ゆるやかな時間。そして、お花マルシェより母の日ギフトのお知らせ。
おはようございます。

昨日は、残務処理のために朝市会場だった桂島へ。

0804302

こうして見ると、ちいさな島。でも、魅力がいっぱい詰まっています。

昨日は、釣り客、バーベキューを楽しむ人、カヌーで海を渡る人など、思い思いに島を楽しんでおられました。
0804033


我が家も昨日は釣り竿とお弁当を持って。
残念ながら釣果はなかったけど、久しぶりに家族でゆっくりとした時間を過ごせました。

子どもとお腹の底から笑って、お日さまの光を浴びて。
時間を気にせず、心の赴くままに、お散歩したり。

リフレッシュできた気がします。

その後、所用のため米子市のクレイさんへ。
朝市でも、小道沿いに素敵なディスプレイをしてくださって、お越しいただいた皆さんをわくわくした気持ちにさせてくれました。

お店の中にあるカフェ「楓」へ。家族でこれまた、ゆっくりまったり。

久しぶりに落ち着いていただいた1杯のコーヒーの、おいしかったこと!

オットも「おいしいなあ…」と何度もつぶやいて感動していました。

紅茶のケーキやチーズケーキなど、新しいスイーツもあって、ますます居心地のいいカフェになっています。皆さんもゆるやかな時間を感じに、ぜひいらしてくださいね。


さて、朝市は終わったと言っても、まだまだ残務は残っております。
レポもあるし…楽しみにしてくださっている皆さんに、早く朝市の様子をお伝えしたいです。


■お知らせ
昨日も日記でお伝えしましたが、「お花マルシェ」HPに母の日ギフトの内容をUPしました。
アレンジとブーケ、2種類のセット内容は、それぞれお母さまの個性に合わせてお選びください。

詳細はお花マルシェホームページからご覧いただけます。

「お花マルシェ」店頭ではこのギフトにこだわらず、お花のギフト、雑貨とお花の組み合わせなどご自由に選んでいただけます。この機会にぜひ、お花マルシェのお花に触れてみてくださいね。


2008/04/30 08:33



ご意見、ありがとうございます。そして、お知らせがいくつか。
おはようございます。

朝市が終わって2日。ご意見箱よりメールをいただいています。

子どもも一緒に楽しみました、という声をたくさんいただき、とてもうれしく思っています。

絵本マーケットでは、当日お持ち込みいただいた絵本が届くたびに、お子さんたちがあれこれ選んで楽しんでおられたとか。
また、シーグラスでアクセサリー作りのワークショップも、たくさんの方に体験していただけたようです。
本当に、ありがとうございました。

いただいたご意見は今後の参考にさせていただきたいと思っています。
引き続き、お待ちしています。

さて、今日はいくつかお知らせとお願い。

まず、日曜日の朝市でとても多くの方にお楽しみいただいた「シーグラスでアクセサリー作り」のワークショップ。
当日、ペンチをお持ちいただいた方の中で、違うものをお持ち帰りになった方がおられるようです。
講師のRさんのペンチが、どなたか別の方のものと入れ替わってしまったようで…。

古いものだけど愛着があるし、手になじんで作業がしやすいとのことで、戻ってきたらとてもうれしいのだけど、とのことでした。
お持ち帰りいただいたペンチが自分のじゃない!という方は、メールにてご連絡いただけますでしょうか。

そして、もうひとつは「お花マルシェ」から。
明日、4月30日はワークショップ開催日です。
テーマは「こいのぼりのアレンジ」。男の子をお持ちのお母さん、またそうでない方も興味のある方は、ぜひご参加ください。
どんなアレンジなんだろう…と、わくわくしています。出来上がったアレンジを持っておじいちゃんおばあちゃんのおうちへ、というゴールデンウィークもいいですね。

詳しくはお花マルシェHPか、'tis clayさんの店頭、お電話でお願いいたします。
雑貨屋さんの中のお花屋さん お花マルシェ

お電話 0859‐22‐3034

よろしくお願いします。

お花マルシェでは、5月11日の母の日に向けて、雑貨とお花を合わせた「母の日セット」もご用意します。近日中にHPにUPできる予定ですので、ご覧いただき、大切な日の贈りものにお役立てください。発送も承ります。





2008/04/29 07:22



朝市終わりました。
おはようございます。

日記4-28-1

昨日行われた「暮らしを楽しむ朝市」。
おかげさまで怪我などもなく、無事に終了することができました。ありがとうございました。

日記4-28-8

心配されていた風も前日ほどではなく、天気も良かったので、皆さんに気持ちよく過ごしていただけたのではないかと思っています。

パン・キッシュはお店の方にかなり無理を言って、数を相当増やしていただいたにもかかわらず、数十分で完売してしまい、お越しいただいた皆さんにはご迷惑をおかけしました。申し訳ございませんでした。

日記4-28-4

海のおにぎりもその場で島根町観光協会の方に臨機応変に追加していただき、結局当初の予定数の倍の数を作っていただきましたが、それでもお求めいただけなかった皆さんもいらっしゃって、心苦しい限りです。

お店の中には、前回の経験をふまえて、こちらがお願いした量よりもかなり多めに納品をしてくださったところもありました。とてもありがたく思っています。

どのコーナーでも、お客さまのマナーが素晴らしいですね、とボランティアスタッフの方も感心しておられました。
限りある商品なので、最後のほうの方は少しずつお買い上げいただいていたとのこと。後ろに並んでおられる皆さんのことを考えて、配慮してくださっていました、というのもうかがいました。ありがとうございました。

日記4-28-5

日記4-28-6

日記4-28-10

本部からでしたので全体の細かな様子は各コーナーのスタッフに任せていましたが、キッシュをほおばりながら歩いておられるお子さまや、シーグラスペンダントや指輪を誇らしげに見せてくれるお子さまたち、はぎれをお買い上げいただいてうれしそうにお帰りいただく方のお顔などを、拝見しておりました。

あわただしい気持ちで迎えた朝市でしたが、ふとふり返ると砂浜に親子連れの方々が転々とおられて、お子さんと遊んだり、にぎやかに過ごしていらっしゃる。
日記4-28-7


遠くを見ると、ノダイコンの花が咲く広場に、二人、三人と腰を下ろしてゆっくりと海を見ながらお過ごしいただいている。
日記4-28-2

その様子を見ると、なんだか涙がこみ上げてきました。

「だいぶ、理想の朝市に近づいたのではないですか?」
と声をかけてくださる方もいらっしゃいました。
確かにそうかもしれない…でもそれは私たちがそうしたのではなくて、来てくださった皆さんがそれぞれに楽しみを見出してくださったおかげだと思っています。
ありがとうございました。

朝ごはんセット、お天気もよくて外で召し上がっていただいた方もおられて、とてもほのぼのした様子でした。「おいしかった!」というアンケートの声、観光協会の方もうれしそうでした。
日記4-28-12


また、ラ・クレームデクレームさんのワークショップも、皆さんとても真剣に聞き入ってくださっていて、小倉さんが日頃すごく勉強をされているのがよく伝わってきた!という声もうかがいました。「学ぶ朝市」という私たちの思いを受け取ってくださって、とてもうれしく思っています。
日記4-28-13


日記4-28-3

また、今回の朝市では商品を出してくださるお店の方、ボランティアスタッフの方に本当にお世話になりました。
私たちだけでは到底補えない部分を、それぞれ主体的に考えてくださり、設営・ディスプレイやレジなど、本当に積極的にかかわってくださいました。準備が楽しいイベントなんて素敵!と、大変さを逆に前向きに考えてくださって、こちらもとても救われました。
本当にありがとうございました。

それから、今回の企画では、全国の皆さんからはぎれを募集したり、当日会場に本を持ち込んでいただいたりしました。
皆さんのご協力のおかげで、無事にマーケットの運営もできたと思っています。

日記4-28-11

重たい絵本たちを一生懸命運んできてくださった皆さま、ありがとうございました。
遠方から多くのはぎれを送ってくださった皆さま、お気持ちがとてもうれしくて感激しました。ありがとうございました。

そして、午後からは「春のものづくり勉強会」を開催させていただきました。

日記4-28-9

トークセッションのゲストの皆さんには、お忙しい時間を縫ってお越しいただき、またつたない司会にもかかわらず柔軟にお答えいただいて本当にありがたかったです。

作品を出してくださった皆さん、ありがとうございました。
今後も何かの形でこのような会を定期的に行えたらいいなと思っています。

朝市については、専用HPに「ご意見箱」を設置しています。
今後の運営のために何か気づかれた点、ご感想などありましたら、ご意見箱からメールをお願いいたします。

こちらからどうぞ。
暮らしを楽しむ朝市 専用HP

下の方に「ご意見箱」が設置してあります。
よろしくお願いします。

皆さんのご協力のもと、無事に朝市を終了できましたことを、あらためてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

後日レポートをUPしますので、またご覧くださいね。

2008/04/28 07:25



どうぞ気をつけて。
おはようございます。

いよいよ、朝市当日になりました。

昨日は1日会場で準備に追われましたが、風が強く、思ったように進みませんでした。

今日も、風の強さが心配です。会場自体はまだいいのですが、途中で渡っていただく海にかかる橋のところは、強風ですとちいさなお子さまは飛ばされてしまうのでは…という位の風が吹いたりします。

現地に行ってみなければ分からないので何とも言えないのですが、風が強い場合、決して無理をしないでください。事故などがあったら大変です。

そして、あたたかめの格好、はおるものをお持ちいただいた方がいいかもしれません。
地元の方も「あしたはあったかくしてきてね」と声をかけてくださいました。

そして、会場で配置図をお配りしますが、強風の場合会場の配置を変えさせて頂くことがありますので、ご了承ください。

重ねてお願いしますが、専用HPにあります「来場者の方へ」の注意事項とタイムスケジュールをよくお読みになった上でお越しくださいね。

来場者の方へお願い

では、どうぞお気をつけてお越しください。

お待ちしています。

       くらしアトリエ

2008/04/27 06:00



皆さんへお願い
おはようございます。

いよいよ明日は朝市。
お天気はなんとかもってくれそうな感じですが、風が強く寒くなりそうです。
どうぞ、あったかめの格好でお越しくださいね。

昨日も準備で桂島へ出かけました。ぽかぽかといい天気で、海の色もきれい。釣り人がたくさんおられて、のどかな空気が漂っていました。

日記4-26-1


さて、明日搬入の食品を提供してくださる皆さん、不眠不休で頑張ってくださっている方がたくさんいらっしゃるようです。パンもお菓子も、仕込みもあるし、今日が勝負なのではないでしょうか。
どのお店も、来てくださる方においしいものを、という気持ちでひたすらに頑張ってくださっています。作り手の思いを、会場でお届けできるよう、私たちも精いっぱい努力したいと思っています。

