年末年始の雑貨について。たくさんのご注文ありがとうございます。
おはようございます。

クリスマス雑貨と年末年始の雑貨に、たくさんのご注文をいただきまして
ありがとうございます。

クリスマスボックスと樹脂ボタンはソールドアウトとなっています。
また、カレンダーも残りわずかとなっていますので、ご希望の方はお早めに
お願いいたします。

お正月飾りについては引き続き受け付けております。

11-30-1

こちらは、福々しいおかめがかわいらしいセット。オーナメントは外してお届け
しますので、たとえば獅子舞のオーナメントを単品で飾っても楽しいですよ。

もう明日から12月。1年早いですね…。
いろいろと気ぜわしい日が続きますが、それを楽しむことも忘れずに暮らして
いきたいものです。


2010/11/30 06:50



ゆずの香りに包まれて。学校と、お料理教室のお知らせ。
おはようございます。

金曜日に行われた、くらしの学校食コースの授業。
「かんきつ系のジャム」というタイトルで、雲南市吉田町の「キッチン工房はしまん」
藤原さんを講師にお招きしました。

今が旬のゆずを使って、ジャムとカードを皆さんで実習しましたよ。

11-29-1 11-29-9

ゆずの皮を剥くときから、辺りにはゆずの香りがいっぱい。
藤原さんからちょっとしたコツをうかがいながら作っていきます。

みんなで刻んだゆずはジャムに。
絞ったジュースはバターと卵黄を加えて、カードにしていきます。

11-29-23 11-29-6

ジャム作りっていつも適当にお砂糖と混ぜて煮詰めて…という感じで作って
いくのですが、ひとつひとつの工程を教わり、すべてにちゃんと理由があるんだという
ことを聞くと、なるほど~、と納得することもたくさんあり、勉強になりました。

湯でこぼす回数で、ゆずの苦みがかなり違ってくることを比べてみたり、
お鍋の種類で煮詰まり方がかなり変わってくることも分かったり。

最後に、保存食を作った際にいつも気になる煮沸消毒の仕方も教わり、
皆さんのジャムとカードが出来上がり。

「はしまん」さんが普段コンフィチュールを作られるときと同じ瓶に詰めて
いただいたので、お店屋さんのジャムのようになりました!

11-29-8

給食の際に、皆さんのジャムとカードを試食。パンにつけていただきました。

藤原さんいわく「ゆずのカードはお肉とも相性がいいんですよ」とのこと。
実際に、その場で鶏肉を網焼きしていただきました!

辺りはまるで焼鳥屋さんのように煙がもくもくしていましたが(笑)、
鶏肉のうまみとゆずのほろ苦さがよく合っていておいしかったです。


さて、今日の給食は地元・雲南市大東町のお惣菜屋さん「ほう歳」さんによるお料理。

11-29-7

お味のしみたお煮しめ、冬野菜たっぷりのお味噌汁。
酢のものには柿と、今日のテーマでもあった柚子が。とってもおいしかったです!

給食のあとは、ミニマルシェを開催。「はしまん」さんのコンフィチュールや
ドレッシングを販売しました。

11-29-5 11-29-4

素材にこだわった、おいしいドレッシングと、地元の牛乳や果物を使って仕上げた
コンフィチュール。並べたときの色合いもとても素敵です。

ただ何となく作る、のではなく、ちゃんと理由を知ったうえで作るというのが
大切なんだなあ…というのを学んだ1日でした。

ゆず、と言えば、来月雲南市で行われる「雲南季節ごはん教室 柚子しごと」。
ゆずを使った冬の家庭料理を教わります。

この季節にたくさん採れる柚子を使って、おいしいお料理を作ります。
メニューは
・三種の味噌づくり
・ふろふき大根
・中華風ふわふわスープ
・白菜の柚子風味あったかサラダ
・柚子シャーベット           など

開催日時は12月12日(日)、場所は雲南市木次町の健康福祉センターです。


まだ人数にあきがあるようですので、興味のある方は雲南市健康推進課
(でんわ 0854-40-1045 上代)までお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。


2010/11/29 07:54



たくさんのご注文、ありがとうございます。
おはようございます。

クリスマス雑貨、年末年始の雑貨にたくさんのご注文をいただきまして、
本当にありがとうございます。

クリスマスボックス、クリスマス樹脂ボタンについてはソールドアウトとなりました。
他の雑貨については引き続き、ご注文を受け付けています。どうぞよろしく
お願いいたします。

昨日ご注文をいただいた方には、メールをお送りしています。
ご注文をいただいたのにもかかわらずメールが届いていない、という方は、
恐れ入りますが、その旨を再度ご連絡ください。

本日ご注文をいただいた方にも、随時メールをお送りしますのでよろしくお願いします。

さて、話は変わって、先日のお仕事。

雲南市内の食の団体さんが集まり、おいしいごはんを作ってくださいました。

11-26-3

これは、雲南の食をさまざまな形で発信、発展させていこうというもの。

雲南各地にいらっしゃる食の団体さん、それぞれに工夫を凝らしたお料理を作って
イベントなどで披露しておられます。それはまさに、雲南の宝物。

そんな、地元の食の団体さんが作られたお料理をきちんとしたレシピにおこして、
活用していくというプロジェクトです。

夏のバージョンはすでに撮影し、雲南市のブランドウェブサイトにUPしてあります。

11-26-2

この日は3団体さんが集まって、それぞれに調理をされました。

市内の団体さんが考えられたお料理。どれも、おいしくて、すごく手の込んだものばかり。
おばさんたちが協力しながら、さくさくとお料理を仕上げていくようすは圧巻です。

くらしアトリエは撮影とデザインを担当。
皆さんが手間と心をこめて作られたお料理をそのまま、写真に閉じ込めるのがお仕事です。

複数の団体さんが一気にお料理を作られるので、その都度ポイントを撮影したり、
合間にお話をうかがったりします。大変だけど楽しい作業。

11-26-1

この日仕上がった料理も、随時雲南市のブランドウェブサイトにUPされていきます。
すでにおいしい料理がたくさん。また、雲南市の郷土料理レシピ冊子「ふるさと、ごはん。」
のレシピも公開されています。こちらもどうぞ、お役立てくださいね。


