お届けモノと、おすそ分け。
おはようございます。

雨のアトリエ。緑が日に日に濃くなっていきます。

6-30-4

窓の向こうに、何の花でしょうか、白い花が咲いています。

昨日、かわいいものがアトリエにやってきました。
クラフト作家・松本樸さん作の、ちいさな机。

6-30-1

遊び心のある色合い。撮影や、イベントのディスプレイに活躍しそうです。

そして、お隣のおじさんからは、旬の野菜のお届けモノ。

6-30-5

大きなきゅうりがたくさん。
「来るのを待ってたら大きくなっちゃったわ」とおじさん。すいません…。

家に帰ってさっそく、作りたかったピクルスを。

6-30-0233 6-30-0266

ノーマルな味と、昆布を入れた和風の味と。
先日漬けたらっきょうの甘酢漬けと一緒に、おじさんにおすそ分けしようかな。


2010/06/30 08:16



天然酵母作り、最後の授業 大山にて。
おはようございます。

「くらしの学校」も残りあとわずか。
昨日は、「コウボパン小さじいち」さんによる天然酵母作りの最後の授業でした。

当初から、「最後には焼くところまで体験してもらいたい」という小さじいちさんのご意向もあり、
実際に大山の工房にお邪魔して、パンづくりを体験できることに。

皆さん、この日を待ち望んでおられたことと思います。

雨を心配したのですが、スタート時はどうやら大丈夫そう。
皆さんが持ち寄られた、ご自身で育てた酵母で焼き上げたパンの試食会です。

6-27-4

桃の入ったパン、メロンパン、レーズン入りなど、実にさまざま。
言うまでもなく味も人それぞれ。どれもおいしい。パンってすごいなあ。

6-27-1

講師の小さじいち・西村さんにいろいろなお話を聞きながら、しばし酵母談義。
中には、酵母でスープを作ってきたよ、という方もおられて、なんだか酵母って
実はすごいのでは?という思いがさらに強くなりました。

6-27-3

毎回、素敵なレシピやレジュメを用意してくださる小さじいちさん。
今回は、小さじいちさんの酵母を使ったランチも、楽しみのひとつです。

でもその前に、しっかりパンを焼きましょう!というわけで、工房の中へ。

6-27-5

時間の都合もあり、前もって小さじいちさんに生地を用意していただきました。
今日はみんなで、塩だけのカンパーニュを焼きます。

6-27-6

かごに打ち粉をして、生地を入れて、二次発酵。おいしくなれよ、と祈りつつ。
発酵が終わるまでの時間、お店の前にある麦畑を見せていただきました。


6-27-7

大山は頭に帽子をかぶったみたい。雲の中です。
畑にはいろんな種類の小麦があって、みんなすくすく育っていました。

6-27-8 6-27-9

麦と、大山と、黒い土。お隣のお花畑にある小屋。
すべてがなんだか、美しい。いいなあ、大山。

6-27-10

3種類の小麦。これがどんなふうに小さじいちさんのパンの中に入るのか、楽しみです。


さて、お待ちかねのランチは、「酵母づくし」。いろんな酵母を使ったお料理です。
酵母がお料理に使えること自体、初耳の私。

62-7-11

色とりどりのお野菜、おいしいパンたち、ジャムにドレッシング。
なんて贅沢なんでしょう!

6-27-20 6-27-19

赤、ピンク、紫、そして白のラディッシュには、発芽玄米酵母のドレッシングを合わせて。
ガスパチョにはトマト酵母が。口の中でしゅわしゅわする、不思議な食感。

6-27-12 6-27-13

ピクルスにも酵母が入っています。間引き菜も、こうやって生かしてあげると幸せだろうな。

パンには、レーズン酵母のラムレーズンや、ルバーブのジャムなど。
何もつけなくても十分おいしいけど、つけてもまた違う味が楽しめて、たくさん
いただきました。

この日のために、何回も試食をして研究をしてくださったとのこと。
貴重なお時間を割いていただいた上に、こんなに素敵なおもてなし。感激です。


おいしくいただいて、お話をしているうちに、そろそろ二次発酵が終わり。
いよいよ、パンを焼き上げます。

6-27-14

カンパーニュにクープを入れるのがまた、楽しくもドキドキの瞬間。
小さじいちさんのお手本を参考に、皆さん思い思いの模様を入れていきます。

6-27-15

星型、イニシャル、顔など…どんなふうに焼きあがるのか、祈りながら窯へ!
蒸気をかけて、外はカリっと、中はふんわり、なカンパーニュ。できるでしょうか。

そして、焼きあがり。

6-27-16

うまく焼けてます!とってもいい香り。おいしそう~。

6-27-17

皆さん、個性あふれるカンパーニュ。名前を書かなくてもだれがこねた生地なのか
すぐ分かりますね。

実際にこうやって焼き上げると、感激もひとしお。
おうちで焼くのとはまた違ったパンの出来上がりに、皆さん喜んでいらっしゃいました。

何より、この「小さじいち」さんの店内でパンを焼くことができた、というのは、
皆さんにとってもとても素敵な体験だったのではと思います。

最後に皆さんからひと言ずつ感想をいただいたのですが、
「この授業を受けて、お野菜や果物を見る眼が変わってきました」
「暮らしそのものに広がっていったように思います」
といった声を聴くことができて、私たちもとてもうれしかったです。

そして、小さじいちさんにも、
「皆さんの焼き上げてこられるパンをいただきながら、自分たちも勉強させてもらった。
忙しい中でなかなか考えることができなかったいろんなことを、この機会に
立ち止まっていろいろ勉強することもできました」とおっしゃって
いただきました。