なお、どの食品も手づくりで大量生産はできません。
前回の朝市からは量を増やしていただいていますが、売り切れの際はどうぞご容赦ください。

また、準備に当たっては島根町の観光協会の方々に本当にお世話になっています。
数日前から毎日会場入りされ、草刈りやごみ拾い、私たちの準備に付き合っていただいたりと、
桂島のよさを多くの方に知ってもらいたい、と頑張っておられます。
お帰りの際はごみは持ち帰っていただき、きれいな桂島が皆さんに見ていただけるよう、こちらもご協力よろしくお願いします。

日記4-26-2

当日は駐車場からけっこう歩いていただくことになります。
専用HPの「来場者の方へ」のところにも書いておりますが、途中の橋には階段もあります。ベビーカーや車いすなどでお越しの方がおられたら、周りの皆さん、手伝っていただけたらとてもうれしく思います。

日記4-26-3

本をお持ちいただく方、先ほども書いたように見た目よりずいぶん歩くことになるので、たくさんお持ちいただくと大変なこともあると思います。無理のない範囲でお願いします。

なお、漁協や周辺道路への駐車は固くお断りいたします。また、駐車場内でのトラブルなどには責任を負いかねますので、ご理解よろしくお願いいたします。

そして、何度も書いておりますが、当日は時間によって販売物が変わる形をとっています。

・パン、キッシュ、瓶モノ(ドレッシングやジャム)、雑貨などは9時~販売開始

・海と山のおにぎりは10:30~販売開始を予定しています。

商品の入れ替えや、途中からの搬入などがあり、バタバタして皆さんにご迷惑をかけることがあるかもしれませんが、ご協力をお願いします。

運営スタッフは法人スタッフのほか、商品を提供してくださるお店の皆さん、ボランティアの皆さんですが、ご来場いただく皆さんも一緒に、「暮らしを楽しむ朝市」を作り上げていただけたらと思っています。
どうぞ、よろしくお願いします。


2008/04/26 07:33



おやつ屋さんのこと、お花マルシェからお知らせ。
おはようございます。

2日後に迫った朝市。準備も佳境に入っています。
お越しくださる皆さん、当日は寒くなりそうです。あたたかめの格好でお越しください。海辺の風は思ったより冷たいです。

そして、販売するものや企画が時間帯によって変わりますので、タイムスケジュールをご覧になり、注意事項についてもよく読んでいただいたうえでお越しいただければと思います。
タイムスケジュールとお願いは、こちらからご覧ください。

朝市のタイムスケジュールと、注意事項

いよいよ、専用HPも今日ですべての商品の更新が終わります。

今日は、昨日説明した「シーグラスでお買いもの」のゾーンに並ぶ、クレームデクレームさんの「おやつ屋さん」です。

こちらからどうぞ。

暮らしを楽しむ朝市専用HP

「シーグラスでお買いもの」アイコンをクリックしてくださいね。

今回クレームデクレームさんには、キッシュ、ミルクティジャムとコンフィチュールなど、新しいものをいろいろと開発していただいています。おやつ屋さんでは、懐かしい味のふんわりミニマドレーヌを作ってくださいました。

日記4-25-1

そのほか、おやつクッキーやギモーヴなども並びますよ。

ふり返って考えると、クレームデクレームさんがいなければ、私たちの朝市は成り立たないなあ、と思うほど。
ものづくりは作って終わり、なのではなく、何度も何度も試作を重ね、試行錯誤をし、時には迷ったり悩んだりしながら、お客様のことを考えて心を込めて作り上げるものなんだ、というのを見せていただきました。
こちらの無理なお願いにも笑顔で応じてくれたり、私たちの妄想に真剣に付き合ってくださったりする姿を見ると、たとえ同じような技術と素材を持つお菓子屋さんが他にいたとしても、小倉さんご夫婦じゃなければこのお菓子は絶対にできないはずだ、と思うのです。

だからこそ、私たちもこの頑張りに応えなくちゃ、と思います。朝市にお越しくださる皆さんに少しでも、作り手の頑張りや思いをお届けしたいと思っています。

小倉さんによる「おさとう、卵、牛乳のワークショップ」は、本日正午で受付を締め切ります。ケーキのスポンジの食べ比べや、お店のお菓子についてのお話などもうかがえます。よろしくお願いします。

申し込みはこちらから。
申し込みメールフォーム


朝市まであとわずか。お天気が少し心配ですが、なんとかもってくれるのでは…と念じています。

当日、大切な本と絵本のマーケットにご提供いただける本を持ち込んでいただける方を募集しています。事前の申し込みは不要ですので、当日、本部までお持ちください。重い本を持って歩いていただくのは申し訳ないのですが、ご協力よろしくお願いいたします。


そしてそして、もうひとつのお知らせは、「お花マルシェ」から。
GWが終わったらすぐ、「母の日」がやってきます。

日頃お世話になっているお母さんへ、感謝の気持ちを込めてお花を贈りませんか。
「お花マルシェ」はもうすぐオープンから1年を迎えます。思えば去年の母の日は、クレイさんでのお花のイベントの真っ最中でした。

今年も、雑貨とお花をセットにした「母の日セット」を販売する予定です。

日記4-25-2


こちらはアレンジメントとホーローバケツ、ガーデニンググローブにRさんのガーデニングピックのセット。
清潔感ある白いバケツと、おそろい感のあるちいさなジャグのピックがかわいいセットです。お庭仕事が好きなお母さまへ。

日記4-25-3

こちらはブーケとバスケット、そしてミルクティジャムのセット。
カーネーションがシックな色合いで、落ち着いた印象もあり、お母さまにも喜んでいただけるのではないでしょうか。

お店での販売が基本ですが、発送も承っております。興味のある方はお花マルシェHPか、クレイさんまでご連絡ください。




2008/04/25 08:14



タイムスケジュールについて、シーグラスでお買いものについて
おはようございます。

いよいよ朝市がせまってきました。昨日は「おすそわけセット」の発送日。本日到着の予定です。メールを送らせていただいていますのでご覧くださいね。

nikki080424


梱包途中の「おすそわけセット」。
無事に届きますように…。


さて、今回の朝市についての全般的なタイムスケジュール、お願いしたいことを、HPに掲載させていただいています。
詳しい内容はこちらになります。HPのトップからもアクセスできます。

タイムスケジュールとお願い

時間差で販売や企画を考えていますので、申し訳ございませんがご協力よろしくお願いします。

今回はくらしアトリエスタッフのほか、商品を出してくださるお店のスタッフさん、ボランティアの皆さんの協力の下で朝市を運営しています。

皆さん、イベントやレジ打ちなどに慣れている方ではありませんので、お時間をいただいたり、不手際があったりすることがあるかもしれません。
ですが、皆さんに喜んでいただくために、お休みを返上され、研修に参加していただくなど努力していただいています。
どうか、ご来場される皆さんにはその点をご理解いただき、一緒に朝市を楽しんでいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

そして、今日は「シーグラスでお買いもの」について情報をUPしています。

こちらからどうぞ。

暮らしを楽しむ朝市専用HP

「シーグラスでお買いもの」のページをご覧くださいね。

これは、私たちスタッフが、朝市の中で何か楽しくお買いものができる仕組みはないかな、とあれこれ考えて試みる企画です。
ちょこちょこっとしたかわいいおやつや、全国の皆さんからのご好意で集まってきた絵本や本、はぎれ。
これを、ただお金を出して買うのではなんだか味気ないな、と考えました。

お子さんと一緒にわくわくしながらものを選んだりする楽しみも一緒に味わっていただけたら、という思いで、何かお金ではないものでお買いものをしていただくのはどうだろう?ということになりました。

海辺で行う朝市なので、海にちなんだものを。
シーグラスを握り締めておやつや絵本を買うって、どうだろう?楽しそう。
そんなわくわくした気持ちを、多くの皆さんにも味わっていただけたらと思っています。

詳細はHPに書いていますが、換金所にて現金とシーグラスを交換していただき、ゾーン内でのお買いものはそのシーグラスで行っていただきます。シーグラスはこちらで準備しています。

より多くの方に楽しんでいただきたいので、1度にお買い上げいただける量に制限をさせていただきます。また、状況によっては換金をお待ちいただく場合もありますので、ご了承ください。


最後に、本日付の読売新聞 島根版に、朝市のことを掲載していただいています。

先日の山陰中央新報さんも、今回の読売新聞さんも、朝市のフォーラムにお越しいただき、一緒に朝市の今後を考えてくださっている方たちです。
記事についても私たちの主旨が伝わるよう本当に配慮していただきました。ありがとうございました。


なお、今回「シーグラスでお買いもの」で出品していただく海士町の「みゆき工房」さんも、近々山陰中央新報に掲載されるそうです。楽しみです。

みゆきさんは今回の朝市の主旨をお話したところ、「シーグラスでお買い物って楽しそう!自分の商品はそこに出させてください」とおっしゃってくださいました。
この「楽しそう!」という思いが、シーグラスゾーンで表現できたらいいなと思っています。

よろしくお願いします。

※ものづくり勉強会の締め切りは本日正午となっています。お早めにお願いします。
 おさとう、卵、牛乳のワークショップの締め切りは明日です。こちらもお早めにお願いします。


2008/04/24 09:18



朝市の駐車場と本日の更新、塩、ドレッシング、アンティークについて。
おはようございます。

昨日も打ち合わせのため、朝市会場の桂島を訪ねました。いい天気で風もなく、地元の方と「日曜日もこんな感じだったら最高だけどねえ」という話をしました。本当にそうなのですが…。

駐車場について少し。

桂島周辺には大きな3つの駐車場があります。桂島に近いほうから、第3駐車場、第2駐車場、第1駐車場、の順になっています。

どの駐車場も、釣り客の方や地元の方が駐車をされていて、すべてが使えるというわけではありません。お天気がよければ釣り人も増えるようで、実際にお停めいただけるのは100台前後、のようです。

誘導員を配置する予定ですので指示に従ってください。桂島周辺の道路、漁協などへの駐車は固くお断りいたします。地元の方にも朝市を楽しんでいただくためにも、この約束は必ず守っていただきますよう、お願いいたします。

