立ち上げからの思い。
おはようございます。

遅ればせながらですが、先日掲載された「さんいんおやつクッキー」の記事がオンラインでも出ていましたので、お知らせしておきます。

山陰中央新報「さんいんおやつクッキー」記事


もう1月も終わり。
2月には、久しぶりのサイトでのお花やリースの販売を予定しています。

立ち上げ当初から不定期で行っていた「花雑貨」。

お花と雑貨、どちらも生きていくために必ず必要ではないけれど、あればきっと心が豊かになる、暮らしが楽しくなる、そんなものたちを、私たちの目線で考え、創りあげ、ご紹介してきました。
ものをつくるのは決して簡単なことではなく、作り手の意見、買う側の視点に立つ私たちの意見、それぞれが思いを持ってアイデアを出し合い、いろんなものを生み出してきました。
その中では衝突もあったし、そのたびに悩み、また喜び、を繰り返してきたような気がします。

花雑貨で私たちが得たのは、「もの」の向こうにある作り手の思いを一緒に届けたい、という気持ち。
そして、ものづくりには妥協は許されない、という経験。
その信念はそのまま、くらしアトリエの活動全体に受け継がれていると思います。

お花をもっと日々の暮らしに取り入れてほしい、という私たちが花雑貨に託してきた思いは、クレイさんでのイベント「お花マルシェ」という形になり、そのままクレイさんの中のお花屋さんとして新しいスタートを切り、半年が過ぎました。

サイトでの販売が減り、遠方でいつも花雑貨を心待ちにしてくださっていた皆さんに、サイトを通じてご紹介する機会が少なくなってしまったのですが、来月には違う形で、少しですがご紹介できると思いますので、楽しみにしていてください。

とはいえまだ決まっていないことが山積み。ひとつひとつクリアにして、いいものをお届けできるようにしていきたいと思います。

 

2008/01/31 08:39



周りを見なさい。
おはようございます。

島は今日も曇天…みぞれまじりの雨が降っています。


NPO法人化したことで、いろいろな郵便物が我が家に届くようになりました。
拠点のない私たち、一応代表である私の自宅が事業所ということになっています。

法人化したことで、いろんなDMや行政からの文書などが、毎日届きます。
それらを見ると、いろんな団体が、いろんな工夫をして活動をされていることがよく分かります。今までこういった情報は進んで得るほうではなかったのですが、それぞれの団体が個性を持って活動をされている姿を拝見すると、見習わなくちゃ…と思う点もたくさんあります。

「周りをよく見なさい」と、最近いろんな人に言われているような気がします。

今までほったらかしにしていたものを読み返したら、思いがけなくヒントがあったり、自分たちの活動を見てくれている人から、もっといろんなものを見たほうがいいよ、とアドバイスを頂いたり。

確かに、自分たちの活動にどっぷりと全身浸かってしまうと、目の前を何かにふさがれてしまって、見ることはおろか、息をすることもしんどくなったりします。それは、活動をしてきて3年弱、折に触れて感じる独特の感情でもあります。

楽しいからやっているけれど、楽しいだけじゃない。
楽しむためには、そうじゃないこともこなさないといけない。

去年からずっと感じている思い。


でも、やっぱり根本のところで楽しみながら活動をするには、自分自身が大きくなるしかない、と思います。いろんな苦悩や問題を受け止めるだけの自分になるしかない、と。


忙しくてなかなか振り返ったり遠くを見たりする余裕がないのですが、そんなときだからこそ、あえて深呼吸をして遠くを眺めるくらいの自分でいたいなあ…と思います。


2008/01/30 09:31



素材を知ること。
おはようございます。

「さんいんおやつクッキー」が新聞に取り上げていただいたことで、お電話でご注文など頂いているようです。ありがとうございます。

おいしいものを食べたい、そして、安心・安全なものを食べたい、という気持ちを、皆さんお持ちなんだなあ、とうれしく思います。

そういえば前回の朝市のとき、おにぎりやコロッケなどを提供してくださった奥出雲の方が、「多少値が張ってもいいもの、おいしいもの、本物を目指して人が動いている、というのを目の当たりにして、感激した」とおっしゃっていました。

手近にある便利なものもいいけれど、時にはじっくりと素材を見て選んでもらえたらなあ…と思うし、自分もできる限りものを買うときはそういう風に選ぶようにしています。

山陰産と、そうでないものが並んでいたら、やっぱり山陰産を。できる限り近いところで採れたものを。
子どものおやつを買うときも、なるべく「何でできているか分かる」ものを買うようにしています。

以前おせんべいを食べていて、「おせんべいって何からできてるか知ってる?」と聞いたら、「知らない。おせんべいはおせんべいでしょ」と答えたのでびっくりしました。

そうかぁ…これが何からできているか、というのを、考えないものなんだなあ、と気づき、それ以降は食事やおやつのたびに、「豆腐はお豆から」「パンは小麦から」といったことを話すようにしています。案外これが、目からウロコらしい。