ご主人から、
「ものづくりで一番大事なのは、気持ち。心をこめて作る、焼くということをこれからも
頑張ってください」というありがたいお言葉をいただいて、授業は終了。

本当に充実した1日だったと思います。


6-27-18

小さじいちさんのあくなき探究心、パンにこめた思い、大山にこめた思い。
いつまでも「勉強してみたい」という、前向きな気持ち。

私たちも見習わなくちゃ、と、背筋が伸びた感じです。
皆さん本当に、お疲れさまでした。そして、小さじいちさん、ありがとうございました。

食コースの授業は残りあと1回。最後までいいものになるよう、頑張りたいと思います。


2010/06/29 06:26



おいしいお米ができるまで ~田んぼの草取り、体験してきました。
おはようございます。

梅雨空でじめじめ、かなり蒸し暑かった週末。

日曜日に、松江市西長江地区の田んぼの草取りがあり、出かけてきました。

6-28-4

「環境にやさしい農業」を推進し、農薬だけでなく除草剤もいっさい使わない、完全無農薬の
お米づくりに取り組んでおられます。
一連の作業の中で、一番過酷で大変なのがこの草取り。多くの方にそれを味わっていただくことで、
環境にやさしい農業への理解を深めてもらうことも目的のひとつです。


曇り空の下、みんなで田んぼに入って、さあ草取り開始!

6-28-1

しかし、尋常ではない雑草の数…隣の田んぼには除草剤が使ってあるのですが、
雑草の数がやっぱり、全然違うことにびっくりです。

いや~これは大変だ、と思いながら、少しずつ草を採っていきます。
途中、オタマジャクシやカエルなど、生き物にも嫌というほど遭遇しました。
農薬や除草剤を使わない田んぼには、こうしてたくさんの生き物が棲みつくのです。

6-38-5

田植えや稲刈りは既に体験済みですが、さすがに草取りは初めての経験で、
なんだか新鮮でした。
農家の皆さんはスピードも早く、私たちはもたもた…。

6-28-8

一緒に草取りをしておられた方に聞いたのですが、草が生えていなくても、こうして
何度か田んぼに入り、泥をかき回すことでお米がよく育つようになるのだそうです。

途中、休憩をはさんでお昼前になんとか終了。
でも、この勢いだと多分、また草は生えるでしょう…。地域の皆さんが暑い中、
作業をされるのだと思うと、いやあ、なんて大変なんだろうとあらためて思いました。

6-38-2

作業が終わった後に、そばに流れている川のせせらぎで足や手を洗うのが、
子どもたちの楽しみ。

この日は小さなカエルがたくさんいて、雑草を入れるバケツはすっかりカエル入れに
なっていました…。

6-28-9

こういう経験はでも、普段何気なく生活しているとつい、遠ざかってしまいます。
農家の皆さんのご苦労を知るきっかけにもなったし、田植えをした田んぼの稲たちが
なおさら、いとおしくなりました。


たくさん働いたので、おなかがすいた!
西長江地区の女性の皆さんがいつも心を込めて作ってくださる、おいしいお昼。

6-28-7 6-38-6

いろんな種類のおむすびやおかず、そして、宍道湖のしじみを使ったしじみ汁。
湖の幸、田んぼの幸。贅沢です!まさに西長江の魅力を表現しているよう。

「たいしたもんじゃないけど」といつも言われるのですが、これこそがごちそうだ!と
思います。

「これからもちょくちょく、田んぼの様子を見にきてくださいね」と、西長江の皆さん。
今から、稲穂が実る準備が始まるのだそうです。

9月には稲刈りが、10月には収穫祭が予定されています。
自分たちがかかわったお米がどんなおいしさなのか、今から楽しみです。


2010/06/28 06:05



ふるさと勉強会、開催しました。
こんばんは。
今日は遅めの更新になりました。

今日は、「くらしの学校」ふるさと勉強会の日。
食コース、ものづくりコースの2つのコースの皆さんが一同に集まる、必須科目です。

地域のことを、ちょっと違う視点で考えてみたり、素敵な人との出会いがあったり。
そんなことを目的に、開催しています。

6-25-2 6-25-4

今日の勉強会のゲストは、公務員のおふたり!
島根県農林振興センターの景山さん、安来市役所の佐伯さんをゲストにお迎えしました。

なぜこのおふたりがゲスト?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、おふたりとも
お仕事を通じて知り合い、その素敵な仕事ぶりや、地域のことを真剣に考えておられるさまが
素晴らしく、「こういう人がいる島根っていいな」と思える方たちだったからです。

学校の皆さんにもぜひおふたりに会っていただき、地域のために働く方のリアルな目線や、
暮らしを楽しむヒント、のようなものを持ち帰っていただけたらな、ということで
お忙しい中お招きをして、お話をしていただきました。

6-25-1 6-25-3

安来の名産、清水羊羹と伯太番茶をお茶請けに、いいお話をたくさんしていただきました。

・農業も観光も、「届けるべき人に届く」手助けをするのが自分たちの仕事。

・ものや場所ももちろんだけど、そこにいる「人」とのつながりがやっぱり大切。

・自分の中の「とっておきの場所」をひとつ見つけると、そこで暮らすことがとても楽しくなる。

・ちいさなことを楽しみに変えられることができれば、どんな土地でも楽しんで
 生きていけるのでは。

そんなおふたりのコメントに、皆さんうなずいていらっしゃいました。

最後に、参加者の皆さんに「自分の大切な人を住んでいる町に招待するとしたら、
なにを見てもらいたいですか?自分の中のとっておきのものや場所、風景を
教えてください」と質問をして、皆さんに答えていただきました。