さて、今日は「お塩とドレッシング」、そして「アンティーク」のページをUPしました。

暮らしを楽しむ朝市 専用 HP

日記4-23-2


前回の「森の冬じたく朝市」でもお世話になった、ふるさと海士さんのお塩。普段のお料理に気軽に使っていただける、おいしいお塩です。

日記4-23-1

そして、ドレッシングは今回ご縁があってご紹介できることになった雲南市吉田町の「はしまん」さんオリジナル。国産ものにこだわり、おいしさを追及した4種類のドレッシング。お店でのお客さまの声をもとに作り上げたというだけあって、おいしく仕上がっています。

そしてアンティークもいくつか。こちらは雑貨ゾーンに並べさせていただく予定にしていますので、ご覧くださいね。

…なんだか連日情報が多くて申し訳ないのですが…。
「海辺の朝ごはんセット」、本日正午が締め切りとなっています。定員間近ですので、よろしくお願いいたします。

お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ。
お申し込みメールフォーム


2008/04/23 07:48



おにぎり、スロウ雑貨UPしました。そしてファブリックマーケットのこと。
おはようございます。

まず昨日、「朝市おすそわけセット」の締め切り・抽選を行いました。
すべての方に、結果のメールをお送りしています。
今回、メールが帰ってきてしまう方が数人いらっしゃいました。届いていない、という方、申し訳ございませんがご連絡いただけますでしょうか。

山陰の方だけではなく、全国の方から朝市を応援していただけることはとてもありがたいことで、その方たちに少しでもおすそ分けできたら・・という気持ちで企画したおすそ分けセット。

しかし、予想以上の反響に、急遽数を増やしたものの、それでもやはり、お店の都合や手作りということもあって数に限界があります。
どうしたら少しでも多くの方におすそ分けできるのか、スタッフやお店の方と何度も話し合い、考えましたが、やはり今の段階で、できること全てを行っても、数の関係等、お届けできない方が出てきてしまうことを本当に申し訳なく思っています。また何かの形でお届けできたら・・とただ今検討中です。

ご注文が確定した方には、明日発送の予定です。よろしくお願いいたします。

さて、朝市情報、今日は「おにぎり」と「スロウ雑貨」の情報をUPしました。

こちらからご覧ください。

暮らしを楽しむ朝市専用HP

おにぎりは「おいしいもの」、スロウ雑貨は「暮らしを楽しむもの」からご覧いただけます。

今回、前回の「森の冬じたく朝市」に引き続き、おにぎりをご用意しますが、前回ひとつずつのおにぎりをその場でご注文いただくようにしたところ、大変混雑をしてご迷惑をおかけしたということがありました。
そこで、今回は海、山ふたつのおにぎりを、それぞれ2個セットで販売することにしました。

日記4-22-1


海のおにぎりは、地元島根町の観光協会のご協力をいただき、以前ご紹介した「海辺の朝ごはんセット」と同じおにぎりをセットにしてご紹介します。サザエごはんとハバのりのおにぎり。どちらも磯の風味が効いてとてもおいしいですよ。

また、山のおにぎりは前回同様、「いきいきアグリ馬木」さんのおにぎりを。
今回は、定番の山菜おこわと、「馬木のお米のおいしさが一番わかるのはこれ!」と太鼓判を押された、塩むすびのおにぎりのセットです。

おにぎりを作っていただくのは、いずれもどちらかと言うとご年配の方たち。
皆さんの「地元を愛する心」にはいつも脱帽します。

こんなふうに、ふるさとが好き!と言い切って胸を張って生きていられるって、きっととてもしあわせなことなんだろうな、とつくづく思います。

その気持ちを少しでも伝えられるよう、私たちも頑張りたいと思います。

そしてスロウ雑貨、今回は2種類ご用意しています。

日記4-22-2


先日の清掃活動の際も「大好きで3つ持ってるよ!」とお子さんから声をかけていただいたRさんの樹脂ボタン。デザインも新たに、ただいま製作中。
そして、黒板雑貨もひとつご紹介します。かわいいですよ。


さて、同時開催の「ファブリックマーケット」。
布が少しずつですが集まってきました。ありがとうございます!

日記4-21-5


皆さんの気持ちがとてもうれしくて、大切に大切に、役立ててくださる方に届けばいいなあと思っています。

ファブリックマーケットの布は、全国の皆さんからのご好意で集められたものになります。
お気に入りだったものがまた違う誰かへ渡り、その人の暮らしを楽しくする。それが、私たちの考えるリサイクルです。
引き続き、おうちで眠っている布、お気に入りだけどもう使わないな、という布がありましたら、くらしアトリエあてにお送りください。朝市に来てくださったハンドメイドのお好きな方に新たな形で役立ててもらいたいと考えています。
4月24日(木)必着となっていますので、ご協力よろしくお願いします。

そして、朝市についてブログなどでご紹介いただいています。ありがとうございます。
普段SLOW+SLOWのサイトはご覧にならない方も、こうしてリンクから飛んできてくださることで、朝市の主旨をご理解いただいたり、興味を持ってくださったりするきっかけになります。

clover*cloverさんivoryさん、ありがとうございました。ご自身たちも、それぞれイベントの企画や参加などでお忙しいころだと思います。しかし、こうやって表現する形は違えど、山陰からすばらしいイベント企画や作品が生まれることはとてもうれしいことです。応援しています。がんばってください!

他にも、いろいろなところで朝市のことを紹介してくださったり話題に乗せてくださったりした皆さん、ありがとうございます。
不安も大きいですが、少しでも作り手さんの気持ちが伝わるよう頑張りますね。

もろもろ、受け付けの締め切りが迫っています。

朝市 受付状況・申し込みメールフォーム

お早めによろしくお願いします。


2008/04/22 09:09



お願いと、清掃活動ご報告と、朝市ページ更新と。
おはようございます。

朝市までいよいよ1週間を切りました!もろもろの打ち合わせも佳境を迎え、スタッフもいろいろとあわただしく過ごしています。

当日いらしてくださる皆さんにお願いがいくつかあります。

・毎回イベントのたびにお願いをしていることですが、なるべくエコバッグのご持参にご協力ください。皆さんのかわいいバッグを拝見するのも、実はスタッフの楽しみだったりします。お気に入りのバッグやかごを持って、朝市へお越しくださいね。

・会場は屋外になります。レジャーシート、ブランケット、お飲み物、お弁当など、各自でご持参いただけるとさらに楽しめると思います。
島根町には桂島以外にも美しい海岸がたくさんあります。ドライブなどもおすすめです。

日記4-21-3

・海は楽しいこともありますが危険もたくさんです。お子さま連れの方はどうぞ、目を離されないようにお願いします。また、裸足で海を走ったりすると怪我をします(昨日のわが子がそうでした…)。どうぞ、十分にお気をつけください。


さて、昨日は、会場である桂島の清掃活動を行いました。

日記4-21-1

参加してくださった方、そして、ご協力いただいた島根町観光協会の皆さん、ありがとうございました。
子どもたちも参加し、「海に落ちていたらおかしいな、と思うものを拾ってね」と言いながら、ごみを拾っていきました。

日記4-21-2


日記4-21-4

ペットボトルのふた、釣りのえさの入れ物、使い捨てのライター、などがたくさん。

開始から2時間弱、かなりきれいになったと思います。
でも、2日海が荒れるとまた、元通りになってしまうのだとか。定期的な清掃活動が必要なんだなあ、と感じました。

島根町観光協会の方に「きれいにしてくれてありがとう」といわれたのですが、こちらこそいろんなことを考えさせられ、いい体験をさせていただきました。



そして、今日の朝市専用HPでは、ラ・クレームデクレームさんの「キッシュ」の情報をUPしています。
こちらから。

暮らしを楽しむ朝市 専用HP

「おいしいもの」のアイコンからどうぞ。

日記4-21-6

今回もおいしいキッシュが並びます。いつもながら、何度も何度も試作を重ねて、納得のいくものを出してくださる、その姿勢が素敵です。シーフードのキッシュはエビのぷりぷり感が決め手。今回もわざわざレストランの方に処理の仕方などを教えていただいたとのこと。確かに、臭みもなくぷりっとしたエビがおいしい!と試作をいただいて感じました。

なお、皆さんご存知のように、現在小麦粉や乳製品などの値上がりが続いています。
クレームデクレームさんも、いいものを皆さんに提供することと、値段のことで、ずいぶんと苦労されていらっしゃいます。

キッシュについても、材料の価格高騰で、前回の「森の冬じたく朝市」より値段が高くなってしまいます。クレームデクレームさんもそのことを心苦しく思っていらっしゃり、どうにか、値段が高くならないようにあれこれ試作をしていただいたりしたのですが、やはり、どうしても乳製品を使う関係で少し高くなってしまうようです。
お越しくださる皆さんには心苦しいのですが、どうぞご理解をいただきますよう、お願いいたします。

それから、個別にもメールをさせていただきますが、このクレームデクレームさんのワークショップ「おさとう・卵・牛乳のワークショップ」の開始時刻を、11時から10時30分に変更させていただきたいと思っています。11時30分に終了予定です。よろしくお願いいたします。


そしてもうひとつ、いつもお世話になっている米子市の'tis clayさん、そしてお花マルシェのページもUPしました。

暮らしを楽しむ朝市 専用HP

「暮らしを楽しむもの」からどうぞ。

日記4-21-7

いつも素敵なディスプレイで会場を演出してくださるクレイさん。今回は海辺のデッキを中心に、ピクニックをイメージする雑貨たちが並ぶ予定です。
皆さんが島にお越しになると、まず雑貨屋さんがお迎えする、という配置になる予定です。わくわくしますね。どうぞ、お楽しみに…。

そして、クレイのオーナー、松本さんも参加してくださる「春のものづくり勉強会」、申し込み人数がもうすぐ定員に達します。お申し込みはお早めにお願いします。
申し込みはメールフォームからどうぞ。

朝市 申し込み・ご予約のメールフォーム

2008/04/21 09:13



今日は清掃活動の日。
おはようございます。

今日は、暮らしを楽しむ朝市の会場、桂島の清掃活動を行います。
お越しくださる方、汚れてもいい格好で、軍手などされてお越しください。
10時にビジターハウス前に集合です。