素材を知ること、由来を知ることも、けっこう大事なことではないか…と思う今日この頃です。

 
おやつクッキーについては、近々このサイトでも販売を予定しています。
単品での販売ではなく、お花や雑貨とのセットになる予定。

詳しいことは、また日記でお知らせします。よろしくお願いします。
 
 

2008/01/29 08:48



普段の暮らしに、お花を。
おはようございます。

先日、お花マルシェのワークショップについてスタッフと少し話をしました。

「花のある暮らし」を雑貨屋さんの空間から提案している「お花マルシェ」。月に2回、定期的にワークショップを開催し、普段の暮らしにお花をもっと取り入れてもらえるような活動を行っています。

ワークショップについては、お花マルシェ専用HPからご覧ください。

お花マルシェ専用HP

去年の夏休み、子どもたちを対象にした、親子のワークショップを行いました。我が家も子どもたちと参加したのですが、親子ともにとても楽しい時を過ごすことができました。
何かに向かって無心になったり、集中してものづくりをする経験は、普段の暮らしではなかなか難しいもの。ましてそれを親子で共有できるのは、とても有意義な時間の使い方だと思います。

春休みにも、親子ワークショップを企画しています。詳しい内容が決定しましたらまたお知らせしますので、親子でぜひ、わくわくな時間を過ごしていただけたら、と思います。

我が家も折に触れて「ねえ、あのお花の、作ったやつさあ、またやりたい」と、やる気満々です(笑)。普段からアレンジなど教えてあげられたらいいのだけど、かなりの不器用なので…。

普段の暮らしにお花を飾ったりすることで、気持ちが少し、やわらかくなったりやさしくなったり。そんなちいさなことを、これからも提案していけたらと思っています。


さて、月曜日。
今週も元気で、頑張りましょう!

2008/01/28 08:06



おやつクッキー、新聞に取り上げられました
おはようございます。

今日はお知らせがひとつ。

洋菓子屋さんと雑貨屋さんとくらしアトリエのコラボ商品「さんいんおやつクッキー」について、昨日付けの「山陰中央新報」で取り上げていただいています。

松江市の洋菓子店「ラ・クレーム・デ・クレーム」さん、米子市の「'tis clay」さん。そして私たちが、かわいくておいしい山陰のおみやげを…という思いをひとつに、アイデアを出しながら作り上げたクッキー。おかげさまでご好評いただいています。

今回は、新年の企画でくらしアトリエの活動を取り上げてくださった山陰中央新報の記者さんが、クッキーの話に興味を持ってくださり、取材をしていただきました。
地方新聞ですので見ていただける方は限られますが…もしよければ、ご覧くださいね。


クッキーはバラ売りもしていますが、セットものにはオリジナルのポストカードと豆本がついています。
豆本には山陰各所の楽しいこと、おいしいものなど、いろんな情報がかわいく凝縮されています。女性にはこの豆本がとても好評だとか。おみやげに豆本、というのがいかにも雑貨屋さんらしくて、心をくすぐりますね~。

まだ口にしたことがない、という皆さん、ぜひ一度ご賞味いただけたらと思います。

「さんいんおやつクッキー」は、クレームデクレームさん、クレイさんで取り扱っています。
どうぞよろしくお願いします。



2008/01/27 09:30



「朝市フォーラム」のレポをUPしました。
おはようございます。

昨日、「朝市フォーラム」のレポートをUPしました。
「朝市」のアイコンをクリックしていただくか、こちらからご覧ください。

朝市フォーラムのレポート

もともと、朝市フォーラムをしようという予定はなく、普段どおりにレポを作成して、次回の朝市へ…と考えていましたが、皆さんからいただいたご意見、目の前にある課題を真正面から見つめ、「ちゃんと考える」ことで、自分たちにある「壁」を越えたい、という思いを強くし、これらの思いを形するために、フォーラムを開催することとなりました。

「壁」というのは、私たちの前にいつも立ちはだかっています。それは時には資金的なことだったり、人と人との関係だったり、時間的な問題だったり、実にさまざま。

でも、「壁があることはありがたいこと」というのが、今まで活動をしてきて感じる率直な感想です。なぜなら、超えなくちゃいけないものがなければ、前を向いて進むことができないから。
逆に言えば、目の前にある壁に必死にかじりついて超えていくと、また次に壁があって…というのを繰り返して、今の「くらしアトリエ」が存在しているのかもしれません。


フォーラムでは、堅苦しく討議をするのではなく、かといって気楽なおしゃべりでもなく、皆さんがご自身の意見を表現していただくことで、参加者にも得るものがあるような会を…と考えました。

「肩書きのある方だけではなく、一般の参加者の方もしっかりと自分自身のご意見があり、それを自分の言葉で表現されることにびっくりしました。」と、参加者の方のお一人がおっしゃっていましたが、そういった新しい発見や異業種の交流、のようなことも、大げさに言えばできたのかもしれない…と思っています。


フォーラムを行って、「これで終わり」ではありません。
会の中で出たご意見を見ていると、また新しい壁が待ち受けているような気がします。

今はその高さもけわしさも、私たちにはよく見えません。
でも、その壁をよじ登ることが、今の私たちにはとても楽しいことでもあるのです。

ぜひフォーラムの内容をご覧いただき、また感想などをいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。


2008/01/25 08:25



雪景色。
おはようございます。

山陰地方、今日は雪です。昨日は関東地方でも雪が降ったとか。
お住まいのところはいかがですか?