参加者の皆さんそれぞれにいろいろ考えてくださって、お住まいの地域や、
暮らしておられるおうちのいいところがたくさん、うかがえました。

いい時間だったなあ…とつくづく感じたひとときでした。

景山さん、佐伯さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
今日お話ししていただいたことを、胸に留めて活動を、また自分自身の暮らしを
続けていきたいなあと思っています。


さて、お待ちかねの給食。
今日は「うしお料理クラブ」さんによる、旬の地元素材を使ったごはん。
「うしお料理クラブ」の皆さんがアトリエまで来てくださり、一緒にごはんを
いただきました。

6-25-6 6-25-7

見よ、色とりどりのごちそう。
品数もすごいけど、手間もすごい!
週末に芋掘りをしたじゃがいもで、ほくほくのコロッケ。最高でした。

6-25-13 6-25-14

おいしいお煮しめに、ふきを使ったいろいろなお料理。佃煮、油揚げで巻いたものなど。

6-25-8 6-25-9

紫たまねぎのサラダに、えんどう豆のごはん。どちらも今が旬の味です。

6-25-12 6-25-10

大勢で駆けつけてくださった「うしお料理クラブ」の皆さん。
梅を使ったお料理の説明をしてくださったり、山菜の名前やお料理のコツなど、
いろいろと教えてくださいました。

鶏肉は、梅酒で煮てあるもの。こんなところにも使えるんだなあ、と感心。
「お料理の勉強会みたいになったね」と最後におっしゃっていました(笑)。

にぎやかに、なごやかに。とても楽しい、ほっとする時間でした。

6-25-16

いつも、心を込めて作ってくださり、おいしくいただきました、と言うととても
喜んでくださる「うしお料理クラブ」の皆さんにも、感謝、感謝です。


家に帰ってメールをチェックすると、参加者の方から、こんなメールが来ていました。





こだわりを持つことの大切さ、今を楽しくする工夫。そして自然と人の魅力。
若い講師の方のその前向きな姿勢と行動力はまぶしい限りです。
そして、また「うしお料理クラブ」さんたちの素敵なこと。
自分の中にこんなにも出会いに感動する気持ちがまだ残っていたのかと思いました。
人を動かすのは理屈ではなく感動です。
山陰の良さ、地域の良さを、地域で頑張っている人たちから教えてもらっている気がします。





「勉強」ってめんどくさいものかもしれないけど、学ぶことはやっぱり、いくつに
なっても必要なことだと思っています。
紙の上でする勉強ももちろんありですが、こうして地域の良さをお話を通じて
学ぶことが、明日からの暮らしに何か役立てばいいなと強く感じました。

6-25-15 6-25-11 

お昼ごはんについていた、今が旬の「笹巻き」。きれいに巻いてあります!
そして、「うしお料理クラブ」さんの名物スイーツ、「大東のかおり」。
大東のホタルをイメージしたおいしいお菓子。お抹茶と小豆で作られています。

6-25-17

おみやげに、大きな大きな、豆ごはんのおにぎり。
なんだか、実家に帰ったときのようなあったかな気持ちになりましたよ。

くらしの学校、授業の残りも少なくなってきました。
まだまだ、たくさんの学びがありますように…。


2010/06/25 19:38



地元のお米から、おいしいパン。思いを形にして。
おはようございます。

先日の「くらしの学校」食コースの授業で、玄米酵母の起こし方を学びましたが、
その玄米は、アトリエの隣のおじさんが育てたお米。

「せっかくなので地元のお米で作ってみたい」という小さじいちさんのご依頼があり、
お隣からお米を分けていただきました。

その酵母でパンが出来上がったので、お隣さんに食べてもらってください、と
昨日小さじいちさんからおいしそうなパンがたくさん、届きました!

6-24-1

発芽玄米酵母のバゲット。

お茶の時間を見計らって、霧吹き持参でお隣さんへ。
小さじいちさんからいただいた「おいしい食べ方」のメモに習って
みんなで試食会です。

6-24-4 6-24-3

普段はパンはほとんど食べない、というお隣のおじさん、おばさん。
トースターを持ってきてもらって、水をたっぷり含ませたパンを焼きました。

チーズみたいな香ばしい香りが漂い、幸せな気分。
焼き上がったパンは小麦のおいしさの中に酸味があって、濃い味でした。

おじさん、おばさんも初めての味に「おいしいもんだね」とうれしそう。
お煮しめやお漬け物、梅の甘煮などが並んで、雲南のお茶タイムを
楽しみました。

思いをパンという形にのせて届けてくださった小さじいちさんのお心遣いにも、
感謝です。

こんな、人と人とをつなぐ役目を、これからもしていけたらいいなあ、と
しみじみ感じたひと時でした。


6-24-2

土曜日に、雲南市内でとある研修会の講師をすることになっています。
デザインのお仕事もしつつ、少しでもいい講座になるよう、いろいろ考えながら
資料を作っています。

明日からのお仕事に生かしていただけるような内容になるよう、
頑張らねば…。でもこれがけっこう、難しいもの。
考えることで、自分たちの仕事を振り返るきっかけももらっています。

明日は「くらしの学校」ふるさと勉強会。
いいお話がたくさん、聞けるのでは、と今から楽しみです。



2010/06/24 08:18



素敵な大家さんとの出会い。
おはようございます。

くらしアトリエのアトリエは、古い一軒家。

6-23-12.jpg

これは、空き家活用を推進している雲南市役所から斡旋していただいた物件です。

この家に住んでおられた方、つまり今の大家さんは、はずいぶん前に島根を離れ、
今は別のところで暮らしておられるのですが、その大家さんが、数年ぶりに島根に
帰ってこられたとのことで、昨日遊びにきてくださいました。