2010/11/26 10:54



本日正午より受付を開始します。
おはようございます。

本日正午より、クリスマス雑貨、年末年始の雑貨についてご注文を受け付けます。

11-25-1

木箱の中に入ったちいさなクリスマスツリーと、さらにちいさなお菓子の家。

お部屋の真ん中に飾る、というのではなく、棚の上に、とか玄関のシューズボックスの
上に、といった「ちょっとしたあしらい」にぴったりのサイズです。

11-25-3 11-25-4

クリスマス樹脂ボタンも毎年、年代を問わず皆さんにかわいがっていただいている雑貨。
こちらもボタンとしてだけでなく、クリスマスのディスプレイにアクセントを
つけてくれるアイテムです。

クリスマス前には、家のあちこちを飾りつけたいもの。
お気に入りで満たされた空間で過ごすことほど、心地よいものはないですよね。

そんなお部屋の中に仲間入りさせていただければとてもうれしく思います。


お正月飾りは大小2つのタイプから。

大きなサイズのものは、ベースとオーナメントを別にしてお届けしますので、
それぞれ皆さんのお好きな場所に挿したり巻いたりして、自分だけのお正月飾りを
楽しんでいただけるようになっています。

11-24-8

だるまとおかめ、そして両方についている獅子舞。
どれも見ているとなんだか笑いがこみ上げてきそうな、ユーモラスな表情が特徴。
新しい年を笑顔で迎えられそうです。


11-25-7 11-25-9

ちいさなサイズのお正月飾りは、玄関に飾りつけるのもいいのですが、たとえば
お年賀のお菓子のラッピングにしたり、おせちの重箱の上に置いたりしても良さそう。

シンプルだけどしっかりと、来る年を迎える厳かさも持ち合わせていますよ。

カレンダーは、山陰の風景と雑貨やお花、がテーマ。
どこか落ち着く、日本らしい山陰の海や空、山並みなどの風景と、そこで育まれた
ものづくりを12月に閉じ込めてお届けします。


いずれも数に限りがあり、今回は先着順とさせていただきます。
本日正午より。どうぞよろしくお願いいたします。

詳細はこちらからどうぞ。 → ものづくり クリスマス&年末年始の雑貨たち


さて昨日は、島根県が主催する「環境にやさしい農業リレー講座」に出かけてきました。
毎回、農業のお話や生産者の方の思いをうかがうことができるこの講座、今回は
安来市の「ファーム宇賀荘」さんのお米づくり、大豆づくりについて。

11-25-13

これは大豆の圃場のようす。皆さんで草取りをされていました。
機械で刈り取るのですが、雑草が混じると大豆のきれいな白い色にシミがついて
しまうのだそうです。

大規模農業と「環境にやさしい農業」を両立することって難しいと思うのですが、
それに挑戦されているファーム宇賀荘さんの姿勢、素晴らしかったです。

「本気で」「一丸となって」という言葉を何度も使っておられたのですが、
そうじゃないとできない、土づくり、田んぼづくりだと思いました。

11-25-11

ファーム宇賀荘さんの圃場は、有名な「白鳥ロード」の周辺にあります。
白鳥さんは、水を張った田んぼ、しかも農薬や化学肥料に頼らない土づくりをしている
田んぼに降りてきて、エサを食べています。

白鳥にとっても安心ですね。

それにしても島根だけ見てもいろんな農業があるもんだなあ、と実感…。
普段食べるお米やお豆ひとつとっても、いろんな物語がありそうです。



2010/11/25 07:57



クリスマス雑貨と年末年始雑貨をUPしました ~ご注文受付は25日より。
おはようございます。

大変お待たせしておりました、スロウスロウのものづくり。
クリスマス雑貨と年末年始の雑貨について、本日「ものづくり」のページに
内容をUPしました。

こちらのページから詳細をご覧いただけます。 → クリスマス&年末年始雑貨

11-24-1

あと1ヶ月に迫ったクリスマス。そのわくわくする気持ちを後押ししてくれるような
「クリスマスボックス」ができました。

セット内容は、黒板つきの茶色の木箱とドライのミニツリーアレンジ、ちいさなお菓子の家の
オーナメント。

11-24-2

深い茶色の木箱をあけると、中には雪が降り積もる森をイメージさせるツリーが。
木箱をクリスマスカードに見立ててお届けします。

箱の中に入ったちいさなツリーはドライのアレンジメントなので、
クリスマス当日まで飾っていただけます。

11-24-11 11-24-10

ちいさなお菓子の家のオーナメントは、木箱の中に飾ってもいいし、画像のように
クリスマスツリーにかけてもかわいいですね。
ちいさいのにちゃんと窓も煙突もついていて、本物そっくりに仕上がっています。

木箱はツリーのアレンジを出して、お好きな小物を飾ってもOK。
ふたの裏が黒板になっているので、メッセージを書いて玄関に置いたりしても素敵です。

セット内容をお間違えのないようにお気をつけくださいね(ディスプレイに使っている小物は
セットに含まれません)。


さて次は、毎年ご好評をいただいているクリスマス樹脂ボタンです。

11-24-4

今年はこの3つがセットになっての販売となります。
どれもオリジナルバージョン。ペッパーやお豆などを使って、ちいさな世界を表現しています。

もちろん、すべて一つ一つがものづくり作家・Rさんによる手作り。
クリスマスの小物にボタンとしてつけてもかわいいですし、プレゼントのラッピングにも。
お子さまへのプレゼントのアクセントにもなりますよ。


さて、クリスマスが終われば次は新年の準備。こちらも毎年喜んでいただいている
お正月飾りのご紹介です。

お正月にふさわしい、賑々しいオーナメントがセットになったしめ縄飾り。
伝統的なしめ縄とはちょっと違いますが、見ているだけで幸せな気持ちになれる
セットです。

11-24-6 11-24-7 

ピンクのほっぺたがチャームポイントのおかめを中心としたセットと、
きりっとしたお顔のだるまさんが中心のセットの2種類からお選びいただけます。

このオーナメント、すべて1から手作りの品。
コマ、鯛、獅子舞のオーナメントは両方に共通となります。
ひとつひとつ心をこめて、皆さんの新年の準備をお手伝いするために製作しています。