私の住む島も、普段は風のせいか雪が積もることはそんなにないのですが、今日はもうすでに一面白くなっています…。

1-24


外に出ると朝の空気が気持ちいい!
積もりたての雪がふわんと乗っかっている森や木々を見るのが、とても好きです。

寒いととかくお出かけも億劫になりがちですが、気合を入れて外に出ると、気が引き締まってなんだかリフレッシュできるような気もします。


先日、スタッフ4人でとある場所へ出かけました。
打ち合わせのために、松江市街地から車で30分足らずの山の中へ。そこには、市内には全く見られない雪が。全く予測していなかったので、「雪だよ~」とびっくり。

30分で、こんなに風景も変わるんだなあ…と、改めて驚きました。

私はサンダル履きで来てしまったので災難だったけど、子どもたちと一緒にそりすべりを楽しむRさんは、なかなか楽しそうでした(笑)。カメラを持っていけばよかったなあ…。


2008/01/24 09:59



小さじいちさん「冬の根っこ」。
おはようございます。

昨日のフェリーで、島に戻りました。今日は雨模様です。
家に帰ると、いろんな「ごちゃごちゃ」が気になって…大掃除したい!熱が高まっています。

さて、いつもお世話になっている米子市の「'tis clay」さんの中に、先日から期間限定でオープンしている「コウボパン小さじいち」さんのカフェ。
昨日スタッフが出かけてきましたのでその様子を少し…。




クレイさんのナチュラルな雰囲気と、小さじいちさんの素朴な魅力がひとつになって、とてもほっこりした店内になっているようです。

カフェでは天然酵母パンと、お飲み物のセットなどが楽しめます。画像にあるのは「マフィンランチ」。
もちろんパンの販売もあり。食パンは、クレイさんでの限定販売「にんじんパン」です。


期間 2008年1月18日(金)~2月20日(水)
場所 ティズ・クレイ店内
営業時間 11:00~16:00 定休日 月・木曜日

となっています。ぜひ、足をお運びくださいね。

「お花マルシェ」も、かわいいお花をそろえて皆さんをお待ちしています。寒い日が続きますが、お部屋の中はあったかく、心豊かに過ごしたいですね。



2008/01/23 09:45



見えてくるもの。
おはようございます。

フォーラムが終わりましたが、まだ本土にいます。

昨日は用事があって、本当に久しぶりに松江市内を歩きました。
松江は、結婚して島根に来て初めて暮らした思い出の街です。

数年前は、仕事に向かうために通っていた、細い路地や、見慣れたお城。
昔からある商店。住宅街の生活感。

車で通り過ぎてしまうと分からない「におい」のようなものが、自分の足で歩くことで伝わってくるような気がしました。

先日開催した「朝市フォーラム」の中で、ある方から
「離れてみて初めて分かる、島根の良さ」
といったお話がありました。

当たり前にそこにあるもののありがたみは、きっと離れてみることで初めて胸に染みるもの。
それはきっと、島根や山陰に限らず、どんな土地に暮らしていても、ふるさとに対して感じる共通の思い、なんだと思います。

同じくフォーラムの中で、県外から山陰へ嫁いで来られた方から、
「こっちに来て山陰の魅力を知ったと同時に、自分のふるさとに対しても違う目で見ることができるようになった」というお話がありました。
田舎だ田舎だ、と思っていたけれど、ふるさとの本当の魅力を、子どもを育てることで改めて感じることができた、と。

そのお話をうかがいながら、自分の子どもたちもいつか同じように、どこに暮らしていても山陰の良さを感じてくれるんだろうか…とふと思いました。

そのためにはきっと、一緒に感じ、一緒に楽しむことが大切なんじゃないかなあ…。

結局、周りが何を言おうと、自分自身が何を感じ、何を伝えられるか、なんじゃないかなあ…。

松江の街をぼんやりと歩きながら、そんなことを感じたのでした。


2008/01/22 07:04



朝市フォーラムを開催しました。
おはようございます。

昨日、松江市八雲町の「かやぶき交流館」にて、「第1回朝市フォーラム」を開催いたしました。

合計22名による意見交換となりました。いつもお世話になっている方から、今回のフォーラムで初めてお目にかかる方、いろいろでしたが、私たちにとっては貴重なご意見がいただける場。わくわくしながら始まったフォーラム、2時間はあっという間に過ぎました。

今回は、本当にいろいろなご立場の方にご出席いただきました。
新聞社の支局長、雑誌の編集長、朝市に来てくださった一般の方、NPO関係の方、メディアの方、行政担当者などなど…。