もうずいぶんとご高齢なのですが、とても元気な方。
初めてお会いしたのに、隣のおじさんの親戚だからかなあ…なんだか初めてな
気がしませんでした。

もともと、「空き家になっているなら誰かの役に立ててほしい」という気持ちで
市役所に申請をされたようなのですが、私たちのような団体が借りるということは
考えておられなかったので、最初はきっとびっくりされたことと思います。

でも、「家にあるものは何でも好きに使っていいですよ」「お役に立てるなら
どうぞご活用ください」と、何かお願いをするたび素敵なお手紙とともに
お返事をいただき、私たちもそのご好意に甘えて今の活動ができていると思います。

6-23-11.jpg

畳を板張りに替えたアトリエや、土間を改装した事務所を見ていただき、
「素敵にされましたねえ」「大変だったですね」と声をかけていただきました。

「家に風を入れてくれるだけでうれしい」とにこやかにおっしゃってくださって、
なんだかとてもうれしくて。
いい出会いをいただいたなあ、とあらためて感じました。

6-23-8.jpg

カフェオレボウルにあじさいをあしらって。
少しずつ色が変わっていくのを楽しんでいます。

各地のあじさいも今が見頃でしょうか。この季節だけの楽しみ、満喫したいですね。


2010/06/23 08:16



雲南のいいところを、ご案内。
おはようございます。

梅雨空が少しあけて、お日さまがのぞいた昨日。
アトリエではお客さまをお迎えすべく、アトリエをきれいにお掃除です。

6-22-2

手作りのおしぼり。皆さんにとても好評。
きれいに洗って干して。素朴な色合いがアトリエの周りの風景によく合います。

6-22-1

自宅のお隣さんから、今が盛りのあじさいの花をいただいたので、玄関に生けてみたり。
お花があるとその場がなごみます。


お客さまは、雑誌「さんいんキラリ」さん。
次号が雲南特集ということで、雲南市内のいいところをいろいろと見ていただきたく、
昨日は畑展望公園や山王寺の棚田などをご案内しました。

いろんなお話をして(時には雑談も)、楽しいひととき。
新たな出会いがあり、素敵な人に出会うと、また元気をもらえます。

6-22-5

あいにく、少しもやがかかっていて視界があまり良くなかったのですが、雲南らしい
素朴な風景と、山並みや田んぼの中に点在する赤瓦の家々を見ていただきました。

「さんいんキラリ」次号は夏の発売とのこと。
良かったらまた、ご覧くださいね。


2010/06/22 08:21



暮らしを楽しむ梅しごと。そして、ホタルを見に。
おはようございます。

6月19日(土)。
梅を使ったお料理教室「雲南季節ごはん 梅しごと」が大東町で行われました。

世代を超えた交流を、地域に伝わるお料理や、旬の素材を通して行おうというのが目的の
この教室。
くらしアトリエは、企画やフライヤー製作等でお手伝いをさせていただきました。

6-21-1 6-21-2

梅を使っていろいろなお料理を作ります。ご飯ものからメインディッシュ、デザートまで。
講師は「くらしの学校」の給食でもお世話になっている、うしお料理クラブの富山さん。

6-21-4 6-21-3

富山さんのおうちで採れたという青梅。
雲南には、こうして自宅に梅の木がある家が多いので、富山さんも梅干しだけで
毎年何十キロも漬けるのだそうです。
だから、自然とレパートリーも増えるのかな。

去年漬けられたという梅干しを使っていろいろなお料理に挑戦しました。

日頃お料理をほとんどしない、という方から、日々ごはんを作られる方までいろいろでしたが、
それぞれ切ったり計ったり炒めたり。
楽しくお料理ができたひとときでした。

6-21-8

富山さんに教えていただいた「長いもきんとん」。
サツマイモのきんとんはメジャーですが、これを長いもで作ります。

あっさりとした風合いで、でもしっかりとお芋の味がする!
ピンクの色合いは梅肉でつけられています。

6-21-9

他にも、鶏肉の蒸し物によく合う梅だれや、「くらしの学校」の給食でも出された
黒豆と梅干しのごはん、ちょっといつもより手間ひまをかけたおにぎりや雑炊など。

どれも、さっぱりとして、これからの季節にちょうどいいな、というお料理ばかり
でした。

6-21-10

最後はデザート。梅のシロップ漬けが入ったケーキです。
しっとりしていて、おいしかった!梅を使ったデザートってあまり普段はしないので、
これはやってみよう!と思いました。

食事をとりながら、富山さんにいろいろなお話をうかがいました。
おうちにはたくさんの瓶があって、いろんな梅の保存食が並んでいるのだそうです。

この季節は梅仕事で忙しい、とおっしゃっていたのですが、そういう暮らしっていいなあ、と
ちょっとうらやましくもありました。

6-21-7

おみやげは、かわいい瓶に入った梅シロップ。
ザラメが入っているので、コクがあるシロップになるそうです。楽しみ。

青梅もたくさんいただいたので、昨日は家でさっそく梅しごと。
梅酒に梅サワー、黒糖を入れた梅シロップを漬け込みました。これも楽しみです。

素材1つをいろいろ活かしながら、お料理を楽しむことって、とても楽しい作業。
無駄なく、食べ物に感謝しながらいただくことが、次の世代にも伝わればいいなと
思います。

このお料理教室は、雲南市でとれる素材を使い、若い世代の方々へそのお料理法や
旬を大切にする思い、などを受け継いでいくことを目的にしています。
次回は冬に、ゆずを使ったお料理をいろいろ勉強する予定です。