しめ縄のベースとなる縄は、松江市西長江地区のしめ縄職人さんによる、こちらも
手作りの品。

日々の暮らしの中に、縄ないの技術がまだまだ息づいている農村で、今に伝わっている
しめ縄の伝統を、くらしアトリエ仕様に少しアレンジを加えて製作していただきます。

大きなお正月飾りのほかに、もっとシンプルなちいさなバージョンも。

11-24-3

こちらは直径約8センチと小さくて、派手なのはちょっと…という方にもぴったり。
稲穂は私たちのアトリエのすぐ近くで採れたお米のもの。
とうがらしの赤と、タグについた小豆がアクセントになっています。


そして最後に、新しい年を迎えるのには欠かせないカレンダーをご紹介します。

11-24-9

2010年版に引き続き、お部屋のどこに飾っても邪魔にならない小さめサイズ。
和風にも洋風にも合うように、シンプルさにもこだわっています。

2011年版のテーマは「山陰の風景 & 暮らしを楽しむお花と雑貨」。
ゆるやかに流れる山陰の空気と、そこから生まれるものづくりの魅力を
お伝えできるように、と思っています。

そして、こののカレンダーのもうひとつの特徴は「神在月」。
10月、日本中の神さまがここ島根・出雲の地に集い、縁結びの会議を開きます。
そのため、スロウスロウカレンダーの10月は「神無月」ではなく「神在月」。

これも、山陰ならでは。1年間お付き合いいただけるよう、飽きの来ないデザインに
仕上げました。どうぞよろしくお願いいたします。


すべての商品に、スロウスロウオリジナルのミニカードがつきます。

11-24-12

プレゼントに添えたりディスプレイに使ったりしてお役立ていただけるとうれしいです。

これらの雑貨たちのご注文は、あす11月25日(木)正午からとなります
今回は先着順での受付とさせていただきますので、ご了承ください。


なお、クリスマス雑貨は12月2日の発送予定、お正月飾りとカレンダーは12月中旬の予定です。
また、クリスマス樹脂ボタン単品でのご注文の場合、12月2日以降随時発送いたします。

クリスマス雑貨とお正月飾りやカレンダーを一緒にご注文をいただいた場合、
12月中旬にまとめて発送をすることも可能ですが、お届けが12月中旬になりますので
ご承知おきください。

また、それぞれに発送をさせていただく場合、送料はその都度発生いたしますので、
こちらもご了承くださいませ。


ご注文の際はページにあります「HOW TO ORDER」をよくお読みいただきますよう
お願いいたします。

ご不明な点はお気軽にメールでお問い合わせくださいね。
それではどうぞよろしくお願いいたします。

2010/11/24 08:12



雲南の宝物を探して ~お客さまをお招きしました。
おはようございます。

日曜日のこと。アトリエにお客さまが来てくださいました。

「雲南市の宝を探そう」をテーマに、地元・雲南市大東町の女性振興会の皆さんが
バスツアーを計画され、事例見学ということでくらしアトリエに会いに来てくださったのです。

いらっしゃるのは女性ばかり、ということで、いつもにも増してお掃除&あしらいに
力が入りました。

11-21-4 11-21-3

ガラスにちいさな花々をあしらったり、自分たちがデザインした商品や印刷物で
コーナーを作ったり。

13人の方が来てくださったのですが、部屋のちょっとした飾りつけや、昔のものを
使ったディスプレイに「素敵だね」「こんな風に使うんだね」と喜んでくださったようすでした。

1時間ほどでしたが、自分たちの活動についてプロジェクターを使って説明。
そのあと、皆さんからの質問に答えるかたちで、いろいろなお話をさせていただきました。

11-21-1

くらしアトリエは、イベントをやったりデザインの仕事をしたり、お花の販売をしたり、
一見すると「…で、結局何をやってる人たちなの?」と思われることが多く、実際に
よく質問されることもあります。

ぱっと見、全然違うことをしているように思えるけれど、どれもが矢印をたどっていくと
「住んでいる土地で、ていねいに楽しく暮らす」という大きなテーマに行きつくんだ、
ということを分かってもらいたくて、昨日もいろんな例を話しつつ、お伝えしました。

「あと30年若かったら一緒にやりたいわ!」と言ってくださったり、
「私たちも頑張ろう!という気持ちになりました、ありがとう」と声をかけてくださって、
とってもうれしかったです。

やはり、自分たちが活動している地元で応援の言葉をいただいたり、
活動の趣旨を理解してくださるというのは、他にはない喜び。

私たちこそ、頑張ります!と、気持ちを新たにした1日でした。

11-21-2

「ものづくり」の例として、Rさんの作ったボタンやオーナメント、コースターなどを
お見せしたのですが、皆さん手にとって「かわいいね~」とすごい反響!

こういうのは女性ならでは、だなあ…と、なんだか嬉しくなりました。



さて、明後日の24日に、かねてから試作を重ねていましたクリスマス雑貨や
カレンダー、しめ縄のサイト販売のUPをする予定にしています。

こちらの方もどうぞよろしくお願いします。


2010/11/22 06:22



おいしいすいとん。
おはようございます。

最近買ったレシピ本。大好きな奈良の「くるみの木」のカフェのレシピがたくさん、
掲載されています。

11-19-3 11-19-4

「くるみの木」さんのお店に対する姿勢や、オーナーの石村さんの暮らし方・生き方に
憧れて、少しでもあやかりたい…と、本を読ませていただいたりしていますが、
このレシピ本は実際にカフェのお料理が自宅で作れるとあって、発売前からわくわくして
いました。

根菜が家にたくさんあったので、昨日はネギをたっぷり入れたすいとんを作りました。

11-19-1

アトリエで採れたかぶも入れて。

かつお節と昆布でしっかりとだしをとって、おいしいお味噌で味付けすれば、
野菜のうまみもしみ込んで、本当にほくほくとあったまる汁ものになります。

以前島に住んでいた時には、寒い冬の時期によく作っていたすいとん。
そう言えば最近、作ってなかったなあ…と、懐かしい気持ちにもなりました。

他にもおいしそうなお料理がたくさん。おすすめです。

仕事がたてこんでいたりしてバタバタと家に帰ってくることも多いのですが、
きちんとお料理に向き合うことで、自分の中のスイッチの切り替えができている
ようにも思います。

週末には、とある方々をアトリエにお迎えして私たちの活動を説明するという
お仕事が控えています。頑張ります!