お茶など水分を補給するものもお持ちください。
よろしくお願いします。


そして、引き続き「朝市おすそわけセット」にご注文をいただき、ありがとうございます。

遠方の方、山陰の方、そして、遠くに暮らしている山陰出身の方に送りたい、という方、いろんな方がいらっしゃって、おひとりおひとりにしっかりとお礼を言いたい気持ちです。
作り手の都合などもあり、今回は抽選とさせていただきます。本当に心苦しいのですが、ご了解ください。

昨日は用事があって米子市のクレイさんへ。

いつ出かけても、ホッとできて、でもわくわくする、素敵なお店です。

nikki042011



写真を撮っているときにいらしたお客さまが、
「あ~、私を癒やしてくれるのはクレイだけだよ~」とつぶやきながら歩いておられたのが印象的でした。

nikki08042022


ちょっとしたディスプレイも素敵です。
「春のものづくり勉強会」では、クレイのオーナーさんにもお話をうかがいます。

定員まであとわずか。興味のある方はお早めにどうぞ。

受付状況・申し込みメールフォーム

2008/04/20 01:28



山陰の魅力を伝えるために。
おはようございます。

連日雨の山陰地方です。朝市当日が少し心配です。

さて、「暮らしを楽しむ朝市」について、地元の新聞に昨日、掲載されていました。
オンラインでも見ることができるようです。

山陰中央新報 掲載記事

山陰を元気に、というのはとても大きな目標だけど、方法は違っても結局同じような思いで活動をされている方たちに出会うことで、その目標を失わずに進めているように思います。

昨日は奥出雲町の「いきいきアグリ馬木」さんと打ち合わせ。
松江ではもう散ってしまった桜が、今まさに満開の馬木地区。あいにくの雨でしたが、道に落ちているピンク色の花びらがとてもきれいで、田舎のよさをこんなところから感じるのもいいなあ、と思いました。

日記4-19-1

山陰のよさは、はたと足を止めて耳を澄ませたり、じっと見つめてみないと分からない、ささやかな季節のにおいだったり、人の営みだったりするのではないか、と思います。

そういう季節感や、日々暮らしている人たちの健やかさが、私たちにはすごく新鮮でいとおしい。
そんな思いを、朝市をはじめとするいろいろなもので表現できたらと思っています。


さて、「おさとう・卵・牛乳のワークショップ」。プロのパティシエにお菓子作りを素材の面から教えていただこうというワークショップです。
昨日頂いた、ご質問で、「お菓子作りはあまりしませんが、単にスイーツが好きという人でもワークショップを受けてもいいですか?」というメールをいただきました。

もちろん大丈夫です!

お菓子作りが好きな方はもちろん、「お菓子作りはしないけど、お菓子を食べるのは好き!」「スイーツを食べ歩くのが趣味」という方にも、きっとぴったりなワークショップだと思います。

日記4-19-4

お店それぞれに素材への思いは違うのでしょうが、今回の講師である小倉さんのこだわりはとてもまっすぐで、お話をうかがっていると「この人が作るお菓子なんだからきっとおいしいはず」と思えてしまいます。

日記4-19-3

たくさんのお砂糖を食べ比べて、その甘みの違いを知り、これらがどうお菓子に生きていくのかを教えていただいたり、スポンジを食べ比べて卵のもつ力を教えていただいたり。

ただおいしい!と言って食べるのと、そのおいしさの背景を知って食べるのとでは、きっと感じ方が違うと思います。舌で味わうだけではなく、ちょっと考えて食べるというのもきっと、新しいスイーツの楽しみ方かも。
興味のある方はお気軽にメールフォームから申し込んでみてくださいね。

*「海辺で食べる朝ごはんセット」の9時30分の枠、「春のものづくり勉強会」の予約枠がもうあと残りわずかとなっています。
朝ごはんセットのご予約受付は23日正午までとなっておりますので、ご注意くださいね。

予約状況の確認、申し込みはこちらから→メールフォーム


2008/04/19 09:19



ラスクと塩パイの話、そして朝市に関するお知らせ。
おはようございます。

朝市専用HP、今日は「みゆき工房」さんのラスクと塩パイの情報をUPしました。

こちらからご覧ください。

暮らしを楽しむ朝市専用HP

「シーグラスでお買いもの」のアイコンからどうぞ。

日記4-18-1


前回の「森の冬じたく朝市」でお世話になった海士町の「ふるさと海士」さん。その海士の塩を使ったパン作りをされているみゆきさんのことは、島に住んでいたときにたびたび耳にしていました。
隣の島だったので、産直市に販売されているパンを買うこともしばしば。どんな方なんだろう、どうやってパン作りをされているんだろう、という興味もあって、「ふるさと海士」さんを介してお会いすることができました。

驚いたのは、たった一人ですべての工程をこなしておられることと、小麦を自家栽培されていること。材料を吟味することはもちろんなのですが、自家製小麦はなかなかないんじゃないかなあ、と思います。
一度島を離れて、あらためて島のよさに気づき、ここからものづくりを始めてみようと思った、というみゆきさん。「島の素材を大切にしたい」という気持ちが伝わってきて、とてもいい時間を過ごすことができました。しかし、ひとりで何もかも決めて作るというのは、大変そうだなあ…と、お話を聞いているとつくづく思ってしまいます。好きだからこそ、できることなのかもしれません。

今回、離島からの出品ということもあってパンは並べることができないのですが、定番商品のラスクと、海士の天日塩を使った塩パイを出していただくことができました。どちらもおやつとして、何個でもいけそうな後を引く味です。

島の人たちにも毎日パンを届けたいと頑張っておられるので、朝市に並ぶ量は多くありません。これもみゆきさんの島を大事にする思いから来ていることですので、ご了承くださいね。

朝市まであと1週間とちょっと。
準備もあわただしく行っています。

昨日は「春のものづくり勉強会」の打ち合わせを行いました。トークセッションに参加してくださる皆さんと、どんなお話をしようか、あれこれ話し合い。
3人のオーナーさんたちにお話をうかがうと、その人生観やお店に対する思いに、心があったかくなったり、笑えたり泣けたりで、お話ができることに幸せを感じました。

この方たちの思いや個性を、存分に感じていただけるようこちらも頑張らなくちゃ、と気持ちを新たにしたところ。
素敵な3人の方たちのことですから、当日どんなお話になるのか、本当に楽しみです。皆さんからの質問もたくさん受け付けたいと思っていますので、どうぞお気軽に参加してみてくださいね。


それから、朝市についてひとつお知らせです。

今回、商品を前後させて販売する旨を、朝市HPやフライヤーに記載しています。

混雑を避けるため、まず9時よりパンとキッシュの販売を行い、時間をおいて10時30分よりおにぎり(海のおにぎり、山のおにぎり)、お煮しめの販売を行う予定にしています。
パンとキッシュは売り切れるまで販売しています。

混雑を避けるという目的のほか、出店してくださるお店のご都合や、スタッフの人員を勘案し、このような形にさせていただくことになりましたので、ご理解よろしくお願いいたします。


2008/04/18 08:02



おすそわけセットのこと、ウインナーのこと。
おはようございます。

昨日受付を開始した「朝市おすそわけセット」に、本当にたくさんのご注文ありがとうございました。

正直、初日からこんなにたくさんのご注文をいただけるとは思っていなくてびっくりしています。
「いいもの」を求める皆さんのアンテナの高さをあらためて感じました。 メールの返事が遅れていて申し訳ありません。今しばらく、お待ちくださいね。

そして「朝市頑張ってくださいね」という皆さんのコメントも、ありがとうございます。
遠くで見守ってくださる方々と、山陰で応援してくださる方々。皆さんに支えられて頑張れます。元気をいただきました。

さて、今日はひとつお知らせがあります。
先日申し込みを開始した「海辺の朝ごはんセット」、予約の締め切りが少し早くなりました。
4月23日(水)午前中まで受付となります。当日の申し込みはできませんので、お早めにご予約をお願いいたします。

我が家はたまに家族でモーニングを食べに行くのが楽しみなのですが(ひそやかな贅沢)、和食の朝ごはんをゆっくり食べられるモーニング、というのはなかなかない気がします。パンとコーヒーもいいけれど、そこでとれたものを味わって食べるという経験は、特に子どもにはいい経験になるんじゃないかなあ、と思っています。
日本本来の姿、というか、山陰があるがままの姿を、感じていただけたらと思います。何よりおいしいし。これが大事ですよね。


そして、朝市専用HP、今日はウインナーのご紹介です。

暮らしを楽しむ朝市専用HP

「おいしいもの」のアイコンからどうぞ。

今回新たにご縁があって商品を並べさせていただくことになった、若桜町の「ハム工房つくしんぼ」さん。とある方から「おいしいウインナーがあるんですよ」と教えていただきました。
興味津々でスタッフが遠路若桜町まで。雪深い地方で、ハムやウインナー作りに頑張っておられる姿を、直接拝見し、お話もうかがってきました。

日記4-17-1


落ち着いた色合いの集落。山陰らしくて素敵です。

養豚をされていたオーナーさんが、自分たちが育てた豚でハムやウインナーを作って、消費者の方においしいと喜んでいただきたい、という思いから始められたそう。
豚を育ててその豚でウインナーを作る…という私たちから見るとびっくりしてしまうようなものづくりを、ごく自然に受け止めておられる様子でした。

今回朝市に出していただくウインナーは3種類。

どれもまず噛んだ瞬間にじゅわっと広がる肉汁、濃厚な味わいが、普段食べているウインナーとは別の食べもののようで、感動します。

日記4-17-2


荒挽き、パセリ入りは朝ごはんにも、辛子入りはビールのお供などにもぴったりだと思います。

何しろおいしくて、作り手の思いもこだわりもぎゅっと詰まった味。スタッフはもちろん、その子どもたちも「おいしい!」「もっと食べたい!」と大絶賛のウインナーです。よろしくお願いします。


2008/04/17 09:26



清掃活動のお知らせと、朝市おすそわけセット受付のお知らせ。
おはようございます。

今日はまず、ひとつお知らせから。

今回「暮らしを楽しむ朝市」の会場となる島根町の桂島にて、清掃活動を行います。
4月20日(日)午前10時より、朝市会場周辺のゴミ拾いを中心に行います。

日記4-16-2

きれいな海岸が広がる桂島ですが、湾になっていることもあってか、漂着系のゴミがたくさん落ちています。
島根町の方々も日々努力されているのですが、なかなか大変なよう。