こういう機会はあまりないので、前回の朝市の反省はもちろんですが、今後私たちがどういう方向へ向かっていくべきなのか、そのために何をすべきなのか、また、朝市だけではなく、もっと他の手段で山陰をより良くしていくことができないだろうか、といったことについて、ご意見をうかがいました。

初めての試みということもあって、どんなものになるのかふたを開けてみないとわからない、というのが正直なところでしたが、全体的に楽しい雰囲気で会を進めることができました。活発な意見交換もあり、具体的に「こんな企画があったらいいんじゃないか」「こういうコーナーが欲しい」という提言もありました。
いろんな立場の方が、それぞれの視点で感じておられたことをうかがうことができて、私たちにとってはとても有意義な時間でした。子どもを持つ母親の視点、イベントを主催する運営側の視点、それを報道する側の視点など、角度を変えれば新たな考えが生まれます。それが私たちにとってはとても参考になるものでした。また新たな方向性も見えてきたように思います。
「くらしアトリエさんにはとても期待しています」というご意見をたくさんいただき、がんばらなくちゃ、という思いも新たにしたところです。
いただいたご意見をもとにスタッフで話し合いを重ね、次回以降に生かしていければと考えています。

1-21.jpg


後半はそれぞれのご立場から日頃感じておられる山陰の今後について、ざっくばらんにお話をいただきました。「山陰の魅力」や「ここにしかないもの」を発信していくということの大切さを再認識した時間でした。
それぞれ、いろんな角度から山陰を良くしよう、という思いを持っていらっしゃることを改めて知り、でも、立場は違えど思いは同じなんだ、ということも分かったような気がします。
また、くらしアトリエがいかに周りの方のサポートで支えられているか、その「人」のつながりのすばらしさを再確認する時間でもあったように思います。

フォーラムの内容については、後日まとめてHPでもご報告したいと考えていますので、お待ちくださいね。

お休みのところご出席くださり、くらしアトリエの今後のためにご意見をいただきました参加者の皆さん、本当にありがとうございました。


2008/01/21 07:29



風景ノート
風景ノートです。

huukei1-19-1.jpg


先週の晴れの日の大山。

本庄の道の駅から中海越しに見える大山が好きです。


huukei1-19-2.jpg


まるで水墨画のように、朝の中海は朝もやに包まれていました。
朝の水辺はきれいです。


huukei1-19-3.jpg


水面に静かに横に波が立ち、そこに太陽の光が差し込んでいました。
キラキラと。


huukei1-19-4.jpg


ちょっと本庄の町までおりて、大根島越しの大山です。
雪をかぶっているのが見えました。


おまけ・・

朝市フォーラムの準備風景。
huukei1-19-5.jpg

幅広い色んな分野からご参加頂けるので、名札を用意しました。
朝市フォーラムの看板。
資料をチェックしながら、全体の流れを確認中・・。

明日も寒いようです。あったかくしてお越しくださいね。




2008/01/19 23:05



妄想は大切。
おはようございます。

まだ空は少し暗いよう…。朝の空気が冷たくも心地よいです。

明日、フォーラムのために本土に向かいます。そのほか、ここぞとばかりにいろんな用事を入れています。
久しぶりにお会いする方も多く、とても楽しみ。実り多いフォーラムになるよう、準備を進めていく予定です。

船が揺れないことを祈りつつ…。


次の企画も、妄想段階ですがスタッフの間で進んでいます。
この「妄想」が大事だと、つくづく感じる日々。

「あ~、それいいかも!」とチャットで盛り上がってくると、よっしゃー!!って思います(笑)。

なんだか、予感というか、においというか…これは楽しいに違いない、というオーラが出ているような気がするのです。まだまだ問題は山積みですが、最初に思いついた「あ~、それいいかも!」を大事にして、頑張ります。


そしてひとつお知らせ。
いつもお世話になっている米子市の「'tis clay」さんの店内で、今日から大山山麓の「コウボパン小さじいち」さんの販売「冬の根っこ」が始まります。

私も時間があればぜひ立ち寄りたい、ほっこりなスペースになりそうな予感。

ぜひぜひ、遊びに行ってみてください。



2008/01/18 07:31



ぼんやりしたもの。
おはようございます。

今日も寒いです~。なかなか、布団から出られませんね。

さて、「朝市フォーラム」の参加申し込み、昨日で締め切りとさせていただきました。ご参加いただける方、ありがとうございます。
またHPのほうでも会の報告をさせていただくことになると思いますので、お待ちくださいね。

今回は本当にいろんな立場の方が集まってくださる予定です。
でも多分、どの方も同じように「山陰が好き」で「山陰をよくしたい」という思いで重なっている部分があるはず。その重なっているところで、何か前に進む新しい波が起こせたら…と思っています。