雲南市に在住の方限定となってしまうのですが、興味のある方はぜひ、
次回お越しいただけたらと思います。


さてさてそして、昨日の夜は松江市・西長江へ。
ホタル鑑賞会の最終日でした。

6-21-13

昼間に大雨が降って、どうなるかな、と心配だったのですが、たくさんのホタルが
群れ飛んでいて、杉の林でチラチラと光がさまよう様はとても幻想的でした。

たくさんの親子連れが来られていて、楽しんでおられましたよ。

6-21-11 6-21-12

おいしいおにぎりや、地元の素材を使ったお漬け物など。
いつもいつも、ちいさな心遣いに心を動かされます。

6月27日には、先月みんなで植えた田んぼの草取りが予定されています。

環境にやさしいお米づくりで一番大変なのは、雑草との闘い。
皆さんもぜひ参加して、おいしいお米づくりにご協力くださいね。
お待ちしています!


2010/06/21 08:47



梅しごと。
こんにちは。
連日、日記の更新ができず申し訳ありません。

今日は朝から雨。アトリエの周りも、梅雨の風景が広がっています。
梅雨と言えば梅。今年は、例年よりも梅の時期が遅れていると聞きました。

そんな中、梅を使ったお料理の教室を明日、行います。

20100428-0027.jpg 20100428-0016.jpg

雲南市役所さんの食育プロジェクトの1つとして、若い世代の方と、郷土料理や
昔ながらのお料理をたくさんご存知の世代の方を結びつける何かができないか、という
ことで出来上がった企画。

雲南市に在住する方限定の企画ですので、こちらのHPでは広報を行いませんでしたが、
「雲南季節ごはん 梅しごと」というタイトルで、梅や梅干しを使ったお料理を
教えていただく予定です。

講師になってくださるのは、「くらしの学校」の給食でもお世話になっている
「うしお料理クラブ」の富山さん。
とても素敵な方で、明日の教室がどんな風になるのか、今から楽しみです。

20100618-DSC_0033.jpg

豊かな風土とおいしい食。
ここに暮らす幸せをみんなで味わえる機会になればと思っています。


2010/06/18 12:36



てるてるぼうず。
雨模様のアトリエにて。

6-16-2

照明がちいさなペンダントライト1つしかないため、雨の日はとても暗いアトリエの中。
その中で、自然光を探しつつ、パッケージデザインの仕事をしています。

微妙な色づかいが難しくて、悩みながらの作業。
いいものができるよう、頑張ってます。


畑仕事をする予定だったけど、雨で中止。
Rさんはスタッフからの依頼を受けて、とあるものを製作中です。

6-16-3

Rさんのお子さんは、外で遊べないのでご機嫌ななめ。
そこで、一緒にてるてるぼうず作りに誘ってみました。

Rさんが「てるてるさんを作ろうね」と言うと、「違うよ、てるてるぼうずだよ」と
あっさり直されていましたが。

6-16-4

にこにこの顔にして、というリクエストに答えて笑顔のてるてるぼうずが2つ。
たまには雨もいいけどね。

仕事はあまり進みませんでしたが(笑)、ちょっと息抜きをさせてもらった気がしました。


*お花マルシェからのお知らせ

7月のワークショップの日程が決まりましたのでお知らせいたします。

7月21日(水)10:30~12:30 テーマは「夏のアレンジ」です。

詳細、お申し込みは店頭あるいは  お花マルシェホームページからどうぞ。
ご参加お待ちしています。

2010/06/16 08:38



くらしの学校・天然酵母づくり 玄米で酵母。
おはようございます。

昨日は「くらしの学校」の授業日。食コース「天然酵母づくり」の3回目でした。

6-15-3

夏が来たかと思うようないいお天気。この間まで寒々としていたアトリエから見える景色も、
なんだか生き生きして見えます。

学校では、いろんな酵母を作って、それを家で仕込んでパンにしたり、身近にある材料で酵母を
作ってみたり、とそれぞれが考えて試行錯誤する内容になっています。

3回目の昨日は、玄米の酵母。

6-15-5 6-15-6

アトリエの隣のおじさんが作ったお米を発芽玄米にして、それを炊いたごはんで酵母を
起こします。

6-15-4

隣のおじさんには「パンを膨らませるのに使うから、お米を少し分けてもらえませんか?」と
お願いをしたのだけど、パンを膨らませるのにごはん…?と、驚いておられました。

そりゃそうだ…。

6-15-1 6-15-2

講師である「コウボパン小さじいち」さんからいろいろなお話をうかがうのは
もちろんなのですが、参加しておられる皆さんも、身近な材料でいろいろなものを
作ってこられていて、それを見ながら話が弾んでいました。

小さじいちさんも、毎回遠方までお越しいただいていろんなお話をしていただくことは
とても大変だと思うのですが、
「自分もいろんなことを振り返ったり勉強したりするきっかけになるから」と
おっしゃっていて、ありがたかったです。

最後の授業は、お店に出向いて実際にパンを焼く授業を行う予定。
これもまた、楽しみです!

授業のあとの給食は、タパタパさん作。

6-15-7

「ピクニック」をイメージしたランチです。なんと、パンがかばんになっています!

6-15-9 6-15-8

かばんパンの中に具をいろいろ詰め込んで、という作業が楽しく、
出来上がったパンを見ながら写真を撮ったり、楽しい時間が流れていました。

前回もおいしかったフルーツポンチも。バニラビーンズが入って、ちょっと大人の味です。

6-15-10

コールスローサラダも絶妙な味わいでおいしかったです。

おいしい、だけじゃなく、他にもいろんな楽しみ方が「食べる」という行為には
あるんだなあ、と、タパタパさんのお料理を見ると思います。

授業のあとはミニマルシェ。

6-15-12 6-15-11

今回はオーガニックレーズンの量り売りが人気でした。
酵母づくりを学ぶとやはり、オーガニックな材料に目が行くようになります。
パンに入れたり酵母の材料にしたり、お菓子作りにも…幅が広がりますね。

今回も素敵な授業をありがとうございました!