2010/11/19 08:27



通勤途中の神社が今、人気です。
おはようございます。

くらしアトリエの拠点は雲南市大東町というところにあるのですが、実は雲南市は松江のおとなり。

そして、アトリエのある畑鵯(はたひよどり)という土地は、玉造温泉で有名な松江市玉湯町から
車で約10分と、とても近いところにあります。

春は玉湯の川沿いに咲く桜並木を見ながら、そして今の時期は山々の紅葉を見ながら、
贅沢な通勤路だなあ、と日々感じているところ。

そんな通勤の途中に、玉作湯神社という神社があります。
最近観光客の方にとても人気で、いつも駐車場に車がいっぱいなのです。

11-18-20

人気の理由は、願い事を叶えてくれるという「願い石」という石。
実際、本殿よりも石の周りがとーってもにぎわっていました。

11-18-7  11-18-3

まあるい石は自然にできた形なのだそうで、これを昔の人たちが崇拝し、願い石、という
形になったとのこと。自然への敬意が信仰につながったのかもしれませんね。

玉造温泉に一泊し、チェックアウトまでの時間にぷらっと散策するのにちょうどいい場所に
あります。ゆったりと時間を過ごすのにはこうしたパワースポットめぐりや、出雲神話を
たどる旅、というのも良さそうです。

思えば若い頃は神社仏閣なんて退屈で全然興味がなかったものですが、最近は妙に
落ち着く、癒やしの場所になっていて、「歳を重ねたということかしら…」なんて
思っているのですが、そんなときに「神さまが、すぐそばにいる」この出雲の地で
暮らしていることの恵みを感じたりもします。

ちょうど今は旧暦でいう「神在月」。出雲大社に日本中から神さまがお集まりになる月です。
先日は稲佐の浜で神迎えの神事が行われました。

神さまは1週間出雲大社で縁結びの会議をされるそうなのですが、この間、大社さんの
近くの家の方々は大きな音を立てたりすることを控え、静かに過ごすのが習わしなんだ
そうですよ。

そう言えば、同じ出雲・斐川町の「出西窯」のお祭りも今週末。
いろいろな意味で盛り上がる、この時期の出雲です。



2010/11/18 09:29



撮影仕事、畑仕事。
おはようございます。
アトリエの周りも紅葉が進んできました。

11-16-3

今が見ごろなのかな?普段見慣れている山が、赤く染まっています。
ここへ向かう道中も、ずいぶんと秋らしい風景になりました。通勤も楽しい。

11-16-4

お米のお仕事も終わり、ご近所の農家さんは家の周りを直したり、草刈りをしたり。
忙しそうにしていらっしゃって、仕事はいくらでもあるんだなあ…と思います。


さて、昨日はアトリエにてカレンダーとクリスマス雑貨の撮影を。

11-16-7 11-16-1

カレンダーは、山陰の風景とくらしアトリエのものづくりがテーマ。
今年のカレンダーが「大きさがちょうどいい」と評判が良かったので、今回も
同じサイズで作っています。

クリスマス雑貨の撮影には、スタッフがそれぞれ自宅からクリスマスグッズを持ちより。
何パターンも撮影し、ページ作りに向かいます。

11月下旬(といってももうすぐですが)にUPする予定ですので、お楽しみに。


撮影のあとは、ずっとやりたかった畑仕事!

11-16-6 11-16-5

念願の玉ねぎを植えました。へっぴり腰気味なのは気にしないでください(笑)。

最初は「50個くらいでいいんじゃない」と言っていたのですが、お隣のおじさんが
「うちは700個植えたよ」とおっしゃってびっくり。そ、そんなに植えるのか…。

結局植えたのは全部で300。元気に育ってくれるといいのですが…。

そして、かぶは収穫もそろそろ終わり。この畑のかぶ、本当にみずみずしくておいしい。
どんな料理にしようかな…と、話に花が咲きました。


2010/11/17 06:27



雲南季節ごはん教室のお知らせです。
おはようございます。

だんだんと寒くなって、アトリエのご近所さんの庭には柚子の黄色い実が目立つように
なりました。

先日、柚子を撮って撮影に使って…というお話を日記で書いたのですが、その写真を
使ったのがこちら。

11-15-1

「雲南季節ごはん教室」のお知らせ。フライヤーはくらしアトリエが担当しています。


この教室は、雲南市の「雲南食育ネット 若い世代参加プロジェクト」さんが主催するもので、
雲南にある食材を使い、季節を感じられるお料理を次の世代へつないでいくために
お料理を一緒に作りましょう、というもの。
くらしアトリエは主に広報やコーディネートなどでお手伝いをさせていただいています。

前回は、梅を使ったお料理をみんなで作ったのですが(その様子はこちらからどうぞ)、
今回は柚子がテーマ。

この季節にたくさん採れる柚子を使って、おいしいお料理を作ります。

メニューは
・三種の味噌づくり
・ふろふき大根
・中華風ふわふわスープ
・白菜の柚子風味あったかサラダ
・柚子シャーベット           など。

おうちで役立つレシピが並びそうですね。

開催日時は12月12日(日)、場所は雲南市木次町の健康福祉センターです。

なお、こちらの教室は開催の目的上「雲南市在住の20~30代の方」が参加対象となって
おりますので、ご了承ください。

詳細・お申し込みは、雲南市健康推進課(でんわ 0854-40-1045 上代)まで。
どうぞよろしくお願いいたします。


2010/11/16 08:44



クレームデクレームさんの、おいしい菓子のご紹介。
おはようございます。

雨の山陰地方。外の風景もなんだか寒々としています。

さて、今日はお知らせ。
松江市の洋菓子店「ラ・クレームデクレーム」さんから、おいしいお菓子のご紹介です。

11-14-1

「井上醤油ころん」と「お味噌メレンゲ」。
どちらも、島根県奥出雲町の「井上醤油」さんの素材を使ったお菓子です。
パッケージデザインをくらしアトリエが担当しました。

「醤油ころん」は、おいしさが評判の井上醤油さんのお醤油を使ったメレンゲのお菓子で、
口に入れると、みたらし団子のようなどこか懐かしい味わいが楽しめます。

「お味噌メレンゲ」は、同じく井上醤油さんで作られているお味噌をメレンゲの上に
乗せて焼き上げた香ばしいお味。こちらも、日本人にはなじみのある、舌に懐かしい味わい。