先日お会いした記者の方に、なぜNPO法人化したのか、という話をしていたときのこと。
「自分たちにも自信がなくて、暮らしをテーマに活動している女性のグループ、という表現しかできず、でもそれだけじゃ伝わらないし、電話でお話をしているときなど、うまく説明できなかったんです」と言うと、
「自分も、取材をしたいと上司にくらしアトリエさんを説明するとき、どういう風に説明してよいかなかなかうまく言えませんでした。でも、そのうまく言えない、ってところが大切なんじゃないかと思いますよ」と言ってくださって、なんだかその言葉がすごく新鮮でした。

ぼんやりしていて、うまく伝えられない。
思いはあるけれど、形にしようとすると難しい。

そんな、ふわふわして手につかないようなものを、このサイトで、イベントで、いろんな場面で形にしようとしていることに、意義があるんじゃないですか?と言ってくださったのが、とてもうれしかったのです。うまく言えませんが…。

ぼんやりしているからこそ、人それぞれいろんな思いをそこに乗せることができる、という部分はあるのかもしれません。
見てくださる方、参加される方それぞれが、くらしアトリエを通して何かを見つけ、暮らしを見つめるきっかけになってもらったら…。私たちはその「きっかけ」の部分を発信していきたい、という思いで、これからも活動していくつもりです。

今日も頑張るぞ~!


2008/01/17 08:41



朝市フォーラムについて。
おはようございます。

かねてより告知をしておりました「朝市フォーラム」、今日が参加申し込みの締め切りとなっています。

「山陰の素晴らしさを発信し、よりよい山陰にするために」を副題として、くらしアトリエの思い、皆さんからのご意見を参考にした今後の展望などについて意見交換ができたら、と思っています。また、次回以降の朝市についてもご意見をいただき、次につながる会にしたいと考えています。

当日は幅広い分野からいろんな方がいらっしゃいます。当日は朝市のことだけではなく、面白いお話も聞けるかも…と、私は密かに楽しみにしています。実り多いものにすべく、準備を進めていますので、興味のある方はぜひ、メールにてお申し込みください。

フォーラムについての詳細は、こちらからどうぞ。
朝市フォーラムについて。


今日も寒いっ。
日々活躍しているアンティークのストーブは、灯油を入れるタンクが小さいので、下手したら1日に2回給油しないといけません。灯油缶はベランダに置いているので、かなり気合を入れて…でも、このストーブのおかげで冬の暮らしが楽しくなったような気がします。

子どもたちは元気に登校していきました。オットと2人、ストーブで沸かしたお湯でコーヒーを飲むのが日課になっています。

おだやかな朝。
やるべきことは山積みですが、頑張ります!


2008/01/16 08:04



百選。
おはようございます。

寒いです~。ストーブの灯油の減り方も早い早い。
お住まいのところは、いかがですか?

さて、昨日オットと夜更かししてテレビを見ていたら、地方のテレビ局が「山陰の百選あれこれ」みたいな番組を放映していて、思わず深夜まで見入ってしまいました。

よく「日本の名水百選」とか聞きますが、世の中にはいろんな「百選」があるもので、番組ではユニークな百選に選ばれている山陰のいろんなものを紹介していました。

多いのはやはり自然が原点にあるもの。「水源の森百選」「日本の夕日百選」など。
いやあ、本当に島根・鳥取の自然はすばらしい!と、映像を見て改めて思いました。
コメンテーターのタージンさんが「山陰の人自身も行ったことがない場所がたくさんあるんじゃないですか?今年はまず山陰の人自身が山陰を楽しまないと」とおっしゃってて、「あ、くらしアトリエと同じこと言ってる」と思わずつぶやいてしまった。

タージンに言われるとは思いませんでしたが(笑)、こうやっていろいろな風景、自然の美しさを見せつけられると、いいところだよなあ…とオットと2人、しみじみ。
あそこも行ってみたい、次はここに行こうか、などと盛り上がってしまいました。

ユニークな百選もいろいろ出ていましたが、そのひとつが「世界灯台百選」という、歴史的に意義のある灯台を世界中で100個選ぶというもの。
日本からは5つ選ばれているのですが、何とそのうち2つは島根県にあるのです。びっくり。

松江市美保関の「美保関灯台」と、出雲市大社町の「日御碕灯台」。

どちらもとても素敵な雰囲気の灯台です。
機会があればぜひ、お出かけくださいね。




2008/01/14 10:38



暮らしを楽しむ、に前向きに。
おはようございます。

雲南の山並みを「風景ノート」にUPしています。ぜひご覧ください。

年末年始に本土に帰った際、この山並みを見てすごく心を動かされました。

晴れていても、雨が降っても、雪景色でも。
その時ごとに魅力的な表情を見せてくれる、山陰の自然。
それはきっと、前だけ見つめていたら見逃してしまうような、何気ないものたちです。

少し振り返ったり、よそ見をしたり。
そんなときに、はっと気づかされる風景が、心にしみるのだと思います。

ここのところ、バタバタといろいろなことを同時に決めないといけないことが続いています。考えても答えが出ず、ぐるぐると回ってまた振り出しに…ということもたびたび。

でもこんなときだからこそ、心の余白の部分もちゃんと大事にしたい。

暮らしを楽しむ、に前向きに。
今日も頑張ります!