2010/06/15 08:51



ホタル観賞会と、お花マルシェからのお知らせ。
おはようございます。

梅雨入りした山陰地方。今はちょうど、ホタルの季節です。

以前お知らせしていた松江市の西長江地区で行われたホタル観賞会に出かけてきました。

6-14-2 6-14-1

地域の皆さんの手作りのおもてなしが心地よい観察会でした。

6-14-5

この場所にホタルがいることは、西長江の皆さんとかかわりを持つまでまったく知らなかった私たち。

週末はたくさんのホタルが群れ飛んでいました。幻想的な風景です。

6-14-3

竹のほうきをプレゼントされました。昔はこれを使ってホタルを採っていたそうです。
地域の方が昔を懐かしむだけじゃなく、それを今の時代に生かして楽しんでおられるのが
素敵ですね。

6-14-7

こちらは西長江の朝の風景。宍道湖の湖面がとても美しくて、はっとさせられます。
お城と湖がある町っていいなあ、といつも宍道湖を見ると思います。


これから雨の降る日が多くなるのかな…ちょっと憂鬱な気持ちにもなりますが、
ホタルにアジサイ、夏を迎える準備…いろいろな季節のうつろいを通して、
暮らしを楽しんでいけたらいいなと思っています。


*お花マルシェのワークショップのお知らせ

おかげさまで、6月で3周年を迎えたお花マルシェ。

今まで支えてくださった皆さんに感謝しつつ、これからもがんばっていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

次回のワークショップは、
6月28日(月)13:30~15:30
テーマは「初夏のアレンジ」です。

天候が良ければ戸外で行います。日焼け対策をお願いします。

詳細、お問い合わせについては  お花マルシェホームページでご覧ください。


2010/06/14 10:25



勉強会の打ち合わせ。
おはようございます。

昨日はアトリエにて、「くらしの学校」ふるさと勉強会の打ち合わせを行いました。

講師になってくださる予定のおふたりをお招きし、顔合わせ。
いろいろな話をしていくうちに、地域のこと、仕事のこと…大いに盛り上がりました。

いいお話がうかがえるのでは、と今から楽しみにしています。

6-11-8

Rさんが手作りの紅茶をアトリエに持って来てくれました。

「水出しがおいしいから」と、冷たい紅茶にレモンとミントを添えて。
こういうあしらいやおもてなしの仕方はさすがだなあ、といつも思います。

お客さまにも好評でした。

6-11-7

そして、打ち合わせに来てくださったお客さまからは、オレンジピールとおせんべいの差し入れ。

こちらもおいしかったです。

くらしアトリエは今、いろいろなパッケージ、パンフレットもののデザインのお仕事、
そして、雲南市でもいろんな仕事をいただいています。

初めて挑戦することもたくさんあり、試行錯誤の毎日ですが、少しでも喜んで
いただけるよう、日々勉強。
初めてのことにチャレンジすると、自分たちの活動の芯の部分を再確認する機会を
もらえるように思います。頑張らなくちゃ。

お仕事が形になったら、また皆さんにもご紹介したいと思います。

2010/06/11 08:01



癒やしのハーブたち。
おはようございます。

いいお天気だった昨日。パソコンに向かって仕事をしつつ、ちょっと気分転換をしたいときは
外に出て草取りをしたり、ハーブの様子を見たりしています。

6-10-5

アトリエを借りることになって、まず最初に植えたミントとラベンダーが、
ようやくハーブらしく育ってきてくれました。

ミントは増えすぎて大変なことになるよ、とアドバイスももらったのですが、
あまり栄養のないアトリエ前の庭土では、さほど繁殖しないようで…ちょうどいい具合に
茂っています。

生えてきてほしくない草もあるので、ぜひ競争に勝ってもらいたい!と応援しています。

6-10-1

ラベンダーは今年初めて花をつけてくれました。
ちょっとさびしいお花ですが…でも頑張ってるんだなあ、とうれしくなります。

6-10-2

こちらは斑入りのタイム。でも斑がなくなりつつありますが…こちらも今年初めて
花が咲きました。

「くらしの学校」ではあしらいに使ったり、給食のおしぼりに入れたりしています。
何か他のことにも生かせたらいいのだけど。

疲れたな~というときは、前庭に座ってアップルミントの葉に触れて、香りをかいでいます。
これがけっこう、癒やしになるのです。

同じミントでも、種類はもちろん、生えている場所によっても香りが違うので、それもまた楽しい。

花瓶に生けたものから根が生えて、それをまた植えて…と、少しずつ増えてきたハーブたち。
あまり手をかけなくても育ってくれるのがうれしいですね。

2010/06/10 08:46



おいしい紅茶。
おはようございます。

週末、関西へ出かけたスタッフからのおみやげ。

6-9-1 6-9-2

奈良の「くるみの木」の手焼きせんべいです。

オーナーの石村由起子さんの生き方、住まい方がとても素敵で、あこがれの存在です。
あんな風にしなやかに歳を重ねたいものです。


そして、先日の「くらしの学校」のときに、参加してくださっている方から
紅茶をいただきました。

以前ご紹介した、アトリエの坂に生えているお茶で作ってくださったもの。
「自信作です」とのことだったので、とても楽しみにしていました。

ちょうど来客があったので、お客さまとご一緒にいただきましたが、
すっきりと甘味があって、おいしかった!