私たちも、わずかでも協力できれば、と考え、この清掃活動を企画しました。

ご協力いただける方がおられましたら、メールフォームにてご連絡ください。よろしくお願いいたします。

暮らしを楽しむ朝市メールフォーム


さてさて。今日は、先日から何度かご紹介した「朝市おすそわけセット」のご紹介です。

日記4-16-1


朝市のたびに「行きたいんだけど遠くて…」「どんな商品たちなのか食べてみたいです」というご意見をいただいていました。
いつも応援してくださっている遠方の方たちにも、朝市の雰囲気を感じていただけたらいいな、と常々思っていましたが、今回初の試みとして、朝市の商品の中からいくつかセレクトしてお届けする「おすそわけセット」を始めることにしました。

お花があるので翌日に到着可能な場所にお住まいの方に限りますが、かわいいもの、おいしいものたちがぎゅっと詰まったセットになっています。バスケットの大きさでちょっと内容を変えて、2種類をご用意しました。
詳細は朝市専用HPよりご覧くださいね。本日より、申し込み受付開始です。

暮らしを楽しむ朝市専用HP

一番右の「おすそわけセット」のアイコンをクリックしてみてください。

まず、昨日ご紹介した「コウボパン小さじいち」さんのパン。大と中、どちらのセットにも入りますが、内容が少し異なります。材料にこだわり、大山山麓のおいしい水と空気で焼き上げたパンは、香り豊かで見ているだけでもかわいい、そんなパンたち。

そして、松江市の洋菓子店「ラ・クレームデクレーム」さんからは、今回オリジナルのミルクティジャムと、いちごのコンフィチュールを。
先日も日記で書きましたが、これがもう本当においしくてスタッフが大喜びなのです。

ミルク系のジャムはとにかく甘い、という印象が強いのですが、クレームデクレームさんのジャムはミルクティの後味がしっかりと残って、コクがあってしかもすっきり。いい茶葉を使って作ると、しっかりとお茶の味が分かります。
スコーンや素朴なパンケーキに添えていただくと風味が生きてとてもおいしいと思います。

そして「いちごのコンフィチュール」は、島根県安来市で作られたいちごを使って、余計なものを入れずに仕上げた、手づくりの味。キラキラと輝くいちごが、瓶を日に透かすととてもきれいでうっとりしてしまいます。
「いちごがいいから、いいものができるんですよ」と、パティシエの小倉さんも素材にほれ込んでおられるので、きっと皆さんにも喜んでいただけると思います。

それから、朝市でも出品予定のクラフト作家、Rさんのおなじみ樹脂ボタンもセットに入ります。
今回は新たなデザインもできて、ちょっと海を意識したイメージになる予定。
この機会にぜひ、手にとってその世界を見ていただけたらと思います。

さらに、同じく大と中、どちらのセットにも「お花マルシェ」のブーケが入ります。
海の色を意識したブルー系のブーケは、清楚で涼やか、でも春らしさも薫る素敵な花々です。きゅっと束ねて飾ってあってももちろんかわいいし、ひとつひとつグラスに入れてもいいね、とスタッフで話しています。

そして、大きなバスケットのセットには、島根に浮かぶ島、隠岐・海士町の「ふるさと海士」さんが作るお塩が入ります。
前回の「森の冬じたく朝市」でもとても好評をいただいた、スタッフも大好きなお塩。食べものをおいしくいただくには、お塩はとても大切。基本的な調味料にこだわりたいと思っている方には、ぜひ試していただきたいお塩です。
そして、同じく大きなバスケットのセットのみに「さんいんおやつクッキー」も入ります。こだわりの味をぜひ、お試しくださいね。

どちらも、クレイさんセレクトのかわいいバスケットに入れてお届けします。店内でもすぐ在庫がなくなってしまう、人気のシンプルなバスケット。どんなインテリアにもしっくりと溶け込んでくれる色もおすすめです。

本日より受付を開始いたします。注文が多数の場合は抽選とさせていただきます。

メールフォームを用意しますので、他の受付(ワークショップ、勉強会など)との同時の申し込みも可能です。よろしくお願いします。

2008/04/16 10:50



サンドイッチと天然酵母パンとコンフィチュール。
おはようございます。

連日バタバタと朝市の準備に追われて、ふり返る暇もありませんが、子どもたちはそれぞれ、新しい学年での新学期を迎えています。

不安もありましたが、とりあえず順調に新しい学校でのスタートを切っているようす。
親としてはなるべく後ろから見守ること、おいしいおやつやごはんを用意することに努めたいと思っています。

あわただしくあちこち出かけていても、なるべく子どもたちが帰ってくるときには笑顔で「おかえり」が言えるよう、時間を調整したりしています。「今日ね、あのね」の声も今のところ元気ですが、毎日ほっと胸をなでおろしたり、大丈夫かな…と心配になったり、の繰り返し。

でもこればかりは子どもが頑張るしかないと思っているので、やはり家では心の荷物をほっと降ろせるような環境でありたいと思っています。


さて、今日は「暮らしを楽しむ朝市」に並ぶ、パンとジャムについて専用HPにUPしました。

パンは朝市ではもうおなじみの、「コウボパン小さじいち」さんと「ぱんやのきゅう」さんのパン。
今回オリジナルなのは、「コウボパン小さじいち」さんのサンドイッチです。

日記4-15-1


「ピクニックといえばサンドイッチだよね」という安直な発想から、小さじいちさんに「サンドイッチできませんか?」とこれまた安易にお願いをしたのですが、快く引き受けてくださり、週末、お店にうかがって試作を見せていただきました。
どんなものにしようか、いろいろとスタッフの方で考えてくださったそうで、出来上がった試作品はオープンサンド。そうきたか~、といううれしい驚きでした。

カンパーニュの上に、パテや野菜のジャムなどが乗せてあって、ぱっと見てまず「うわああ」というわくわく感が募ります。
さらに、具のひとつひとつがとーっても豊かな味で、パンもその味を引き立てているといった感じ。ひとつひとつ「おいしいな」「これもおいしい」「うーん、これもおいしい」「どんな順番で食べるか考えるのも楽しいねえ」など、うきうきで試食させていただきました。

普段こういう食べ方でサンドイッチを作ることはあまりないし、パテや野菜のジャムなどもあまり口にしない手間のかかる材料なので、ひたすらに感動…。かわいくておいしい、素敵なサンドイッチになっています。

小さじいちさんは毎回朝市に参加してくださっているということもあり、私たちのコンセプトをとても理解してくださっています。
今回も、「ゴミがなるべく出ないように」という配慮のもと、包む袋を再利用できるものにしていただく予定。こちらからは何も言わなかったのにきちんと考えてくださって提案してくださったことが、とてもうれしくて。

サンドイッチのほかにも、野菜を使ったパンなどが数種類並ぶ予定です。小さじいちさんのパンは「朝市おすそ分けセット」にも入る予定ですので、遠方にお住まいの方もぜひ、味わってみてくださいね。

そして、「ぱんやのきゅう」さんは、おなじみのパンたちを。

日記4-15-2


いつも変わらない、でもちゃんとおいしい、素材の味が分かるパンたちです。

ひとつひとつ、心を込めて焼いてくださっているので、私たちも大切に販売させていただきたいと思います。
毎回、多くの量をお願いすると「材料が手に入れば…」という感じのきゅうさん。どれも周りにある「いいもの」を手に入れて作っておられるから、なかなか大量生産というのは難しいのが現状で、それは他の商品についても言えることです。
無理を言う分、この朝市を通じて「おいしかった」の声を作り手の方々にお届けできたら、と思っています。


そして、もうひとつ、ジャムのお知らせ。
今回、洋菓子店「ラ・クレームデクレーム」さんに、オリジナルのジャムを3種類作っていただきました。

日記4-15-4

これがもう、劇的においしいです。びっくりしました。

ミルクティジャムが2種類。いつもお菓子作りで使っておられる西製茶さんの茶葉を使って、紅茶の香りを感じさせる、濃厚なジャムができました。
すごいなあ、といつも思うのは、ちゃんと素材の味がすること。当たり前かもしれないけれど、ミルク系のジャムはひたすら甘いというイメージがある中で、甘いだけじゃなくてちゃんとお茶の味が引き立っていることに感動しました。

「べにふうき」と「べにひかり」。それぞれに個性的で、まったく違った味わいになっています。これもまたびっくり。
スコーン、パンケーキなどに添えるとおいしいです。

そして、もうひとつは安来産の苺を使った、いちごのコンフィチュール。透き通った色合いがとても印象的です。
こちらも、すっきりした味わいの中にもいちごの甘みがぎゅっと詰まった感じの、とても贅沢な味わいのジャム。
昨日はスタッフで撮影をし終わったスコーンを食べて、「おいしいなあ」「うん」「素材も腕もいいものねえ」「そうだね」と納得してしまいました。

今回、ラベルはスロウスロウが考案し、瓶などの細々したことも意見を出し合いながら決めていきました。
それだけに、とても思い入れのあるかわいい、いとおしいジャムたちです。よろしくお願いします。

ジャムを作られた「ラ・クレームデクレーム」のパティシエ・小倉さんのワークショップも11時から予定しています。
素材のお話はもちろん、日々のお菓子作りで疑問に感じていることや「これがうまくいかないんだけど」という質問なども受けてくださいます。

日記4-15-3

スタッフの一人はスポンジの膨らみ方や、ロールケーキの生地についてあれこれ質問したりしていましたが、当日はふわふわなスポンジとそうでないスポンジの食べ比べもあります。

小倉さんは普段は子ども好きな優しいパパさんですが
(写真は子どもたちにねだられ、ケーキを切り分けてあげているところです)、
パティシエとして日々努めていらっしゃることは、「素材を生かしたお菓子づくり」。
それらは、そのまま毎日のお料理にも通じること。ひいては、それが暮らし全般に対しても言えること、だと私たちは感じています。

今よりちょっと、日々口に入れているものを意識して考えてみる。
それだけでもきっと、買い物やお料理が楽しくなるのでは、と思っています。

「おさとう・卵・牛乳のワークショップ」お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。お待ちしています。

朝市専用HPはこちら




2008/04/15 08:40



海辺で朝ごはん。
おはようございます。

桜もそろそろ、葉桜になりそうな山陰地方。
週末、いかがお過ごしでしたか?