11-14-2 11-14-3

どちらも軽い食感で、食べやすいのもうれしいです。
神話の息づく奥出雲の風土がイメージできるように、というところにこだわって
デザインしました。

ちょっとしたお土産にも…こうしてかわいいお菓子から「島根」を感じられるというのも、
素敵ですね。

どうぞよろしくお願いいたします。


2010/11/15 07:53



ふるさと勉強会~「伝えたい、環境にやさしくておいしい農業」のお話。
こんばんは。今日は遅くなってからの更新になります。

今日は「くらしの学校」、ふるさと勉強会の日。
後期の授業では2回目となる勉強会、今日の講師は松江市西長江地区で環境にやさしい農業に
取り組む、長江米エコ栽培グループの大井川敏巳さんです。

11-12-8

大井川さんはとても元気な農家さん。西長江のイメージそのままの、明るくて夢あふれる
おじさんです。

いつもお話をしているとこちらが元気をもらえるし、日々の暮らしを振り返るきっかけも
いただくので、そのお話をぜひ学校で!と、お忙しい中無理を承知でお願いしました。

お話は、西長江で今取り組んでおられる「昔ながらのお米づくり」のお話、大井川さんが
地元の山の間伐材で出来た木質チップを使っておられる堆肥のお話、その堆肥を使って
育てたトマトのお話など、盛りだくさんの内容。

その中で、大井川さんが「待つ、ということを人間が忘れてしまったことが、環境に
負荷をかける農業の要因になっている」というお話をされました。

旬を待ってお野菜を買う。この食べ物が一番おいしい時期を知っていて、その時期に
なるまで楽しみにわくわくした気持ちで待つ。そんな心を、確かにモノがあふれる
今の社会では忘れがちです。

「今年初めて食べるね」という言葉も、そう言えばあまり使わなくなったような…。

旬を大切にする気持ちは、日本で暮らしているからこその贅沢なのかもしれない、
と思うと、それを自分の子どもたちにもしっかり伝えていかなくちゃ、と感じました。

11-12-6 11-12-7

お話のお茶うけには、長江米エコ米グループの女性部「エコ・フレッシュ」さんによる
おいしいお芋のきんとんと、いちじくジャム。
下に敷いたきれいな柿の葉も、用意して来てくださいました。

こういう、季節をぎゅっと閉じ込めたごはんやおやつって、やっぱりおいしい。
そして、長い目で見ればそれが地球にやさしい暮らしに結びつく。

そう考えると、日々の買い物や料理の仕方も、今一度考えてみる必要がありそうです。

大井川さんのお話のあと、島根県職員の勝部さん・景山さんのお二人からも
島根県内での動きや「環境にやさしい農業」の広がりについて、お話をしていただきました。
とても分かりやすいお話で、頑張る農家の方を応援する行政の体制について、いろいろと
知ることができました。

あとは、消費者が「買う」「選ぶ」という行為で応援をすることが大事、という大井川さんの
言葉が心に残りました。何より、作った人の顔が見えて、その人のことが好きになって、
作り手と消費者の間に「あの人の作る野菜が欲しい」という関係が生まれることが
大切なのかな、と思いました。

参加された皆さんも、日ごろあまり聞くことのできないお話に、うなずきながら
耳を傾けていらっしゃいました。大井川さん、島根県の勝部さん・景山さん、本当に
ありがとうございました!

さて、今日の給食は、先ほどもご紹介した西長江「エコ・フレッシュ」さんによる
おいしいごはんです。

11-12-12

「エコ・フレッシュ」さんのおいしいごはんは、私たちくらしアトリエスタッフも
西長江の田んぼでの交流会のたびにおいしくいただいています。

「西長江のものを使ったごはんを」ということで、大井川さんのお話の中にも出てきた
おいしい長江米や、手間暇かけて育てられたトマトなど、いろいろなお野菜が並びました。

11-12-9

かわいいお昼ごはんのできあがり。
「肉も魚もないけん、物足りないんじゃないか」と心配していらっしゃったのですが、
どのお料理もとってもおいしかったです!ほんと、贅沢な気持ちをいただきました。

11-12-10 11-12-11

こうして、環境にやさしい農業を頑張る人たちと、その産物をおいしく調理してくださる
人たちがつながると、西長江はもっともっと素敵な場所になりそう…楽しみですね。

西長江のお米やお漬物、ジャムなどを並べたミニマルシェも大盛況。
とても中身のある、いい勉強会だったんじゃないかな、と思います。

普段は触れない分野のお話を聞いたり、知らない世界のことに少し、足を踏み入れたり
することで、視野が広がったり、興味が膨らんだりすることが、学校の目的のひとつでも
あります。
これからもいろんな形で「学び」を発信していきたいなあ、という気持ちを強くした1日でした。


そうそう、今日はとても素敵なことがありました!
前回のものづくりコースの授業で、出雲市佐田町の「メリーさんの会」の渡部さんに
羊毛の染めを教わったのですが、染め上がった毛糸で参加者の方が作品を作って
こられていたのです!

11-12-4 11-12-5

マフラーに編みぐるみ。「かわいい~!」の大歓声です。
こうして、「学び」が暮らしの中で生き生きと役立っているようすを見ると、
私たちもとてもうれしいです。素敵な作品を見せてくださってありがとうございました。


そして、もうひとつ。クリスマス雑貨の試作も出来上がりつつあります。

11-12-1 11-12-2

箱を見ながらあーでもないこーでもない、と話し合い。そして、何やらおいしそうな(?)
お菓子の家も見えますね~。

クリスマス雑貨も、もうすぐきちんとお伝えできる予定です。どうぞお楽しみに…。


2010/11/12 21:49



今年もおいしい、クリスマス。
おはようございます。

デザインのお仕事のこと、あれこれ。

先日、松江城の隣にある「ふるさと館」に買いものに行ったら、キッチン工房はしまんさんの
ドレッシングの新しいデザインバージョンが置いてありました。

11-10-5

以前からおいしいと評判のこのドレッシング。新しいパッケージは、それぞれの素材の色を
イメージしたデザインになっています。
タグには吉田の街並みのひとコマを切り取って。素朴でどこか懐かしい、そんな吉田の
風景が思い浮かぶようなものを…と思い、デザインしています。