お隣のおじさんにも飲んでいただいたのですが、昔はお茶の木がもっとたくさん
あったのだそう。
家主さんがお歳を召してしまったことで手入れができず、今は数えるほどしかな
いのですが、大東はお茶どころ。

おいしいお茶がいただける幸せをしみじみ感じた1日でした。



2010/06/09 08:22



季節の力。
週末から、忙しかったこともあってバランスのとれた食生活ができずにいたのですが、
それがたたってか体調を崩してしまいました。

こういうときは、旬のお野菜がたっぷり食べたくなります。

近くの産直市に行くと、お豆がたくさん。
そして、出始めのトマトやズッキーニも。俄然、お料理熱が上がります。

6-8-006

そらまめにグリーンピース。

そらまめはシンプルにお塩とお酒でゆでて。グリーンピースは豆ごはんに。

トマトとズッキーニは新玉ねぎと一緒にぐつぐつ煮込んで、シンプルなお野菜の煮込みを作りました。

季節の力をいただいた気がして、少し元気が出ました。

これから夏野菜が楽しみな時期ですね。
アトリエの畑も、無事に育つといいのですが…。


2010/06/08 08:51



バラに包まれて&ホタル観賞会のお誘い。
おはようございます。

久しぶりにひと雨来そうな、曇り空の山陰地方。

昨日は松江イングリッシュガーデンへ出かけてきました。

6-6-051 6-6-065

バラは、見ごろにはちょっと遅かったかな…という感じでしたが、多くの方が訪れていました。

見た目だけじゃなく、香りでも癒やされます。もっと時間をかけてゆっくり回りたかったなあ…。


6-6-071 6-6-060

金・土曜日には夜間のライトアップもあるとのこと。
今週で終わりのようなので、出かけてみてはいかがでしょうか。


6-7-002 6-7-012

我が家のバラたちも頑張って咲いてくれています。

これからはアジサイの季節。
梅雨ならではの楽しみをたくさん、見つけられたらと思います。


さて、以前少しお伝えした松江市西長江の皆さんによる、ホタル観賞会のお誘い。
お問い合わせをいただきましたので、詳細をお伝えします。

6月12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)の4日間。

それぞれ、
12日…コンサート (19:00~20:00)
13日…竹灯篭づくり (17:00~20:30)
19日…きんつば作り体験 (18:30~20:30)
20日…おにぎり作り体験 (18:30~20:30)

というイベントもあるようです。いずれも場所は西長江上組公民館にて。

参加費が必要です。また、3日前までに予約が必要のようです。
詳細は西長江エコ米栽培グループさんへお問い合わせくださいね。

でんわ 0852-36-7768(村松さん)まで。

もちろん、イベントに参加されなくても、ホタルを見に西長江まで行ってみようかな…
という方も大歓迎です。

静かに、ご家族でホタルの光を見るのもいいですね。

湿気が多く、蒸し暑い夜によく現れるとのこと。
今年は見られるでしょうか…これもまた楽しみです。

 

2010/06/07 08:47



はたひよどりの植物で、草木染めです。
おはようございます。

昨日行われた「くらしの学校」ものづくりコース。
草木染めの作品が出来上がりました~。

6-3-15

新緑に映えて、清々しくはためくのは皆さんの作品。
それぞれに個性あふれる素敵な作品が出来上がりました。

6-3-14

古い家や、田舎の風景にすんなり溶け込むのは、やはり昔から受け継がれてきた
自然が持つ色だからでしょうか。


今回の染色の大きな目的のひとつは、アトリエの周辺に生えている草花で
染めものをしてみよう、というところ。
なので、皆さん軍手に鎌を持ってアトリエの周りを散策しつつ、
いろいろな植物を採取。

6-3-12

畑鵯(はたひよどり)のあちこちを見てもらい、当たり前にそこに自生している植物を
観察する機会にもなりました。

6-3-1

ぱっと見、草刈り作業に見えなくもありませんが、こういう下準備があるからこそ、
そのあとの染色が楽しくなるのです。

6-3-2 6-3-3

たくさん採った植物は、それぞれに違う鍋に入れてぐつぐつ、煮出します。

その間に、絞り染め、板染めなど、タコ糸や木の板を使ってオリジナルの柄を作っていきます。
どういう柄に仕上がるのか、想像がつかないところがまた、楽しい。


6-3-4 6-3-5 

今回の染色の講師は、出雲市佐田町の「メリーさんの会」の渡辺さん。

フットワークが軽くて、とっても柔軟な思考をお持ちの素敵なおじさんです。
テンガロンハットがトレードマーク。ダンディでしょ?

この日のためにいろいろな材料を持ち込んでくださいました。

ストーブにお鍋に脱水機。
バケツやお鍋は、アトリエの納屋に転がっていたものも…。
何でも道具にしてしまうところはさすが!

6-3-16 6-3-7

植物を煮出した液につけてしばらくおいてから、今度は定着液の中へ。

ここで、さーっと色が変わります。
うわーっと歓声が上がり、期待も高まります。

6-3-8 6-3-9

タコ糸をほどいたり、板を外したりすると、それぞれのオリジナルの模様が見えてきました!