クリップにたくさん、春の画像が並んでいてうれしくなりました。
春ってなぜか、空気の色も違うような気もしますよね。心がうきうきします。
バスケットにお弁当を入れてピクニック…なんていいなあ、と妄想が膨らみます。

さて、連日朝市の情報をこちらの日記に載せていますが、このたびメールフォームを新しく作りました。

朝市メールフォーム

「おさとう、卵、牛乳のワークショップ」、「春のものづくり勉強会」、そして今日ご紹介する「海辺の朝ごはん」など、朝市当日のご予約はもちろん、もうすぐUPする「朝市おすそわけセット」のお申し込みや、朝市に関するご質問等もこちらのフォームから送っていただけます。
受付の状況も分かるようになっていますので、よろしくお願いします。

そして、今日は今回オリジナルの試みとして行う「海辺の朝ごはんセット」について、専用HPに情報をUPしましたのでお知らせします。

詳しくはこちらから。
暮らしを楽しむ朝市 専用HP

「おいしいもの」のアイコンをクリックしてみてくださいね。

お休みの日の朝を楽しんでほしいという気持ちからスタートさせた「朝市」。
桂島の海や風をトータルで楽しんでいただくための朝ごはんです。

何しろきれいな海が財産という、島根町の素材をふんだんに使っています。
せっかくの海を存分に味わってほしいので、朝ごはんも外で食べていただきたいと思っています。
トレイに乗せて、海辺まで歩いて。

日記4-14-1


ちょっと面倒だけど、それも含めて楽しんでいただけたらとてもうれしいです。

仕込みの関係上、完全予約制とさせていただきます。
今日から受付を開始します。当日のお申し込みはできませんので、ぜひこの機会にご予約頂き、島根の自然を味わっていただけたらと思います。

メニューは和食。

日記4-14-2


まず、おにぎりは地元のサザエを使ったサザエご飯と、「ハバ海苔」という地域独特の呼び方をする海苔を混ぜ込んだご飯の2種類。磯の香りが漂う、滋味あふれるおいしさです。お子さまでも食べやすいよう、おにぎりにしていただきました。

そして、お味噌汁は地元ならではの味、「かじめ汁」。
そもそもこの朝ごはんの企画は、「かじめ汁」を皆さんに味わっていただきたいという地元の方、松江市役所島根支所のスタッフの方の声から始まったものでした。
「かじめ」とは「アラメ」のこと。日本海側ではけっこう食べるところもありますが、生のものを使う地域は限られているようです。
海草のお味噌汁はちょっと珍しいし、実際に試食をしましたがとろとろっとして本当においしい。特に子どもたちはかなりハマって食べていました。
地元の観光協会の方いわく、美容にもいいのだとか。確かに海草はミネラルが豊富で体によさそうです。
シンプルな味だけど、しっかりと「海の恵み」が受け取れるようなお味噌汁です。

それから、桂島周辺に自生している「やまぶき」を使った煮物がつきます。
水ふきとは違う、しっかりした味のやまぶきは、普段は下ごしらえが大変ということもあってなかなか口に入れる機会がないかもしれません。
海ももちろんだけど、それ以外の自然もとても豊かな島根町だからこその、おいしい煮物。地元の方が心を込めて炊いてくださいます。

そしてもうひとつ、島根町の海の恵みを感じる食材として、「ところてん」をご用意しました。

皆さん手づくりのところてんって食べたことがありますか?

普段、スーパーで売られている緑っぽいところてんを食べている方が多いと思いますが、先日試食をさせていただいた際に出てきたところてんは、それとはまったく別の種類といってもいいくらい、味も見た目も違っていました。
磯くささやクセがほとんどなく、つるつるっとした食感。透き通ったきれいな色は、天草を何度も何度も炊いて手間をかけて作り上げるものなのだそうです。
普段食べるところてんのように弾力や磯っぽさはなく、自然の力で固まったというのがすごくよく分かるなあ、というのが食べた時の感想。昔から伝えられてきたおいしいものは、きっとこうやって手間を惜しまずに作られてきたのだなあと思います。

こうやって並べてみると、ひとつひとつはすごく素朴で、見た目にも決して豪華とは言えないかもしれませんが、どれも地元の方が心を込めてていねいに作ってくださっていて、それがきちんと伝わる味。そして実際に食べるとしっかりと素材の味がして、自然の恵みを感じていただけると思います。

こちらは予約制で、9時よりスタート、ラストオーダー10時とさせていただきます。ご家族で、またお友達と、おいしい海辺の朝ごはんをぜひ味わってみてください。


2008/04/13 09:31



結婚式と、パンと。
おはようございます。

昨日はスタッフとともに「お花マルシェ」が担当したウェディング装花の搬入へ出かけました。
森の中の結婚式場はとても雰囲気があって、新郎新婦もとても素敵。
会場には二人の思い出の写真が並べられて、厳かな中にもアットホームな空気も漂う素敵な会場でした。

あわただしい搬入でしたが、一段落して会場を見渡すと、お花が入る前と後ではやはりまったく違って、華やかで可憐なお花の存在ってすごいなあ、とあらためて感じました。

会場にいらっしゃった方々、そして新郎新婦にも喜んでいただけたかな…と、ドキドキしています。


日記4-13-3



ウェディングのお仕事を今まで間近で見た経験はなかったのですが、こうしてスタッフの一部としてかかわらせていただくと、大変さもひしひしと感じます。一生の思い出のお手伝いをするわけだから、責任も感じます。
でもやはり「かわいいお花!」と喜んでいただけたらとてもうれしい。

お花の持つ魔法の力を、感じた1日でした。

そしてその後、朝市の打ち合わせのために大山山麓の「コウボパン小さじいち」さんへ。

日記4-13-1


ちょうど近くの公園では桜も満開、大山も少し雪が残っていてとても美しく、いい風景を見せてもらいました。

日記4-13-2


小さじいちさんは、朝市でオリジナルのサンドイッチを作ってくださる予定。今回はその試作を見せていただきましたが、やはりかわいいっ。ときめき度満点という感じです。お楽しみに…。

そして、先日ご紹介した「朝市おすそ分けセット」にも、小さじいちさんのパンを入れさせていただくことになっています。
近日中にUPしますので、こちらもお待ちくださいね。

さて、今日はまた別の用事で、山の中へ…。

4月に入ってから休みの日がありませんが、あわただしくもやりがいを持って頑張っています。


*お知らせ

「暮らしを楽しむ朝市」のフライヤーを、島根県松江市の「ぢげもん」さんにも置かせていただきました。
松江城近く、物産館の隣にある「蔵々」の中にある、地元の食材を扱うショップ「ぢげもん」さん。
隠岐・海士のものがたくさん並んでいます。
海士からは前回の「森の冬じたく朝市」でもご好評いただいたお塩と、新たに「みゆき工房」さんのラスクや塩パイを取り扱わせていただきます。このご縁で「ぢげもん」さんにもフライヤーを置かせていただくことになりました。ありがとうございました。


2008/04/13 09:24



朝市おすそ分けセットと、ファブリックマーケット。
おはようございます。

松江城の桜も、そろそろ散り始めるのかな、といったところ。
皆さんのお住まいの場所はいかがですか?

さて、連日お伝えしている朝市情報。

ただいま、新たな企画として「朝市おすそわけセット」なるものを準備しています。
朝市に並ぶお店の商品を少しずつ、皆さんへ「おすそ分け」しよう、
というお取り寄せ便です。

遠方にお住まいで、「朝市に行ってみたいけど、遠くて…」
というメールをたくさんいただきます。
そんな方たちに、ものづくりをされている方たちの思いを、
商品と一緒にお届けするような機会があればいいな、というところから、
この企画は生まれました。

パン、ジャム、お菓子、そしてお花と雑貨。
暮らしを彩るもの、おいしいものを、ぎゅっと詰め込んだセットになる予定です。
想像しただけでかなりかわいい。

朝市のわくわく感を、いろいろな方たちにおすそ分けしたい、
という気持ちで作らせていただきます。発送は朝市の前になる予定です。
来週には詳しい商品の内容などをお知らせしますので、お待ちくださいね。


そして朝市専用HPでは、絵本・本、そして
はぎれマーケットについての情報をUPしました。
「シーグラスでお買いもの」のアイコンをクリックしてみてくださいね。

「シーグラスでお買いもの…?」と不思議に思われる方も多いと思いますが、
これについてはまた後ほどお知らせしますので、お待ちください。

自分の気に入っていたものを、他の誰かのために役立てる、という
新しいリサイクルのかたちを提案したい、という気持ちで開催するこのマーケット。
皆さんからのご協力が欠かせません。
はぎれ、絵本、本などをご提供いただける方を広く募集します。

日記4-11-1

はぎれについては、あらかじめ「くらしアトリエ」あてに送っていただく形になります。
かわいくて買ったけど眠っている布、使わない布たちがありましたら、
くらしアトリエまでお届けください。
詳しい住所などについては専用HPに載せております。

朝市専用HP 暮らしを楽しむ朝市

「シーグラスでお買いもの」というアイコンをクリックしてください。詳細があらわれます。

絵本・本については、郵送していただいてもけっこうですが、
基本的には当日お持ち込みいただく形をとりたいと思っています。
当日、本部席を用意していますので、そちらにお持ちください。

絵本をその場で読んでいただいてもOKなので、海辺で親子で絵本を読む、
ということもできます。お買いものもいいけど、海辺で絵本、というのも
子どもたちは喜んでくれるかもしれません。
9-3.jpg


このように実際にスタッフの絵本で子どもたちは夢中で読んでいました。
お花畑で海風を感じながら絵本を読む・・かわいい姿です(笑)。

本については、テーマを「暮らし」に限定させていただきます。

日記4-11-2


インテリアのこと、お料理のこと。日々の暮らしのこと。
毎日が楽しくなるようなテーマの本を、お待ちしています。

ご不明な点は、どうぞお気軽にメールにてお問い合わせください。

朝市専用HPにも書きましたが、くらしアトリエの朝市は
皆さんのご参加、ご協力で成り立っています。

ひとりひとりの小さな気持ちを、山陰という地域を元気にする、
という目的につなげていくのも、私たちの仕事だと思っていますので、
どうぞご協力よろしくお願いいたします。


2008/04/11 09:36



フライヤーのお知らせと、さんいんキラリ発売のお知らせ。
おはようございます。

先日お知らせしたとおり、暮らしを楽しむ朝市のフライヤーをショップ各店に置かせていただいています。
フライヤーを置かせていただいているお店は

・米子市 生活雑貨店「'tis clay」さん
・伯耆町 「コウボパン小さじいち」さん
・松江市 「ivi cafe」さん
・松江市 「SOUKA」さん
・松江市 「STORE ROOM」さん
・松江市 「polka」さん
・松江市 「ラ・クレームデクレーム」さん