2008/01/13 10:46



風景ノート
風景ノートです。

八雲立つ。




雲南市大東町。山々に囲まれたところ。雲が山から空へ登っていく様子が神秘的でした。
山陰は山が多く、雨も多いので、雨上がりはしばしばこういう風景に出会います。



huukei1-12-2.jpg


これは春の写真ですが、同じ場所の夕暮れ。

雨上がりの山、夕暮れ時の山なみ、いずれも神秘的でほんのり心が和みます。


2008/01/12 21:14



エコに思う。
先日ある方とお話をしていたら、
「今年こそ、環境が大きな話題になるんじゃないか」
というようなことをおっしゃっていました。

環境汚染、エコロジーなどについて今までもいろいろな情報がありますが、今年はそれがさらに広がっていく…というところでしょうか。

くらしアトリエも「ていねいな暮らしの先にあるエコ」という視点で、日々の暮らしを見つめ続けています。
自然豊かな土地で、おいしい空気と水に恵まれて育つ食べものの旬を大切にし、無駄なくいただくこと。
無駄をなくし、シンプルに潔く生きること。

でも、心は豊かに。くらしの彩りは忘れずに…。

そんな暮らしができたら理想だなあ…と思います。山陰はそれがとても身近にある土地だと思う。誇りに思います。


目の前にあるちいさなことから始めるためには、その背景にある大きな流れや、自然のサイクルについて、ちゃんと知っておくことが大事じゃないかなあ…と思っています。

理由がないと行動は起きないわけで…なぜこれをするのか、これをしたことでどうなるのか、をきちんと理解することが、本当のエコにつながるのかもしれません。

私は趣味で石けんを手作りしますが、石けん作りを通して環境について今までより直接的に、真剣に考えるようになりました。

地球にやさしいって一体なんだろう?

難しいですが…でも、人間「学ぶ」ことに貪欲でいたいもの。
一歩前に進むためにも、一度立ち止まって考えるのもいいですね。

2008/01/11 08:47



「しまねに恋して」に掲載されています
おはようございます。

今日はお知らせがいくつか。

まず、読売新聞島根版に、「しまねに恋して」という新年の連載特集が組まれていますが、今日付けの新聞にくらしアトリエが紹介されています。

「目の前の風景慈しむ 山陰の魅力発信 HP運営する主婦」
というタイトルです。

朝市の前に取材に来てくださった方が、是非に、とおっしゃってくださいました。取材はとても楽しく、自分自身も島根の魅力について真剣に考えるきっかけにもなったように思います。
連載企画ですので、他にも素敵な方々、輝いている皆さんが紹介されていて、島根に対する思いを載せておられます。

こちらでも見ることができます。
しまねに恋して


記事の中で、朝市フォーラムについても触れてくださっています。
「朝市」ページに詳細を掲載していますが、要綱をちょっと変えました。
フォーラムについてはこちらから。

くらしアトリエの朝市


朝市を通して見えてくるもの…それを、みんなで話し合うことで、よりよい地域づくりができるのでは、と考えています。
山陰をもっと素敵な場所にしたい、という思いを乗せて考えていけたらと思っています。興味のある方はメールでお問い合わせください。締め切りは来週の水曜日、1月16日です。よろしくお願いします。



それから、ひとつ訂正。
昨日のnoteで「クレイさんでのクッキー一番人気は煎茶」と書きましたが、きな粉が一番人気だそうです~。失礼しました。
もちろん、煎茶もおいしいですよ。いろいろと食べ比べてみてくださいね。


2008/01/10 08:37



おかげさまで…。
おはようございます。

気持ちのよい朝。お日さまの光が心地よい。

さて、去年企画し、形となった「さんいんおやつクッキー」。おかげさまで、多くの方に喜んでいただいているようです。
おいしくて、かわいい「山陰のおみやげ」がほしい、というところから始まったこの企画。
1枚ずつ買えるということから、気軽に買っていただけているようです。ありがとうございます。

実際に召し上がっていただいた方から「おいしかったです」「喜ばれました」という声もいただいて、とても励みに思っています。

年末にクレイさんに出かけたときも、クッキーがかわいくディスプレイされていて、立ち止まって選んでおられるお客さまをたびたびお見かけしました。帰省の際のおみやげにされるのかな…なんて思いながら、うれしい気持ちになりました。

そういえば、お店に立ち寄った際に初めて並んでいるクッキーを見て感無量で、「うれしいなあ…」と思いながらニコニコ見ていたら、クレイに新しく入られたスタッフの方が声をかけてくださいました。
「これは、山陰の素材を使ってできたおいしいクッキーなんですよ」
と、一生懸命説明してくださって…。
他のスタッフの方から「スロウスロウの方だから!」と言われて、恐縮されていましたが、クッキーにかける思いを共有してくださっているのがとてもうれしくて、1日ハッピーな気持ちでいられたような気がします。

お店のほうでは煎茶のクッキーが人気だとのこと。私ははちみつが好きです。

クレイさんのほか、製造されている松江市の「ラ・クレーム・デ・クレーム」さんでも販売していますので、お近くの方はぜひぜひ、お立ち寄りください。

クッキーについての詳しいことは、こちらから…。それぞれの味の説明もあります。

ものづくり


サイトのほうでも、皆さんにお届けできるように企画中です。
こちらも楽しみにお待ちくださいね。

2008/01/09 08:52



島根が熱い。
今、島根に「波が来てる」んじゃない?