若草色やグレー、紫に近い色など、皆さんそれぞれに素敵な色合いと模様が広がって、
とても素敵な作品が次々にできあがっていきます。


6-3-10

渡辺さんのお話では、同じ植物でも、その生えている場所や、季節によって
色が違ってくるのだそうです。

自然の持つ色を引き出し、その恵みをいただく草木染め。
思ったよりもずっと深く、楽しいものでした。

参加された皆さんも、初めて体験した方がほとんどだったのですが、皆さんとても
充実されていたよう。

アトリエで活動をしていて良かったな~と思った1日でもありました。


「メリーさんの会」さんは、もともと田んぼや畑の除草を目的に羊を飼い始め、
その羊の毛を利用していろいろな作品づくりをされているグループさん。
作品に使う羊毛は、自然素材で染めていらっしゃいます。

毛糸の持つ、素朴だけどとても豊かな色合いに触れて、これを何か体験できないか、と
ご相談を持ちかけ、今回の授業となりました。

遠方からたくさんの荷物を持って来てくださり、ていねいに授業をしてくださった
渡辺さんに、感謝です。

「メリーさんの会」では、毛刈りを行った羊の毛を洗う作業、ほぐす作業、紡ぐ作業など、
これからいろいろな作業を経て、作品づくりに取り掛かられます。
いろいろな作業をお手伝いしてくださる皆さんを募集しておられます。羊毛に興味のある方、
編み物が好きな方、この機会に参加してみてはいかがでしょう。

興味のある方は、くらしアトリエまでお問い合わせくださいね。


さて、給食は「ほう歳」さんによる素朴なごはん。

6-3-6

「家で食べるお母さんのごはん」という表現がぴったりの、バランスのとれたおいしい食事でした。

ふきの味付けが絶妙。白和えもほんのり薄味で、素材の味が味わえました。

雲南の恵みにまた触れることができた1日。
学校の授業を見ていると、ひとつひとつ自分たちの引き出しも増えていくような気がして、
こちらまでうれしくなります。

あらためて、皆さんに感謝だなあ、と思ったのでした。


2010/06/04 08:42



庭仕事を楽しむ。
おはようございます。

今日は「くらしの学校」ものづくりコースの授業日。
アトリエの周りの草花で、草木染めを体験する予定です。

お天気もよさそうでひと安心。授業の様子はまたあす、お伝えしますね。


さて、わたくしごとですが、最近庭仕事にハマっています。

特にハーブとバラが好きで、少しずつ集めているのですが、セージやオレガノなどは
種類がいろいろあって、自分でも「…これ何だっけ?」と思うことが増えてきました。

カタカナの名前はすぐに覚えられないし…。

ということで、ピックに名前を書こう!と思ったのですが、ちょうど良いものがなかなか、
売っていません。

そこで、いつも「こういうのがあったらいいな」を形にしてくれるRさんに相談。

朝市のときに活躍している木札と同じようなデザインで作ってもらいました。

6-3-003 6-3-007

花の名前と、植えた年を書いて。
表には英語で、念のために裏には日本語で書いています(笑)。

たくさん作ってもらったけど、まだまだ足りない。
また、庭仕事が楽しくなりそうな予感です。


2010/06/03 08:12



おいしそう…なスイーツたち。
おはようございます。

アトリエからの日記更新。

今日はRさんが来てくれています。
あす行われる「くらしの学校」ものづくりコースの準備のため。

6-2-1

Rさんが松江市の「ラ・クレームデクレーム」さんに納品しているフェイクスイーツのストラップ。
できあがったお菓子(フェイクですが)を見せてもらいました。

6-2-2

マカロンにビスケット。デコラティブですね~。

くらしアトリエのものづくりとはまた一味違うけど、これもRさんの才能を感じる
作品たちです。


あすは自然素材を使った草木染めを体験します。

6-2-3 6-2-4

白い綿の布を人数分カットしてくれているRさん。
どんな色に染まるのか…今から楽しみです。


2010/06/02 10:55



6月になりました。
おはようございます。

あっという間に6月に入りました。衣替えの季節ですね~。
子どもたちの制服の白いブラウスに、夏の気配を感じています。

6-1-3_20100601074401.jpg 6-1-4.jpg

アトリエの周りには、いろんな色のお花がちいさく、可憐に咲いています。
少し分けてもらって、小瓶にあしらって。

特別な日のお花も素敵だし、こうした日々のちいさなお花たちもまた、自分たちにとっては
元気の素です。


すこし肌寒いくらいのお天気だった昨日。
アトリエの畑では、青ジソやバジルが芽を出していました。

美しい景色、澄んだ空気の中で畑仕事ができるのはありがたいこと。
ここを拠点にして良かったなあ、と思う瞬間です。

6-1-1_20100601074402.jpg

畑から見える、アトリエと隣のおじさんのおうち。
緑背景の、赤瓦がなんとも言えず、かわいいのです。


さて今日はこれから、雲南のとあるところへ。
新緑を眺めつつ、行ってきます。



2010/06/01 09:06


 + 

リンク
SLOW+SLOW(本サイト)
お花マルシェ
カテゴリ
  • お知らせ (254)
  • ものづくり (252)
  • 融通の利かない、かばん展 (26)
  • くらしアトリエへの思い (81)
  • スタッフの日常 (728)
  • 法人化までの日記 (1)
  • 未分類 (57)
  • 風景ノート (19)
  • 朝市 (143)
  • くらしの学校 (241)
  • イベント (55)
  • 畑展望公園まつり (21)
  • 森の休日 (8)
  • お仕事 (86)
  • 山の図書室だより (67)
  • 10周年祭 (12)
  • シマシマしまね (49)
  • 過去の日記
    2017年10月  2017年04月  2017年03月  2017年02月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年09月  2016年08月  2016年07月  2016年06月  2016年05月  2016年04月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年11月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年04月  2015年03月  2015年02月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年05月  2013年04月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月 


    ---【Login】
    Arranged by cadet
    Copyright © 2005-2007 SLOW+SLOW kurashiatelier