となっています。いつもご協力、ありがとうございます。


さて、「春のものづくり勉強会」にいくつかお問い合わせをいただいています。

「お店がやりたい、とか思っていない人でも参加できるのでしょうか?」
というお問い合わせがありましたが、もちろんOKです。どなたでも参加できます。

ショップオーナーさんのお話をうかがう機会というのはあまりありませんし、まして3つのお店の素敵なオーナーさんなので、お見逃しなく…。

日記4-10-2

トークセッションに参加してくださる石原さんのお店「STORE ROOM」のお店の様子。
心地よい空気が流れています。


また、トークセッションの後に、内覧会を予定しています。

ハンドメイド作品を作られる方々にそれぞれの作品をお持ち頂き、それをお互いに見たりこだわりをうかがったりして、刺激を受けたり、新しい作家さんの発掘をしたりしよう、というもの。
必ず作品を用意しないといけないというものではありませんので、ご覧いただくだけでももちろんOKです。ご自身の作品をこの機会にPRしてみたい、という方も大歓迎です。

興味のある方はぜひ、お問い合わせくださいね。お待ちしています。


さて、話は変わって昨日、「さんいんキラリ」が発売になりました。
今回も春を感じる安野光雅さんの絵がとてもかわいい表紙です。

日記4-10-1


「くらしアトリエ」は「山陰百景」と「ていねいな暮らしとエコ」のページ、あとちょこちょこと写真や文章でお手伝いをさせていただいています。

「山陰百景」は本土への引越し当日に「直してくれ」という電話を受け取り、ネットもつながっていない状況でうなりながら詩を書き直したもの…。
春のあたたかさと、静けさを表現しています。

「さんいんキラリ」春号、くらしアトリエからも発送可能となりました。

発送はメールにて受け付けますので、
info@slow-slow.com
よりご住所、お名前、お電話番号をお書き添えの上、お申し込みください。

定価840円(送料別 ヤマトメール便にて送付 80円程度)です。
よろしくお願いします。

2008/04/10 08:59



ワークショップ情報、UPしました。
おはようございます。

本日、「暮らしを楽しむ朝市」ワークショップの情報を専用HPにUPしました。

こちらからご覧ください。

暮らしを楽しむ朝市 専用HP

朝市に欠かせないものとして、ワークショップを掲げている私たち。
「暮らし」に関するいろいろなことを、少しだけでも振り返り、前に進むきっかけになれば…と、今回も2つのワークショップをご用意しました。

ひとつは、「おさとう、卵、牛乳のワークショップ」。
日々のお菓子作りの基本である素材について、プロのパティシエにお話をうかがいます。

日記4-9-2


講師は「さんいんおやつクッキー」を作ってくださっている松江市の「ラ・クレームデクレーム」のパティシエ、小倉さん。

そもそもこの企画は、私たちスタッフと小倉さんとの何気ないおしゃべりから生まれたものです。

小倉さんとお話をしているとすごく楽しくて、とてもためになる。
パティシエから見ればごくごく当たり前だったり、自然なことでも、私たちには目からウロコだったりします。
何より、「素材の味を生かして」「余計なものを入れず」「子どもたちが安心して食べられるように」という思いを持って作っておられるから、お菓子作りの話をしていても、それは結局「食育」のことにつながったり、「暮らし」全般に言えることだったりする。それがすごく新鮮で、こういうお話をもっといろんな方たちに知ってほしい、と思うようになりました。

きっかけは他愛もないおしゃべりの中の「砂糖ってひと言で言うけど、何種類もあるからねえ」という小倉さんの言葉。
実際に数種類のお砂糖を出してもらって食べ比べてみたのですが、それぞれ色も味も、口の中に残る感じも違っていて、すごくおもしろいのです。

基本的な素材だからこそ、その特徴を知ったり、組み合わせを教えてもらったりすることで、お菓子作りはもとより、お料理全般の「素材」に対する目が変わってくるのではないか、と思っています。

お菓子作りが好きな方はもちろん、「食」を考えてみたい方、ぜひぜひご参加くださいね。
予約制・先着順とさせていただきますので、メールにてお申し込みください。

詳細は専用HPからどうぞ


そして、もうひとつのワークショップは、前回に引き続き、スロウスロウのものづくりには欠かせないクラフト作家、Rさんのものです。

今回は「海辺で開催だから、海の素材を生かした何かを親子で作るワークショップがいいなあ」ということで、シーグラスを使ったアクセサリー作りを企画しました。

日記4-9-1


子どもたち、シーグラスが大好きです。初めて見る子どもは「これ何?宝石?」と言って目を輝かせますし、海辺を一生懸命探して見つけたときはとってもうれしそう。

海辺を散策して見つけたシーグラスで、簡単なペンダントや指輪などを作ると、思い出にもなります。実際うちの子どもたちは作ったペンダントを大切にしまっていて、友達に自慢したりしています。
男の子も大きなペンダントを作ってあげるととても喜んでくれます。一緒に作ればなおさら、大事な宝物になるんじゃないかな、と思います。

こちらのワークショップは、皆さんで一緒に作るのではなく、思い思いに自分たちのペースで作っていただき、講師が補助をするという格好での開催になります。どうぞ気軽に参加してみてくださいね。

予約は不要で当日の受付となりますが、材料がなくなり次第、終了とさせていただきますので、ご了承ください。

2つのワークショップ、それぞれに違う楽しみ方で参加できるものになっています。ぜひ、よろしくお願いします。


さて、朝市準備、少しずつ進めております。

昨日は学校が終わった子どもたちを引き連れ、会場の桂島で「海辺の朝ごはんセット」の試食会を行いました。

地元の方が心をこめて作ってくださるごはん。
ひとつひとつの味が素朴なのだけどとってもおいしくて、子どもたちも笑顔でいただいていました。

島根町の特産物というと、海の幸ということになるのですが、今回はそういった海の恵みを感じられるセットになっていると思います。派手さやにぎやかさはないけれど、まじめで素朴。そしておいしい。

朝ごはんセットは、限定・予約制になります。また近日中に内容をUPしますので、チェックしてみてくださいね。

2008/04/09 09:45



フライヤーができました!
おはようございます。

今日から子どもたちの学校も始まり、新年度もいよいよ本格的にスタート、といったところ。雨も上がっていい天気になりました。


さて、連日お伝えしている朝市情報。
昨日、「暮らしを楽しむ朝市」のフライヤーがようやく、刷り上りました。
日記4-8


毎回フライヤーにはとてもこだわって作っています。今回もどんなイメージにしようかと、いろんな画像を並べながらあれこれ考え、時間をかけて作りました。

海辺の朝市なので、「海」をイメージして作るとどうしても夏!っぽくなってしまいます。春らしさも出せるように…など、考え始めるとなかなか決まらなかったりして。いろいろなスタッフの意見も取り入れながら出来上がりました。

裏面はいつものことながら情報満載で、盛りだくさん。
商品を提供してくださるお店の名前なども入れていますので、ぜひ手にとってご覧ください。

フライヤーは近日中に、松江市・米子市近辺のショップなどに置かせていただく予定です。

またお店の名前など、こちらの日記でお知らせしますので、よろしくお願いします。

また、朝市の第二部として昨日ご紹介した「春のものづくり勉強会」のご参加もお待ちしています。
定員になり次第、締め切らせていただきますので、気になる方はお早めにお申し込みください。
ご不明な点はお気軽に、メールでお問い合わせくださいね。


それにしても、何だかあっという間に時間が過ぎていきます。
本番までけっこう日にちがなかったりして…。決めないといけないことが山のようにあって、焦りもつのります。
焦ってもことがいい方向に運ぶわけではなく、結局は一つ一つをしっかりとこなしていくしかないのですが…。

前を向いて頑張らねば。気合です!


2008/04/08 10:34



春のものづくり勉強会のお知らせ。
おはようございます。

今日の山陰地方は雨、雨…。

せっかくの桜が散ってしまわないかと心配です。


さて、「暮らしを楽しむ朝市」について。

本日より「春のものづくり勉強会」の参加者を受付開始いたします。

この勉強会は、朝市の第二部として4月27日(日)午後1時より、朝市会場内のビジターハウスにて行います。

勉強会といっても堅苦しいものではなく、ものづくりやハンドメイド、暮らしを楽しむ人たちが互いに刺激を受け合ったり、新しい出会いを作ったりするためのもの。
「こんな風に生きてみたいなあ」と思うような、素敵な方たちのお話をうかがうトークセッションでは、

・松江市の「STORE ROOM」オーナー 布作家・石原真弓さん
・松江市のカフェ「ivi cafe」オーナー 作野敬子さん
・米子市の生活雑貨店「'tis clay」オーナー 松本佳子さん

の3人のオーナーさんに、お店のこと、ご自身のこと、これからの生き方についてなど、素敵なお話をうかがう予定です。

どの方もそれぞれに個性があり、お店もそれぞれの「味」があって、ご本人もとーっても素敵な方ばかり。スタッフも今からお話をうかがうのを楽しみにしています。
お店を開いてみたい…インテリアや雑貨が好き、という皆さんには、とても楽しいお話になるのではないでしょうか。こんなことが聞いてみたい…というご質問も、この機会にぜひしてみてください。

また、トークセッションの後には、ハンドメイドが好きな方、ものづくりをされる方たちによる内覧会も予定しています。作品を持ち寄り、それぞれの魅力を皆さんにアピールするような機会を、と思っていますので、興味のある方はぜひ、お気軽にメールをしてみてくださいね。
info@slow-slow.com
まで。よろしくお願いします。