…という話を、去年からたびたび聞く機会があります。

去年は「島根の弁護士」のドラマ化、「天然コケッコー」の島根ロケ、ドラマ「砂時計」などなど、島根を舞台にした作品がたくさん放映されました。

そして、去年の「森の冬じたく朝市」の会場でもあった、島根県雲南市を舞台にした錦織良成監督の映画「うん、何?」が、いよいよ放映となります。

雲南の自然、歴史、空気、人のあったかさ…ひとつひとつが、画面のあちこちにじんわり、感じられる映画だそう。音楽は、浜田真理子さんが担当されています。
私はまだ見ていませんが、あちこちで「いいよ~」という評判を聞くので、ぜひ映画館に行ってみたいと思っています。皆さんもぜひ、上映の際はご覧くださいね。

そういえば、私の住む島でも今月末、映画「わたしは貝になりたい」のロケが予定されています。町報に「エキストラ募集」のお知らせが載っていました。へええ。
どんなロケになるのか分かりませんが、隠岐の自然を映画で見ることができるとしたら、とてもうれしいです。

今年も島根が熱い!…のかもしれませんね。


2008/01/08 10:19



きっかけは…。
おはようございます。

曇り空の月曜日。今日から本格的にお仕事、という方も多いかもしれませんね。

年末年始、本土に滞在していた間に、いろいろとくらしアトリエ関連の仕事がありました。普段直接お会いできない方にも、せっかく本土に帰ったのだから…と無理を言って会っていただいたりもしました。都合をあわせてくださって本当にありがたい限りです。

新聞の取材も、いくつかありました。
NPO法人化という道を選択したことに興味を持ってくださる方も多く、取材を受ける機会も増えたのですが、そもそもの立ち上げのきっかけは?というところを聞かれることが多いような気がします。

そもそもは…スタッフ同士の社宅が同じだった、たまたま子どもが同じ時期に生まれて、話が合ったこと…といった他愛もないことなのですが、やはり何か「刺激をもらえる」人とめぐり合えたというのが、一番のきっかけだったように思います。
私も頑張らなくちゃなあ…と純粋に思える、そんな仲間に出会えたことがきっかけで、人生が変わった。
そう考えると、人間って面白いなあ…とつくづく感じます。
人生にはいろんな節目があって、その時々に感じることは違うのだけど、やっぱり人と人とが出会うことって偶然ではなく、必然だと思う今日この頃。

年賀状をめくっていると、同級生達の中にも、新しい道を歩き始めた人がちらほらと。
人間、年齢とは別のところで、何かに向かってスタートを切るときが、必ずやってくるのかもしれません。

080107fuyuichigo


お花マルシェで出会った「フユイチゴ」。
さりげなく、窓辺に飾って…。

2008/01/07 08:54



お花マルシェへ行きました。
おはようございます。

約10日間の本土生活を終えて、昨日島へ帰ってきました。

cgibuhinode


もうすぐで到着、というときに、思いがけずきれいな夕日。
甲板まで上がって、写真を撮りました。初日の出を見ていなかったから、なんだか得した気分です。


島に帰る前に、最後の打ち合わせ。その足で、クレイさんへ出かけてきました。

「what's new?」の画像は、クレイさんの新年のディスプレイ。とても素敵でした。いつもアイデアあふれる工夫があちこちにあって、飽きることがありません。

クレイさんでは1月中旬から「コウボパン小さじいち」さんの出張販売が始まるため、通常イベントが行われているギャラリースペースが、お花マルシェの場所となっていますので、よろしくお願いします。

新年を彩るお花がたくさんありましたが、結局いつもと同じようなお花ばかり選んでしまいました。あ、でも南天は買いました。

いつもお花マルシェのワークショップなどに来てくださるお客さまが、ご自分のおうちのお花を納品していただいたとのこと。ありがとうございます。

専用HPにも掲載していますが、お花マルシェでは、地元で大切に育てられたお花を随時募集しています。
お花が好きな方が大事にいとおしんで育てた1本1本のお花が、またお花が好きな誰かのおうちで、暮らしを彩ってくれる。そんな「つながり」がお花で実践できたらいいな…と思っています。