中身は、それぞれに素材にこだわったものばかり。個人的にはポン酢はちみつドレッシングが
気に入っています。お野菜がさっぱりとおいしくいただけますよ~。

「島根ふるさと館」は、観光客の方向けのお店ではありますが、お味噌や野菜が売っていたり、
ちょっとした手土産用のお菓子を買ったりと、意外に重宝しています。

季節感たっぷりの和菓子のコーナーなど、見ているだけでも楽しいですよ。


それからそれから。
松江市の洋菓子店「ラ・クレームデクレーム」さんのクリスマスケーキパンフレットが
出来上がっていました。こちらのデザインもくらしアトリエが担当しています。

クリスマスケーキ…もうそんな季節になりましたね。パンフレットを見るとなんだか
気分が盛り上がってきます。

11-11-2

今年も、どれもおいしそうで迷ってしまいます!かわいい2段のケーキも新登場だそうです。
予約制ですので、ぜひお早めに…。

クレームデクレームさんは「くらしの学校」で講師を担当していただいたり、朝市でも
いつもおいしいお菓子やキッシュを作っていただいています。

11-11-4 11-11-3

ケーキは甘さが抑えられている分、素材の味(生クリームも、しっかりと“生クリーム!”という
味わいが楽しめます)を活かしたものばかり。地元素材、季節の素材を大切にした、
心にごちそう!という感じ。舌でも気持ちでも満足できるって素晴らしい。

最近、食べものを選ぶときに思うのは、「誰が作ったのか」を知っておきたい、ということ。

クレームデクレームさんが作ったお菓子なら、どれを食べてもおいしいはず。
はしまんさんが作るドレッシングなら、間違いがない。
アトリエの隣のおじさんが作るお野菜は、きっとおいしいに違いない。

そんな気持ちになるのは、素材そのもののおいしさだけじゃなく、「人柄」みたいな
ものが確実にそこにあらわれてくるから、だと思うのです。

自分が育てた野菜を食べるときは特別な気持ちになるのと同じように、
自分が「素敵だな」と思う人が育てたもの、作ったものを食べるのは、すごく贅沢で
ありがたいこと。

そんな生活が日々、送れたらすごくいいのにな~、と最近思っています。


2010/11/11 09:18



お仕事のこと ~「works」を更新しています。
おはようございます。

昨日は雲南市役所にて会議。

「ふるさと雲南自然の幸協議会」という、雲南市内の景観をどう活かしていくか、という
協議会のメンバーです。

11-9-1

くらしアトリエは主に情報発信を担当。市民活動団体さんへお配りする広報誌を作成しました。
これから、雲南の風景をテーマに沿って「つなげて」いくという作業を市民の皆さんと
行っていきたい、と思っています。

くらしアトリエはこんな感じで、雲南市内の活動も行っています。
同時に、デザインのお仕事や、くらしの学校のような拠点での活動も開催しています。

くらしアトリエの活動の動きや、現在までに行ってきたお仕事については、
「スロウスロウとは」のページより「works」をご覧ください。 → こちらから。


11-9-2 11-9-3

我が家の庭では、秋バラが頑張って咲いています。春に咲くものとは色合いが違って
また素敵。

玄関には、子どもたちが落葉を飾ってくれていました。
奥出雲で拾って来たもの。家族の枚数分あるんですよ。


2010/11/10 08:42



クリスマス樹脂ボタン、試作しています。
おはようございます。

昨日は、アトリエにて「くらしの学校」の打ち合わせを。
「ふるさと勉強会」の講師、松江市西長江地区のエコファーマー・大井川さんご夫婦を
お迎えして、当日の内容などについてお話をしました。

11-8-4

西長江ものどかな土地ですが、それにも増して「田舎」な風景が広がるアトリエの周り。
「田んぼがいい形しとるね~」と大井川さん。四角くない、昔からの田んぼの形を見て、
「これは田植え機も入らんねえ」となんだか嬉しそう。

打ち合わせでは、いろいろなお話が飛び交い、なんだかすごく元気をいただいたように思います。
土や水のことを考え、「おいしいものを作る」という一見単純だけどとっても難しい
お仕事に携わっておられる大井川さん。

お米づくりのこと、まちづくりのこと…いろんな夢を持っておられて、輝いて見えました!

島根に暮らしている者として、大井川さんのように「農」にひたむきに、おいしいお米や
お野菜を作ってくださる方がおられることは、本当に誇らしいこと。
環境にやさしい農業について、というとちょっと堅苦しいイメージもありますが、
知っているのと知らないで過ごすのとは、大きな違いがあるように思います。

今から勉強会がとても楽しみです。


さて、来客の合間を縫ってものづくりのほうも進行中です。
昨日はRさんと、新しいクリスマス樹脂ボタンのデザイン打ち合わせ。

11-8-3

前回試作してもらったもの、修正されたもの。いろんなボタンが並びます。
このボタンを見ると「ああ…クリスマスだなあ」と思います。小物に縫い付けるのはもちろん、
プレゼントのラッピングや、ちいさなツリーのオーナメントにもぴったり。

そして、毎年ご好評いただいている「しめ縄」も販売の予定です。

11-8-1 11-8-2

しめ縄作りのプロ(!)に依頼をして、作っていただくことになっています。
こちらもまた、製作のようすを日記でもお知らせできたらいいなと思っています。

もちろん、Rさん製作のかわいいしめ縄オーナメントも準備する予定ですので、
こちらもどうぞお楽しみに…。

昨日はRさん、アトリエにある古くなったはたきを直してくれました。
布を替えるだけでまた違った雰囲気になります…こうして「暮らし」を楽しみながら
お掃除ができるなんて、贅沢ですね~。


2010/11/09 08:32



クリップへのお誘いと、お花マルシェからのお知らせ。
おはようございます。

この週末、紅葉狩りでお出かけされた方も多かったのではないでしょうか。
我が家も奥出雲おろちループへ出かけてきましたが、多くの人でにぎわっていました。


さて、くらしアトリエのサイトの特徴のひとつに、2つの「クリップ」があります。
これは、暮らしのひとコマを切り取ってみんなと共有する場所があったらいいな、
ということで作ったコンテンツ。