詳しい内容については、朝市専用HPをご覧ください。

暮らしを楽しむ朝市 専用HP


ワークショップについても近日中にUPしますので、こちらも楽しみにしていてくださいね。



2008/04/07 09:09



風景ノート
風景ノートです。

さくら。さくら。

山陰にもさくら前線がやってきました。

huukei4-5-1.jpg


出雲市の新川さくら土手。毎年ここはきれいです。

huukei4-5-2.jpg


後ろの山と桜並木のラインが素敵なのです。

huukei4-5-8.jpg


桜は花びらも色も、かわいい。

huukei4-5-3.jpg


二月の風景ノートでは、松江城の石垣には雪がつもっていました。
それが、もう、春爛漫です。

huukei4-5-4.jpg


城山ではお花見の準備も着々と進んでいました。
朝6時半から場所取りをしている方もいらっしゃいました。

huukei4-5-5.jpg


こちらは千手院の枝垂桜。200歳です。

huukei4-5-6.jpg


その千手院から桜越しにお城を望む。

huukei4-5-7.jpg


お城のある街ってやっぱり素敵だなあと思います。城下町松江。

huukei4-5-9.jpg


そして、玉湯の土手も見ごろでした。

桜の時期はやっぱり、心が躍りますね。

あちこちでさくら祭りがあるようです。
コラムなどでお世話になっている大山王国さんのHPの「神々のふるさと山陰」にも
さくら見所情報が載っています。

桜MAP くわしくはこちら 「神々のふるさと山陰」

2008/04/05 18:32



朝市エピソード。
おはようございます。

4月27日(日)の暮らしを楽しむ朝市。少しずつ、準備を進めています。

朝市、と名のつくイベントは今回で3回目なのですが、スムーズにことが運ぶことは皆無で、毎回何かしら「ええ~?」というトラブルが発生します。

スタッフの子どもが前日に高熱を出した…とか。

現地に下見に行ったら事故にあった…とか。

一週間前に確認したら、注文がまったく通ってなかった…とか。

なぜこんなに次から次へといろんなことが起こるの?と、泣きたくなるのを通り越して笑うしかない…ということもしばしばで。今から思えばいい経験になっています(笑)。


今回は何もないと願いたい…と思っていましたが、先日とあるお店から「材料の卵を産むにわとりが、タヌキに食べられちゃったんです~どうしましょう。」という電話があり…。

タヌキに食べられるって…笑えないけど、なんだかそのお店ならあり得る話だなあ、と、妙に納得してしまいました。

当日は何もトラブルがないことを、切に願っています。そのためには準備をしっかりしておかなくては。

ワークショップの詳細も徐々に詰めていっていますので、皆さん楽しみにしていてくださいね。


山陰地方、桜が見ごろになってきました。

お住まいの町の桜は、いかがですか?またクリップなど、お待ちしています。


2008/04/04 09:07



木次でのイベントのご案内~お花見がてらいかがですか?
おはようございます。

今日はひとつ、地元イベントのお知らせです。

去年「森の冬じたく朝市」を行った雲南市・木次町。
神話が点在し、また風景もとてものどかで素敵な街です。

日記4-3-1

春の木次といえば、見逃せないのが斐伊川堤防沿いの土手の桜。
これは去年の桜ですが、とても綺麗でした。

日記4-3-2

毎年それは見事で素敵な光景が広がり、多くの方で賑わいます。川のせせらぎと桜の織り成す風景は本当に、幻想的です。

そして今年は、その桜の時期にあわせて「幸運なんです。雲南です。」体感フェア@雲南さくらまつり、というイベントが開かれています。
4月6日までの予定ですが、お店がたくさん出るのは5,6日の両日のようです。

土手沿いから少し歩いたところにある商店街を舞台に、いろんなお店が出店し、またギャラリーやイベントも盛りだくさん、の楽しい企画の様子。
雲南のさまざまな食の幸などを楽しめるカフェも、期間限定でOPENされるそうですし、昔ながらの名産品や地元の味も堪能できるようです。

また、映画「うん、何?」に関するいろいろなイベントも予定されているとのこと。ゲストもあるようなのでこちらも楽しみですね。

このイベントに携わっておられる方が前回の「森の冬じたく朝市」に来てくださったご縁で、いろいろとお話をするようになり、今回のイベントの告知もさせていただきました。

一度スタッフの方々に商店街を案内していただいたのですが、レトロな雰囲気も漂う昔ながらの通り、といった趣き。

日記4-3-3

ここがどう変化するのか、とても楽しみです。

おいしいもの、楽しいイベント、そして桜の風景。想像するだけでわくわくしますね~。
ぜひご家族揃って、お出かけくださいね。

詳細はこちらからどうぞ。

「幸運なんです。雲南です。」体感フェア@雲南さくらまつり


2008/04/03 08:26



朝市専用HPがOPENしました。
おはようございます。

先日から告知していました「暮らしを楽しむ朝市」の専用HPができました。
今回の朝市のテーマは「海辺のピクニック」。

まずはHPをご覧ください。

暮らしを楽しむ朝市 専用HP


今後はこちらのHPで、随時情報をUPしてきます。よろしくお願いします。

今回もこだわりのおいしいものたちをご紹介します。
前回の朝市でご好評頂いたものや、新しいお店の新しい商品も並びます。
おなじみのお店も、今回の朝市に向けて商品開発をしていただいたりしていますので、楽しみにしていてくださいね。

また、当日朝9時より「海辺の朝ごはん」をご用意いたします。
こちらは限定販売で、予約制となります。美しい海を見ながら、ゆっくりと朝ごはんを食べていただこう…と思っています。作ってくださるのは地元・島根町の方々。地元の自然を存分に満喫できるような献立を、と、先々月あたりから何度となく打ち合わせを重ねてきました。だんだんと形になってきていて、私たちも楽しみにしています。
こちらについては後日ご予約を受け付けますので、お待ちくださいね。


そして、今回企画した新たな試みが、午後から行う「春のものづくり勉強会」。

「勉強会…?なんだか難しそう」と感じられるかもしれませんが、この名前には私たちの「常に何かを学び、前に進んでいきたい」という思いを込めました。

ハンドメイドショップを開いてみたいという方、大好きなお菓子作りやパン作りで多くの方に喜んでいただきたいという方、イベントを企画してやってみたいと考えている方…ものづくりを通じて夢を形にしたいと思う方が、多くいらっしゃるのではないかと思います。すでに立ち上げて頑張っていらっしゃる方もおられるでしょう。

また、大きな夢ではなくても、好きなハンドメイドや雑貨、インテリアなどを通じて、自分自身を一歩前に進めてみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

今回はそういった身近な「ものづくり」をテーマとした勉強会。NPO法人の事業のひとつである「ものづくり支援」の一環として行いたいと思います。

私たちは法人化してから、いろいろな場所で、同じように活動をしている方たちのお話をうかがったり、自分たちの活動をプレゼンしたりする機会に恵まれました。
これは大変なことでもあるけれど、思った以上に自分たちの芯の部分を問われ、刺激になり、成長するきっかけにもなっています。

このような「学びの場」「発信の場」を、くらしアトリエが提供し、身近なところからそれぞれの暮らしにプラスになるような機会が作れたらいいな…という思いが、企画の発端となっています。

今回、山陰で素敵なお店を開いておられる3人のオーナーさんにお話をうかがうトークセッションを企画しています。まず私たちスタッフが「この人の話を聞いてみたい」「どういう思いを持って日々運営されているんだろう?」と思う方々にお声をおかけしました。

松江市のソーイングショップ「STORE ROOM」オーナーの布作家、石原さん。
同じく松江のカフェ「ivi cafe」オーナー、作野さん。
そして、米子の生活雑貨店「'tis clay」オーナーの松本さん。

それぞれに形は違いますが、自分らしいお店作り、自分らしい生き方をされている方たちだと思います。お話をうかがうだけでも、きっととても刺激になるはず。

そして後半は、お互いのものづくりを通じて交流をはかるような場所を、と考えています。

この勉強会も予約制となっています。7日より受付を開始しますので、よろしくお願いいたします。

ご不明な点は、メールでお問い合わせくださいね。


2008/04/01 23:09



お花マルシェあれこれ。
おはようございます。

いよいよ4月。なんだか背筋がしゃんと伸びるような気がしますね。

こういう「区切り」は大切にしたいなあ、と思います。

特定非営利活動法人くらしアトリエの活動も、また本日から区切りを迎えてスタート。
昨年度からまたさらに飛躍できるよう、スタッフ一同心を新たに頑張ります!

さしあたっては、朝市。フライヤーも詰めの作業が進んでいます。また、置かせて頂く場所など、お知らせしますのでよろしくお願いします。


さて、話は変わりますが、我が家は引越し翌日に親戚の結婚式を控えています。
子どもたちが「花束贈呈」を頼まれていて…バタバタしつつも、楽しみ。

この結婚式のために、「お花マルシェ」で生花のコサージュをお願いしています。子どもたちと私と、おそろいで。
造花のコサージュとは違って長くはもたないのですが、限りあるからこそ映える美しさが生花にはありますよね。きっと子どもたちもお花が胸についているとうれしいだろうなあ、と思います。

当日、新郎新婦をお祝いする気持ちを、お花に込めて出かけるつもりです。わくわく。

「お花マルシェ」のワークショップ、4月は16日(水)13時より「春の野のアレンジ」が、
30日(水)10時30分より「こいのぼりのアレンジ」が予定されています。

あたふたとする年度始め、またゴールデンウィークで、お忙しいこととは思いますが、そんなときだからこそ手を休めて、お花に向かう時間を過ごしていただくのもいいのでは…と思っています。

こいのぼりのアレンジを作って、お里帰り…というのも、いいかもしれません。そういえば我が家も夏に行なわれた親子ワークショップで作ったアレンジを義母にプレゼントしたところ、すごく喜んでくれていました。

興味のある方は米子市の'tis clayさんへお電話いただくか(0859-22-3034)、お花マルシェHPよりメールを頂けたらと思います。お待ちしています。

お花マルシェHPはこちら
雑貨屋さんの中のお花屋さん お花マルシェHP

2008/04/01 08:34


 + 

リンク
SLOW+SLOW(本サイト)
お花マルシェ
カテゴリ
  • お知らせ (254)
  • ものづくり (252)
  • 融通の利かない、かばん展 (26)
  • くらしアトリエへの思い (81)
  • スタッフの日常 (728)
  • 法人化までの日記 (1)
  • 未分類 (57)
  • 風景ノート (19)
  • 朝市 (143)
  • くらしの学校 (241)
  • イベント (55)
  • 畑展望公園まつり (21)
  • 森の休日 (8)
  • お仕事 (86)
  • 山の図書室だより (67)
  • 10周年祭 (12)
  • シマシマしまね (49)
  • 過去の日記
    2017年10月  2017年04月  2017年03月  2017年02月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年09月  2016年08月  2016年07月  2016年06月  2016年05月  2016年04月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年11月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年04月  2015年03月  2015年02月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年05月  2013年04月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月 


    ---【Login】
    Arranged by cadet
    Copyright © 2005-2007 SLOW+SLOW kurashiatelier