お花マルシェHP

こうやって、地域とつながるお花屋さん、という意味合いも深めていけたらと思っています。おうちでお花を育てていらっしゃる方、直接納品いただける方に限りますが、興味のある方はぜひお花マルシェまでご相談くださいね。

hana-2.jpg

2008/01/06 08:28



風景ノート
雪景色の風景ノートです。

山陰地方は雪で迎えた新年でした。

huukei1-5-1.jpg


大山の牧場の景色。


huukei1-5-2.jpg


雪の向こうに樹があってその向こうに淡い蒼い山並みというのが綺麗でした。


huukei1-5-3.jpg


大山の上の方は雲をかぶっていて姿を隠していました。


huukei1-5-4.jpg


奥出雲も雪が深いところです。
針葉樹林はやっぱり雪をかぶると絵になります。


huukei1-5-5.jpg


奥出雲の棚田。田んぼが雪の階段のようになっています。おもしろい・・。


huukei1-5-6.jpg


雪雲が向こうから迫って来るのがわかりました。里山と雪景色。
とても山陰の田舎らしい冬風景で素敵でした。



2008/01/05 18:25



山も好き、海も好き。
おはようございます。

今日はわりと穏やかな山陰地方。お住まいの地域はいかがですか?

昨日はスタッフと子ども達とともに、雲南市へ出かけてきました。子ども連れだとにぎやかなこと!仕事始めだった雲南市の庁舎内に子どもの声が響き渡っていました…。

11月の「森の冬じたく朝市」で何度も通った道。あのときは木々の紅葉に心を打たれたのですが、昨日の景色は一面雪模様。ごくごく当たり前の景色なのですが、やっぱりいいなあ…としみじみ感じました。

日本の棚田100選にも選ばれている山王寺の棚田も、雪をかぶっていましたが、遠くに見える山々がうっすらと雲をかぶってまるで水墨画のよう。思わず車から身を乗り出さんばかりに「すごーい!」と連呼してしまいました。

海の青さも好きだけど、山の奥深い緑も好き。

今年も山陰の魅力をたくさん、伝えられたらと思っています。


さて、米子市の「'tis clay」さんの中の「お花マルシェ」は今日から今年の仕事始めです。

新しい企画に向けて、年末にいろいろと話もしました。サイトを通じて「お花のある暮らし」をもっと皆さんに伝えられるよう、いろいろと取り組んでいきたいと思っています。

こちらも今年もどうぞ、よろしくお願いします。

2008/01/05 09:04



あけましておめでとうございます!
新年あけましておめでとうございます。

山陰地方は、荒れ模様の年末年始となりました。

久々に感じる本土の寒波はかなり厳しいものでしたが、思えば子どもの頃はいつもお正月には雪があったような気もして、懐かしさを覚えたお正月でもありました。

年が変わったからといって取り立てて目新しいこともないのですが、気持ちは新たに、すがすがしい気持ちで日記を書いています。
本年も、変わりませずSLOW+SLOWをどうぞよろしくお願いいたします。

サイトをお休みしている間にクリップしてくださった皆さん、ありがとうございました。
また、メールをいただいた皆さん、お返事はもうしばらくお待ち下さいね。

昨年は大きな動きがあったくらしアトリエですが、今年もあくまで自分たちのペースを忘れず、でもいつも何かを追い求める前向きさを持って、スタッフ一同、いろんなことにぶつかっていきたいと思っています。

大切なのは好奇心かな、と思う今日この頃。

何か楽しそうかも…とか、根拠はないけどやってみたい!と思えることが、何より大事なのかもしれません。そんな日々のわくわくを、今年もたくさん手に入れられたらうれしいです。

仲間同士の信頼、サイトを見てくださっている方とのつながり、地域で頑張っていらっしゃる皆さんとのご縁。
どれも私たちにとっては欠かせない、かけがえのない大事な宝物。今年もそんな宝物がたくさん増えることを願っています。

皆さんにとって、2008年が良い年になりますように…。


さあ、今日からまた日常が帰ってきます。
今日は打ち合せのため隣県へ。これも何か、形になることを祈って…。

bokujou

画像は、実家の近くの牧場の風景。
雪をかぶって、なんだか幻想的でした。

2008/01/04 07:07


 + 

リンク
SLOW+SLOW(本サイト)
お花マルシェ
カテゴリ
  • お知らせ (254)
  • ものづくり (252)
  • 融通の利かない、かばん展 (26)
  • くらしアトリエへの思い (81)
  • スタッフの日常 (728)
  • 法人化までの日記 (1)
  • 未分類 (57)
  • 風景ノート (19)
  • 朝市 (143)
  • くらしの学校 (241)
  • イベント (55)
  • 畑展望公園まつり (21)
  • 森の休日 (8)
  • お仕事 (86)
  • 山の図書室だより (67)
  • 10周年祭 (12)
  • シマシマしまね (49)
  • 過去の日記
    2017年10月  2017年04月  2017年03月  2017年02月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年09月  2016年08月  2016年07月  2016年06月  2016年05月  2016年04月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年11月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年04月  2015年03月  2015年02月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年05月  2013年04月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月 


    ---【Login】
    Arranged by cadet
    Copyright © 2005-2007 SLOW+SLOW kurashiatelier