どこかにお出かけしたとき、おいしいものに出会ったとき。
手作りしたものや、普段のインテリア、新しく買ったもの…などなど。

散歩の途中に「あ、これ面白い」と思ったり、ふとした風景に心を動かされたりなど、
思いにまかせてカメラを取り出してシャッターを押す瞬間も多いかと思います。

クリップは、その写真を貼りつけていく場所。
素材もテーマもフリー。とにかく、何か暮らしを楽しくするもの、その瞬間を
写真に閉じ込めて、それを貼りつけてもらう、というものです。

普段の「暮らし」の写真は「クリップ」に。
おいしいものを作ったりしたときの「キッチンの風景」は、「キッチンクリップ」に。

厳密なルールはありません。決まっているのは画像の横幅のみ。
「クリップって難しそう…」という声をよく聞きますが、画像の大きさと重ささえ
守っていただければ、どなたでも参加OK、とっても簡単です。

皆さんの表現の場所になればうれしいし、そこからその方のブログへ飛んでいって、
また新たな「暮らしの輪」が広がっていくことが目的でもります。

どうぞ、皆さん気軽に参加してみてくださいね。お待ちしています!


それから、以前も日記に書きましたが、今一度お知らせを…。

5-9-6

米子市西福原にある「'tis clay」。雑貨好きな方ならご存知の方も多い生活雑貨店です。
もう二十年以上、米子の地で素敵な暮らしの発信を行っておられます。

その「'tis clay」さんの中に、3年前にオープンした「お花マルシェ」。
クレイさんとくらしアトリエの共同企画のもと、「暮らしの中のお花」をテーマに
普段使いのお花から贈りものまで幅広くご提案しています。

10-1-20-8

定期的にお店でのワークショップも行っており、季節感を大切にした発信を行っています。

豪華ではないけれど、いつもの暮らしがちょっと明るく豊かになるようなお花を、と
いう気持ちで、日々お花と向き合っている「お花マルシェ」。

この「お花マルシェ」では現在、業務多忙のため、一緒にお花のお仕事をしてくださる
補助スタッフを募集しています。

米子周辺在住の20~30代の方で、お花が好きな方、平日2~3日間、お手伝をいして
いただける方。

詳しくは、お花マルシェまでお電話(0859-22-3034)でお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。


2010/11/08 08:17



紅葉めぐり。
おはようございます。

昨日は1日、とーってもいいお天気でした!中で仕事をするのがもったいないくらい。
週末のお天気はどうでしょう。紅葉がちょうど見ごろかもしれませんね。

我が家は文化の日に、広島県との県境にある吾妻山へ登ってきました。

11-5-4

登りやすく、お天気も徐々に良くなってきて、紅葉もとてもきれいで素敵でした。
大山の紅葉も、平田の鰐淵寺の紅葉も素晴らしいのですが、吾妻山も良かったですよ!

11-5-1

ススキの原っぱの向こうに、赤や黄色のじゅうたん。
この季節にしか出会うことのできない風景です。

11-5-2

他の登山客の方も、あちこちで紅葉の写真を撮っておられました。

そして、帰りに立ち寄ったのが奥出雲町の「金言寺」というお寺。
茅葺きのお寺に、樹齢400年の大きな銀杏の木が目印です。

11-5-3

圧倒的に大きな銀杏の木。カメラに収まりきらない…たくさんのカメラマンがお寺の
周りで撮影をされていました。

ちょうど紅葉も見ごろで、これからイチョウの葉っぱがはらはらと舞い散る様子が
美しい時期、といった感じ。

この金言寺は、奥出雲町大馬木にあります。ぜひ、訪れてみてくださいね。

アトリエの周りもそろそろ、紅葉が始まっています。
あわただしく過ごしながらも、ちょっと周りの風景に目をとめてみたいものですね。


2010/11/05 08:27



「染める」ということ。 ~くらしの学校 ものづくりコース
おはようございます。

11月2日に行われた、「くらしの学校」ものづくりコースの授業。
出雲市佐田町・メリーさんの会の渡部さん、坂根さんのお二人にお越しいただき、
羊毛の糸染めを行いました。

11-2-5

いろんな色合いに染められた糸。「染める」という工程ひとつとっても、いろいろな
作業やこだわりがあるのだということを教えていただきました。

講師の「メリーさんの会」の生い立ちはとってもユニーク。

もともとは農業の会社の中で、田んぼのあぜ道の草刈りが高齢化などのために大変になり、
じゃあ羊を飼って草を食べさせたらいいんじゃないか、ということで羊を飼い始めたところ
から始まります。

この羊は暑さに弱く、毛を着たままだと弱って死んでしまうため、暑くなる前に
毛刈りをするのですが、この刈った毛をどうする?ということで、それじゃあ羊毛から
毛糸を作って、商品にしてみよう、という「次のステップ」が始まりました。

そこで活動を始められたのが「メリーさんの会」。おもに女性の皆さんが、
糸の洗い、ほぐし、紡ぎから製品づくりまで行っておられます。

以前の朝市でも商品をお願いしたこともあるのですが、素朴な風合いとあたたかみのある
色、そして実際にとってもあったかな毛糸は、とても好評でした。


さてこの日は最初に、染めのポイントや種類について、色見本を見ながら説明をして
いただきました。

11-2-1

皆さんの前に配られたのは、まだ染める前の生成の糸たち。
この「糸」になるまでがまた大変なのですが、これはまた後日、佐田の工房に
お邪魔してお話をうかがうことになります。

染められていない糸も素敵だけど、自然の素材で染まったいろいろな糸を見せていただくと、
植物などの持つ力にただただ脱帽してしまいます。

栗、コーヒー、トマト…どの色も、本当に素敵。自然ってすごいなあ…と思います。

皆さん、いろいろな染料をもとに自分の染めたいものを選ぶのですが、自然素材で
染めるということは、その日のコンディションで色が変わってくるということ。

はたしてどんな色になるのか…不安も入り混じりながらの作業でした。

11-2-2

講師の渡部さんが持って来てくださったガスボンベにコンロ。
染料を沸かしているのはミルク缶?かわいいです。

渡部さんは「佐田のエジソン」と呼ばれている、とどなたかからうかがったことが
あるのですが、糸を紡いだりする際の機械を手作りしてしまわれる、達人なのです。

11-2-4

いつもベストにテンガロンハット。ダンディです…。
風が強いため、急きょ玄関先での作業となりました。さてさてどんな色になるのか…。

11-2-7

皆さんの作品。ひとつひとつ微妙に色が違い、でもどれも学校の周りの景色に
とってもなじむ、自然な色合いです。

渡部さんも「今日はいい色が出たわ~」と喜んでおられました。こうして思った以上の
色が出ることもあるから、染めって面白いんでしょうね。

参加された皆さんも、せっかく染めたから次のステップに…といろいろ考えておられた
ようです。

授業のあとで講師のお二人とお話をしたのですが、「染める」という作業は全体のうちの
ひとつなのだけど、これに脚光を浴びさせるということはなかなか、ないのだそうです。

