-2007 SLOW+SLOW kurashiatelier