たくさんいろんな色があって、その中から選ぶというのは楽しい作業ですが、
自然素材でそれを染めていく(しかも相手は羊の毛、こちらもひとつひとつ微妙に
性質が違うのです)のは大変なこと。
ましてたくさんの種類の色を…となると、本当に苦労されているんじゃないかなと思います。

見落とされがちなことだけど、染めることで糸がぐっと味わい深くなったり、
自然の力がまたひとつプラスされることで、より魅力的になったりするもの。
実際に目で見るとそれがよく分かります。

これからは、「色」というものにももっと注目してみよう、と感じた1日でした。


さて、本日の給食は、大東町のお惣菜屋さん「ほう歳」さんのお昼ごはん。

11-2-8

ほっとする味だなあ、と毎回感じる、「ほう歳」さんのお惣菜たち。
家で食べるごはん、という感じのおかずが並びました。お野菜は地元のもの。

11-2-10 11-2-12

卵コロッケがとーってもおいしかった。
そして、かぶと柿の酢のものも、いい味付けでおいしくいただきました。


くらしの学校、11月に入って授業も残りが少なくなってきました。
皆さんの学ぶ姿勢に、私たちも刺激を受けています。あと少し、頑張りましょう!


2010/11/04 06:44



木のスプーンと柚子の木。
おはようございます。

昨日は、米子市の生活雑貨店、「'tis clay」さんへ。
クリスマス雑貨の打ち合わせです。

11-1-1

「もうクリスマスか…」と言いながらの打ち合わせ。何やらいろんなものが出てきております。
サイトでの販売を計画しています。どんな雑貨になるかはお楽しみ。

クリスマスを楽しむ雑貨、少しずつ進めていますのでお待ちくださいね。


さて、アトリエでは。
Rさんが先日から木で何やら作っておられたものが、ついに完成したようす。

11-1-2 11-1-3

大きな木のスプーン。

「くらしの学校」の給食のとき、いつもお料理を取り分けるのに苦労していたのですが、
それを見かねたRさんが、なんと木から手作りでスプーンを作ってくれました。

これから活躍しそう。楽しみです!

そして、アトリエの裏庭では柚子の樹に実がたわわに実っています。
去年はほとんど実らなかったのですが、やはり年によって差があるんですね。

11-1-4 11-1-5

とげがあって高いところは採れないので、隣のおじさんに高枝切りバサミを使って
採ってもらいました。

柚子は写真撮影にも使います。これから寒さがつのると、柚子のほろ苦い酸味が恋しく
なりますね。

さて、今日は「くらしの学校」ものづくりコースの授業日。
出雲市佐田町から「メリーさんの会」の渡部さんに来ていただき、羊毛の糸染めを
体験します。

授業のようすは明日、お伝えします。こちらもお楽しみに…。


2010/11/02 10:24



秋のスイーツプレート。
おはようございます。

先週の金曜日は「くらしの学校」食コースの授業日。
irori食堂の原田さんによる、おいしい秋のスイーツがテーマの授業でした。

10-30-10

秋のおもてなしにもぴったりの、とーってもかわいいパフェが出来上がりました。

10-30-9

キャラメルマロンパフェ。名前を聞いただけでおいしそうです。
バニラケーキにマロンクリーム、キャラメルソースをかけて仕上げます。

盛り付けも個性の見せどころ。器の形によっても替えてみたら楽しそうですね。

10-30-7

こちらはパルメザンチーズチョコ。ラッピングも体験しました。
ちょっとおすそわけ…というイメージで。

10-30-8

簡単にできて、おいしくて、お土産にも。喜ばれそうです。

さて、スイーツの他にアボカドディップのオープンサンドを作って、お昼ごはんに。

10-30-4-1 10-30-3

ランチにもなるような一品を、ということで原田さんにリクエストをしていたものです。
そして、ルクルーゼのお鍋に入っているのは、姫りんごのスパイス煮。
どちらもおいしそうです~。

10-30-5

普段からお料理に慣れた方が多く、皆さん手際よく作っておられました。
季節を感じるスイーツ、ぜひ日々の暮らしでも実践してみたいものですね。

10-30-6

皆さんでオープンサンド、そしてスープをいただきながらのランチタイム。
お疲れさまでした!

10-30-11

そして食後にはスイーツプレート。カフェに訪れたようです。

ここで作って終わり、というのではなく、授業を通して日々の暮らしを振り返り、
学んだことを還元していくというのが目的の「くらしの学校」。
何気ないことや見逃してしまいそうなことも、手間をかけて磨き上げることで
こんなに素敵になるんだ、というのを見せていただいたように思います。

さて明日は、出雲市佐田町の「メリーさんの会」による、糸染めの授業。
こちらも楽しみです!



2010/11/01 08:48


 + 

リンク
SLOW+SLOW(本サイト)
お花マルシェ
カテゴリ
  • お知らせ (254)
  • ものづくり (252)
  • 融通の利かない、かばん展 (26)
  • くらしアトリエへの思い (81)
  • スタッフの日常 (728)
  • 法人化までの日記 (1)
  • 未分類 (57)
  • 風景ノート (19)
  • 朝市 (143)
  • くらしの学校 (241)
  • イベント (55)
  • 畑展望公園まつり (21)
  • 森の休日 (8)
  • お仕事 (86)
  • 山の図書室だより (67)
  • 10周年祭 (12)
  • シマシマしまね (49)
  • 過去の日記
    2017年10月  2017年04月  2017年03月  2017年02月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年09月  2016年08月  2016年07月  2016年06月  2016年05月  2016年04月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年11月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年04月  2015年03月  2015年02月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年05月  2013年04月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月 


    ---【Login】
    Arranged by cadet
    Copyright © 2005-2007 SLOW+SLOW kurashiatelier